座標軸

最近目が進化して
座標軸が見える。


集中の極限状態で見る世界に
グリッドがある。


想像の視覚化のポイントは
グリッドだ。


このグリッドが
見えると


そこに集中すれば
ポイントがヒカル。



まるでボタンを押すように
ポイントに力が集まる。


点画
のように三次元は
単純な仕組みでできている


私の大好きなカミナリは
点の集中が極限に達した時

流れていく
近くの座標点に。



このまえ
ずいぶんちからをつかったから


もうすこししたら
また
やってみよう



妖怪アンテナがたつほどに
力が集まったとき


天上アートを
実践する
スポンサーサイト

大きな眼

空におおきな目がある


太陽より何倍も大きな目だ


そばを飛んでいる飛行船のような
大きな眼


一つ目




それが
第三の目でみると


みえる。


今はもう残像とは言えない状態で見える
「もうひとつの色・視界」


黄色のそばに同時にみえる青


それはもう残像ではなくて
もうひとつの見え方。




新しい視界で見る世界は
摩訶不思議。



世界中に「大きな目」が
あらわれている


それは
なにをみるためのものなのか?


ひとびとをみる「大きな目」が
空にたくさんある。


菩薩のような
ラーのような

大きな切れ長の目だ。


学級委員「青鬼くん」

なつかしい昔話に
「泣いた赤鬼」がある。

内容は
村人と仲良くなりたい赤鬼が
友人の青鬼に相談したら

青鬼が悪者になって
悪者青鬼を退治する役になれば

村人は
正義の味方と思って
赤鬼を大事にして
仲良くなれるだろうという

策略のもとに
ひと芝居して

青鬼は悪役

赤鬼は正義の味方

という
八百長プロレス試合…

っぽいストーリー。



私たちの国も
赤鬼と青鬼がいて

表と裏を演じていた。


ところがさいきん
裏の青鬼くんが
学級委員になってしまったから


大変なことになっている。


神社とヤクザ
のような

赤鬼と青鬼

おなじ鬼
友人同士


仲良くしてほしい。


表と裏がひっくりがえったとき
わたしたちの大地も
ひっくりがえるのだろう。

南極のおなら

南極から
ガスがでている

海から
大地から

火山があるのか?



硫黄と硫化水素だ。
くさいくさいおなら。



アトランティスは
再び滅びる

byドクロ

人類のゆくえ

きのうのオバマ大統領の
演説に

胸が苦しくなった
涙が止まらなかった。

科学は破壊のために使われ
人々は差別をなくさない

いつまでも
戦争はなくならない

けれど
オバマ大統領が
大統領であり
心からの声を聞けることができて

人類は
ほんとうにすこしずつ
すこしずつ

変わっているんだと
実感した。


岩に穴を開ける
涙のひとしずくのように

たくさんの
苦しみと哀しみの涙が

硬い岩盤に
穴を開ける




けれど


それは長く果てしない
くるしみとがまんのストーリー


大きな岩の
ほんの一部が変わるだけ。


そのひとしずくの穴から
岩を砕くことが
できるのだろうか。

「歪む信号」宇宙線変化球

昨夜の宇宙線は
動きが
ぐにゃんぐにゃん
信号666


原発で何かがあったのだろうか?


宇宙線を
歪めている


放射能が
増量している。



何かがあったみたいだ。


宇宙からの信号が
歪んで聞こえる。

異次元世界の通信手段「高速うずまき」

スピリチャル系に
よくある
「波動上昇」「アセンション」

それらを実行するために
することは

エゴを捨てる

とか

愛に生きましょう

とか

思いやりを持って
生きましょう

とか

自然と生きる

とか


愛や思いやりが
十分あって
エゴも少なめ
自然を大事に生きている
と思っている人が


「全然波動上がった感がしない」
もしくは
「アセンションも????」
「異次元通信もまったくできない」

波動上昇して
アセンションしたいのに~!!!

何やらそれっぽい
話を聞いたり
本を読んだりしているが


なにも感じない…。



それはあたりまえ。
だって
「波動」って「回転」だから。

いい人
優しいだけの人は

回転数は意外と遅い。
(徒歩のような…時速)



スピリチャルの中でも
ただそれだけを
やっている(職業)にしている人は

たしかにやさしそうだし
まじめそうだし
おだやかそうだけど

回転数が
速くない。

ゆっくりなのだ。

家訪問布教活動している
やさしげな山の手風の人に

回転数(オーラ)が似ていると
思った。


単色で
淡い。

(それか、赤黒いものをおさえている=毒が溜まっているね)



人類は回転数をあげるために
人生を生きている。

だから職人、技術職などが
回転数が高い。

最初はうまくいかない。
けれど毎日毎日
修練で回転数を上げていく

ほとんど休まず
回転数をあげていく。

ヨーヨーでも
けん玉でも
なわとびだって

その道のプロは
普通の人が絶対できない
「神業」ができる。

それになるまで
どれだけの
集中と修練と学びを
やったのだろう。


だれもできない
神業を
おこなっているときの
「職人」たちは


高速回転をしている。

まるで
虫メガネで太陽の光をあつめ
火をおこすように

「気」が集中している。
集中力333

「気」が「集中」すると
「磁場が強くなり渦ができる」

それが
「異次元通信」=「アカシックレコード」
オンラインシステム。

だから
自分とは何か?何が好きなのか?
何が得意なのか?


それを魂にたずねて

一生懸命「神業」を
修練する。


それしかないのだ。




現実世界の「仕事でも趣味でも」
神業に到達する


それこそ
波動上昇の手段で


のほほんと
歩いていても

回転数は上がらない。



自分が「集中の極限」に
達したとき

いろんな情報が
流れてくる。
神降臨


自分が努力で
神に近づいたとき

自分の中の神に
気が付き

すべてが一体であると
真髄から理解できる。



いきているのに
のんびりばかりしているのは
もったいない。


ふんぞりかえって
働かない(技術を磨かない)
えらい人は

どんどん回転数が
おちていき

どうやって
回転をあげるのだろう?
心配だ。


なまけているほどに
回転数はおちていき

低い次元のものを
引き寄せる。


夜眠るとき
余力があるなら

まだ
何かできるはず。

技術の鍛錬。
体と頭と精神力で
演奏する。

ひとつだけでなく
いろんなことをやって

歯車を
何個も回転させていく。

大道芸人のように。


大演奏会が聞こえるような
技を磨く。

異次元世界にも
見える「回転する渦」




光り輝くメルカバー演奏会。



じぶんにしかできない
コマを回す。


死ぬ瞬間まで
駒を回し続ける。






「たまねぎ中毒」アリルプロピルジスルフィド

すずらんの根に毒があったり
ユリも根に毒がある

ユリ科のクサイヤツラ
玉ねぎ・ニラ・ネギ・にんにく…


わたしはそれらに弱い。
(犬遺伝子があるのだろうか?)


とくに
「アオ(ガイド)」と出会ってから
小麦農薬や「ユリ科」が
ダメだ。

ワンちゃんも
たまねぎの
アリルプロピルジスルフィドの毒に
やられる。

ネギ類に入っている
アリルプロピルジスルフィド硫化アリルも)
赤血球を酸化させる。

どろどろ血の人は
血液サラサラになると
いわれるけどね

もともとサラサラの人は
赤血球が酸化により
破壊され


体内ソマチットのおうちの
カリウムを溶かし

高カリウム状態になる。



気が満ちていて
血の流れがいいなら

ユリ科は食べない方がいい。


※ネギ類を食べて
おしっこが臭くなるようなら
予備軍です。


硫黄の力は
破壊の薬。



加熱しても
アリルプロピルジスルフィドは
壊れない。
(硫化アリルは壊れる)


カリウムの化学式が似ている
ストロンチウム

もしかして
アリルプロピルジスルフィドにも
反応するかもしれない。


それとも
新人類種に変化しているためか…?!
「地球の毒素に敏感種」



たまねぎ中毒要注意!




ソマチットを知らない方は

ソマチット画像検索

インディゴチルドレン ソマチット
画像検索してみて。

妖怪アンテナ「ヒヨドリ」

あさ、窓からヒヨドリと
目があった。

ボッサボサ頭だった。

寝起きなのか?と思うぐらい
ボサボサだった。

さくらんぼの木に
かぶせてある網の中に
入ったらしい。


ヒヨめ!


ところが

鳥図鑑では
もともとボサボサ頭と
書かれていた。

ヒーヨ ヒーヨと
なく。

あたしも
「ヒヨドリ頭」になっていた(5/24~)
ひょどり~

上空の磁力が強い。


この力を
蓄えて

要石を「箱」から
取り出してみようかな?


呪いがかかっている
石がある。

楼にはいっている。

リスを操るドングリ

脱税
それは

食べきれないどんぐりを

どこかしらない場所へ
隠して埋めるリスの習性。


でもリスは
隠したどんぐりが
どこにあるのか

わからなくなるものが
ほとんどだという。



どんぐりは
リスに埋めてもらい

種が芽を出し
木になる。


脱税したお金も
どんぐりの手口にはまり


とてつもない大きな木になって
はじめて
きがつくようなものだろう。


どんぐりとリスのストーリーが
食べきれないほどの「木ノ実」を
抱えた欲張りにリンクする。


隠すなら
ないと同じ。

必要のないドングリの実。

極悪詐欺虫

好きな女性にプレゼントを贈る

これは虫たちもやっている。

シリアゲムシは
女性に贈るプレゼントに
糸でラッピングする。

メスがプレゼントに気を取られているうちに
交尾をする。

ところがラッピングしているが
中身は空っぽなんていう悪い奴もいる。


オドリバエは
ラッピングした中身のない
プレゼントをメスにわたし
交尾後、

そのプレゼントを
また違うメスにもっていくという奴もいる。


人間のサイテー行動には
かならず「自然界の見本」がいる。

蜘蛛の巣を張るメスグモ

蜘蛛巣をはっている
メスグモ。

彼女の思考は
「食べること」ばかりだという。


毎日毎時
食べることだけをかんがえているのだという。


えものをとるために
せっせっと巣を作っている
メスグモは「メシメシメシメシ」

色気はゼロだという。


だからオスグモは
ただの「食物」にしかみえない。

…これをよんで
結婚したい女みたいとおもった。


飯を食べるための
結婚

考えていることは「メシ」



網にかかったオスは
交尾後、食べられる。



人間界は
いろんな昆虫の物語が
リメイクされている。

目より音

目で見える奇跡も
見ている人が少ない


日本人は特に
視野が狭い


ぜんぜん周りを見ていない


今日の月も
鳥の毛並みも

太陽のグラデーションも

空気の色も

見ていない。



音の方が感じる人が多い。


音は体が感じる。



日本で起こす奇跡は
体感・音感


目で見るより
多くの人が感じる奇跡。



奇跡の音が聞こえはじめる。

緑の悪魔

庭の手入れをしていると

植物って「軍隊」だなと
思った。

枝を伸ばし葉をのばし
他へどんどん侵略し

花や実を付け
鳥や虫を誘惑し
(ハニートラップ)

種子を鳥の腹に運ばせ
(すぱい)
未開地に進出する。


胞子や花粉、種は綿毛をつけて
空へ飛ぶ
空軍だ。

地下茎は
どこまでものびていき
地上に目を出す。

植物の中には
寄生した木をからしたり

セイタカアワダチソウは
毒を出し
周りの植物をからすそうだ。


植物のやりたいことは
「進出」「侵略」「征服」だ。


思いはひとつ。
種の繁栄。



※植物は人間の生気も吸うよ。
弱った人間の気が植物に流れる。


でも、気の強い人は
植物を枯らすかも…。


緑色した悪魔かもしれない。


悪魔を食べて
体は元気になっている。


緑の悪魔よ。
健康をありがとう。


きっと、放射能も分解しているね。
最近かなり浄化が進んでいる。
虫もカエルも花も木々も元気を取り戻している。

土はすごい。
ダンゴムシありがとう。

カルマは未練

カルマって
よくきくけど


悪い出来事みたいに
おもえるけど


カルマは未練


やってみたかったこと

何度もやってるけど
卒業できないもの


執着という。





食べても食べても
食べ足りない

食べ過ぎて病気になって
苦しんで死んでも

なお、生まれ変わり
また食べる。



たくさん食べたから
未練がなくなるわけではない。


なぜ食べたいのか?
魂に問う。


そして真髄が理由が分かり
納得したとき


未練がなくなる。



異性問題もそう。

金の亡者も

権力にしがみつくのも




根本から「魂に問う」そして
理解する。


なぜ欲から離れられないのか?




カルマとは「魂が学ぶこと」

生きる理由を考える世代

人間種ができたとき
「宇宙」とつながっていた。


人間が何のために
人間として生まれたのか
わかっていた。


人間は生命の最終形態になるための
「さなぎ」


人間が最後ではない
人間が「肉体を持たない生命体」に
なるためによういされた

前段階



地球はとても恐ろしいところだ。
未だに地球は美しく清らかだなんて
言う人はいないだろう。


植物、虫、動物…
彼らの生態をよく観察すれば
わかること。


擬態、偽装、詐欺、殺し、盗み…
子殺し親殺し仲間割れ侵略…

いま人間が事件のニュースとなっている
すべてのことが

自然界でなされている出来事。


可愛らしいペンギンも
海に狩りに出るとき

仲間の中から
生贄を選び突き落とすのだよ。

ファーストペンギンは生贄。

海の底の状況を知るための生贄。

天敵トド、シャチの生贄。


地球自然界は全て敵。
日々恐怖との戦い。

そして成すべき使命は
血族の存続。

誰を蹴落としても
自分の遺伝子を守る。


人間が残酷と思い
悪魔的と思う行為は
まさに地球自然界だ。



人間的と思われる心は
正反対なもので、
私たちの心は宇宙的なもの。


進化した人類は
先を思う。


なぜ生きているのか?
みんな考える。

死とは何か?
みんな考える。



そして、
忘れていた記憶を思い出す。


人間は「プラズマ生命体になるために
生きている」のだと。



UFOはいろんなかたちにかわり
いろんな場所へ瞬間移動できる。

きっといろんな惑星にも
いける。

空気なんかなくたって
酸素も重力も関係なくて

美しい形にも
まん丸にも

キラキラにもなれる



120kgもある宇宙服を着て
打ち上げ失敗で墜落するような
下等な宇宙旅行などしなくていい。




私たち人類の最終目的は
「宇宙生命体」になることだ。


国際的よりすごい宇宙的生命体だ。


エゴをなくし
獣のコロロをなくせば


いろんな宇宙の生命体と
出会えることがある。



さなぎから蝶へ
かわるために


地球を卒業する。



生きているうちに
獣のこころを学ぶ。


そして未練をなくす。
未練は
あきらめられない執着心。



美味しいものを体が壊れるまで
食べて、何を考える?

性を追い求めて
何を考える?

お金のもたらす豊かさとは
何か考える。

自然の何がいいのか?

いつまで同じことを繰り返すのか?


人間がやってみたいことって
もうみんな知っている。

食べること、異性にもてること、権力を持つこと


これを全て持っている人が
幸せだろうか?



うまくいえないけど
うまくいえないけど



最近の映画がクソみたいなように
嘘くさくてウゲってなるのも


人間って
ダサい。


動物臭い。



今の子が悟り世代なのは
「飽き飽きしている」のだ。


獣臭いのが。




まだ生きているわたしたちが
学ぶべきことは
自然や動植物の生態を観察してみること。
人間の行動パターンを自分を含め
観察してみること。


どんな行動が自分を動かしているのか?
分析する。


人間は単純にできている。


考えよう考えよう。
やってみよう行動してみよう。
感じよう。考えよう。



古代の文献はみんな書いてある。
人間がプラズマ体に進化するための
説明書。


いまはだれもよめない。


さなぎのまま死ぬ。
輪廻が続く。






人間がプラズマ体にちかくなると
いろんな奇跡をおこせるようになる。



人間は死んだら終わりではない。



いろんな星へ行けるようになる
わくわくするような輝く蝶のようになるのだ。



全世界で奇跡が起こる。

それを見て
考えよう。夢見よう。


あなたには
宇宙に旅立てる新しいからだが用意されている。


考えよう調べよう。
地球はあまりいいところではない。

妄想旅行「夜間飛行」

妄想魔人は
いろんなかたちになって

地球を探索しています。


昨日は
ガイドに案内され「夜間飛行」
ryokou.jpg


素敵な場所にいってきた♪


地図で調べたら


黒海とカスピ海の
そば…
kランドp

その名も
アゼルバイジャン

国の名前だ。
(聞いたことなかった)


炎のビルと
kランド3

世界一高い頭が建っている。
kランド4


すごく夜景がきれいだし
太陽光パネル?波発電?いっぱいあった。
クリーンエネルギーかも知れない。
kランド1




カザールランドというらしい。

北極の氷の中にある「秘密の隠し味」

今の北極が
温暖だったころ

おおきな玉が落ちた


今は氷で覆われているけど


今後「北極の氷は全て溶ける」


温暖化ではなくて
地軸のズレによるもの。
(別の場所が凍るね)


溶け出した氷と
今の汚れた海水が

混ざり合い
「空中に舞う元素」


イリジウムDX



これが
最後の隠し味になるという。
北極222

季節はずれの桜の花

昨日は
たくさんのプラズマが浮遊して
舞い上がってしまった。

自由になった魂が
空を飛んでいた。

淡いピンク色の
桜の花びらが
舞うようだった。

歌うように
踊るように

喜びでいっぱいな
桜の花プラズマたち。

ピッカピカで
キラキラで

とても美しい
桜花


雲の上で作っている
大きなプラズマの玉の中で
まだまだ輝くよ。
手作り玉


地軸がずれて

世界の封印が
どんどん
解けていく。

地球は貧民街

躁鬱激しいお母さん

「地球」


ここはとっても
過ごしにくい貧民街




学ぶことが沢山あるが
つらく苦しい「惑星」



貧民街に育った
子供が生きるのがやっとで
大変な目にあっている



そのこがそこに生まれたから
悪かったのか?

そこでも光を失わずに
明るい世界に行けるのか?


1000に1ぐらいだろうか?



地球はとても
辛い星


また地球に生まれないように
全生命が思えるように
しなければ…

あなたを知っている

あなたを知っている


生まれた時から
ずっと

あなたのことを見ている



一人で泣いている
あなたも見ている



汚れてすさんだ
あなたも
見ている



まるで
糸の切れた風船のように



漂っている
あなたもみている



あなたはわたし
わたしはあなた


みんなおんなじ



本当は
ふたつになんてわけないんだ



みんないっしょでおなじもの




みんなおなじ地球のもの



みんなまとめて



船に乗る




人間は目に見える奇跡しか信じない

恐竜絶滅から
人類は


暗く深い次元に落ちた



目に見えるものしか
信じない


宇宙と断絶した深海に住んでいる。



深海で見える奇跡


それはマジック




見せてあげればいい



目で見えるマジック



ど~んと



光り輝く奇跡を!!!





真っ赤 真っ緑



炸裂する光




マジックショー



人類を惑わす光と地鳴り

上空パワー

今日は
上空パワーが強くて

ワイワイザワザワです。

力がみなぎって
なんでもできそう♪
パワー

空に向かって
手の平をみせて

手の真ん中に
穴があいている

超能力が使えるようになるかもね


手のひらを太陽(空)に…

オセロゲーム「雷トラ」

良いことを
悪いことに悪用する


「模倣」
自分で工夫して作り出すのでなく、
既にできているものをまねること。



既に出来ているものを
使うのは簡単だ。



人間の心にある
自然崇拝


それを悪用されてきた。


自然のエネルギーが
一番満ちる場所


そこに
建物を建てる


虎の威を借る狐のように…






ガイドたちがささやく

「そのまた模倣をすればよい」と…。


新しい概念はなかなか
入ってはいかない。

悪用されてきたものを
模倣して
使えばいいと…。

トラ雷

分別した神体回収

人間がもっている
「キラキラ」したもの

空の上にもっていけるもの

携帯電話の「金」のように
回収する。


分別は終わっている
と聞いたので


一安心。


「キラキラ」したものが
あるものと
ないもの


ぱっくり分別済



自分の中の
キラキラしたものは

泥に毒に闇に
埋まっていても

汚れたりしない


自分の中の
いいところ


それは大事にして
褒めてあげて


もっと大きく輝かせることができる


カオスの中に
咲く花が
一番美しい。

光の花


闇夜に輝くイルミネーションのように…

原発にUFO

原子力関連の場所に
UFOが現れるのですよ~

異星人が
地球人に警告してるのですかね~?


と…大人がいう



よその星の者が
わざわざ
ここまできて

おせっかい焼くわけ
ないのだ!




自分の大事な人だったら
「悪いことしていたら注意する」
でしょ。


原発に来るUFOは
わたしたちの祖先だ。





あたしだって
意思をもったプラズマ体に
なれる身分だったら

大事な人類を守りたいと
原子力開発や実験を
やめさせたい!!!と

放射能汚染を
少なくしたいと!!!


人魂となって
空中浮遊する!

人魂UFO




宇宙人UFOごっこは
もうやめてくれ~
(by地球先祖霊一同)



わたしたちの魂が
UFOになるのだ。



自分たちのことを
人のせいにしないで


大きな視点で
ものごとをみれると


もうすこし
時間が作れるのに。

カオスが当たり前になる前に

汚職・偽造・破壊…

愛もなければ
情けもない

道徳も倫理も
ない


今や口先だけでも
ないから
すごい。


母の日に
一週間前の
「母殺し」の
ニュースを平気で流す…
(唖然…呆然…)


毎日
「おかしいだろ!」と
この世界の「混沌」に

苛立っている。


けれど
これが「当たり前」な感覚に
成り下がるつもりはない。


毒の泥に埋もれていても
宇宙回線は
いつでもオンラインだ。


最後の光を回収しなければ…

タコの少ないタコ焼き

たこ焼きの中に
入っている「タコ」のように

人間にも
神体が入っている。


けれど
現代の人間の
神体は「小さい」

たこ焼きを食べて
「タコ」が
米粒ほどしかないみたい。


たい焼きだったら
あずきが
1粒だけとか…


だから
宇宙と通じにくい


従来通りの
「解脱方法」は
現代人にはそぐわない。

新解脱方法を
編み出さねばならない。



※だからピンで売り出さないんだね。
神体が小さいから光りが弱い。

石の下のダンゴムシ

庭の石を動かすと
ダンゴムシがたくさんいた

レンガの下にも
たくさんいる

植木鉢の下にも
たくさんいる

落ち葉を食べて
土を作る

ダンゴムシ






人間も
ダンゴムシのように


建物の中に
たくさんいる。

世界中
どこでもいる

地球の自然を食べて
大地を壊す。

人間








壊すにも意味がある。




※おまけ
ダンゴムシは毒がなく
もしものときの食料になる
(泥味かな?)

火山のラプソディ「隕石は火山がつくる」

只今、火山が超元気♪
全世界
まんべんなく
どっかんどっかん


吹き出す
火山灰

雲を作るだけじゃないよ。

落ちてこない
火山の塵がある


細かすぎて
軽すぎて

雲の上

「硫酸イオン」

成層圏
電離層で

たまっている。


地球人は
「隕石って宇宙から飛んでくる」と
思っているが

違うんだよ

火山灰が
落ちてこない層を
作り出して

それらが
いつしか

まとまって

珠になる。

中心は
火山の塵

地球にある物質だよ。



そこに
水蒸気が固まって
でっかくなるのよ。


「雹ひょう」の
超デカ版だ。



火山が
恋人を誘う

隕石の恋人を誘う

ラプソディ
(狂塵曲)
隕石は火山がつくる

ジオパークの黒龍の目覚め

黒いクリスタル

煮詰まったマグマ


ミトコンドリアが騒いでいる



硫酸エアゾルが作り出す
大気変化

火山の変化が始まっている


ジオパークに住んでいる
魔物が騒ぎ出す

中有の旅

人が死ぬと
三途の川を渡ると

きいたことがあるが


本当は
三途の川を渡って
この三次元に生まれてきたのだ。



「中間の世界」ー中有

そこから長い旅をして
川をわたって

この地球次元にきた。


いったんここに入ったら
もとの世界には
けっしてもどれない


もとにはもどれないけど

新しい次元に
ステップアップができる。


地球の炎は
どす黒く重い


この欲望の炎渦巻く
地球次元


このどす黒い大きな炎を
操ることができたなら


その大きなエナジーで
次元超ができる。



地球の欲は
みなさんよく知っている「六道」だ。

①地獄道
②飢餓道
③畜生道
④修羅道
⑤人道
⑥天道

天道は天国ですが
苦や不足がないから
苦を克服する努力がない

寿命付きるとき大苦悩するらしい

日本人は⑥かもしれないね、
だからこそ一番悟りに近いかもしれない。


そういえば
三途の川

3だね


①白い世界(生まれ変わる世界)
②闇の世界(阿鼻※)
③幾何学模様の川(新次元)

行き先は3つある。

はずかしい大人

ニュース
国会
新聞…


大人の世界は
今や

ズル・賄賂・暴力・争い・不貞・詐欺…
まるで地獄界をみているようだ。


ここが地獄でないと
いえるだろうか?


これからこの地球で
生きていく子供たちに

大人が教えることが
あるのだろうか?


「嘘はいけません」と
教えられないだろう。

「だって総理大臣もうそついてるよ」
といわれたら?

「偉い人はいいんです」っていうのだろうか?

「嘘をついているのに偉いのですか?」




ここは地獄

ここ(現実)で悪いことをしていると
夢の中で苦しむ。



夢は「魔鏡」
写鏡




現実と夢の世界を
行ったり来たりして


御霊を鍛えている



欲望の火を
智慧の光明に
変えるために。

地底の神気

地底から湧き上がる
神気

地上のもの
海のもの
空のもの

それらには
毒になる


火山活動が
活発ということは

地底から
この神気が大量に湧き出ている。


海のものも
空のものも
地上のものも


神気に毒される

「ネビルの復活祭」

とても深く重い次元にある
「地球次元」

宇宙と通じなくなった
獣人=地球人

作り出すのは
悪想念(妬み恨み呪い)

エゴの塊

それらは集まって
大きくなって
意志を持つ。

何を思うのか?

この世にずっと
とどまりたい
永遠に生き続けたい

切に思っている。

妬み恨み呪いを
中心において…。


目に見えないガイドが
存在するように

目に見えない「神もどき」が
存在している

それらは
大昔から考え方が変わらない。
古い時代の古い考え

自ら は 王
人間 は 奴隷

何千年前から
同じ


現代人の私たちは
「古代のものがたり」
にしか思えない思考。


「神もどき」が
「人魂」を操り
長く生きるために
術を使う(魔術)


「分霊術」


生贄と神聖な大地のエネルギーで
物質に閉じ込める
「偽物の霊魂」


「偽物の霊魂」を箱に閉じ込めて
しまってある。
全世界に散らばっている。
「分霊」


50番目の
「ネビル」
ネイビーブルーで
3つの柱をもつ者が


霊火で消磁する。


ひとつ残らず
昇神(撥遣ータマヌキ)したとき


新しい世界に代わる。

その時上に…
何かが起こる。

知的生命体は「人型」ではない

宇宙科学者?
宇宙研究者?
らしきものたちが

まじめに
考えている
「宇宙に存在する知的生命体は
人型をしている論」


自分たちと同じだと…


人類は「知的」なのか?
そこをツッコミたい!!!


アメーバ+単細胞+多細胞+細菌の塊
=人型



宇宙的には
グロテスクな形状であることは
間違いない。


人型の基本
★他を殺して食い
★腹の中の細菌が分解し
★泥(糞)を出す…

おぞましい…


とても知的な生命体が
行う行為ではない。



人類の「肉体」は
下等生命体の形状であり


宇宙人=異次元知的生命体は
人型ではない。



よって
下等生命体形状=人型宇宙人は
「知的じゃないので宇宙旅行はできない」
物質型宇宙人はいない!

地球人(人型宇宙人)も
肉体を持って
惑星外には絶対出られない。


爬虫類型宇宙人?
そりゃ地球人のことだろう。
脳の中心が爬虫類だから。

筋肉は「気(プラーナ)」でできている

今年に入って
ぐらぐらした。


足がぐらぐらして
調子が悪くなった

頭がぐらぐらして
調子が悪くなった。



こころがグラグラしていた。

「気」が抜けた風船状態。




マラソンをやっている
知人が

腰を痛め
2日ほどトレーニング休んだら

がくっと筋肉が
落ちたという。

治らなかったらどうしようと
気が滅入ったらしい。


「気」が落ちたのだ!



スポーツクラブで
がんばっている人が汗はかけども
全然筋肉なくてポヨポヨしているのも

「気」が入っていないから
かもしれない。

「気」が引き締まっていれば
シャンとして

筋肉がつく。


バレエダンサーや
空手道とか

なんていうのか

「気」をピッて
入れていることが

「血」と「気」が
めぐるのだ。

デスクワークも
シャキットすれば
マッチョになれる???!!!


気を引き締めて
骨を守ろう。


「気」が支えてくれる。

人類は必ず「超人」になる。
人を超える!

地獄を脱するための「橋を作る方法」

ニーチェの
『ツァラトゥストラはかく語りき』を
読んだ(マンガだけど)

ツァラトゥストラがいうことにゃ
「永劫回帰」
永劫的に(生死)を繰り返すという。

超人(解脱者)にならないと
毎度毎度
同じような人生を
繰り返し体験する

輪廻地獄だという

仏教的思想だ。

現存する宗教(神)は
「人間の作った妄想」で
祈ったって何にも変わらない。
=神は死んだ
(あの有名なセリフがでる)



で、苦しいからと
悪に走って
死んだとしても

やめることはできなくて

生まれ変わって
また同じ自分で同じ境遇で
何度も何度も繰り返す。


まさに地獄。



いい人になったら
ぬけられるのか?


ところがどっこい
いい人のまま
生まれ変わる。

悪い人が多くなったこの世界に…
(天国はゴールじゃない)


たくさんのお金を持っても
美男美女でも
才能があっても
楽しくても
名誉を得ても
(それならいい?飽きるよ、きっと)


それでも同じことのくりかえし
またここに生まれてくる。

悪い人が多くなった中に…
悪くなった地球環境の中に…




じゃあどうすりゃいいのさ!!!


そこで
このたび 
じゃじゃ~~~ん

すごいことがわかったのだ。


深い瞑想をしているときに

二つの分かれ道が存在する。




①白い光の世界(夢世界)と
②幾何学模様の川



②川がある方を選ぶのですが


そこを超えるのが
大変なのだ。


なぜなら
集中が途切れると
光の方へ行っちゃうからだ。




この道の見極めを
生きているうちにできるように
なることが

人類の生きている理由だ。


まず、深い瞑想で
この「分かれ道」まで
到達しなければならない。


キーポイントは
「集中」


今の若い人は
ゲームで集中力があるから
簡単にできるかも知れない。



もしかして
ゲーム世代も
輪廻の解脱のための
アイテムの一つかも知れないと

今思った。


近々図解にします。


もしかして
フリーメーソンの儀式って
「輪廻の解脱」なのか?



この世界は
つまらないと思っている方、

寝る前のほんの30分でも
体験してみるのも
良いではないか?


お金もいらないし
宗教でもない

うまくいかなくても
眠ってしまうだけ。

副作用なし。




人間が本来
やらねばならぬ


地獄から抜け出る
方法かもしれません。



死を迎える
その時まで

訓練することを
橋姫は勧めている。


地獄を脱するための
「橋を作る方法」
伝授します。
トラベルガイド


瞑想トラベル1
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-836.html




※おまけ

映画「ゴースト」だと
光の方に行くね、
悪い人は黒いおばけに連れさられる

悟り者は「幾何学模様の川へいく」のだ。
その川に入るには「周波数が細かくなければならない」

地球はあんまり楽しくない所

肉体がある世界は
下劣で卑怯なもの

悪い奴
低次元の心のもの

それらが強い。


惑星のレベルは

惑星の中で
一番低いもの
一番悪いもの

それが
基準になる。


どんなに
賢く優しく高尚で素晴らしい
高次元ものがいても

肉体を持っている限り

上になることはない。

逆三角の
悪魔が頭だ。


だから
どんなに
良いことをしようと
がんばっても

うまくいかない。


反重力?UFO?
フリーエネルギー?

そんなものは健全に
使えない。

破壊のために
自分より高尚なものを
痛めつけるために

使われる。



けれど
肉体のない
霊体の世界は

逆だ。

高尚なものが上にいて
力を持っている。

上向きの▲だ。


ここ(現実)しかないと
思わないで

肉体のない世界は
どんなだろう?と
考えてみるのも面白いよ。





この現実の世界の「楽しさ」って
そんなに楽しくないとおもいませんか?

まるで刑務所に入っている
囚人の「三時のおやつ」のような?
(おやつはないかな?)

独房から眺めるそらのような

重労働の「10分休み」のような


恋も食事も娯楽も
努力の末の感動すらも


苦しさの中の「休憩」のようで

幸せそうでも
苦しくて

楽しそうでも
つまらない

豊かそうでも
貧しい


生きていることの
素晴らしさを実感している
その瞬間でも

死の苦しみ
老いの不安を

心のどこかで感じている。


死刑囚

それが「この現実」


死んでも出られない
「輪廻」



全人類に
脱出できた「プラズマ祖先」の
話を聞いてほしい。




心から願うばかりです。


自分を鎮めて
心を無にして
目をつぶる

素粒子が体に光って通るとき
なにかを感じるはず。



59という変化の日

「5」って
変わるとか

踊り場っていうか

そんな感じで


「9」は
まだ生きているけど
ギリギリの崖っぷちで

長生きの猫が99才から
100才になるとき

化け猫になるように


9は「ギリギリ」感がある。



九十九神(つくもがみ)は
古道具が100年たつと
心をもつようになるから
99年で「ポイ」してたら

古道具たちが
「ひど~~~~~い」と
集まって相談して
妖怪になり
tsu3-1.jpg

人間に復讐するという。

99は
妖怪になるか?卒業するか?
運命の分かれ道。




今の時代みたい。



5959595959



59は変化。


5/9
踊り場から新しい一歩を踏み出す。
ドキドキするような
日なのだ。


空にたくさんの
プラズマが来ていてね
素粒子通信している。5/9

それを
感知している地球製機器



謎の高度な文明の異星人が
攻撃してくるって
本当に思っているんだよね。

感知している!
けれど
なんだかわからない!


自分たちの祖先のエネルギー体で
あることを、
言ってもわからないものばかりが

空を攻撃する。

占領地の「魄」白い鬼

今まで平和で
暮らしていた者たちを
殺戮して

手に入れた土地

「占領地」


自然とともに
愛とともに
宇宙の真理に基づいて

暮らせていた原住民たちの
「魄」(はく)が眠っている。

「魄」(はく)
骨のこと。


魂は空へ
骨は大地に



骨に残った
残留思念=白い鬼



それが何千何万と
眠っている土地がある。


白い鬼に会いに行こう。
白い鬼


ケムト注意報

5/8/2016

大量のケムトレイル撒かれてた!


大地震前にも空中撒かれてました。


バッテン印にマクノダヨ。


きっと3日間蒔き続けるだろうね。


どんな芽がでるのかな?




いでよ!妄想魔神!
いや「空のルンバくん」=クラウソラス召喚!



天空掃除機「クラウ・ソラス」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1580.html

ヒラニヤカシプ「金の衣を着たもの」

「神にもアスラにも
人にも獣にも
昼にも夜にも家の中でも外でも、
地上でも空中でも、
しかもどんな武器でも殺されない体」

そんな存在がいる。




人でも獣でもない
妄想魔人が

昼でも夜でもない
家でも外でもない



時間を超越した
「空間」で

武器を使わないで



分解しようと思う。



獅子の姿を借りた
「金の衣を着たもの」




三界には
人を操る

八百万の邪神がいる。

妄想魔人「12の試練」

世界各地から集めた
「鬼たち」


妄想魔人は
鬼たちに乗って
冒険


最後の試練を成し遂げるのだ!
(12もある)



まず第一の試練は
「獅子を倒す」



その獅子は
人間を長いあいだ
ひどい目に合わせてきたんだよ。

傲慢という名の獅子


硬い甲羅に覆われていている。





鬼たちが
深い洞窟に追い込んだ。


3日間圧をかけるといいらしい。

気圧を下げ
世界最古の火山を爆発させようか?
大きな隕石を落とそうか?



百鬼夜行は
考え中。

妄想と現実が
リンクする。



「百鬼夜行」2016スタート

人類の歴史において

たくさんの罪のない
庶民が

殺されてきた。


痛み、苦しみ、憤り…

死を持っても
消えない「念」


まるで
妖怪のような
鬼のような

風情をしている。


それを
集めている。


世界中
ものすごい数だ。


平成「百鬼夜行」(ひゃっきやこう)が
始まる。


百鬼夜行は、
多くの人数が音をたてながら
火をともしてくる様子

とあった。

狐火


死人に口はないが
「音」がある。


姿は見えずとも
音と光を

見せてあげよう。




戦争で亡くなった
たくさんの
美しい魂たち


神の力を
まだ持っている
鬼たち。


百鬼1
百鬼2
百鬼3
百鬼4



大きなヘビのように
鬼たちが練り歩く。


赤い印がついている場所

順繰りめぐる



百鬼夜行2016
スタートする。



地球の鐘の音

ゴ~ン

ゴ~~~~~~ン


ゴ~~~~~~~~~~ン


地球の空洞化がすすんでいる。


まるで地球が鐘のようになっていて


音が響き渡る



ゴ~~~~~~~~~~~~~~~ン



空に響き
大気は揺れる


地球の鐘が鳴る

三途の川は幾何学模様

極限の集中周波数で

瞑想をすると


2種類の場所にいける。


ひとつは
デルタ界


そこは白い石のような
音のしない世界


そこは
この世とあの世の
境目にある

休憩所みたいな場所だ。



もうひとつの世界は
出口につながっている。


そこには
幾何学模様が波のようになっている
三途の川みたいなところだ。


臨死体験者の三途の川は
幾何学もように波打つ周波数域だ。

まるでレーザー光線で
侵入者を防いでいるような
いろんな幾何学模様を作り出している

周波数地域=三途の川




その川を超えるには
その川の周波数よりもっと
細かくならないと

その先(幾何学模様の中)にいけない。



人間は死んでも
川を超えることはできないらしい。

デルタの世界でまどろんで
もういっかい
輪廻する。



つづく

集中ゾーン

ご飯が胸につまって
下に流れていかない時がある。

その時は

たくさんのごはんを口にしたので
食道を通りきらなかったのだろう


と思っていた。



さいきん、それの「水」バージョンもある。


水がなかなか下に入っていかない。



ふと
それが起こるときは


極度の集中を
行ったあと、または最中だったりする。



すごく集中するとき
周りの音も聞こえないほどになり

やっている作業すら
まるで「別空間」に移動している
感じでいる。


そんなとき
息もあまりしていない。

きっと食道や胃や肺…
いろんな臓器も
眠っている時のような

ちょっと休んでいる状態に
なっているのだと


実感した。


夢中になるものがあると
食欲も眠気もなくなる


そんなとき
起きているけど
体が寝ている、もしくは
使わない部位は
スリープして

使う方に電力を回している
そんな究極の集中が

臓器も一緒になって
行っている。



整体の先生いわく
「ゾーン」に入り込んでいるんだと
いっていた。

神話という名の「芸能話」

ケルト神話を
読んでいる。


ウゲっ


ギリシャ神話、古事記、源氏物語???


まあ、
きらびやかに金銀財宝宝飾にまみれた
美男美女が織り成す物語は

昼メロ



神々と称する
彼らは

権力闘争と
恋愛ゴタゴタだけで

成り立っている。



戦争は指揮するだけ

詳しいことは出てこない。
痛い目にあわないからね。



ケルト神話に
浦島太郎物語や
いろんなおとぎ話に似ているものが
でてくる。




自分たちを
神々と称して



昼メロドラマを
やっちゃっている連中が


この文明をつくっている。




元文明の落第生。




業にとらわれた
「カミガミ」が



補習教室で勉強している。


1%の落第生



進級するものは
いないかもしれない。





99%のOBは
ただちに帰る準備をしましょう。



もうここは
おわりだ。



終末のボタン

黙示録

終末論


世界は終わる?



皆が
文明の終わりを肌で感じている。





さて?
どうやって終わるか???



それが問題だ。



だれが終わらせると思いますか?






①世界を牛耳った大金持ち、悪のトップか?


②悲惨な目にあっている庶民か?




本当の終末ボタンを押すものは
どちらでもない。



世界を牛耳るものは
終わらせたくないのだ。永遠に。


ひどい目にあっているものは
自分の傷にやられていて
力がない。



じゃあだれだ?



それは



たくさんの屍の頂点に立ちながら
最高の幸せを感じている者。




三次元の幸せは
たくさんの不幸の屍の上に成り立っている。



たくさんの無残な死。
理不尽な思いを超えた

先に存在する幸せ。


それがなくては
しあわせは存在していない。



食事でさえも
たくさんの命をたべている。




だからこそ


終末ボタンを押すものは



愛に溢れ
幸せを胸いぱい感じ


今この時を
最高の幸福感で満たされている者が


今までの
土台を振り帰ったとき


押すのだ。




有り余る金があるものに
出会ったことがありますか?

大金持ちほど
羅生門の鬼のように

とても心が荒んで
さみしい、かなしく
貧しい。


彼らは絶対に
ボタンは押せない。


だから

こわがっている。



この不安なさなかに
ありったけの幸福を感じるもの


それが


週末ボタンを押すもの。


最高潮の幸せのさなかに。




ポチッと。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR