地球の海馬が動いている

人間の脳にある
「海馬」

記憶を集結して
回っている
光ディスク
回る脳内ディスク

この回る光は
オーラフィールド(霊体)に
記憶される。
オーラは記憶庫


死んだとき
このなかの記憶の一部が
持っていける。




地球にも
「海馬」がある。



輪になってある。
きっとレイラインにあるんだ。


そこの地表に
「地球の海馬」がある。



いま、回り始めている。
海馬がグルグル回って


渦が巻き起こっている。



いままでの記憶を
デンジソウに記憶させている。
スポンサーサイト

人生の花

泥の沼から
美しい花を咲かせる
「ハス」

乾いた過酷な環境に咲く
「サボテン」

このブログは
「頭に花を咲かせる」が
メインタイトルみたいなもので

さぼてん3
の咲いた花は
メルカバーで

進化した人類
「プラズマ生命体」


…とまあこんな感じだった。


妄想魔人のたわごとだったけど


ライフオブフラワーを
コメントで教えてもらって
調べたらびっくりした!!!
感動した!!!!


だって
やっぱり
人類の血の中の記憶は
古代から続いていて


今の現代人にも
等しく記憶されているんだと
実感した一瞬だった。
フエアワーオブライフ
ライフオブフラワー
人生の花だ。


これは
魔法陣でもあるね。
美しい1


そして
この地球が生臭いことばかりなのも
それを阻止したい「何か」が
花を咲かせることを阻害して

生きている理由をわからなくさせているんだと…
(コメントより)

110.jpg

頭に咲かせる花を
踏んでいる獅子も

俵を踏む
大黒天も
大黒さま

この世界に執着している
「想念」が
人間の進化を妨げて

戦争を起こしているのかもしれないね。



エゴが強いと


頭に花がさかないから。





今年最後は
フラワーオブライフ
「人生の花」で飾れてよかった。


人類は何万年も
同じ課題に取り組んでいる。



人類は
血の中に記憶する
「課題」を思い出そうとしている。


すべての人類が
記憶している「イブ」の記憶

仕事納め

本日
仕事納めでした。

一年間振り返ると
仕事やってきたのかな?
と思うほど(ちゃんと仕事してました)

このブログが濃かったです。


たくさんの方に見てもらえて
感性が同じ人が
たくさんいるのだと

嬉しくなりました。


年末年始
なまける日もあるとおもいますが

まだまだ
たくさん書きたいことがあります


そして
みんなにわかりやすく
たのしんでもらえるよう
頑張りますね。


コメントも
ワクワクしました。
いろいろ勉強になります。
ありがとう~♪

かんしゃ2

数字は分光

数字をみるのが
大好きだ。

運転してても
行き交う車のナンバーは
かならず、すべて見る。

車種で覚えないで
ナンバーで覚えている。

毎日の通勤で出会う車や
会社の人や友人や知り合いの
ナンバーはだいたいわかる。


数字を覚えるときは
「色」で覚えるから
かんたんだ。


例えば

5425
青・ピンク・黄・青
この配列は結構ビビッドなんだよね。

てなかんじ。


5555で
真っ青な車を見たときは
ヒュ~♪

色と数字がどんぴしゃり。
すっきりだ。



自分の中で
数字は色だ。

色は音を持っている。


数字の組み合わせは
色と音の物語を持っている。



この世界は
五感としてわかれて感知している。

音は耳で聴くもので
色は目で見るもの


でもそれは
この世界限定で
本当の世界は(異次元)

光が分光していない。



うまく説明できないけれど



数字が存在しているのは
この世界が「分光」しているからだと
思っている。



魔法陣は接点に数字がある。
それはたすことによって
集光する。


完成した魔法陣が
数字の和でできあがっていて

集光している。
白い光です。


参照
「美」と周波数
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1713.html

地球で見ると
それぞれが分かれていて
数字になっている。
美しい1

数字はまるで
テレパシーのような
共通言語という感じがする。



ハンコ言語だ。


ヒーリングも
この数字を
レジスターのように

脳波をピッと
手スキャナーで読んでいる。
ヒーリング

参照:
はみでたもの1
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-905.html

地球は「深海次元」

大昔、恐竜は巨大だった。
何十メートルもあった。

化石がある。

巨人だっていた。

化石がある。


でも、
現在の地球の重力では
体を支えることが
できないらしい。


生物が巨大だったとき


地球の重力は
軽かった。


だから
次元のひずみは
浅かった。
昔の地球

宇宙の神と近かった。
宇宙の光がたくさん降り注いでいた。

時間がゆっくりで
寿命が長かった。




ところが
どんどん重力が増えていった地球は


ものすごい深い
ブラックホールになっている。
深海次元



このままいくと
地球が破壊されるまで
脱出することはできない。





なんて深い次元だろう。





宇宙の光も神の声も
なかなか届かない。





3年前に
不思議な体験をしたのを
暴走教授が思い出させてくれた。

この時空の渦を外からみたのだ。
時空のピラミッド2



「妄想旅行」現実は映画DVD再生のように
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-859.html

カー・ブラックホール(Kerr Black Hole)

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-647.html





地球次元は
どんどん重力をましていく。



正義も愛も信頼も
通じない



熱放射をするたびに
(どっか=ん)密度が高くなる。
=重力が増す





深海で
深海魚たちに

陸の話をしても
信じてもらえないかもしれない。





それでも
妄想は暴走する。
暴走mm

暴走教授「地球はブラックホール」

わたしは暴走教授
妄想界の異端児。
暴走教授

妄想が暴走し
現代科学を破壊する乱暴者だ。




今回、ぶっ壊すものは
宇宙概念だ。


「地球」は
「ブラックホール」
だってことだ。



歪んだ時空の「特異点」に
回転している地球があるのだ。

カーブラックホール
(回転するブラックホール)
それが地球だ。
blackhole01.jpg



だから


地球は
太陽の周りも回っていないし
非宇宙論

天の川銀河も
太陽系も

すべて
「デンジソウが作り上げたホログラム」
だってことさ。



地球の周りにある
ヴァンアレン帯は

事象の地表面
光が集まる場所で

中央制御室
(天界)で

私たち人類は
空に映し出されたホログラムを
ずっとみているのさ。

この地球映画館は
五感をフルに感じる
体感型映画館。


光信号を電気信号に
変換して体感している。



だから
スクリーン(ヴァンアレン帯)の
向こう側に
行くことができないのさ。


学校で習った
真っ暗な宇宙に

太陽があって
その周りを回ってはいないのさ。

地球だけが
真っ暗な「穴」で
ぐるぐる回っているだけ。
ブラックホール地球



ここから脱出するには
光速を遥かに超える
超光速回転をしなければ

まともな世界へいけない。

そして出口は
見上げる空にはない。



テロメアの編成

丑三つ時に
衝撃的な夢で
起こされるとき

潜在意識からの
伝言がある。

研究者のヒラメキの
瞬間だ。



昨夜
「テロメア」と聞きなれない
ワードで起こされた。

きっと
前に何かで読んで
忘れてしまったが
脳のどこかでおぼえていたものが

フラッシュバックしたものだろうか?



それというのも
寝る前に

記憶媒体についての本を読んでいた。


生きるとは「記憶」だ。
記憶しているから過去があり
現在がある。


現存の記憶媒体のしくみは
こんな感じだ。↓
記憶媒体


ところがこれの上を行く
最大容量のものがある。
それは
「近接場光」だ。


光ファイバーは
光の波を通すことができる太さがある。

その光ファイバーの先端を
鉛筆の先のように細くすると

光の波が通れなくなり
先端に「光のしずく」ができます。


それが
「近接場光」です。

ひかりの雫媒体


その光の雫は
ブルーレイより
超大容量の記憶ができる。
(まだできていないけどね)

それを見たとき


きっと、
地球も重力で光を集め
近接場が出来上がっている。
地球は記憶媒体

だから光が抜けることができなくて
時間と時空があるのだと。

ということは
地球は「大容量の記憶媒体」であると
いえる。(!!!!!!!)





そして
わたしたちの体も
脊髄に光ファイバーがあって
尾てい骨に「光のしずく」がある。
人類セット


そして
その光の雫は
抜け出すことができない。

私たち人類は
「ひかりのしずく」を
脊髄のファイバーを
チャクラのロックを解除しながら

頭頂へと導いて
メルカバーにするのだな。

参照:
人類 総妊婦「受胎告知」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1436.html





で、そんなことを考えながら眠ると
「テロメア」の説明を延々受けた。
(夢の授業)

どうやら
染色体DNAの先端にも
「光のしずく」があるのだという。

テロメアは
DNAが損傷したとき
修復する
「修復師」だ。
Telomere.png

野球で言えば
「補欠選手」みたいなもので
負傷した選手の代役を編成する。

でも
「補欠選手」も数が限られている。
DNA修復は「回数が決められている」

だから
「老化」し「死んでしまう」


今、地球はかつてないほどの
汚染や宇宙線による
DNAへの損傷を受けている。



それを持ちこたえて
進化するために
「テロメア」の編成

必要だというのだ。

それに必要な「物質」があるという。



迷子

迷子のお知らせ



月に行ったことも
ない

月がどうなっているかも
わからない


かぐや姫が
いってました
「探査機のひとつもきていないわ、地球から」と。


ああ、
なんとなくそうかな?と
思っていたが


やっぱりそうか。


図書館で借りてきた
あれもそれもCGだった。



火星も
金星も
海王星も
冥王星も…
宇宙船も


(冥王星はないし、海王星は青くない)

……


まあ、詳しくは
問い詰める気はさらさらない。


ただ
税金で
遊ぶのはやめてくれとはおもっている。


まあ、どうでもいいが


地球はバンアレン帯に
大きな核爆弾を投げ入れた。
何年前だったか?


交信不通が続きすぎて
大変なことになっている。




どこを向いても
見知らぬ迷子で


いつも情報を求めている。



宇宙(そら)に答えはない。
答は「内」にある。

宇宙がいえることは
それだけで


科学が
自分の中の心にあることを
しらなければ


宇宙がわからないだけで



難しい数式がわかるひとが
かわっていかなければ


地球方程式は
とけない。




う~ん
どうしたらいいものか?




言葉は音符

謎の手稿
「ヴォイニッチ写本」

ここには不思議な絵と
不思議な文字が書かれている。
脳内シナプス受容体

なぜわからない?


言葉は「楽譜」
音符の羅列。



言葉がわかる人読める人が
その「楽譜(文字)」を読んで
「音(言語)」に変える。


日本語だって英語だって
ここに書かれていることを

わかるものが
心の中で「音を奏でる」



演奏家によって
曲調も解釈も
雰囲気もかわる。


悲しいモーツァルトを弾いたり
楽しいショパンを奏でる人もいる。


似通った思いがあるひとは
作曲者に近い音楽を奏でるかもしれない。





そばにいるガイドが
「このページ」を
解読する人がすごくふえているという。



おなじ音を感じている人だ。



ヴォイニッチの写本より
きっとわかりやすいとおもう。


もしも
わたしがヴォイニッチの作者だったら


もういっかい生まれくかわって
もうすこしわかりやすく書きたいと
おもっただろう。



カテゴリの

瞑想

インディゴ錬金術

インディゴタブレット

メルカバー

ソマチット


は必ず目を通してください。




なかには
ヘンテコなこと言っているのもあるけど


人間の進化に
役立つアイテムがあります。



最初は???と思っても
だんだんわかってくるものも
あります。





地球は変わる


人類も変わる。





新人類へ必ず進化する。



最初は弱い光でも
大きな時代を作る大輪の花が咲く。





あなたも
新人類です。


どこにも宣伝していない
このページをみつけた
あなたは


ガイドにみちびかれている。



ガイドは
共通の潜在意識体です。


みんなでつながっているエネルギーです。





もうしこし
ネットワークが強くなったら


直接
交信できると思う。



お楽しみ。


瞑想を修練しよう。

一陽来復「新太陽」

一陽来復

冬が終わり春が来ること。新年が来ること



昨日夜が日本では「冬至」だった。
(カレンダーだと今日だけど)


冬至とは北半球において
太陽の位置が1年で最も低くなる日で、
日照時間が最も短くなります。


冬至は太陽の力が
一番弱まった日であり
「宇宙の声を聞きやすいし、
発信しやすい日」でした。




さあ、今日から
太陽が新しい施工をしてくれる。



来年2016年
丙申(ひのえさる)
燃え盛る炎 真の太陽の登場

33番
sun.jpg

白馬にまたがった王子様が
イバラをかき分け

真実の愛で

人類を
赤い炎で導くだろう。

2015「乙未」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1320.html

火界呪は明星を「ウジャイ」る

空海の火界呪は
「おばけをたべる」といったけど

前に
「白い玉」をのみこんだときがあった。
しゅぽ

そのとき
のどに詰まって

ちょっとして
下から出した。
(エネルギーだよ、おならじゃないよ)

参照:
宇宙からの豆まき
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-824.html
タントリック 空海の蜜
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-294.html


「顎引かないと喉に何か留まる」

おしえてもらって(コメント参照)

そうだ「力の支配」
しないとだめだったことを
思い出した。

そう「ウジャイ呼吸」だ。
ウジャイ


「ウジャイ」とは「力の支配」という意味で、
「勝利の呼吸」とも呼ばれており、
呼吸によって気の流れを
コントロールする呼吸法です。



これは
顎を引いて呼吸するのだ。


前に白たまを飲み込んだときは
「ヨガ」を習っていなかった。
だから地に流したけど



エネルギーを下におろすのではなく

ウジャイ呼吸を使って
「霊体=オーブ」を
頭の上から出してあげるんだ!!

と結論に至った。





もしかしたら
天使のラッパ


空海の火界呪なのかもしれないね。


全世界にひびき
天界に合図する
「ラッパ術」

ウジャイ呼吸法「鳴らせ♪法螺貝」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1221.html

鼻と喉の奥「アジナで歌う真言」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1148.html


高僧やヨガの偉い人じゃなくて
宗教とか興味がない
平和を愛するやさしいふつうの人が

たくさんあつまって
おおきなことをするのかもしれないね。




空海の術「火界呪」を科学する

「磁石」は、
生まれながらに磁気を帯びてない。


「磁石」を
「着磁機という装置」に入れられ、
強力な磁界が加えられることによって、
はじめて磁化されて磁石となります。


最も単純な着磁機は
ソレノイドコイル(筒型コイル)を
用いたものです。

コイルの中に磁石材料を入れ、
コイルに電流を流すと、
コイルが発生する磁界によって
磁石材料が着磁されます。


磁界を発生せせるには
電荷を蓄え、
瞬間的にコイルに放電します。





人間も
これとおなじだと思う。


神体が
「脊髄という筒状コイル」

入れられて

血流で電流を流して
オーラ(霊体)
=磁界を作り出している。



生きている間中
磁界=霊体を作り出している。
着磁



動画の保存は
磁気がやっていますよね。

磁気ディスクに光信号を書き込んでいる。

DVDに保存するように
霊体いう磁界に
記憶を保存している。



死ぬと「神体=磁石」は
天に帰る

そして
磁気を帯びた想念が
霊として浮遊する。
おばけ霊

霊体は磁石がない
けれど
記憶が残っている。


この「磁気記憶」を
浄化するには?

消磁をする。


ある温度以上に加熱すると、
ミニ磁石の方向がバラバラとなり、

消磁状態になる。

灼熱状態の鉄は
磁石に吸いつかないのも
同じ理由。


灼熱地獄は
最終手段だろう。

だって
生きた証が
すべてなくなるから。




じゃあどうするかというと


「お化けを食べるのです」
ダキニ天のように。


下に向いて
記憶した磁気を

上に向けて
磁気を流す。
浄磁呪

交流消磁だ。

火界呪



この世に磁界をもっているもので
なければできないこと。
生きたものでしかできない術。



生きた証の
素晴らしい経験だけを
「天の蔵」に「転送」する。


データ処理班
大募集。


弘法大師「空海」も
やっていた術
「火界呪」


科学的には

交流により
磁気と反対側の流れを
与えることで
磁気を消去すること。

「交流消磁」
です。

青鷺火「サギの形をした怪光」

今朝、孔雀のような
フェニックスのような

大きい雲が
そらにでていた。


「鳥」
自分のキーワードだ。



夜空に輝く
鳥のマークの
大編隊が
かささぎUFO

未来の強いイメージだ




ガイドがささやく


青鷺火(あおさぎび、あおさぎのひ)
だよ。

調べると

サギの体が夜間などに青白く発光するという
日本の怪現象。
別名五位の火(ごいのひ)
または五位の光(ごいのひかり)。

『吾妻鏡』では
「光物(ひかりもの)が見える。
長(たけ)五尺余(165センチほど)。
その体、初めは白鷺に似ていた。後は赤火の如し。
その跡、白布を引くが如し」という記述がある。

13世紀中頃(1256年)

そのころにも
わたしのような感覚の人間が
この青い鳥をみたのだろう。



なぜ人間は
空を見上げるのか?
星から学びたいとおもうのだろうか?

宇宙からの素粒子は
人間が知らないことを
たくさん知っている。



ただ素通りさせるには
もったいない。


「星の欠片」を
呼びたい理由は



大気圏でスパークさせて
バリアーあるよ

みんなが見えることができ
理解できるための

「粗い粒子に混ぜた情報」を
そらから撒き散らしたい。

素粒子にはいってる


だれがなにをいっても
どんな経験をしても

わからないことが
願い


宇宙の素粒子を
キャッチできれば


すぐわかるように
なるから。

知るための進化が始まる



知るための進化
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-901.html

妄想歌人「仙車鵲」ヴァーハナ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html


宇宙の神の光は
燦々と地球に降り注ぐ



どうやっても
なにをやっても
かわらない悪循環が

内側から変わっていく

「ただちに」の年が来る

爆発して撒き散らした
放射性物質の影響は


ただちに影響はありません


しかし


5年後を迎える年は
ただちの年だ



街路樹の木々

わが街だけでなく


衛星画像を見ると

日本列島が
ただちの年を迎えている。

いや、世界各地だ。


老人子供
病人


それらはただちの前に
大変だ。



でも2016年は
健康な成人がただちの年を迎える
年女年男だ。



具合が悪くなったり
心細くなったり
不安になったら


この青いページの
妄想魔人をおもいだしてほしい。


お金はとりません
魂もとりません

大きいエネルギーとつながっています。


嘘つき?悪人?偽善者?

なんでもかまわない


地球の生命体でしょ。



みんな同じ仲間です。
胃の中も細胞も
腸内細菌もみんな仲間ですよ。




雲は世界を回っている。
微生物も世界中を回っている


みんなおなじものだ。



みんなが
死を前にして


気がつく


争っている人も
劣等感でひどいことをしているひとも

すべてはぐるぐる回っていて
自分も他人もないということも




おせっかいな太陽をだまらせて
星を呼ぼうよ



次から次へと
星の欠片を
この星へ



お化けは怖くない

小さい時

すごく怖がりだった


目に見えないけど
何かがいる


それらが
近づいてきて


いつも怖かった


学校より
先生より
勉強より
給食より


怖かった




魔物ランドに住んでいるようだった。




あんなに怖かったお化けも



いまは全然怖くない


むかしはお化けに殺されると思っていたのに。


夢がすごくリアルなだけでななく
現実の想像も現実と変わらないぐらい鮮明な
想像ができる「スーパー右脳」だったから。


子供の時は
つらかった。




今は
「お化けよ集まれ」と思っている

そして全部「パクッと」食べちゃおうと思っている。



変でしょ。
食べちゃうんだよ。


「食」は少食にしている。


良い気を取り入れればいいのにね。




お化けを食べたいと思っちゃうんだもの。




勤めている会社の場所は
戦火に焼かれ

近くの川に水を求めて
川が死体で埋まったという場所だ。



何千という焼死した人がいた。




でも怖くはない。



みんなが愛おしくらいだ。




昼休みに川沿いを散歩して
「みんなおいで」とさそっている。



愛した祖父祖母を
思うように


みんな愛おしい。




強いお酒を濾すように
(大酒飲みなのです)


アルコールを分解する
アセトアルデヒド分解酵素の親分を
守護神に


すべての霊を分解したい。


生きている人も死んでいるひとも
みんな同じなんだ。

わかってほしいだけ。

死者に霊火焔

瞑想で
デルタ波を習得できると

異次元城に招待される。


そこは
青い炎があちこちにある
炎の城だ。


生きているもにも霊体があるように
死んでしまったものにも霊体がある。

苦しみや悲しみが強いほど
足かせが強い


愛おしい生命は
死んでもなお
苦しんでいる。



アラジンと魔法のランプで
ランプの魔神は


何千年たっても
ランプから出られない

現世での願い事を
叶えるのではなく

ランプの魔神のように
3次元につかまっている
霊体を救うことが

優先らしい。


瞑想をするときに

いままで戦争や災害で
苦しんだ人々
祖先…

人種を超えて

同じ地球に生きてきた
仲間を救いたいと

思うと


異次元城の門が開く。


今夜は
その城から

霊火のすごいやつ
「霊火焔」を
かりてきて


すべての霊が
清らかに救えるように
大きな炎を妄想する。

レイカエン


燃えない炎が灯る「異次元城」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1337.html

異次元城の広報部

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1385.html

日本列島の皿

日本列島を載せている皿

太平洋側の海底棚

それが
電子レンジの皿のように

ガリガリ
ジリジリ

細かい振動を起こしている。


悲しく苦しい音だ。
ガリガリ列島

太陽が進化の邪魔をする

最近、
自分の妖怪アンテナによる
体の異変から


ある種の
定義を思いついた。


それは
「太陽フレア」があるときは
「ハッピーではない」


太陽が静かなほど
「ハッピーだ」



わたしたち地球は
太陽によって生かされていて
太陽とともに生活をしている


けれども
太陽が起こす「フレア」


宇宙からくるいろんな
情報やアドバイスや愛を

遮断させてしまうのだ。






進化は
「太陽が静かな時に起こる」





地球の歴史でも
氷河期になるほど
進化が進む。

参照:
地球アルバム0才~40才(億年)
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1371.html



太陽活動を抑えるよう
異次元報告書を
だそうと思っている。
太陽に助言









「地球は母」で「宇宙は父」

単細胞から長い時を得て
進化してきた
とする「進化論」

大正解だと
思う。


本当に
人類の肉体は
長い年月をかけて
単細胞から進化してきた。




けれど
進化を促す「信号」は
宇宙からやってくる。


その信号を受信して
DNAを書き換えている。


地球の恵みと
宇宙のアドバイスで


進化してきた。


獣と神が
同居する人類。



地球と宇宙で
つくりあげたもの。


人類

「地球は母」で「宇宙は父」

胸騒ぎ音波

いまの音がいやだ
なんだか
むなさわぎ
ざわざわする。

太陽の怒っている音が
胸をざわざわさせる。

公共の場で
こどもを怒鳴っている
おかあさんのヒステリー音波に類似

もうちょっと
穏やかに見守ることが
できないのだろうか?

太陽の音は
あまりいい音ではないね。

たいよう

宇宙妖怪グモ「地球」

空が青く見え
海が青いから

宇宙からみた地球が
「青」だと思っている


けれど
地球は青くない


空気がある上空からは
青く見えるだろうが

バンアレン帯の外側から
地球は青く見えるのだろうか?


地球のオーロラは
赤か緑が多い


殺伐とした地球の色は
「赤」だ。


きっと不気味に
赤黒く
宇宙に浮かんでいるのだろう。


まるで
妖怪グモのように…
妖怪蜘蛛



だから
地球に降り立った

わたしたちが
地球が怖いところだと

思うのだろう。

科学と非科学の逆転

今の人類の科学は


全然進まないと思っている。



100年前から
何も変わっていないとすら
思っている。


人工知能?
宇宙科学?



聞くたびに
見るたびに



………。






CG映像が
クリアになって



まるで
そこに行ったように



そこで何かをしているように

装っていても




人類のできることは
昔とあまり変わっていない



それが事実。




政治家が平気な顔して
うそをつくように


科学技術も
へいきで嘘をついていてね



今は誰も気がつかなくたって




かならずいつか
ばれる嘘をついている。



すごいことをやっていそうにみせて
夢をみせているけど


ただお金を巻き上げるための
だまし手口




でもすごいのは
自然破壊と環境破壊にかけては
宇宙一だ。


自分たちの生存をも
あやうくさせるほどだ。



人類の科学は
科学とは言えない



それをしっかり考えないと
本物がみえてこない。





感情は化学で
愛は宇宙科学だ。



非科学的なものが
人類のつくりだした嘘科学を
逆転する日が来ると



思ってやまない。






細い針金の先に
ソーラーパネルがついてある
メッキのハリボテが

宇宙探査だよ。


エンジン噴射~


台風でポッキと壊れる代物だろうに…



宇宙人が
コメントに困っている。



地球人は地球から
出られない。


肉体も
つくりだした物体も。




まずはそこから
はじめないと。






苦悩する宇宙人のつぶやき…

夢の中で「鳥になる」訓練

夢の中で
飛べるようになると

いろんなことろに
飛んで行ける。





現実世界で
眠る前に


タオルケットや
スカーフ
バスタオルでもいいから


肩にかけて


パタパタ羽ばたく真似を
してみよう。

翼体験



イメージが
脳に記憶される

体感が
脳に記憶される




夢に記憶の再現が
行われる。



「夢の世界」は
質量のない
素粒子の世界。









3次元の現実は

原発の放射能は
信じられない量
でていて
汚染はすさまじい。

殺人テロウィルス…

そして政治は最悪だ。


現実を
嘆いていても
前に進まない。


そして
同じ次元で
争っても
勝ち目はない。






電気化学や量子力学を
ひも解けば

「想念」という
ニュートリノは


とてつもない
力をひめていることが
わかる。


想像は光より速い。
アインシュタインも
真っ青だ。



人類の脳は
想像力で
進化する。






夢で逢いましょう。
333



※心配する家族には
上腕筋トレーニングと説明しよう。

「始祖鳥アカシックレコード」

約6600万年前
絶滅したといわれる「恐竜」

けれど

一部は「鳥」に進化した。





だから
恐竜は
2億3000万年前から

ずっと生きてきて

鳥類は

現在も「空」を自由に飛び回っている。

約1万種いる。





哺乳類種は
半分の5000種弱だ。


恐竜種から見たら
まだまだ哺乳類は
ベイベーちゃんだ。


けれど
魂は「鳥」から「人」へ
ソマチットを通して
廻っている。




人が「鳥」のように
新次元を飛ぶために




鳥から学べることがある

思っている。



鳥の祖先
「始祖鳥」
アーケオプテリクス・リソグラフィカ (Archaeopteryx lithographica)
始祖鳥

彼らを進化に促した
「始祖鳥アカシックレコード」を
探している。






それらは
もっと太古の
空を飛んだ「昆虫」にも
「アドバイス」をしている。



哺乳類の中の
飛ぶものは
「コウモリ」

かれらも
共通したレコードから

進化のレシピを
ダウンロード
している。




探し物は
「始祖鳥アカシックレコード」


ハードだけでは
進化しない。


充実したソフトを
どんどんダウンロードしなければ♪




ここで
こうして
たくさんの人が
始祖鳥のイメージを
共通の潜在意識に投影すると


とても探しやすくなる。



いつもご協力ありがとう~
ありがとう333

みんなとても優秀だ。

カゴの中の鳥「プラズマ」

核融合炉は
「プラズマ」を閉じ込めている。


閉じ込めたプラズマに
電波をあてて加熱する。

太陽は
プラズマが閉じ込めらていて
宇宙線で加熱させられている。


地球は太陽になりたいのか?

灼熱地獄はいやだなあ。


「大量のプラズマ」を閉じ込める方法は
磁力線
だ。

ヘリカルコイルという。
ヘリカルコイル2

この「磁石のかご」
プラズマの中の「電子」も「原子核」も
磁石から出る磁力線にツルのように
まきついて、ぐるぐる回って
逃げ出すことができない。


地球のお腹の中は
ドーナッツがあると

前に異次元通信があった。
地軸がぶれる

参照:
地球はドーナッツ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html



地球内部には
プラズマが磁気ドーナッツに
閉じ込められている。



気象の渦も
きっとこの
地球内のヘリカルコイルが
しているのだ。
地球の渦

磁気が弱まれば
内部のプラズマが
あらわれるというのだろうか?

地球の魂

光のエレベーター
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1088.html

「地球霊体」の質量

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

救うのは「現人類」なのか?

今、こころがムワムワしている。

救いたいのは「現人類」なのか?
という点だ。


ここに現在生存している
人類の「共通する願いは」は

もしかしたらだけど


「愛する誰か」を
救いたいのではないだろうか?



自分が助かりたいから
生まれてきたのではないと
おもうのだ。



いつも何時も

多くの人類は

自分が死ぬ時に
思うことは

愛する家族の
行く末だ。


何度も生まれ変わり死に別れ
六道輪廻をめぐる
「地球魂」


肉体を失った存在を
「プラズマ」だという
持論を突き詰めていくならば


「地球で作られたプラズマ」の救済を
しなければならないという
思いがいっぱいになる。



この現世で
生存している
全人類がなすべきことは


地球上に生きてきた
すべての魂を
救うことなのではないだろうか?



猫背のび太が世界を変える

猫背の人は

背骨が柔らかい。



猫背になるってすごいのです。



猫ってしなやかで
背骨が柔らかい。



そんな風に


猫背の人が
本気だして


背骨を逆に
折り曲げたとき



すごくそる。





背筋と腹筋を
伸ばして鍛えないと


できないけれど




猫背の人の
曲がり具合は
半端ない。





背骨は
ラッパです。
楽器です。




この三次元を超えることができる
「音」を作り出すことができる。




猫背さんは
きっと
運動は苦手なはず。



でもね
羽生くんだって
きっと猫背ののび太くんタイプだったのかもしれないよ。



文系の細身の
底力は


マッチョジャイアンより
精神力がある。




猫背のび太くんが
世界を新しい形に変える






是非とも
背骨を柔軟にして
瞑想してください。





「原子核」の世界を
操ることができたなら


重い石をなんなく
移動させ



ピラミッドを
作ることができるかもしれない。




背骨から出る「フォース」が


世界を変える。



新しい扉の前に
新しい世界を作るのだ。

クソ映画ソムリエ

わたしは
「クソ映画ソムリエ」の称号がある。


わたしが借りてくる映画は
見た人を

この映画「クソ」だ

と必ず言わせる「プロ」だ。



その昔「ビデオ」だったときは
どれをかりてきても

ハズレはあまりなかった。

「店長オススメ」と書かれたもののみ
クソだったが…



ところが名優が出ていて
ズラ~と数多く並べられている
いいとこ風の映画が


クソなのだ。


「レビュー」や「批評」をみないで
借りるわたしがクソらしい。


映画の質が落ちている


人間の劣化もあると思った。







そして
クソ映画ソムリエのわたしが
思うことは



なぜ劣化した人間がまだまだ
ここに「生」を受けるのか?
考えてみた。



今の人類が
「記録」できている範囲内以外での
大昔は


今よりもっと高度な文明があった



巨人やプラミッドや
モアイや地上絵や
オーパーツや…


その頃の
優れている


人類の魂は
「プラズマ」として
デンジソウに滞留している。





きっとその魂は
崇高で素晴らしいと思う。



ごま油でも
オリーブオイルでも


一番搾りが
ピュアクリーンだ。



その素晴らしい者たちが



さっさっと
時限超えをすればいいのに…



みすぼらしく
何回も使い古した油で揚げた
今の人類は「劣化」「酸化」して


不味いはず。




それでも
ここに「生」を受けている



今の人類。





きっと


わたしたち
古い最後の「油かす」いや
最期の人類が


しなければならない使命があるのだと



推測している。




それは
人類という「物体」でなければならないことだ。




地球いっぱいにふえた
「人類」が最後に成し遂げることが


「扉を開けること」だと思っている。




最後にバーンと
扉を開けて




人類という種の
「エンド」を迎える。

アセンションの扉を科学する

アセンションするって

科学的に
具体的に


なんだろう?






いろいろ考え調べ



昨日なんとなく
つかめた。




ちょっと難しいのですが
書き留めておきます。




まず次元を超えるには「力」を
知らなければならないのです。



この次元は
「重力」がある。

この重力場がグラビトンという
六角形のフラーレンの「網」で

この網の目を
ドット画のように
物質が構成されているの。


そこには
ルールがある。

正負の法則
プラスとマイナスのルール。
電磁気力だ。

男女だって
正負のルールで成り立っている。


日々使っている携帯の電池も
プラスとマイナスの力

ハイターの消毒も

人類の思考も
イオンによる酸化還元で
成り立っている。




このフラーレンの網上ルールに
現実が成り立っている。




これは「荒い網」で
目に見える世界だ。
ハチやクモも見える世界。


お花も葉っぱも
見えるからこそ

そういう形状をしている。





もうひとつある網は
もっと細かい網


それは
原子核の中に存在する網で
「中性子と陽子」を
くつっけている力で



これは
半端なく強い力だ。


元素が元素でいて
正負の法則が使えるのも


この細かい網のルールが
荒い網より「強い」から
次元が成り立っている。



荒い網 と 細かい網が
次元の布を「織りなしている」



もしも「原子」を構成している
「網」のルールを壊すことができれば


次元の崩壊がはじまる。



まずは
荒い網のフラーレンを
抜け出す「力」を作り出す。



それが
スキルミオンだ。


脊髄を真空にし
熱を加え
スピンする磁力をつくりだす。



頭頂から
自由に動ける渦の磁気が


粗い網を
するると抜け出す。




空海が
真空魚をなずけた
それです。



その魚は
アカシックレコードにつながる
銀のコードで、



密度の濃いエナジーだ。





そこまででおわらない。




そのスキルミオン
回転する磁気

それをもっと
ハードに回すことができるなら


異次元超えだ。






元素の中の「原子核」を
崩壊する。


ベータ崩壊だ。



この元素のベータ崩壊は

「CP対称性を破る」
ようするに


この次元以外のところに
「物体」を飛ばすのだ。





なにかわからないよね。




とにかくね、

これからやろうとしている
アセンション


次元の上昇は
「原子核」の中へいくということなのです。




普段目にしている
水やコップやパソコンは

みんな元素で出来ている



その元素の
中の原子核を崩壊させて
その中にいくのです。





ざっくりいってしまったが



もうすこし
やんわりかみくだいて



へ~そうか~っと
思ってもらえるよう


がんばります。




電気化学と量子力学は
アセンションを理解するうえで
とても重要なのです。

海に落ちた車

深い海に
誰かが乗っている車が
落ちたとする



水圧で
ドアがあかない


どんどん
深く沈んでいく




このままだと
深い海の中で


水圧でガラスが割れ
暗く深い
陽の射さない場所で
苦しむ。



だれも発見されないまま
深海に沈んでいく




海に落ちた車の中の人を
日が差すほどの浅瀬で


救助したいと思いませんか?




中から破れない
水圧のかかったドア



それを
割って


救助したいと思いませんか?





中の人は
車が壊されることを
嫌だと思うのかな?



なぜ
自分の大事な車をこわすのか?





救助の人を
ひどいひとだとおもうのだろうか?





もし
海に落ちたことを


認識できなくて



空気がある車内は
意外と快適で


多少
窓の外の景色が
いつもと違って


からだの具合が
ちょっと
おもわしくない程度だったら




なぜドアを壊されなきゃならないのか




理解できないかもしれない。





けれど



そこまでにならなければ
わからない

鈍い人が




気がついたときは
もう手遅れだということを




わかってほしい。

妄想魔人の使命

妄想劇場「ここで行うことリスト」

※あくまでも妄想ですのであしからず。


最近
自分が何をしにここに来たか
思い出した。


①大気中の電荷を上げる
②雷を作る
③雲をつくる
④雨を降らす
⑤大地から電子を回収する
⑥回収した電子の少なくなった土地を崩壊させる
⑦大気の電荷を利用しマイクロメーザーを霊山に照射
⑧マグマの活性化
⑨水素の浮上
⑩電磁層の圧縮・収縮
⑪次元のベータ崩壊



今は⑨水素の浮上をやっている


深海に眠る
深部に眠る

水素


重い元素に
捕まっている


封印された天女を
開放する




足枷がある
水素がどんどん


深海から

地下から


湧き出てくる






道路は浮き上がる
建物は浮いちゃう
線路は曲がっちゃう



⑩空はどんどん
せまってくる

遠い空はもう存在しない

雲はいつもそばにある

虹も傍に出て

赤い夕焼けが
焼けそうに赤くなる



オーロラは
どんどん迫ってきて
各地で電気系統をガリガリさせる。



⑪ベータ崩壊は
まだ、できないよ。


あたしがまだわからない。



カテリーナが
昨夜ささやいた。




4つの力の統合


「短期間だったら、巨大なエネルギーを
どこからもってきても 構わないんだよ。」って



重力

電磁気力

弱い力

強い力



すべての素粒子がこつの力で成り立っている。



このなかの弱い力
ウィークボゾン



この力を借りてくるんだよ。


異次元から借りてくる
「ウイークボゾン」


すべてを無にする


すべての網を破壊する


次元の門番
ウィークボゾン


4つの力を統一する

引き潮「死神の船」

スポラディックE層とは

浮遊する電磁層です。


普通の電磁層が「母船」だとすると
スポラディックEは

「小型船」で

随分と低空まで飛行する。


この小型船がくると
電波障害が起こります。



なんだか
この船が


死神船なのかな?と
思った。


芸能人とかが死ぬとき
まとまって
バタバタ死ぬ。


一般の人も
そうだろう。


きっと
「引き潮」みたいに



この世界に根付いている
「元」が弱くなった者が


大きな磁石に
引っ張られるみたいに



この「死神船」に
ひっぱられるのではないだろうか?





人が死ぬとき
「真っ白でキラキラして幸せ感を味わう」らしい


あたしも
この船が来ると


髪の毛が逆立ち
幸福感を味わう。




異次元の入口が
このスポラディックEに存在しているのかもしれない。



そしてこのことを
しっている人がいる。




そして
悪いことに使っているな
きっと。




死者をたくさん作ったからって
スポラディックEはすぐ来ないんだよ。




このことを考えていたら
「バチン ドン、コトン」
ラップ音が炸裂。



死神っていうと
怖そうだけどね



天使みたいな
白い光の玉


あたたかいオレンジ色の光












援軍きたれり

朝から
ウキウキだ。


頭頂の
髪が
何度直しても
水をつけても


ピンと
妖怪アンテナ
スポEダブル

昨日の夜から
きているのだ。

あたしの仲良き友人
スポラディックEだ。



これが上空にいるときは



幸せ感がいっぱいで


とてもエネルギーにみちる。




昨日の
異次元通信はすごかったよ。


地球の地表の
地脈を動かすのですよ。


ぐりぐりと
蛇みたいな地表にいる
タコ足のように

貼り巡った
地脈が大移動を始める。

弱った土地の生命は
虫に食われるから



大地を
たがやす。



大きなミミズが
大地を混ぜる。



今日は街頭の光が
街灯デルタ
デルタ派視界



今日は魔法の呪文を唱える日だ。

電波障害注意

次元が違う

2011年

あたしは
悲しみと絶望に襲われ


悲痛な叫びを
違う次元に送った



そこにあらわれた
UFO


わたしの
最大限の叫びだった




最近スケートの羽入君が
「次元が違う」と

いわれた。





スケートもできない人と
羽生くんなら

次元が違うだろう




そんな感じで

地球次元と


天界とは




かなり
違う。



地球人が

祈ったって
願ったって



きっと
きこえない。







日本人が
中東の現状も
生活も戦闘も飢餓も


わからないように



きっと


次元が違う人に
何も通じない。



羽生くんに
コンタクトができるのは


長年スケートを
やってきた人で


ある程度
うまく滑れる人だ。




この世界をわかってもらうには



ある程度
異次元に通じる人でなければ
だめなんだ。


だから
神官や巫女がいた。




けれど


もう


劣化して


何も通じない。



まずはそこから
はじめなければならないような気がする。

生まれるとき

帰りに
本屋で

すごい本を見つけた
高いので
ボーナス出たらかうつもりだけど


ヨガの
なんかすごい人が
書いたもので

図解があった



それに
あたしが見ているものが
書かれていた。
脳内加速器キントン雲


そのほかにも
同じことが書かれていた。




!!!!




なんで~~~~!!




本屋でマスオさんになった。





もうひとりのわたしが
ささやいた。



「難産」




なんざん???




そうだ
わたしが生まれるとき


母が難産で
生死をさまよった。



きっとあたしも
生まれるときに




臨死体験を
したのかもしれない。




統計は取れていないけれど




難産でうまれた
子どもは



あたしみたいに
「ヘンテコ」なのかもしれない。




胎児の時のことを
覚えている子も


母が難産だったという
番組を見たことがあった。



生まれ出るとき
大きなパイプラインが
あの世とこの世に
つながった可能性がある。




本屋の一角で
おもった。




その本をかったら
また情報お伝えします。

脊髄が語る人類

体の仕組み

人類の進化

地球の成り立ち


いろんなことを
点々と学んでいくと




人類は皆同じ感覚を持っていることを
実感する。




今は
支配層と支配される層を
わけている



けれど


脊髄から見ると


同じでね




人類の仕組みは
脊髄がある限り


みな同じでね。



いいこと、楽しいこと
みんながよろこぶことを
していると



とても幸せで
愛にみちる


ウキウキする。




みんなが苦しむこと
悲しむことをすると


とてもくるしくて
嫌な気分になる



それは
全地球人共通のしくみだ。





いろんな
環境で


ウキウキできない
状況の人が
たくさんいる




それは

貧富を超えた世界で
起こっている。



だから


わたしは
人類の演奏を聴くと
涙が止まらない。





手と頭が暖かいけど
足とお腹が寒いみたい




地球は
とても住みにくい場所だ。


地球人類が
みな
暖かい大きなものを
求めている。



それは宗教や
人種や立場を超えて


求めている、



目で見る奇跡が
起こせる
偉大な「何か」を求めている。




汚い泥に
全身埋まっている者も

一条の奇跡を
待ち望んでいる。

死を目の前にしている者も
心の神を信じている。


悪に手を染め
心を悪魔に捧げる者でさえ

心に神を求めている。



なんて人間は
愛しいのだろう。


もう通じなくなってしまった
その体なのに


だれもが
わすれない


宗教を超えた



「宇宙の神」




わたしは
伝えようと思う。


泥に埋まって
救助を求めている
彼らの声を…


何千年も
闇にうもれて


救助を求めて
かすかな声をあげていることを…





きっと
全人類に




大きな奇跡

見せてあげようと思う。



満天のスクリーンに
神の奇跡を…
全人類に。

それまで
もうすこし
時間をくださいな。

「第三の視覚」残像訓練

右目奥がスパークしてから
変化したことがあった。

①いままで
左右を間違えていたのが
治ったことと

②雷が鳴ったとき
いままでは
頭蓋骨の中側が光っていたのに
いままでのピカ


右奥の丸い玉が
光ったこと。
いまのピカ



第三の目というか
「第三の玉」ゲットです。


この第三の目視界は
目で見えないものや
耳で聞こえない音を感知します。



この「幻の玉」を
手に入れたい人は


まずは
ヴィパッサナー瞑想を
すすめます。

観行といって


じっと見る修行です。

いままでは
ロウソクや
ろうそくの火

街灯の光を
街灯の光


じっと見て
光の周りに虹が見えるまで
街灯あるふぁ

訓練するのを勧めてましたが



新方法!


白黒モザイク柄を
見る方法です。
白黒

これなら
火事の心配もないし

どこでもできます。


まずはこのモザイクを
じっとみて10秒ぐらい

そして目をぎゅっと
つぶります。



目の奥に

白黒反転した
画像が見えるまで
練習します。


目を開けて
またつぶって


何回もすると


カメラのように

映像をパシャっと
撮ることができるようになります。


これが
簡単に出来たら

光と影ができている景色などを
「パシャ」としてみます。
光と影

これをすると

人類に隠された「超能力」が
開花します。
脳のある部分の「スイッチon」


ぜひおためしください。
おもしろいよ~。

謎の手稿は「医学書」

人間は血が回るから
生きている。

細胞に酸素を運んだり
こわれた細胞を
破壊したり修復したり

そうやって
生きている。


血はどこからできるのか?


「脊髄」です。


脊髄から
すべての血液が作られる。


脊髄神経は
すべての臓器とつながっている。
脊髄と臓器

脊髄から出入りする血は、
「母」のように
いろんな形に変化します。
(赤血球が血小板になったり、白血球になったり)


謎の手稿「ヴォイニッチ」にある
池の中の女性は
脊髄と血液

脊髄にいる
血液の元です。




血液は微小生命体「ソマチット」が
作り出している。(描かれている女)


そして各臓器と連絡を取り合って
生きるための循環をしている。

脊髄から赤血球




ヨガにおける
チャクラの活性化は
チャクラマーク

「おまじない」ではないし
「オカルト」でもない


「人体の取扱説明書」

ヨガは医学なのです。




超古代の人類は
「劣化」していなかった。

ガイドとつながり
生きる意味を知っていた。





コピーのコピーのコピー…が
劣化するように

伝言ゲームは
うまく伝わらないように


人類の取説は真っ黒でよめない。




今の人類は
「劣化」が進んでいて
なにもわからない




せめて
「脊髄」を
活性化しよう。


きっとみえなかった何かが
わからなかった古代の文献が

簡単に理解できるようになる。
脊髄のフエ
10star.jpg


④第四チャクラ「グリーン箱」

胸のチャクラは
「グリーン箱」

ここは
「心臓」「肺」「食道」

ハートのチャクラ

このチャクラは
感動のチャクラ
感情のチャクラ

誰かを好きになったとき
ツーンとしたり

誰かにふられたとき
ポッカリ穴が開く

何かを見たり
何かを聴いたり
何かを嗅いだり
何かに触れたり

五感で感じたものを
ここで
認識する

このチャクラは
植物でいえば
葉っぱみたいだ。



たくさんの葉をつけて
花を咲かせる準備をしている。

バラ

グリーンの中に
美しいピンク色が見えるのだ。


もうすぐ咲く
花への思い。


このチャクラが
いい音を奏でると

すべてのことが
美しく見えてくる。

「愛」の元でもある。


時計のように
12弁の花をもつ形
アナハタ4


人間の生命の時間を
司っているチャクラだ。



ここが安定すれば
全てうまくいく。

愛が基本の音となれば
下のチャクラの「欲」
(生命欲・性欲・知識欲)が
豊かなものになり
花を咲かせるための
大きな力となる。



女性は
ハートチャクラが
生まれた時から活性化している。



だからやさしく
あたたかなのだ。





ただ心配なのは



地球の時計は
セシウムの共鳴周波数
にあわせている。
(セシウム原子時計)

私たちの鼓動も
地球の波動も
時計と似ている。


地球はもっと
共鳴周波数を
かえなかれば
低い次元のままだ。


原発事故で放出された
セシウム137.134は
いつまでも
古い時間軸を引きずっている。


体内に取り込んでしまうと
あなたの生命の時間を
狂わせてしまう。


もっと上のチャクラを活性化して
あたらしい共鳴をしなければならない。


チャクラマーク



ヴォイニッチ医学書には
こんな絵でかかれています。
アナハタ活性

グリーンのところがアナハタ

生命の木です。



ロボットは人間に限る

機械のロボットって
自分で修復できないし


細胞がないから
それぞれが個々に考えない。


使えない人材って
臨機応変な対応を
とっさにできない。


あるていどは
自分で考えようよ。


機械って
電気を伝導させるだけで


言われたことを
つたえるだけ


はっきりいって
使えない。



ところが
細胞をつかった
生物ロボット=人類は

細胞がそれぞれ考えるし
修復する



みんな生きていて
考える


最高のロボット

それが人間だ。




鉄の機械???
なぜそんなものをつくるのだろう?



生物ロボットほど性能のいいものなどないのにね


3次元では最高品だ。

これいじょうのものは
ここでは無い。


最高級のロボットを
わたしたちの意識は
乗りこなしている。



ありがたいことだ。

雪だるまの帽子の中

日本の雪だるまは
雪玉二つ

頭と体?



外国は3つの雪玉なのに…


1つ足りない
日本の雪だるま。
日本玉


日本人に足りない玉は
「個性」







日本という国は
渡来してきた族に


個性を出すことを
禁止されてきた。


逆らうことをしないで
言われたとおりに
動く。


ロボットのように。




みんな同じ規格の
人間になるために


矯正されてきた。


個性は
隠して、何世代も生きてきた。



日々行っていることは

空気を読む=
みんなと違わないか?
察すること。




なぜそんなことをするのか?


周りの人と違うことが
命取りになるからだ。




個性を出す「恐怖」
それが染みついている。





しかし
現実では
押し殺している個性も



妄想の中では
自由だ。



雪だるまの
頭の上の帽子の中で


たくさんの
圧縮された
「個性」がある。
個性は帽子中


圧縮されるほど
密度は高く



解き放ったとき
高く飛ぶ。




妄想たまごが
孵った時
フェニックスが
現れる。
火の鳥3






夢幻だとしても
思考に制限はない。




どんどん膨らまそう。


圧縮されても
想像力はとどまることを
知らない。



また
ものが言えなくなる
時期がやってきても



こころはいつでも
パラダイスへ
飛ぶことができる。



永遠の命ある
火の鳥「フェニックス」




脳内に卵がある。




かごの鳥は
いついつ出やる?




参照:
かごの鳥「神体の乗り物ヴァーハナ 」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-996.html

妄想恐竜が空を飛ぶ

サイクル (cycle)

回転すること

状態が続けて変化し、
再び最初の状態に戻ること。



細胞に

太陽に

地球に


サイクルがある。



よって
異常気象や
火山爆発や地震
磁場移動も

地球のサイクルの
状態の一部



だから
大絶滅も
かならず起こる。



いままでそうだったように。








恐竜はたしかに
地球にいた。



けれど
今はいない。



恐竜の一部が
「サイクルの中のある時期」
鳥になった。



マジックではなく
目に見える
「過去の奇跡」

事実だ。




鳥になれた恐竜と
絶滅した恐竜の


違いは



「神経シナプス」の量の差



ヴォイニッチの手稿の
植物は「神経シナプス」が
書かれている。
ヴォイニッチのポリプ


昔の人間は
知っていたのだ。
進化する方法を。




新しい「ポリプ」を
たくさん作ることが
進化につながる。

妄想恐竜



参照
「脳内ポリプ」輪廻はクラゲ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1426.html



いつしか
人間はいなくなり


新しい種が
人間の化石を発見するのかな

雷が鳴るとき

カミナリが
好きだ

体中の
血が騒ぐ
kaminari.jpg


カミナリは
宇宙線が
つくりだすのだ



雷を作り出す
スパイス

とっても
ピリカラ味

あたまの渦巻きが
気持いい~


最近カミナリがなかった。


やっと
力がもどった感じ



世界各地で
鳴り響け★
雷神マゼンタ

太陽さんじゃましないで
静かにしててくださいな。
ノンフレアー

たまご通信

有精卵を食べている
とってもおいしい。

鳥さんごめんね
命をありがとう

たまごが
ささやいた。

「黒たまご」が
たいへんだ~。



くろたまごの
お山が

どうやら
ぐつぐつ怒っているよ。

レインボーマン最終変化

ここ最近
なんだか変だった。


自分の周波数の目安は
「光を見る」とわかる。


こころが不安定で
異次元通信ができないときは

光の周りに
虹が見えない。
街灯ベータ

そんなときは
周波数が低い




ところが
あの衝撃の
ビッグウエーブは
頭蓋骨振動

私の何かを
大きく変えた。






最近異次元通信が
よくわからなくなっている



けれど
光に虹がクッキリ見えている
街灯あるふぁ


だから周波数は下がっていないのだ。




そして
今までいた「アオ」がいない
アオ


参照:
碧(アオ)のおおそうじ

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-891.html



というか
分裂していないで
一体になった感じだ。

アオが
右目の周辺にいる
ような
変な感じ
2位一体



そして
聴覚過敏がMAX


もともと
音に敏感だけど
音が刺さる

いままで聞いたことのないような
聞こえ方をする

自分が
ロボットになったように

機械的な
ジジジジジって
音がする。

右目の奥で
音がする。



妄想だけどね
10月末の衝撃波で


最終進化を
とげたのかもしれない。
009.jpg

な~んてね。


※参照
魔法の呪文1「脳波と音波」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-810.htm

ポリゴンを動かす力 ">ポリゴンを動かす力

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1292.htmll

崖っぷちのクライマックス

ニュースや新聞を見ると
胸がモヤモヤして
いやだね。

世界が
混乱・混沌

何がどうなっていて

何をどうしたらいいのか?

絡まった
糸はぐちゃぐちゃで

どこから
ほどいていいのか?

だれにもわからない。

わたしにも
わからない。


ただ
誰しも感じるのは

生命が作り出した
「魔物」が
最後の雄叫びをあげている

地獄の底から
響くような

悲しく苦しい
叫び声


魔物が奏でている音が
全世界に広がっている。

その音を聞くと

胸がムカムカするし
不安でいっぱいで
世の中恨んで
生きていることの
素晴らしさを
感じることができない


醜く荒く汚い音で
悲しく苦しい演奏だ。



聞いている方も苦しいけど

演奏している方は
もっと
苦しく悲しく真っ暗だろう。


世界中のみんなで

苦しい人の
悲しい演奏を
聞いている。


それはまるで
崖っぷちで
犯行の一部始終を
語っている犯人のシーン

2時間サスペンスの
クライマックスのようだ。




地球の元素には
神のような水素やヘリウムも
あるけど

悪魔のような
硫黄や鉄やコバルトが
存在するように

地球の人類にも
いろんな性質の人間がいて

硫黄や鉄は
また星屑になって

暗い宇宙を
漂うことになる。



醜く汚い演奏会開催中でも

こころは
水素やヘリウムのように
軽やかでいられるように


希望を持とう。





「筋肉発電所」文系マッチョのススメ

散歩は好きだけど
「体育」は嫌いだった。

あの
威圧的な全体主義

並べ、揃え
言うことを聞け


マジ無理


忘れ物女王だったので
体育教師に嫌われてた。


体育なんて
必要ないじゃん


と思っていたが



血流が悪くなると
とにかくだるい

不快



快適文系ライフを
送れなくなってくる。



運動不足は
「電力不足」なのだ。



電気が足りないと

体がうまく使えない。



こりゃ大変だと
スポーツをすることにした





音楽が好きだから

ダンス系の
スポーツを取り入れると


みるみる元気になった。



筋肉が
電気を起こすから

血流がよくなり

顔色が良くなり
便通が良くなり
快眠になり

肩こりもなくなり

休日もあそびまわれるし

若返ったし
肌も綺麗になった。






運動することは
とても大事なことだった。




過去の文豪たちも
作家活動の合間に
筋トレしていれば


酒や薬にたよらずに


もっと
楽だったろうに…。




新しい異次元通信に
電力が大量に必要
らしい。


体力だけある
体育会系マッチョでは
繊細な感度がないので
通信が難しいが


繊細な感度を持った
文系くん


筋トレで
高電力を確保できるなら

異次元通信は
楽にできるはず。


のび太チルドレンよ♪
筋トレしよう。

地球を救うために!

芥川

プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR