3次元は「磁界ヘビ」だらけ(再)

第三の目視覚でみる
景色は


画質の悪い
ビデオテープを
みているみたいに
粒子が振動している。


それも一定の振動数がある。
3次元フレーム


これを見ているとき
ものが揺らいで見えるのだ。
荒い蜃気楼のように…




そこに
くるくる回る
ちいさな粒子がみえる
光の粒子2


嫌なのは
蛇のように
サーッとすごい速さで動く
磁気の塊がある
じきへび


前に母が
葬式帰りの知人にあったとき
これの強いヤツを
連れて帰ってきたときがある。


死んだばかりの人の
オーラ(磁界)は
まだたくさんの情報が記憶されている。
そしてちいさな意思(我)もある。
磁場蛇

母のように
磁界が不安定な人に
とりつくのだ。
母ジバツレ


この時
ヒーリングをしたら
音が出るほど
「バン」って胸に体当りされた。



あとで
この磁界の主は
がん治療で随分苦しんだときいた。

その時の
痛みや苦しみの「想念」だったとおもう。





「想念」という光信号は

普段使っている光ディスク
マイクロチップに
たくさんの音や映像が
保存されるのと同じように


「空気中」にある
電子や金属に


「重い想念」を記憶保存している。



それは大気を
汚染し
地場を狂わせている。


浄化できない
浮遊する悪想念の「磁界蛇」が
人間の覚醒をじゃまする。


葬式帰りに塩をまくのも
迷信でもなくて
塩化ナトリウムが化学的な変化を起こすのであって
盛塩

オカルトや精神世界は
どれも
化学的な概念で構成されている。


その科学を
理解できないから
人間は迷っている。

蛇よ
人間をそそのかさないでくれ~
磁場蛇パラダイス



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR