がんばるひと

原発ってどうなったのか?
ぜんぜん報道してないけど

国会でこんなこと
やってた。

児玉龍彦が国会で訴えてから早6年、
いまだに放射能はダダ漏れ、
除染は利権化し子供は守られなかった日本

https://www.youtube.com/watch?v=gLp9_KtYLWg

児玉さんの訴えきいてて
涙が出た

児玉さんも泣いている


後半、まだまだ出続けている
放射能のこと説明している。

ビスマスの雨ふっていた…


虹の雨
Bi-crystal.jpg


ビスマス(蒼鉛)はくさい
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2529.html



みんながんばっている
マスコミの人もがんばっている
学者も先生も
働いている人
学生も
子供たちも

みんな みんな がんばっている


闇に飲まれないように
がんばっている。



いつかは
肉体を脱いだ世界に
いくけれど

まだまだ準備段階


もうすこし肉体を使用しなければならない。


いろんな情報を
とりいれて大事にじょうずに
つかわなければ…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パラレルユニバースにつなげる実験しているんだとYO!

タイトル入れるとこ間違えたので、
再編集してUPしまーすYO!
怪しげなタイトルにして、
ごめんねごめんねーYO!\(^o^)/


InDeepさんの記事より抜粋だYO!
「黙示録的か否か? : CERNの素粒子加速衝突実験の前例のない状態と、止まらぬスイスの群発地震から「LHCとパラレルユニヴァースと宇宙崩壊の懸念の歴史」を思い出してみる 」
http://indeep.jp/mysterious-swarm-hit-switzerland-as-cern-breaks-unprecedented-records/


単純な私には理解不能だけど、

「 LHC によって、平行して存在する
別の宇宙(パラレルユニヴァース)
とコンタクトする」

こんな実験しているんだってYO!

機械動いて今までになく
絶好調らしいんだけど、
その近場で、連動するかのように
群発地震が発生しているそうだYO!


InDeepさんの記事にもあるように、

「あ、やべ、宇宙崩壊しちゃった。テヘッ 」

ってな感じになりそうだYO!


だってだって、
「人間だもの。」(byみ○を)

なんだか、ありえそうだYO!(><)

何かごめんね

↑コメント、変なテンションで記事紹介しちゃいました。

ごめんね。


技術でなく技法

CERNや核分裂の技術は人間の
三大やっちゃダメなことの
うちふたつみたいな気がしますね。
(あとひとつはなんだろう、クローン
技術とかですかね。)

小学校のときに初めて原子力発電という
ものを知って、愕然として物凄く
焦ったら覚えがあります。
「えー!なんで大人のくせにきちんと
処理方法も確立されてない危険なものを
使っちゃうの?無責任じゃない?」と。

でも、結局自分で何かアクションを
起こす訳でもなく、何もせずに月日が
流れた結果、福一での事故が起こってしまいました。
子供の頃思った目先の便利な暮らししか
見ていず、無責任に後世のひとたちにツケを
残していく大人になってしまっていました。

アメリカの原住民のひとつのホピ族というひとたちは
「自分達の行いのために子孫に負債を
背負わせてはならない」と考えて生活し
常に、7世代先の子孫のことを考えて自然と
共に暮らしていたのだそうです。

今は小さなことでも何かできることはないかな?
と考えてささやかに電力会社を再生可能エネルギー
に多くの比重をおいてる会社に変え
生ゴミは全部コンポストにしたり、米の磨ぎ汁は
発酵させて植物の肥料にしたりして都会で出来る
ささやかなサスティナビリティを楽しんでます。
自分の中の消費主義的な感覚がこの世界を
生んでいることに気づいて、循環する世界を
今、試行錯誤しながらも創造中です。

ゆくゆくはフリーエネルギーで自然を汚さない
生活、空気や水をきれいにする個人的な活動
をしていこうと思ってます。
(ミズナラのドングリを集めて、育ててたくさん
植えてみようかなとかそんなものです。)
七代先の子孫がきれいな地球のドングリの
大木の下で遊んでいるのを見られたらいいなあ。

法隆寺・薬師寺を復元した最後の宮大工棟梁の
西岡常一さんが技術と技法の違いを説いていましたが

『技術というもんは、自然の法則を人間の力で
征服しようちゅうものですわな。わたしらの言うのは
技術ではなしに技法ですわ。自然の生命の法則のまま
活かして使うという考え方や。だから技術と言わず
技法というんや。』

『諸々の技法は一日にして成らず。祖神達の徳恵なり。』

自然の法則を無視した技術は無責任に使うべきでなく
循環可能な暮らし方、生き方、技法を後世のひとたちに
積み重ねていくことがスマートな生き方かなと
思います。

技術でなく技法

CERNや核分裂の技術は人間の
三大やっちゃダメなことの
うちふたつみたいな気がしますね。
(あとひとつはなんだろう、クローン
技術とかですかね。)

小学校のときに初めて原子力発電という
ものを知って、愕然として物凄く
焦ったら覚えがあります。
「えー!なんで大人のくせにきちんと
処理方法も確立されてない危険なものを
使っちゃうの?無責任じゃない?」と。

でも、結局自分で何かアクションを
起こす訳でもなく、何もせずに月日が
流れた結果、福一での事故が起こってしまいました。
子供の頃思った目先の便利な暮らししか
見ていず、無責任に後世のひとたちにツケを
残していく大人になってしまっていました。

アメリカの原住民のひとつのホピ族というひとたちは
「自分達の行いのために子孫に負債を
背負わせてはならない」と考えて生活し
常に、7世代先の子孫のことを考えて自然と
共に暮らしていたのだそうです。

今は小さなことでも何かできることはないかな?
と考えてささやかに電力会社を再生可能エネルギー
に多くの比重をおいてる会社に変え
生ゴミは全部コンポストにしたり、米の磨ぎ汁は
発酵させて植物の肥料にしたりして都会で出来る
ささやかなサスティナビリティを楽しんでます。
自分の中の消費主義的な感覚がこの世界を
生んでいることに気づいて、循環する世界を
今、試行錯誤しながらも創造中です。

ゆくゆくはフリーエネルギーで自然を汚さない
生活、空気や水をきれいにする個人的な活動
をしていこうと思ってます。
(ミズナラのドングリを集めて、育ててたくさん
植えてみようかなとかそんなものです。)
七代先の子孫がきれいな地球のドングリの
大木の下で遊んでいるのを見られたらいいなあ。

法隆寺・薬師寺を復元した最後の宮大工棟梁の
西岡常一さんが技術と技法の違いを説いていましたが

『技術というもんは、自然の法則を人間の力で
征服しようちゅうものですわな。わたしらの言うのは
技術ではなしに技法ですわ。自然の生命の法則のまま
活かして使うという考え方や。だから技術と言わず
技法というんや。』

『諸々の技法は一日にして成らず。祖神達の徳恵なり。』

自然の法則を無視した技術は無責任に使うべきでなく
循環可能な暮らし方、生き方、技法を後世のひとたちに
積み重ねていくことがスマートな生き方かなと
思います。

No title

なぜかコメント連投になってしまって
しまいました。
ごめんなさい。(‐人‐)

加速器

なんかすごいことに
なっているのね。

日本の加速器のことは
ずいぶんしらべたけど

そこまで
たいしたことしてなかったから

きっと
税金をとるために
大掛かりなこといっているのかも…

もしも
次元を操る事ができるようだったら
原発はもっと
どうにかなっているかな?って

根拠なし

もうちょっと探ってみるね。


人間科学はわるいことばっかしが
すすんじゃう。

どうしたらいいのだろう。

不毛な科学技術には加担しない

現実的に考えて私たちが
できることは、加担しない
ということじゃないでしょうか。
日々の生活の中でも加担してそうな
現実は選択しないようにする。
流されて生きるのは楽だけど
意識と創造の力を人に委ねて
しまっていることになり
結果的に嫌だなと思っている事象
の現実化に加担していることになって
しまっている。

ウルトラマンが現れて
原発をもぎ取って宇宙に
ぶん投げることも
宇宙人さんがやって来て
夢の技術を授けてくれることも
今のところなさそうですからね。
地道にやるしかないです。

ひとりひとりの意識的な選択が
集まれば大きな流れになって
集合想念を動かす
ということに繋がると思います。

Re: 不毛な科学技術には加担しない


そうですね。

加担しないために
科学研究はどんなことを
やっているのかを

一般人が理解して
科学に意見するようにできれば
いいですね。

フクイチの凍土壁も
何億円もかけて
なにも凍らなかった。

これから獣医学部新設で
やろうとしていることは
「生物兵器開発」らしい。

きっと管理はずさんだろうね。

どうやって阻止できるだろうか?
悩みはつきない。

しつこい蒸し暑いりんげより

これはいつもかかっている
ホリスティック医療の内科の
先生から伺った話なのですが

いつの時代も今でいうと原発問題
のような人類を悩ませる問題と
いうものがあって、悩みが尽きることは
ない。
大昔なら大飢饉とか少し前なら公害病
などなど。

形が変わるだけで必ずある。

でも、実は起こること全てが悪いことでは
ないそうです。全ての出来事には必ず
意味と学びがあるそうです。

私は放射線による汚染に子供たちが
さらされることが怖かったのですが
それすらエゴであると言われました。
その影響を正しく知って付き合っていくのは
大切だけど、恐れはいけないと言われました。

放射線すら凌駕して包み込める愛の力が
人間にはあると言われました。

でも、大人は意志の力で放射線の害を
無効化出来るとしても子供はどうなのですか?
と伺ったら、子供は偉大です。
全てを覚悟して生まれてきています。
といわれました。

人間のエゴを取り去って考えると
汚れた大地に育った植物と同様に人もその全てを
体に溜めて土に帰っていく浄化をしているとも

コンクリートの隙間に着地したタンポポの種が
どんなに過酷な環境であっても美しく咲いて
命を紡ぐのと同様に人も生きにくい世界でも
精一杯美しい生命の花を咲かせるのと同じかと。

人間にとっての良い悪い、好都合不都合で考えると
ネガティブな出来事も宇宙的には「ニュートラル」
です。

地球は人間に心配してもらわなくても
自浄作用で自分を治せます。
地球が今、ギリギリまで天変地異を抑えて
くれているのは人間の気づきのためです。
地球の愛を感じてください。 

地球を苦しませているのはひとりひとりの
不安や心配等の重い想念です。

事実を正しく認識するのは大切ですが
そこからが分岐点です。

心配や不安にかられて自分や地球の波動を
落とし、望まない現実に現実化のエネルギーを
与えてしまうのか

事実は事実として受け止めるけれど必要以上に
意識をフォーカスすることで、その現実に
現実化のエネルギーを与えないってことが
大切です。前向きにできることから行動に
っていうのが派手さもかっこよさもないかも
知れないけど、ホディーブローのように
ひとりひとりの現実にジワジワ効いてきます。

でも、この意識は全てのチャクラが癒されて
恐れや疑い、迷い、分離の意識から解き放たれないと
実感できない感覚かもしれません。

地球を救うにはまず、自分を癒して下さい。
そして、常に恐れより愛を選んで下さい。
しつこいようですがこれしかないんですよね。

しつこい上に暑苦しくてごめんなさい。(‐人‐)

あたしはもっとだよ

しつこいむしあつい…
あたしと似てる。

あたしなんて
蒸し暑いどころじゃなくて
サウナ98℃ってかんじ。

みんな~たまには
外でて水かぶってくださいね。


きっと
アリストテレスやソクラテスみたいに
ソフィストの血が濃いのですね。

ブルーバード白熱教室だ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

宇宙クリーン部隊

ミキさん。
すばらしいよ。
応援します。
でも無理しないでね。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR