マーキュリーのひらめき「赤い水星」

なぜ「水星」を
マーキュリー(水銀)と
呼ぶのか?

調べたら
水星は地平線ちかくで
見られるから

レイリー散乱現象で
赤く見える

赤い水星だ!

水星は赤い


古来より存在の
知られていた水星は 

かつて「辰星」と呼ばれていた。



「辰星」!!!!

まさかの
「辰砂(しんしゃ)」のような星という意味だった。


辰砂

鮮やかな赤い鉱物
硫化水銀を含んでいる

辰砂



別名・賢者の石



あの「空海」
服用して
具合わるくなった粉だ。



水銀と言えば

「大仏公害事件」
752年に完成した奈良の大仏

金を9トンも使って、
金と水銀を1対5の割合で混ぜた合金(アマルガム)を
大仏に塗りつけた後、
炭火の熱で水銀を蒸発させ、
金だけを表面に残すという方法で
金ピカ大仏完成!

施工中(錬金中?)
何と50トンもの水銀が撒き散らされた~!!

職人は皆、ひどい水銀中毒になり、

周辺に住む都の住民は、
水銀を吸い込み、
農産物に濃縮されて、
それを食べ、

たくさんの水銀中毒患者を出したのだ。


遷都の理由は
水銀汚染!!


いまのフクイチと同じ理由だね。
放射能汚染で
京都に遷都!?


水俣病
「ポリエステル」の原料
「アセトアルデヒド」
を作り出すために

硫酸第二水銀(辰砂)をつかって

「メチル水銀」を多量に川に流して
公害をつくった。
(昭和電工)


渡来してきた
「朝廷」

大和朝廷


その末裔


錬金術使い
辰砂を使うシルクロードの民



もしかして
庚申信仰の

北辰って

太陽に最も近いところを回る灼熱の星
「水星」を神にまつっているモノたちなのか?
と、妄想しました。






ちなみに
「アセトアルデヒド」って
お酒飲むと出る毒だよね?


「水銀」と「アセトアルデヒド」


錬金術には水銀(辰砂)は
必需品。


「アセトアルデヒド」を分解できない
下戸は、黄色人種のみ。


醸造酒の分解は
遺伝子が大きく関わっている。

両親が持っていた遺伝子に
大きく反映されている。

型は3つ


NN型 (活性型)=大酒飲み
ND型 (低活性型)=普通
DD型 (不活性型)=下戸

グラフ

けれど
ルイセンコの環境によって
遺伝子が変わる説があることから

飲んでいれば強くなる説も
あるかもしれぬ。
DD型は無理だけど…。

酒に強い県

話まとまらず…


石の光を使うには
分解も重要
ではないか?
という

マーキュリーの助言?
ということで〆ます。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR