霊体のケガ

妄想旅行に
とんでいる

出かけて行った
浮遊する意識体(霊体)が
ボロボロになっていた。
ボロボロ

左手が折れて
腰が痛くて
首もグギッてなっていた。

旅行中(妄想)いったい
何があったのだろう?



周りにある
電化製品や物も
狂うし、壊れる…

頭がチカチカ☆でした。



けれど
昨夜に素晴らしい夢をみました。

自分の真上に
何羽かのきれいなマゼンタ色の
蝶が飛んでいました。
蝶が舞う

その蝶が
わたしの傷を癒して
エネルギーを分けてくれた

みたいです。

みんなありがとう~。

今朝、とても
元気になりました。

きっと
霊の世界で
劇的な変化が
あったのかもしれませんね。

三次元プログラムの
再構築は
きっとうまくいくでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よかったね!( ´ ▽ ` )ノ♪

癒されたみたいでよかった♪

にしても、妄想旅行中に一体何が?

ずいぶん以前に、とある方に、
瞑想する時は、夜はダメ
というアドバイスを
もらったことがある。

「魔」に入られやすいんだと。


妄想旅行中に、
どこかで何者かに
攻撃を受けたのかも?

世の中には、
インディゴ自体を
うとましく思っている存在も
いるらしいし。

とりあえずしっかり寝て、
しっかり癒して
元気になってね。( ´ ▽ ` )ノ

そういえばさ、

ふと、今回の件で思い出したんだけど、

体に大きなダメージを受ける前ってさ、

夢の中だったり、妄想旅行だったり、
目に見えない世界の自分の体に
大きなダメージを受けた場合に、
その影響が出ているような気もする。

私の場合だと、昨年の夏ごろ、
結構深刻な状態に体に症状が出始める前に、

顔一面に赤い文様みたいな化粧?をした
鬼のような形相をした刀を持ったゴツイ男の人に、

「お前ごときが。」

という言葉と共に、私の体(心臓あたり?)を
刀で一刺し。刀が私を貫いた。

その瞬間に、眠りから覚めたわけだけど、
こちらも天邪鬼なもんで、

『「お前ごとき」ですが、何か?(`・ω・´)+』

と、瞬間的につぶやき返した。
(負けず嫌いなもんで・・・つい。)

そういえば、その後からいろいろと
肉体に支障がでてきたような気が・・・。


それら一連について、
結果としての良し悪しは判断できないけど、

何かの「流れ」というか、
何かの「必然」というか、

俯瞰したら何かが見えてくるのかも知れないね。

俯瞰

俯瞰(ふかん)て
こんな字だったのね。

隊長は霊感すごいから
怖い目にもあっているんだね。

今回のこと
まだフカンできてなくて
わからないけれど

自然霊っぽいもので
ダメージをうけている大きいものでした。

本文で書いてみます。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR