お~い でてきたぞ


https://www.youtube.com/watch?v=p7nUJrLKRxo
おーいでてこーい星新一)
再揚






村はずれの山に近い所にある小さな社(やしろ)が、
がけくずれで流されたのだ。




「おい、この穴は、いったいなんだい」
みんなが集まってきたところには、



径一メートルぐらいの穴があった。



のぞき込んでみたが、なかは暗くてなにも見えない。



だが、地球の中心までつき抜けているように深い感じがした。
「狐の穴かな」そんなことを言った者もあった。




「おーい、でてこーい」
 



中略…



利権屋は、仲間を都会で猛運動させた。
すばらしく深い穴がありますよ。

学者たちも少なくとも
五千メートルはあると言っています。
原子炉のカスなんか捨てるのに絶好でしょう。



官庁は、許可を与えた。
原子力発電会社は、争って契約した。
村人たちはちょっと心配したが
数千年は絶対地上に害は出ない、と説明され、
また利益の配分をもらうことでなっとくした。
しかも、まもなく都会から村まで立派な道路が作られたのだ。



トラックは道路を走り、
鉛の箱を運んできた。
穴の上でふたはあけられ、
原子炉のカスは穴のなかに落ちていった。



外務省や防衛庁から、
不要になった機密書類箱を捨てにきた。



監督についてきた役人たちは、
ゴルフのことを話しあっていた。
下っぱの役人たちは、書類を投げこみながら、
パチンコの話をしていた。
 
穴はいっぱいになる気配を示さなかった。

よっぽど深いのか、

それとも、底の方で
ひろがっているのかも知れないと思われた。


穴埋め会社は、少しずつ事業を拡張した。



大学で伝染病の実験に
使われた動物の死骸も運ばれてきたし、


引き取り手のない浮浪者の死体も
くわわった。海に捨てるよりいいと、
都会の汚物を長いパイプで穴まで導く計画も立った。


 
穴は都会の住民たちに安心感を与えた。
つぎつぎと生産することばかりに熱心で、
あとしまつに頭を使うのはだれもがいやがっていたのだ。


また、ひとびとは生産会社や販売会社でばかり働きたがり、
くず屋にはなりたがらなかった。
しかし、この問題も、穴によって、
すこしずつ解決していくだろうと思われた。

 
婚約のきまった女の子は、
古い日記を穴にすてた。

かつての恋人ととった写真を穴にすてて
新しい恋愛をはじめる人もいた。


警察では押収した
巧妙なにせ札を穴でしまつして安心した。

犯罪者たちは証拠物件を穴に投げ込んでほっとした。
 
穴は、捨てたいものは、
なんでも引き受けてくれた。


穴は、都会の汚れを洗い流してくれ、
海や空が以前にくらべでいくらか澄んできたように見えた。

その空をめざして、新しいビルが、つぎつぎと作られていった。






…略




穴に埋めたものが帰ってきているのが
今かな?






星 新一***ショ-ト・ショ-トの神様***の名作
新潮文庫「ボッコちゃん」より




中学校の英語の教科書に載っているらしい。
粋だね。
スポンサーサイト

ガブリエル・ファーレンハイト「華氏311」

昨日

映画「華氏911」をみた。
ずいぶん前に見たけど


その時見たより
恐怖を感じた。


なぜなら
「華氏311」だな


と感じたからだ。





国民が望んでいない「頭」が立ち
「頭」は「七光り」がさしている。

テロ(災害)があり
恐怖をあおり

愛国法なるものが
次々勝手に決まっていき


貧富の差をつくり
兵士を集めている。



金のない自国の兵士が
罪のない遠国の人々と


殺し合う図



たくさんの死体
たくさんのけが人
たくさんの罪に嘆く兵士
たくさんの悲しむ家族


たくさん売れる武器弾薬
たくさんのお金を手にする企業
ゲームを楽しむ王族の笑い





今に始まったことではなく

歴史に残っている
現文明は


ずっと
この図を繰り返している。



これからさきも
ずっと
同じことをくり返す。



今までずっとそうだったように。



それしかできない魂が
ここに残って住んでいるのだから




現実を見ることが
前に進む一歩。



もうここで
学ぶことはない。

朱雀門の鬼「橋姫」

橋姫物語

ある公卿の娘が
深い妬みにとらわれ

貴船神社に7日間籠って
「貴船大明神よ、
私を生きながら鬼神に変えて下さい。
妬ましい女を取り殺したいのです」

と祈った。



明神は哀れに思い
「本当に鬼になりたければ、
姿を変えて
宇治川に21日間浸れ」と告げた。

女は都に帰ると、髪を5つに分け5本の角にし、
顔には朱をさし体には丹を塗って全身を赤くし、
鉄輪(かなわ、鉄の輪に三本脚が付いた台)を
逆さに頭に載せ、3本の脚には松明を燃やし、

さらに両端を燃やした松明を口にくわえ、
計5つの火を灯した。
橋姫




2016年年明けの
キーワード

「橋を作る」だったが


とあるきっかけで
「橋姫」という物語を知った。


今回のGW休みは7日間ある
今までの「仕事集中」を


橋姫のように
生きながら鬼神になれるように
全神経を集中しようと思った。



鬼ってなんだろう?


鬼という漢字の
上の田の上にノとは

神祭りの生贄
儀式に用いる「神頭」を意味する



目に見えない存在

人々が禍や災害、
苦難、不安、恐怖


それをもたらす



妖怪?鬼?悪魔?神?


人間の想念が作り出した怪物たち。








妬ましい女(大淫婦地球)の上で


赤鬼と青鬼が
戦っている。



人間は傷つき
悲しみ苦しんでいる。
騒音999






七日間篭って
祈り


姿を変えて
(脳内集中を極限にして)
21日間深い瞑想をしてみよう。



生きたまま鬼神になれるかな?

地球(妬ましい女)を破壊するために。




天使が生きたまま「出る」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1950.html

人類 総妊婦「受胎告知」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1436.html


地球の「全体音」は「騒音」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html

スーパーフラッシュ2

2016.4.27朝

超スーパーフラッシュ


フラッシュ極


最近周期が早い


きのう整体で
骨の歪みを微調整したので
感度抜群すぎて

倒れそう。


事象の変容に要注意。

イシスの告白「虹色の階段」


新しい階段を
上るための

踊り場にいる。
9999



生まれてから
今まで

人間はなぜ生きているのだろう?
「生きる理由」


という課題に
取り組んできて

いろんなことが
わかった。




で更なる
新しい階段を登ろうとしている。

その「タイトル」は


「人間の学び終わっている」
だ。


きっと
多くの人が
世界のこの荒廃した様子をみて


欲とエゴで
宇宙と断絶している者に対し

どんなに 何度も 切実に訴えても
言ってもわからないな!!!
思っている



性格や環境で
いろんなタイプの人がいて
ある程度の意見のぶつかり合いは
あるのは当然のことだけど


人間として
ありえない行為をするものたちを
どうすることもできないのだ。




・人を殺さない
・隣の人と仲良くする
・ウソをつかない…などなど

モーゼは
石版にかかれなきゃ
わからなかったのか???




わかるものは
最初からわかっていて

わからないものは
言っても絶対わからない






人間最後の時代
「カリユガ」


すでに
2分されている。


仕分け済みだった!



旅立つ船は
もう出来上がっている。


すでにほとんどの人が
乗っているのだ。




ただ、最後に
長く住んでいた故郷を
見に来たような


この地球に
別れの区切りを
つけに来たように


壊れ行く地球を
見納めに
生まれてきたのだという。
9999



だから

腐敗した政治に権力者に
理不尽な思いをして

過酷な労働に
心も体も蝕まれ

ああ、ひどいところだなあ!と
未練をたちきっている。



美しい自然が
街路樹のカビ

醜く荒廃していく様を
異変

神体まで憂い、悲しみ

ああ、ひどいところだなあ!と
空とべクジラ

未練をたちきっている。



観察してみる「地球の異変」(イシスの声)
わたしたちの立ち位置がわかる。


写真借りました。↓(イチョウ)

計画立てずに想定外
http://200mangaso.cocolog-nifty.com/fksm1gnpt/cat47918850/index.html
街路樹の異変





残された時間で
別れを惜しんでいるだけなのだ。




震災などに合うと

大事なものは

愛しい者の安否だ。




安心してほしい。



愛しい家族
愛しい友人
愛しい知人


みんな一緒だ。



だから安心して



滅び行く傲慢な地獄=地球で


最後の余暇をすごそう。
楽しく苦しい

地球の物語。



本当の私たちが
空からいつも
わたしたちを見守っている。
イシスの告白



その時を迎えるまで…
迎えるは霊体





ジークフリードと耳なし芳一

小さい時きいた
おとぎ話

その中で
心を捉えた
「白鳥の湖」


王子様は
ジークフリード







ジークフリードは
不死身になる「怪物の血」を
浴びているが

怪血塗布中
菩提樹の葉っぱが
ヒラヒラ~ピタリ
背中にくっついて

そこだけ
「塗り損ねた」
(そこを狙われやられた)







小さい時のお昼寝で
祖父が毎度読んでくれた
「耳なし芳一」

盲目の天才琵琶法師


「お経の書きもれ」にて
みみをとられ、やられた。



ジークフリードも芳一も
似ている。



並はずれた力があっても
「人間」でいるということは

悪魔も倒せないし
悪霊を昇華させることも
無理なのだ。


一点の弱点



それは人間でいること。

マルコビッチのプレイヤー

マルコビッチの穴という
映画がある


みていないが

いろんな霊が
マルコビッチにのりうつる???

昔聞いたので
わすれたがそんな感じ。



人間も
マルコビッチのように


いろんなプレイヤーが
代わる代わる
プレイしているのではないかと


思われる。


ある一定の難題をクリアしたら
ちがうプレイヤーがくるのではないかと

おもう。


劇的な変化があったのは
2016.4/14日で
4回目だ。


全く別人が
わたしになっている。


1回目は
くるぶし

2回目は
尾てい骨

3回目は


4回目は
胸と脳


今回のプレイヤーは
赤い



そして
地球の核とリンクしている。


人間の最終進化は
「脳」の変化だ。


まるで地軸が変わり
赤道やレイラインがかわるように


右後ろにあったものが
上に来るという

脳内変化が
なされるのだという。


脳はほとんどがバッテリーだと
妄想教授で書いたが


右脳の後頭部で行っていた
バッテリーシステムが
どうやら頭頂でバリバリと
高電圧を作るのだ。



地球で言えば
上下?左右が?
変わるような

そんな大変革がおきる。


超高速回転がはじまる。

「モルダバイト通信」隕石彗星は宇宙から来ない

たまにくる
隕石通信


緑のモルダバイト


隕石や彗星などの
流れ星のようなものは

「宇宙空間」からは
こない
のだというのだ!!!!

わたしたちが
習ったような

地球、月、太陽、惑星…
宇宙空間のように


宇宙はできてはいない。




宇宙を開発しているひとが
一番感じているだろう。



瞬時にあらわれる
隕石、彗星


電離層で作っている!!!!!


人間の想念エネルギーが
作り出している。
想念を飛ばせ

空からの物質化した
破壊のエネルギー。


人々の怒りがかたまり
落ちてくる仕組み。

国民の怒りは
神の怒りとなって
モルダバイトは緑に光る

降ってくる。

999から1000へ

喜びこそ
神々の美しい花火

楽園の娘

われらは
感激に酔いしれ

あなたの神殿に入る


世の慣習が
厳しく分けたものを


あなたの魔力は再び結びつける

あなたの優しい翼の下で

すべてのひとは
みな兄弟となる。
(第9)

Beethoven333.jpg

Ludwig van Beethoven
………………………………



人間は
喜びを「人生」の中で感じ

経験と感動で

体の
各チャクラを開き


尾てい骨の
契約の箱に入っている
「天女(神体)」を

頭頂の神殿に入れる。
(異次元城)


現実で分けられている
存在するが
見えるものと
見えないものを

新しく得た
あなたの「視界」(第三の目)によって

気が付く


そして宇宙の真理の元で
全ての生命がひとつであるということを

理解する。

SB J333
………………………………




くま子の難

妄想魔人の助手
かわいいくま子ちゃん
助手k


ずっと
どこかにいっていたけど


今日もどってきた。


もう怒っていない。


そしてしゃべった
「白い鳥が飛ぶよ」だって。


小さい可愛い鳥じゃなくて
孔雀のような
豪華な鳥が飛ぶのだと言う。
白凰



妄想魔人の助手「クマこ」の変身
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1901.html

安保先生はいいなあ

安保徹博士「免疫力をあげるのに無理は禁物!
楽も危険(笑」ワールドフォーラム「統合医学を結ぶ!」公開講演会

https://www.youtube.com/watch?v=HMVBRFdVHGE

こころがほのぼのします。

朱雀の炎は止まらない

わたしは
喜怒哀楽が止めることができない

尻尾を振る犬のように

自分の感情を
抑えることができない



怒ったとき
その赤い炎は

真っ赤に燃え上がり
出来上がった感情のエネルギーを

おさえることは
無理だ

どかんと
怒りのエネルギーを放出するまでは
おさまらない。




火山をみるたびに
「おさえることなどできないよね~」と
思う


真っ赤にもえさかる
怒りの朱雀炎




きっと
ここまでくると


だれにもとめられないし



そばにいるものが
いいも、わるいも
判断できないで



真っ赤な目をしたオームのように



すべてを焼き尽くすと思う。




怒っている山から
はなれたほうがいい。


日本は危険なものに近づきすぎだ。


政治家の秘書みたい。

運命のシナリオ

地球はいったいどうなるのだろう?

だれか予言者はいないか?
その予言は本当か?嘘か?

そんなことを
悩まずとも
簡単にわかることがあるとすれば

経験による
推測ではないだろうか?



地球がもしも
人間だとしたら…

どんな人生になるか?

だいたい検討がつく


【地球の症状】

地球の皮膚(地表)に
住む常在菌(人間)が

お互いに攻撃し合っている。
=免疫異常反応だ。

地球表面は
アレルギー、アトピーの皮膚であり

その上
どうやっても治らないだろう
「悪性の腫瘍」=原発
が至る所にできてしまった。


その悪性の腫瘍は
はれ上がり爆発してしまった。

その悪性の腫瘍は
地表でとどまらず

内部の臓器に
入り込んでいる(メルトスルー)


各神経は
痛みを全世界に走らせている。

マグマ(血液)
水脈(体液)は
毒に侵され

もだえ苦しんでいる
それが地球だ。


そのもだえ苦しむ地球に
常在菌(人間)は攻撃し続ける。
穴を掘り、電磁波を浴びさせ
火薬を仕掛ける

理不尽とストレスで作り上げる
負のエネルギーを
大気いっぱいに作り上げ

誰かが悪い
誰かが悪い
誰かが悪い

不協和音がこだまする







真っ赤に燃える痛みに震え
毒を含んだ
血しぶきが吹き上がるだろうことは


だれが想像しても
わかる事態。


もとどおりに
なにもなかった
美しい自然にもどることはできない。

どんな名医も
末期患者を救えないように…



ただできることは
いままで常在菌(人間)は

どんなことをしてきて

どんなものをおいかけて

どんなものを失って

何を学び、何が大事だったか?


くずれゆく
ほろびゆく
今際の際(極限の状態)で

胸に刻むことなのではないか。



なんども
なんども
振り返って

涙が止まらない


美しい音を奏でていた
地球という楽器


もう美しい音を
奏でることができない壊れた楽器
地球
痛木

電気が消えた日の夜空

まえに
大震災にあった時
町全体が停電になった


車で過ごした日々


毎晩
プラネタリウムより
たくさんの星々が輝いていた


電気がない世界は
「星の世界」だった。
星空333


田舎でも
街灯があるだけで
みえない星空


たくさんの流れ星が
いっぱい見れた。


空が近い
宇宙が近い


まるで瞑想の時のようだな~
と思った。


体の電気を消すと
脳内に「宇宙の光」が
たくさん見えるように…


地球の電気を
全部消したなら


満天に輝く
宇宙の光が

全世界の人が
見ることができるのに。


そうすれば
人間も宇宙の真理がわかるはず。

自然が教えてくれること

普段
自然のことをどれだけ見ているだろう?


自然が作り出した
空気を吸い

自然がつくり出した
ものを食べ


自然に生かされている自分を
実感して
いきている人はすくない


普通で当たり前の
空も海も川も山も


何か言いたいことがいっぱいある


自然は
人間の奴隷のように

がまんしていた



自然に怒られて
人間は

自然に生かされていることに気づく





放射能で汚染されている
木々をだれもおかしいと認めてくれないが


自然が
嫌な音を出しているんだよ



なぜ聞こえないのだろう?



これははじまりにすぎない




遠い向こう岸の
自分には関係ない映像ではなくてね



全世界に
ひろがるんだよ



自然も感情がある
鉱物も意識がある




人間がやってきたことを
振り返る
いい機会が訪れる



逃れる人はいない





やってきたことは
かえってくるのが

三次元のおきて







こころしよう。


すべてのひとに
自然のこころがかえってくる。

蛇の目をつぶす

大地に封印された
大蛇が大地から這い出ている


空を飛んでいる



それを
昇華する


蛇の目をねらえ!




人間がつくりだした
何億年もの
エゴの塊



全世界のスターブレイカーが
蛇の目をつぶす


荒れ狂う
嵐にまぎれた磁界蛇



ほおっておいても
消える定め


被害がでるまえに
消磁する


方法は簡単

網で救うように
蛇を捕まえる



すると簡単に消える




イメージしてほしい





空に舞う
嫌なものを

消すイメージを



100匹の猿のように


100人がイメージするだけで
世界が変わる



必ずかわる



人類は新たなる時代を迎える

目に見えない世界は「劇的な変化」

悪魔や天使は
人間の心にいる


けれど
人間は「悪魔」を

見えない世界に
作り出している。


磁界につくりだす
「重力波」

人間が「念」でつくりだす。



その塊は
大きな怪物になって
人間を惑わしている。


大蛇のような
想念の塊


恨み・祈り・願い…
欲が作り出す思い



鉱物に封印された「大蛇」
蛇使いは「とんがりボウシの魔法使い」


どんどん電離する



目で見えない世界で
いろんなことが起こっている。


世界は変わっていく。


3次元は「磁界ヘビ」だらけ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1574.html

「人類記憶」の断捨離
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1578.html

呪歌と祝詞
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1568.html

「護摩の灰」から咲く花がある

祈り
祈祷
祈願
礼拝

人間が
超越した「存在」に
エゴを捧げる行為

それは

努力することを
怠った人間の

逃げ口上(行為)


願う・祈るだけでは
何も変わらない

努力して考えることを
しないから
崩壊に向かっている



神はどこにいる?
自分以外のどこかにいる?

そう思っているから
生贄を捧げたり
祈ったりする


神が自分の中にいると
思えたら

神とともに
努力できる。




祈り、願いが
叶わなかったら
「神」のせいにする。

だれかのせいにして
ゴマカス。



祈祷に使う「火」

悪事や失敗や災いや病気…
さまざまな嫌なことを

焼いて消去する

どんな悪いことも
学ぶために用意されたもの。

学ばず「消去」する。


護摩の火


護摩の火で焼いた悪事は
「灰」になり

護摩の灰は
みんなのうえにふりそそぐ。


ゴマカスは
ただ形を変えただけで


消えてはいない


悪事は
どんどん積もっていき


どんどん次元を低くする。


けれど
この重い密度の中で
咲いた花は
ダイヤモンドより
輝くだろう。

輝く花222

どんな状況でも
考え、努力し、
乗り越えることができる

神は自分とともにあるのだから。




自分が動く=神が動く


願いを叶えるのは自分。
救うのは「あなたの手」



あなたの手は
「神の手」
熱い力が沸いてくる



人間は半神半獣


獣に宿った「神」



獣のつくった「灰」の中でも
輝く花は咲く。

体に毒を持つ「毒姫」になる

猛毒の夾竹桃やトリカブトも
薬になるように

毒も薬

長いあいだ
人類は毒と戦ってきた。

鉛、水銀、銅…


それでも人類は増えていった。



環境が厳しいと
クラゲが毒を持つように


環境に合わせて
遺伝子を書き換える。


それが生命システムに
備わっている。



地球の汚染はどんどん広がっていて

古代の人類だったら

すぐ即死するような
汚い世界に住んでいる。


毒とともに生きている。




原発が作り出している猛毒も
少しずつ 少しづつ
吸収して、食べて

生き抜くために
対処の方法を「遺伝子は考えている」



苦しんで
死ぬだろう
近い未来を回避するために


全精力で
「遺伝子は考えている」





遺伝子を書き換える「タンパク質」の
力を高めるために


やるべきことがある。



①ストレスをためない生活をする
②基礎代謝をあげる(運動をする)
③汚染物質を最小限にする(食にこだわる)
④少食になる(臓器の負担軽減)
⑤進化したいと心から願う



地球人類は
どんなにがんばっても

宇宙旅行にはいけない。

海の中ですら
一時間も
生きることはできない。


この汚れた環境で
生き抜くしかないのだ。


毒をもったクラゲのように
毒を吸い取る毒キノコのように

毒を吸い
毒を食い
体に毒をもちながら
元気にいきていく

毒姫になって

その時が来るまで
元気で強く賢く
生きていこうと思う。


地球調査団SB J333

スターブレイカー復活祭

オーロラブレーックアップ♪

オーロラブレイクアップ


新しい時代が始まるよ!

「迷い雲」に風穴

地球に住むすべての生命体に

大きな厚い灰色の
迷い雲がとりまいている。

ないものを欲しがったり
あるものを捨てたり

好きなのに手放したり
嫌いだけど拾ったり

いらないものに執着したり

選んだ道を進んだのに
戻ってきたり

登ったのに
すぐ降りたり

OKしたのに
キャンセルしたり


信じていたものが
信じられなくなったり


大事なものが
なんなのか?

本当にいるものは
なんなのか?


みんなが
迷っている。

けれど
迷うことは

考えているということ


ぐるぐる迷路のように
みんな迷っている



風穴をあけよう!!!


バッリ~ン


衝撃波で風穴をあける。

過去は「横」に存在する

変えられない過去

たどってきた道のように

まるで毛細血管のように

過去は毛細血管

過去はわたしたちの横にある



瞑想が進むと
過去の道をみにいける



過去は見るだけの
スクリーン


横に存在する
とても近いもの


保存しているディスクは
すぐそばにある。



そこをたどってっきた
「血の中に」


過去で作った
不純物があり


それが
この次元の「碇(いかり)」となって


人類をどんどん重い密度に
引き込んでいく

潜水旅行からの帰還

ここ一ヶ月ぐらい
とても深いところに
行っていた。

真っ暗で
重い密度の場所


心に焦りや
迷いがあるとき


とても深いところまで
潜水をする。
深海の宝



重苦しく
押し潰されそうな場所

息も苦しく
心もどんより曇る

過去の嫌なもの
みたくない醜いもの


そんなものが
うじゃうじゃしている。


それでも
どんどんもぐっていく


もう光の届くところへ
戻れないかもしれないほどの

不安にさいなまれても


どんどん

どんどん


潜っていく



そこで
とても汚いが大事なものをみつけて
深海の宝2


それを持って
浮上している。



深層思考に潜んだ
真っ黒い塊は



血の中に残された
カルマの塊


何億年もの間の祖先のカルマ



何度も潜り

何度も浮上して

光に変わる玉6

光に変える。


あと何個残っているのだろう?


血の中の「黒い塊」


自分の行動
自分の性格
自分の資質のなかに潜む


「宝」=「カルマ」



これが自分の奥に
あると


メルカバーに乗れない



生きているうちに
カルマの玉を
光に変える

赤い桜が咲く頃に

日本中に撒き散らした
ストロンチウム

銀白色のアルカリ土類金属

炎色反応は
真っ赤に燃える
あか



年々桜が「ピンク」になっている。


今年は特に「濃い」


紫陽花もアルカリ性は
赤色になるように


桜も赤く染まる



とどまることを知らない
科学が作り出した「獣」

近いうちに淡い桜色を
「真っ赤」に染めるだろう。
赤い桜



後悔の花を見る。


そして焼いた骨も
真っ赤に燃えるだろう。


真っ赤な人魂が宙を飛ぶ。

「支配者」と「奴隷」からの脱却

学校新聞でよく使われるテーマ
「将来の夢」

その時代ごとに
はやりがある。


スポーツ選手
パティシエ
漫画家…


いろんな子どもが
それぞれ夢を見る。


とてもおもしろかった。


ところが
近年恐ろしいことがおこっている。


揃いも揃って
「人の役にたつ仕事をしたい」
「人を笑顔にさせる仕事をしたい」

↑これがほとんどだ。


将来の夢は
もはや自分の好きなことではない。

だれかのためのロボット教育。


これが全校だから
国策なのかもしれない。





三次元地球の「星訓」は
弱肉強食。

支配者と奴隷で成り立っている。


強いものにヘツライ
弱いものをシイタゲル。

でもここからは何も学ぶことができない。



強いものは
支配したいという欲にかられ
「努力」をしない。


弱い者は
奴隷でいることから
抜け出ることを放棄し
「考える」ことをしない。


2極で奏でるリズムは
三次元から脱却はできない。



3極
三番目の目
深層に潜む真実の眼で
泥沼試合をゲームセット。



支配者ですか?
奴隷ですか?


どこに所属していても

立場が下でも上でも

どんな関係でも



心や行動は
2極でいるものは

学ぶことができない。


「支配者」の「社長」は学べない
「奴隷」の「社員」は学べない


「支配者」の「先生」は学べない
「奴隷」の「生徒」は学べない


「支配者」の「夫」は学べない
「奴隷」の「妻」は学べない





社長でも社員でも
先生でも学生でも
友人でも家族でも


支配者と奴隷であれば
なにも学べない

支配者は威張り
奴隷は蔑む


血流は悪くなり
ホルモンはでなくなり
嫌なオーラをはなつ


「滅びに続く関係」だ。


第三の形態は
「職人」「研究者」

差別なき
囚われない心で
精進する


宇宙の声が聞こえるようになる。

深層思考は宇宙のリズム

短い人生で
自分は何を選び
何を学ぶか?

それはきっと
生まれる前に魂が
決めてきた。

本当の自分が
設計図をもっている。



表面の意識には感知できない。


深層の思考は
映像でもなく
言葉でもなく

ただリズムを奏でているだけ。




自分がひとつの学びを
終わろうとしたとき


不安定なリズムを
深層思考が大音量で流す。


その不安な
深層思考を表面意識が
感じ取り

古い物事を終わらせ
新しい選択へ進んでいく。



もしも
選択を間違ったとき

深層思考は大音響を流す。


「きらい」「すき」
「不快」「快適」

どんなに得だとしても
どんなに見た目が良くても

深層思考=人生設計に
反したものは
「すごく嫌だ」と感じる。




私たちの人生は
全てとつながっていて

いつでも
宇宙のアルゴリズムにあわせて
マンデルブロ集合

演奏をしている。



「なんかいやだな?」とおもった
出来事?人?選択?

どんどん「嫌だというリズム音」が
大きくなったなら

やめるといい。




きっと宇宙の法則に
反している選択だから。

上空に仲間たち

昨日
初夏に訪れるはずの
キジバトに各所で出会った。

なにかのお知らせかな?
と思ってた。


今朝、
コウモリの糞を寝室網戸に発見!!

「これは もしや!!!!」



鏡を見ると
髪の毛が逆だっている~!!

妖怪アンテナ総立ち。

来日3000


上空に仲間たちが
たくさん来ているのだよ~。

もう朝からワクワク
ウキウキ力がみなぎっています。


※宇宙人じゃありません。
自分の魂の仲間みたいな
プラズマのかたまりです。


電波障害ご注意くださいな。

世界は「自分の中」にある

「今日ね、ドクロさんが
面白いこと教えてくれたんだよ~」
と話すと


「それってエア友?」

エア友?

「空想の友人」のことをいうらしい。


妄想魔人もドクロさんも
テスラの亡霊も妄想教授も…?


自分の中では
現実の友人も
架空の知り合いも

同じククリになっている。

肉体があるか?
肉体がないか?

それだけのこと。


自分が感じる世界は
自分の中にある。


世界は自分が作り出している。


もっと強く思えば
すべてその通りになる。


空がピンクのシマシマになれ~と
おもったらきっとなる。
じぶんせかい


現実を作り出している
「電気信号」は

安易に書き換えができる
しくみになっている。

三方向から
干渉させれば
現実は目に見える(byドクロ)
(※あとで詳しく教えてくれ~)


私の中にあなたが住んでいる。

不老不死の薬「脳内ホルモン」

新しい人類になるために
頭に花を咲かせよう!


といっても

どうやって?

頭の花が
見えるわけでもないし?


わからん?


ですよね。



例えば…
「便意or尿意」をもよおした時
交通渋滞や、会議、朝礼、授業…
もろもろの事情で

超我慢を強いられたことは
だれしもあるでしょう。

こんなところで
漏れてもダメだし…

絶対絶命
大ピンチ!!


その時の思考は
生死を覚悟するほどの
緊迫した状態だ。

思考は「便意尿意」


なんとか
我慢できて

トイレにたどり着き
無事任務を遂行できた
「その瞬間」

ああ~よかった~

この感覚↑
至極のドーパミン噴出。



これはあくまでも
感覚の疑似認識であって
トイレは我慢しないでください。
(※注これでは、花は咲きません)


で、
この我慢と安堵(達成)の振幅が
「花を咲かせる」感覚です。


aa10.jpg

かんたんなものだと
「栗」や「カニ」など
食べるのに手間がかかるものを
食べる時もこの感覚がある。

手間をかけて
その間、食べたいのを我慢する。
で、苦労してむいて食べる
「おいし~~~~~~(お花ポッ)」



それを
自分のやってて好きなことで
簡単には手に入らない「技術」の「修練」で
花を咲かせるのです。

鉄棒の逆上がりでも
ヨーヨーでも
タイル磨きでも…

人間の体を使って
普通の人では簡単にできないことを
努力と苦労で

「技を完成させる」

心・体・技
精神と・体と・修練
三位一体です。
yoyo.jpg



それが難しいことであればあるほど
「大輪の花が咲き」

見た人々も「感動」する。


手間をかける


いつでも
いまからでもできる



手間ひまかける。


精魂込める。


無我夢中で努力する。




そこに光が入り
そこに花が咲く。

LOF.jpg



それは体内で起こる
化学変化をおこす。
脳内で製造されるその化学物質こそ
異次元城への招待状(錬金薬=不老不死の薬)


人間はそんな仕組みで
できている。



地球の表面に
金丹は存在しない。
金丹(錬金薬=不老不死の薬)は自らが
作り出すものだ。




便利なことは
退化する。


手間をかけて
花が咲く。




悪いことしないで
ニコニコしているだけでは
なんにも変わらないよ。


夢見ごこちで
空想しているだけで
魂は救われない。


スピリチャル世界は
不思議で楽しいけれど
神頼みといっしょ。
努力することを怠けて祈っていても
何も変わらない。


どこかのだれかが
じゃじゃ~んと現れて
地球や人類を

救ってはくれない。



メルカバーから
見える花を
meme.jpg

咲かせなければ

あなたのすべては
真っ赤な業火に焼かれ
灰になるだろう。





休むことも
なまけることも
時には大事だけど


生きている時間は短い。


この闇の中で「光」を見つける手段。
頭に花を咲かせよう。




A10マン強化ギャップ

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html

感情ヨーヨーチャンピオン
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-877.html

UFOは万物を見通す
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1411.html

天女の洗濯

大地からたくさんのエナジーが
空中に浮上している。

封印されてた天女たちの
浮遊が世界各地でおこっている。

事象の変容を起こす
汚い服を着た
天女たち




化学式で言えば
天女は「水素」


汚い服きた天女①
硫黄の服着た「硫化水素」
化学式 H2S

ほかにもたくさんいるよ
BH3水素化ホウ素
CH4 メタン
NH3アンモニア
HFフッ化水素
AlH3水素化アルミニウム
H2Se セレン化水素
……たくさんある。



みんな服が結構臭い。
おなら?ドブ?にんにく?靴下?
汚いかぐやひめ

生き物には毒だったりする。
海の生き物も山の生き物も
天女の毒でやられている。
(⑨水素の浮上)



これからおこることは
じゃじゃ~ん

天女の臭い服を浄化する
「作業」がはじまるんだよ。
(⑩電磁層の圧縮・収縮)


上に40
下に40

上に40
下に40

上に40
下に40

上に40
下に40

上に40
下に40


禮(レイ)



アルゴンの大魔王が
巡回します。
女神の着物を浄化するために。




大地と空の出会い「ストリーマコロナ」

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1285.html

アルゴンの大王が舞い降りる
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html

圧をかける
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-date-201601.html

妄想魔人の使命
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1803.html


「誘導結合プラズマ」クッキング
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-944.html

生まれ落ちた場所で咲く

水が蒸発して雲になり
地球をめぐり

雨となって
地球に降り注ぐ。

海に降る雨
山に降る雨
建物に降る雨
道路に降る雨…

あらゆるところに
ふりそそぐ雨つぶ。

雨つぶの中に
いろんなものがまざっている。

排気ガス
花粉、黄砂、化学物質…。



人間も生まれ落ちた場所が
さまざまで

内在している性質が
みんなちがう。


自分の体でも
脳細胞の役割と
腸内細菌の役割が違うように


全ての人間が
違う役割をもって
生まれ落ちている。


霊感のない人が
霊能者になれないように、

筋力がない人が
力仕事をしても
まったく役に立たない。

生まれ落ちた場所(境遇ってかんじかな)
そこで自分らしい花を
一生懸命咲かせる。


素晴らしい場所で
素晴らしい大輪の花も

道路脇の
名も無い花も


同じ


花が咲くことが大事で、


日陰で涼しい所が好きな花
炎天下の乾いたところが好きな花が
あるように

素晴らしい場所にいっても
咲けない花もある。


どんな場所でも
どんな花でも


頭に花を咲かせることが
できる人生をおすすめしたい。


どこかすばらしいとこや
どこかのすばらしいできごとが
花をさかせるわけではない。


いまここの
この場で日々の中で
花を咲かせる。

さぼてん3



只今「宇宙線新バージョン」が
大量にふりそそいでいる。
ダウンロードしないともったいないのだ。
(頭の花は宇宙LAN)


「アセンション」を科学する
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1334.html


スーパーフラッシュ

2016年4月4日
前後

ものすごい
ピッカピカ スーパーフラッシュがあった。
2016スーパーフラッシュ


まだ
電気信号に変換してないけど

すごい情報量だった。

批判は表現力

批判すること


それは悪いこととは
思わない。


みんな考えが違う

私はこう思う
私は反対だ!


ということは
自分の意見があるという証



批判しよう!



自分の立場が悪くなり
空気が読めない自分勝手な
「批判」


大賛成だ!!


嘘は嘘だし!
間違っていることは
間違っている。
悪いことは悪い!


自信を持って
批判しよう。


あとで、
あれ?いいすぎたかな?
あれ?あたしが間違ってた?


思ったっていいじゃない。


その時そう思ったことは
本当で


批判することが
自分にとって大事なことだったから。



人の目も 空気もよまず
おもったことを
「批判する」



そこから
学ぶことがたくさんある。


さらけ出せ
醜い自分
幼い自分
エゴな部分


みんなのまえで
さらけ出すから


叩かれ
研磨される。



違うと思っていて
お腹の中でぐずぐず腹たっても


何も変わらない。
周りも自分も。



みんな本音でぶつかり合って
傷ついて研磨されて

磨かれていく。



みんな汚い石っころ。


圧力をかけて
ぶつかり、くだかれ
削られて



きれいな硬いダイアモンドになる。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR