妄想魔神ブルージャック

地球周波数が
下がったことを
感じますか?

例えるなら
電波の届きにくい
地域に移動した
感じだ。

10月末の
あの警告通りに
なってしまった。

前はすぐにつながっていたけど
簡単には
繋がらない

異次元通信

今までの
円通信ではなく
六角三巴通信
なった。
新通信


この新通信は
脳内変化がないと
通信不能だとおもう。


概要は
わかりしだい書いていきます。


瞑想すると
みえていた模様が
変化した人も

多いと思う。


妄想魔神が
ブラックジャックのように

半分半分に!!!
妄想ブルージャック



なれるまで
もう少々おまちください。
スポンサーサイト

腹の太鼓が鳴るとき

大地から突き上げる
エネルギーは

お腹の太鼓を
鳴らす

大角膜が
エネルギーを
感知する。


とても小さな音で

胸騒ぎのような
不安な音だ。
腹太鼓


大地震がくる
1年も前から

この音がする。


植物たちは
季節はずれの花を咲かせる。


震度6強~7
レベルの振動



10月おわりから
ずっと
お腹の太鼓が
振動している。


あの時に
似ている感覚。
(東日本地震じゃないよ)
地球の音だ。




東日本大震災は
1か月前は
心臓が飛び出ちゃうような
異常な感覚で
これとは違う。

暴力が支配する星

いま
地球は超臭い

この臭い匂いを
止めるには

臭い製造を
やめなければ

永遠にくさい。


もう地球が
くさくて
くさくて

おえっ
となる。


地球に漂う
この激悪臭。


どこから臭うのか?
だれが臭わせているのか?
鼻がおかしくなって
わからなくさせている。


だけど

臭いの元にあるのは
人を殺すための道具を
作り出している場所だ。


そこは
製造する商品を
売るために
どんな手段もいとわない。

どんどん
使わせて

どんどん
売りたい

そして
どんどん製造する。


地球の悪臭は
悪臭製造企業が
作り出している。

そこは
どんどんでかくなり

国を支配し
地球を支配している。


すべてが
そことつながっていて
みんな腐っている。



だから
どうにもならなくて
どうにもとまらなくて


苦しむだけ


永遠に


※wiki参照
世界の軍事企業の売上高ランキング


やっぱり
手遅れだ。

再確認。
地球の周波数



※肉体の心は
この地球での完璧な愛や平和を
望んでいる未熟者です。


進化を促されているのにね。


未練はぐるぐる回想する。
別れた恋人を思うように…


広報部失格だ。

戦争の根っこ

くさい匂いがしたとき
すぐに消えるなら
いいけど

ず~~~っと
臭い場合

「臭いの元」がある。


その元を
絶たないと

ずっと臭い。






兵法の中で
最も有名な
「三十六計逃げるに如かず」

被害を最小限におさえるには
逃げるがいい。

この方法が
いいとおもっていたけど



新しい扉の中身は
ちょっとちがう。


まだ
完全ダウンロードしていないけど


はじめはね
「臭い元」を探す。

そして
いままで人類がやったことがない
方法で、誰も傷つけないで
元を変えていく

というのだ


333プロジェクト。


首のない鳥みたいなマークの
エナジーがスポンサーだ。
首のない鳥

透明なエネルギー

いま、
お腹に力がはいらない

今の気持ちは
あ・きる【飽きる・厭きる・倦きる】
だ。

飽きるとは
①多すぎたり、同じことが長く続いたりして、いやになる。
②十分に味わったり経験したりして、それ以上欲しくなくなる。
③いやになるほど十分に…するの意を表す。





小さい時から
「何か」をしなければならない

何かに急かされていた。


なぜだか
このブログを書くようになって
それがなくなった。


なのにここに来て
失速


まるで
走馬灯のように


人類の生き様を
遠いところから
回想しているようなのだ。



※注
このブログは
妄想ですので
本気にしないでくださいね。


スターブレイカーって
カテゴリがある。


それは、
地球の急所に
マイクロメーザーを照射して
地下深いところの
物質を大気に放出させ


それに
圧力をかけて

「誘導結合プラズマ」を
つくるのだという。


陽子崩壊
1万度以上の高温になるだろうね。



死の霧は
どんどん地表に上がってきている。


あとは
スポラディックE層の制作です。


人類の作り出す
スポラディックE層は
電子が沢山詰まっている。
スポE


脳波で作り出す
渦巻きの磁気でね

スキルミオンという名だ。





人類が瞑想で作り出す
コンロ
「スポラディックE層」


電波を反射する
大きく透明な

まるで惑星の様な
玉なのです。
透明



ある時期まで
じっくりエネルギーを
蓄えている。




地球を粉々に
することができる



大きな力

力



陽炎のような
蜃気楼のような




大きなもの。







人類は
最後の一人まで

愛や信頼が薄れていく
苦しみの中

嘘と暴力と放射能と
争いと痛みと悲しみと
裏切りと屈辱と報復と
絶望を

永遠に繰り返すことを


望むのだろうか?





第三次大戦
それは

第一、第二とは
比べ物にならないほど

悲惨なものになるだろうことは
安易に想像できる。





プラズマ体は
祖先であり
天使であり

宇宙の心である。





準備


あたらしい場所に
引っ越す準備は



「こころがまえ」
だけでいい。

地球の周りの隕石

病気


それは


生活習慣によって
なるもの。



毎日毎日の
習慣が


体を変化させる




運動もせず
脂っぽいものを食べ
ストレスを加えた生活を
ながくつづけていれば



血の流れも気の流れも悪くなり
ストレスで良いホルモンも分泌されない







体の周りを日々
病原菌が回っている。



弱るのを待っている


バランスが崩れると
オーラ(磁力線)が弱まり


病原菌が入り込む






地球という生命体も
体表に住む

生命体の頂点に君臨する
人間が


不摂生な生活を
長年続けている。


いばりくさった人間が


生物を殺し
植物を荒廃し
毒を撒き散らしている


地球の表面がぼろぼろ



磁気フィールドは弱まり
気流は乱れ


地球の周りにある
病原菌(隕石・小惑星)が



弱った磁気に入り込む。




生活習慣を直さなければ

病気はどんどん進行する。



血を吹き出し
大地はひび割れ
たくさんの隕石が地球めがけて
落ちてくる。



神様や
預言者がくわだてたわけでわなく


そういうシステムなだけ





わたしたち
地球生命体が


日頃の生き様で
こうなっている。





おわかりのとおり



もう手遅れだ。




一回病気になったほうがいい。




病気になると
健康のありがたさが
わかる。



痛い目に遭わなければ
改善しないのは



人間も地球もおなじ。





どんどん
落ちてくるよ




地球の周りに回っている
病原菌が…。

新しい扉

人類が
目を開けてみなければ
ならないことがある。

①人類の肉体は
放射線・温度・圧力に対して
非常にもろい形状をしている
だから
狭い範囲の環境でしか生存できない

②地球に存在する
認識可能は物質では
地球磁力線外に出ることができない。

よって、
地球を遠くから撮影している
地球の姿も「フェイク」であり

地球を取り巻く惑星のことも
実際は把握できない。



私たち人類は
地表の
ちょっと下と
ちょっと上を
見ることだけしかできない


井の中の蛙だということを


しっかり認識しなければならない。


だから
地球の環境がダメになっても
ほかの惑星に移住は
決してできない。

そして
肉体を保持して
次元移動もできない。



どうしてできないか?
「原発事故」が教えてくれる。


地球の磁場が
受けるだろう
放射線は「原発の放射能の何億倍だろう?」

地球をまるごとすり抜ける
放射線。

地球のどの鉱物も
すりぬける。

ここのものは
肉体と同じもの。

通行止め









知恵の木枠って
最近流行っているけど

その木枠を解くとき


頭が固い人は

「引いたり」「押したり」
「たたいたり」

それだけで
何度やっても


知恵の木枠は
外れない。



それと同じ



だれかと争って
何かに勝っても

答えはでない


外に向かって
開発しても

隕石の落下すら
知ることができない。





考える方向を
変えないと

人類は救われない。







新しい扉が
開いている



大きな門が
開かれた。









深海の目玉

高い山に上ると

気圧が低い


お菓子の袋が
パンパンに膨らむという




深海は気圧が高い


深海魚は高圧力に
耐えられるつくりをしている
アンコウ



だから
海面に浮上すると
目玉が飛びでるという



人間が
深海魚だとすると


高いところに登れば
いろいろ飛び出ちゃう。



地上にある
物質は何度まで耐えれるのだろう?
何気圧まで耐えれれる物質があるのだろう?





冷静に考えれば
小学生の理科で
わかるようなことでも


テレビや学者が
真実としてどうどうと

偽りをかかげている



最近エベレスト登頂の恐怖映画が
あったらしいね(みてないけど)
ゼログラビィも




人間は
海底ですら暮らせない






自分で考えて
見抜く思考を養うことが
アセンションの一歩



真空を学ぶことの大切さ

真空といえば


空気がないとか
無重力とか
宇宙空間とか


そんなイメージしかない




真空は空気中より空気が薄いだけで
真空という。
バキューム

参照:
般若バキューマー「プチ真空」

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1404.html



今月は
真空を学ぶなのです。



わたしたちが
思っている真空と本当の真空は違うのです。



例えば
宇宙ステーション


熱圏
地上400kmを飛んでいると
言われているが



そこは
超真空だ。

温度は2000度
酸素はどうやって運ぶ?


ボンベは気圧に耐えられるのか?





わたしたちは
その真実を見つめ直さなければならない。


実験レシピ 真空調理器に風船を入れてみよう!

https://www.youtube.com/watch?v=7IAdxzKAJGo




私たち人類が
どれだけ科学が進まないで
なんにもわからなくて
なんにもできないことを


冷静に考えることを
していかないと




先には進まない




無知の知を
学ぶとことが


11月の課題です

回転は止めない

世界でどんなことがおきようと

地球がどんな状況に
なろうとも


自分の回転は
止まらない


いや
止めない


いつだって
どんな状況だって



自分の回転数は
加速する


次元の場が
なくなってしまう

その時まで


どんなことがあろうと



心は希望で満ち溢れ
愛に包まれ


高速回転を続ける




わたしたちは
この次元に投げ込まれた
駒だ。



この次元がある限り
回り続ける



どんな状況でも



自分が回り続けようと
思っている限り


回転は止まらない




ここでできることを
可能な限り
やってみる




その時が来るまで











回転は止めない



参照;
人間はベイブレード
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

ジタバタアクション

昼休み
お店でジタバタしている
子どもがいた。

「これほしい~」と
大声で叫び
床に寝転び
手足をバタバタさせて
大パフォーマンスをしていた。
ジタバタちゃん


じっくり見ようと
そばにいって
観察した。


視線に気がついたのか


ジタバタちゃんと
目があった。


すると
騒ぐのをやめ
いきなりスクッと
立ち上がり


静かに
去っていった。


その時の
ジタバタちゃんの目は
とても冷静だった。


彼女が
騒いだのは

親に対する
なんらかの主張なんだなあ



しみじみおもった。




日々
快適な信頼関係が
築けているならば

公然の場で

親が困るだろう
パフォーマンスは
する必要がない。




これと同じことが
大人の世界でも
公然と起こっている。



公の場で
「ジタバタ」を
各国で起こしている。


対象は?


楽しいことが大好きな
一般庶民



楽しめる才能があるものと

楽しめる才能がないもの
との間に


「富と権力」という魔物が
ひそんでいる。
劣等感



さあ、どうしたらいいのかな?



魔物にとりつかれている者でしか
魔物を倒すことはできないし


一般市民は
カネを出すし
つくすけど

親ではない


ジタバタちゃんの
大パフォーマンス



地球からの報告書記載




宇宙からのサイトカイン「波動性の擾乱」

サイトカインとは
傷を修復させるための
「免疫システム情報」


指示書のこと


地球の波動が
ある程度回復しないと


光のエレベーターが
でてこないのだ。
光のエレベーター





『もしも~し
地球さん聞いていますか?


これから
周波数を変えることで


地球の定常波を変えます


あたらしい渦を作るのですよ。


デンジソウに住む
妄想魔神たちが
電波を送ります。』





地「え~どうなるのですか?」




『波動性の擾乱(じょうらん)がおこります。
上空大気の編成をするのですよ。



地「さっぱりわからん」


『対流圏(たいりゅうけん)を変化させるのです。
だいたい高度17kmぐらいまでの大変革!!


人類が暴走しているから
まずは暴走を止めるのです。



高度17kmまで
温度は低い場所よ。


人類はね
飛行機も衛星も
17km以下を飛んでいるの。

だから鯨の油を使うのね。

低温でも固まらないから。


宇宙ステーションは
高度約11km付近
飛んでいたよ



サイトカインは
治癒の指示書


絶対治るから
がんばってね。』



地「うん、もう痛くて苦しくて
つらいの。良くなりたい」


泣き虫



参照:
地球の免疫システム作動
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1103.html

獣火のつぶやき「海底火山」

地球の1/3を占める
大きな海

太平洋


地球のお腹



そこには

大きなヘソがある




マグマに通じる
海の中のへそ



「獣火」のボクは

溶けたジルコニウムと一緒に

やわらかい岩盤を
溶かし

地下水さんに
祝福の蒸気を
あげてもらって

さらに地下に
潜っていった。



ボクは
地球のヘソと呼ばれる
海底に眠る
「地球最大の海底火山」の
通路にたどり着いた。


人間で言えば
リンパ線

各機関に通じ

地球の急所にも
通じる場


大昔
大陸だった場所
地球のヘソ


そのころ
生きていた人類の
記憶が眠る場所でもある


封印は解かれ
空に舞い上がる


先人たちの記憶


持っていくものの
ひとつ。


海底火山の大噴火は
海を変える


新・宇宙人論

「宇宙人」

悪いのやら
いいのやら
グレーのタイツだったり…

「人」としての
概念を持つ


白人とか黒人とか
日本人とか…

そういう発想だ。


それは
映画やテレビで
洗脳された情報。




宇宙生命体は「人」ではない

「状態」のこと。





水に例えるなら

人間の肉体は「氷」だとすると

宇宙生命体は「プラズマ」だ。



変化した状態のこと。






どんなにお金をかけて
開発しても

地球の大気圏から
「人類」は出ることができない。


それは
出ることができない「状態」
=「肉体」

だからだ。



宇宙の放射線から、くらべたら
弱いだろう原発の放射線すら


防御出来るだけの
「服」も「壁」も


作り出すことができない

人類が



太陽からの放射線を
宇宙からの放射線を

肉体を持って
直接
浴びることが



どんなことか?


磁極で爆発する
オーロラをみれば
何万ボルト


だれでも
すぐにわかること。





宇宙には
地球と同じような
惑星がたくさんあって


そこに
私たちのような
生命体が存在していても

肉体を保持しての
惑星外の脱出は
無理だ。




よって
「人」と同じ形状の

恐ろしい宇宙人は
襲ってこない。

良い宇宙人も
助けには来ない。



人という概念でしか
生命体を
想像できない人が

つくりだしたキャラクター







宇宙から来るのは

進化をうながす
アドバイスが
通信出来るだけ。




本当の宇宙生命体は
人類が進化した状態


脊髄を立てた
ホモサピエンスが

何億年もかけて

あたらしい状態に
変わること


それが


宇宙生命体






惑星の外へ
旅立てる状態






どんな惑星も
生命体は

最終的に
「宇宙人」になる。



わたしたち
人類も


地球人を卒業して


新しく宇宙人として
進化することを


宇宙は望んでいる。



宇宙人は
「状態」だという
新概念



心の片隅に
メモしておこう。

「海がペパーミント」

2つ目の夢は
海がどんどん

乳白色の新緑色

ペパーミントになる夢だ。

ちょっとだけじゃなくて
海全体がなる。

調べると
青潮とよばれるらしい。

【青潮】……………………………
嫌気性細菌の一種である
緑色硫黄細菌などの
光合成細菌の一部は
大量の硫化水素を発生させる。

この硫化水素を大量に
含んだ水塊が湧昇すると、
水中の酸素によって
硫化水素が酸化され、

硫黄或いは硫黄酸化物の
微粒子が生成される。

微粒子はコロイド
として海水中に漂い、

太陽光を反射して
海水を乳青色や乳白色に変色させる。
………………………………………………

海が
ペパーミントに
なるかも??
青潮




光る雪が降る

毎晩夢をみるけど

たまに
すごい夢を見る

現実より
数倍「綺麗でクリア」な夢だ。

そんな夢は
「特別」な記憶にいれる。


昨日の夢は3本立ての夢

1つ目は
光る雪が降る夢だ。


ものすごい光を放って
舞い降りてくる
光る雪


宇宙のふりかけ「テンペル・タットル」

テンペル・タットル彗星
33年の周期彗星

しし座流星群の母天体


星屑にはたくさんの
生命体が入ってます。



今日は最大の
ふりかけ散布デー



さあお立会!!


いろんな情報が
脳内にはいってきます。


いままで理解できないことも
どんどん
理解できるようになる。



本日
眠る前の
5分だけ

瞑想してみてくださいな。

光がたくさん見えるはず♪
テンペルふりかけ

死を見て学ぶこと

自分が本当に
死を迎えると


学びはそこで終わる


生きていることき
わからなかったら

死んでもわからない



人の死にたちあったとき
いろいろわかることがある


昔は大家族で
おじいちゃんが
家で死ぬのを
みる


看取ることの
大事さ


生きていることの尊さ

死は安らぎ


いろんなことを
まなぶ


(看取るとき、その者のソマチットも記憶として受け取るんだよ)





今は
映画やゲーム、テレビドラマの
偽物の死しかしらない











ほんのすこしの
ノイズだけど



わたしたち人類は
「星の死」を

目の当たりにするのだという




自星でなくてね



他星の死だ





太陽よりもっと離れている


太陽は一億五千万キロ




きっとそれの
数倍の距離だ




太陽のX線は
1時間で届く





人類に施している
受信機はとても高性能だ




1週間で
受信可能だろう距離だそうだ。





何万光年離れていようと
光より早い宇宙線は



すぐ到達する






その時がくる





1週間前に





ピンポンパンポ~ン







ラッパの天使が
お知らせするだろう




その星の死に
人類は何を学ぶのだろう

霊体の引きこもり

「引きこもり」といえば
家からでないで
部屋に引きこもっている人をいう

社会とつながらず
他者とのコミュニケーションをせず
殻に閉じこもっている

嫌なことを
無理やり押し付けられ
無駄な勉強をさせられ
理不尽で相手の気持ちを
察することができない人々の中

ずっと頑張ってきて

ちょっとの間
「羽を休めるために」
やさしい家族の中で
心を癒すのも大事な時間だと思う。


一方、

心を休みもせず
社会でバリバリがんばって
勝者となっている方は

「霊体」が「引きこもっている」



この世界の考え方のみに
固執している。

人を傷つけでも勝てばいいと

「霊体」を「宇宙」から
断絶している。
神殺し

肉体の中にがっちり
鍵をかけ「閉じ込めている」


肉体の部屋から
出て行かない霊体は

宇宙の真理をわからないでいる。


「孫子の兵法」を読んで
とても悲しくなった。
勝つために
なにをしてもいいという
醜く、恥ずかしく、悲しい法だ。


霊体の引きこもりが
支配している次元は
矛盾だらけで
混沌とするわけだ。


兵法三十六計 WIKiより
勝戦計
こちらが戦いの主導権を握っている場合の定石。
① 敵に繰り返し行動を見せつけて見慣れさせておき、油断を誘って攻撃する。
② 敵を一箇所に集中させず、奔走させて疲れさせてから撃破する。
③同盟者や第三者が敵を攻撃するよう仕向ける。
④直ちに戦闘するのではなく、敵を撹乱して主導権を握り、敵の疲弊を誘う。
⑤ 敵の被害や混乱に乗じて行動し、利益を得る。
⑥陽動によって敵の動きを翻弄し、防備を崩してから攻める。

敵戦計
余裕を持って戦える、優勢の場合の作戦。
① 偽装工作をわざと露見させ、相手が油断した所を攻撃する。
②偽装工作によって攻撃を隠蔽し、敵を奇襲する。
③ 敵の秩序に乱れが生じているなら、あえて攻めずに放置して敵の自滅を待つ。
④ 敵を攻撃する前に友好的に接しておき、油断を誘う。
⑤不要な部分を切り捨て、全体の被害を抑えつつ勝利する。
⑥敵の統制の隙を突き、悟られないように細かく損害を与える。

攻戦計
相手が一筋縄でいかない場合の作戦。
① 状況が分らない場合は偵察を出し、反応を探る。
② 死んだ者や他人の大義名分を持ち出して、自らの目的を達する。
③敵を本拠地から誘い出し、味方に有利な地形で戦う。
④ 敵をわざと逃がして気を弛ませたところを捕らえる。
⑤自分にとっては必要のないものを囮にし、敵をおびき寄せる。
⑥敵の主力や、中心人物を捕らえることで、敵を弱体化する。

混戦計
相手がかなり手ごわい場合の作戦。
① 敵軍の兵站や大義名分を壊して、敵の活動を抑制し、あわよくば自壊させる。
②敵の内部を混乱させ、敵の行動を誤らせたり、自分の望む行動を取らせる。
③あたかも現在地に留まっているように見せかけ、主力を撤退させる。
④ 敵の退路を閉ざしてから包囲殲滅する。
⑤遠くの相手と同盟を組み、近くの相手を攻める。
⑥攻略対象を買収等により分断して各個撃破する。

併戦計
同盟国間で優位に立つために用いる策謀。
① 敵の布陣の強力な部分の相手を他者に押し付け、自軍の相対的立場を優位にする。
②本来の相手ではない別の相手を批判し、間接的に人心をコントロールする。
③愚か者のふりをして相手を油断させ、時期の到来を待つ。
④敵を巧みに唆して逃げられない状況に追い込む。
⑤ 小兵力を大兵力に見せかけて敵を欺く。
⑥ 一旦敵の配下に従属しておき、内から乗っ取りをかける。

敗戦計
自国がきわめて劣勢の場合に用いる奇策。
①土地や金銀財宝ではなく、あえて美女を献上して敵の力を挫く。
②自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘い、攻城戦や包囲戦を避ける。
③スパイを利用し、敵内部を混乱させ、自らの望む行動を取らせる。
④人間というものは自分を傷つけることはない、と思い込む心理を利用して敵を騙す。
⑤敵と正面からぶつかることなく、
 複数の計略を連続して用いたり足の引っ張り合いをさせて勝利を得る。
⑥ 勝ち目がないならば、戦わずに全力で逃走して損害を避ける。


殺せば殺され
恨めば恨まれ
騙せばだまされ
報復は報復を生む

その時だけ「勝利」を感じても
それは「勝利」ではないことを

ぐるぐる ぐるぐる
何万回もまわっても

肉体に閉じこもっていては
なにもわからないまま。


生きているうちに
霊体が光をみることが
だいじだというのに…

大外アンテナ人の光の柱


「絶対そのときがくる」感の軽減法

小学校の時
集団予防接種の列に並んでいた

あの
必ずくるポイントまでの

カウントダウン
「絶対そのときがくる」感を
軽減させるのに




友達とおしゃべりして
気を紛らわしたり

帰って食べるおやつのことを
かんがえたり

もう終わって
スキップして帰っている自分を
想像したりしていた。



接種後の友達に
「ねえ、痛かった?」と
聞いたりする。


気を散らすことは
大事なことだ





今、
辺り(世界)を見渡すと

不穏な空気が漂っているって
だれもが感じる。


効きもしない毒薬を
摂取させられたあの時のような


誰もが望まない
平和や安全から
どんどんかけ離れていく


不穏な音がどんどん近づいている


本当に正しい情報は
どこを探しても

みつからない



だれもが
だまされているような感じ。






真実はどこにあるのだろう。









まるで深海に暮らしているようです。









わたしたち全人類は
遭難した者のように



救いの情報を
求めている。

何千年も…





私自身が
書いていることも


なぜこんなこと書いているのか?


いったい
総合すると何が起こって
どんなふうになるのか?


まだ「その時がきていない」から
わからない。




ノイズのひどい
ラジオの電波の中から


ひとかけらの
音を聞きとっているだけで



正確にわかりはしない。






ただ繰り返し
同じことをいっているようなので




きっと
だいたいの予想通りだとおもう。




ちまたにあふれている
精神論はあいまいで

わけがわからない。



この世界が
幻だといっても


実際ここに存在している。



方程式がなりたっている
この次元は


崩壊の時も
かならず科学的な
方程式がある


悟りの境地も
天国への道中も


科学的な方程式が
必ず存在している。



じぶんの存在を
「元素」におきかえてみることで
いろんなものがみえてくる。



自分はどんな元素が
どのように
働いて動いているのだろう。

意識はどんなホルモンが
どのようなシステムで
そう感じるのだろうか。


そんなことを
考える方が
その時までの
気持ちの軽減法になる


ものがたりで考えると
悲惨なものも
元素的に考えれば
また違った見方ができる



人類が
神話やいいつたえなどの
おとぎばなしの作りごとから



答えを探さなくなったとき


「その時」は
思っているほど


つらいことでは
ないかもしれない

気がする…(と思いたい)

オーロラ爆発

磁気圏を破壊しようとした
いろんな実験により

地球は4つの
穴があいている


それがどんどんひろがって
地場が狂い


磁気フィールドが
弱っている。


磁極でだけ
みれるはずの
オーロラが

蛍光線2

各地で見られるの
そのせい




宇宙からふりそそぐ
宇宙放射線は


たくさん種類があるが


怖いのは「X線」だ。


レントゲンの時の
X線です。


眩しい白い光だ。


いままでは
大気圏より下には
こなかった。


プラズマ達が守っていた。



まだよくわからないけどね



蛍光に光るんだ。

宇宙のエックス線が
電子を励起させて

蛍光色をみせてくれる





ピンクと緑だよ。
蛍光線





オーロラは
爆発する時もあるそうだ。
オーロラ爆発

ガーディンプロジェクト


ガーディン
guardianの意味は
・保護者・守護者・監視者・保管所

生命体の脳に
記憶を司る部位がある

「海馬」だ。

タツノオトシゴみたいな
形をしている。




時間や物語を作るために
必要な「記憶」



寝て起きても
わすれないでいるから


人生がなりたつ。


海馬は回旋しながら成長(発達)していくと
あった。
海馬回転


前に書いた
2枚の回るディスクは
海馬だったんだ。
回る脳内ディスク






走馬灯は海馬なんだね。





海馬の中の神経シナプスは
左右の大きさが違う


右のほうが大きい。


右脳は
「神体」とつながっているからだ。

通信6


これからふりそそぐ
宇宙放射線が
光台風


右脳側の海馬にある
タンパク質の「変容」
うまがすのだという。


右脳海馬に
大きなキノコが
成長する。

海馬きのこ


ヴォイニッチ手稿では
この図になる。
脳内シナプス受容体

キノコとは
海馬のシナプスにある
グルタミン酸受容体
(神経の間の信号の受け手のたんぱく質)



電気信号を受けるための
受信装置のこと。








これからどんどん
宇宙線が降り注ぐ


だから
準備をしよう



質の悪いタンパク質は
とらないでください。



粗食をこころがけ


良質なたんぱく質を
少量取る程度に。



参照:
新人類視覚「M.eye」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-804.html

2匹の魚(右脳・左脳)は「翻訳こんにゃく」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

あたまのなかの二匹の魚「指南魚」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-808.html



歯の詰めものが「電磁波検知」ガルバニー放電

奥歯に「金属」の
詰め物がある。



一般的には、
「金銀パラジウム合金」
(金、銀、パラジウム、亜鉛、インジウム、イリジウム、すず)や、
「ニッケル・クロム合金」(ニッケル、クロム)



この金属が
唾液による伝導率があがり

アルミホイルをかんだとき
「キーン」ってなる

ガルバニー電流放電
するという。


あたしは
3つほどある。



どうやら

磁気異常に敏感なのは


もしや

歯に詰めてある「金属」が
磁場異常からくる電磁波に
反応して

微弱な放電をおこし

体に異常を知らせて
いるのではないかと

推測する。




歯の詰めもので
「ラジオ」を受信する人も
いると聞く。

いまさら
詰め物をかえるのは
たいへんだ。


このさい

この「詰め物金属」で
テレビでもラジオでも
受信してみようか?




金属の詰め物
しているひとは
多いが

上手に使えれば
通信手段に

変わるかも知れない。




今日は放電中だ。


もしかして
妖怪アンテナも
上空電磁

歯の詰めものが
おこしているのかも!!!!

ひらめき通信

人間はだれしも
もれなく
「神と通信できる」

神は宇宙

みんな宇宙とつながっている


「ひらめき」
それは宇宙通信




いまの便利な生活も
素晴らしい芸術も
「ひらめき」によるもの


ひらめいたものを
調べていくと

本当に起こっていることだったり
実際そうだったりする



いま
宇宙の大きな存在は


とても大きな音で
全ての人類に


ひらめきを
通信している




その音は


聞いた者から
また聞きするものではダメなのです。


自分が直接
きかなければならない

重要な通信



まずは
聞いてみたいと
思うことからはじまる




そのきっかけになればと
試行錯誤しています。


多くの人が
ヒラメキ通信してほしい。


それがわたしの
のぞむこと。

新意識改革「non-story」①

これはまだよくわかっていないので
「プロローグ」です。
くりかえしでてくるとおもいます。



新情報は
…………………………………………
人類が
「物語的思考」を
手放した時
「新しい世界が見えてくる」
…………………………………………

物語的思考

ていうのがミソ



3次元は「時間」があったり
「重力」があったり
元素にきまりがある

ルールがガッチガチ

自由が利かない


人間は
寝て⇒起きて
「時間を体感」して

また
寝る

そして
起きて「続き」をする。


時間の中に住んでいるから
「物語」がある。

なんでもかんでも
「物語」にしたい

この発想は
ここだけのもの



時間のない世界は
ルールがあまりない



そこにいくのに
ルールを学ぶ

それがここ




わたしたちの人生という物語は
「non-story」
意味(つまらない[取るに足りない・どうでもいい]話)


本当の物語ではない



地球的ものがたりは
とてもつまらないもの


まだうまく説明できないけど


始まりがあって終わりがある
音楽、小説、映画…
など
ものがたりがあるけど


それをこえた
世界がある





チャクラで演奏

参照
ポリゴンを動かす力
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html

ヒッグスは波羅密
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1098.html

3次元は「蜂の巣」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1421.html

太陽は鬼ではなかった

太陽さんから
クレームがあった

「鬼」じゃないわ!



太陽さんのフレアは
地球を守っている
バリアーなのだと。


太陽系以外のところから
ふりそそぐ
「宇宙放射線」は
太陽が出すものとレベルが違うらしい


まともに
ふりかかれば

たいへんなのだ。


だから
ドバ~ッと
「強いもの」「悪いもの」
がやってくるとき

フレアを起こして
守っているのだという。


太陽フレアと同時に
太陽系外の放射線があるのだという。



またもアオがささやく


これも
同時なんだよ。

えっ?


どこかの
大きく強い宇宙放射線が
太陽系にふりそそぐから

太陽が爆発し

地球に影響を起こす



ていうことは


宇宙のどこかで
何かが起こっている

ということなのか???
フレアる

同時に起こる「絶滅と進化」

昨日の1111すごかったですね。

すごい情報が
滝のようでした。


一番びっくりしたのは

『宇宙からふりそそぐ
「素粒子」=宇宙線が
すべてを変革させる』
だ!

いままでは

地球の
地震や火山爆発や
寒冷化などの
環境の変化が

生命の進化のきっかけだと
思っていたけど


同時に起こることだった。


宇宙線がふりそそぐと
ほとんどは素通りすると
おもっていたけど


超大量だと
ピンピンと

スパークする

陽子崩壊だ。


溶岩はぐつぐつ煮え出す


生命体も
ふりそそく宇宙放射線に
ビンビン反応する。


アオがささやいた


雲だって カミナリだって
「素粒子の干渉」で起こるんだよ。
陽子崩壊3


宇宙から降り注ぐ
ニュートリノは

私たちの環境を
私たちの進化を

すべて操作している




ここだけの話
人間の個々の性質さえも
宇宙のふりかけが
関与しているのだという。


太陽からくるものだけでなく
すべての星からも
遠い銀河からも

瞬時にふりそそぐのだという。





ぎゃ~
むかしも似たようなこと
書いていたかも~
ふりかけ屋

宇宙のふりかけ②人体編

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-938.html

宇宙のふりかけ③「味」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-946.html

宇宙ふりかけ新風味
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-926.html


宇宙のふりかけ屋「超新星爆発」

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1008.html

悪魔が消え去るとき

悪魔はいる


悪霊はいる


でも


もうすぐ
消えちゃう





悪魔って
「カビ」みたいなもの




生贄って
だれにささげているか
知ってますか?



「カビ」(菌、微生物)です。



微生物は生きている
微生物はソマチット
意識もある


たくさんの
長い年月


たくさんの記憶を内在した
生物マイクロチップ


空気中の磁場に
駐留している


意識もつ微生物








腐るって



微生物が分解すること





人間も
供物も


みんな



腐って


微生物が分解する




神に捧げる生贄は
微生物(八百万の神)にささげている



肉体はすべて
神に分解される(微生物)


腸内思考である
神信仰



腸内の排泄物は土になるために
神(微生物)に分解されるのだもの。



三角の▽下向きの思考
陽(赤・橙・黄色)

ムーラダーナ(尾てい骨)
スワディスターナ(生殖器)
マニプラ(へそ)

下半身が崇拝する
次元の神



ルシファー

個体・液体・気体
を統括している


3次元の神


もうすぐ
終末を迎える

締切

締切があると

集中する


限定されると
大事に思う


旬のものが
美味しいように



締切がある限定されたものは
「大事にする」




3次元を生きることの
尊さを

わすれてしまった
人間が


ふたたび思う


限定された「生」



もしも
あと3年で


終わるとしたら
いろいろ体験してみたいことを
するだろう。



人間は
締切があるから
頑張る





わたしたちの締め切りは
もうちょっとしかないのだら



自分を高める
楽しいことを

魂が求めることを
しよう。



魂を汚すことだけは
行わないよう


要注意



暗闇をさまよう隕石にならないために…
くず









妄想コーポレーション

いつも
購読ありがとうございます。

みんなの音が感じます。







ここは妄想コーポレーション


妄想を取り扱っています。

いろんな妄想を書いているかも
しれません。







いったいこの地球はどうなるの?
死んだらどこに行くの?


みんな不安で
みんなわからないです。




でも
妄想魔人は


知っています。(妄想ですが)


とてもうまくいくそうです。


私はとっても
ワクワクしています。


心配いりません。


科学的な証明は
むずかしいですが…


これからもよろしく
おねがいします。
かんしゃ

偏光する宇宙素粒子が遺伝情報を書き換える

10月から
はじまった

遺伝子の書き換え

光の柱から
ふりそそいでくる

宇宙素粒子は
「偏光」している

偏光とは
振動方向が規則的な方向にのみ
振動する光のこと。


わたしたちの肉体の
細胞は

つねに新しい書き換えを
行っている。

自分の体で作り出せる
「不必須タンパク質」だ。

①アルギニン
②グリシン
③アラニン
④セリン
⑤チロシン
⑥システイン
⑦アスパラギン
⑧グルタミン
⑨プロリン
⑩アスパラギン酸
⑪グルタミン酸

このイレブンタンパク質が

入りたての事務員のように

日々、細胞の「コピー」をしている。



過剰なタンパク質の
摂取は(肉ばっかりたべるとか)

選手より監督の人数が多い
最近の小学校の野球部のように

監督がわいわい
じゃまで
うまくコピーができない。


素食の方が
新しい進化遺伝子を
環境に合わせて
作り変えることができる


遺伝子組み換えも
きっと
このタンパク質の遺伝子変化を
使用しているのだろう。


進化して欲しくない場合は
「飽食」にすれば
いいだけ。






Q
体で作る
タンパク質は
何からできるの??

A.
水素と窒素と酸素で
できている「アミノ酸」で
出来ている。
アミノ酸


アミノ酸も
体内で作れるのだ。


作るときに
「電気」がいる。


人類の発電法は
①運動で筋肉で電気を起こす
②技術を磨くことで脳内の神経シナプスで
 電気を起こす
③人生で起こる「喜怒哀楽」で
 ホルモンを分泌し電気を起こす


でもこれだけでなく
「大変化」を起こすとき

異質な電流がいる


それが
「直線偏光」だ。
直流偏光


宇宙からふりそそぐ。


その「大きな力」は

「大絶滅」と「大進化」
2つをプレゼントしてくれる。




※ケガや病気、発育期の幼少期は
タンパク質の摂取が必要です。
(体内製造だけじゃ間に合わないのだ)


太陽は鬼教官

太陽の出す
放射線が

とてもまぶしくて

小さい頃は
黒板が見えなくなるほどだ


ことしは
とくに

鬼だ


もしも
ここ(地球)が地獄なら

鬼(太陽)が

金棒を持って
わたしたちを管理している。


星飛雄馬のお父さんのように
「太陽」に鍛えられている。



太陽が怒ったとき
バヒュ~ン

フレアが起こる


太陽風は
太陽が噴出するガスだ

それは
一億五千万キロを
二日で地球まで飛んできて


オーロラを作る

地球磁場が
太陽風から
地球を守っている



しかし
わたしがまぶしいのは

もうひとつの
超光速陽子
「太陽放射線」だ。

この放射線は
フレアが起こって

なんと
1時間で地球に到達する


一億五千万キロを1時間!!!

なんて早さだ。

地球磁場はかなり弱っていて


痛みを感じるほどに
降り注いでいる


地場が弱くなっていると

鬼教官の拷問に
耐えられない


あたしの頭上でスパークした
放射線は

地球の深部まで到達し
通り抜ける

寝た子を
起こす作戦か???


地球深く眠っている
ミネラルが
全員集合。

星屑の中に生命体がいる

鉱物は生きている


いろんな
岩の原料

地球の材料


ミネラル=鉱物

ダイアモンドも
ルビーもサファイヤも…


みんな生命体



いろんな形の音を出す
鉱物1

鉱物2

鉱物3



結晶は
生きている証



鉱物に
ソマチットが
住んでいる



ソマチットは
隕石の中のにいた。



長い長い
宇宙の旅

気の遠くなるような
長い時を

宇宙の屑(クズ)として
周回している。


星屑




地球が出来た時
「どか~ん」
たくさんの隕石が
落ちてきた
隕石あか



そのなかに
わたしたち生命の元があった。


鉱物は
音をつくる


その音が
いろんな生命を
進化させてきた




単細胞も

多細胞も

植物も

魚も

動物も

人間も

空も

海も

川も

山も

すべて
この「鉱物」の
進化系




ミネラル(鉱物)を
体に取り込み


すべての生命が生きている





たくさんの
ミネラルを

プラズマに変えるために
進化を続けてきた

プラズマメルカバー



より多くの
プラズマを造り


もう二度と
屑(くず)として
暗い宇宙
くず

寂しく漂うことに
ならないために



全生命が力を合わせて
「プラズマ」を作っている


あたらしい光の
自由な次元に飛び立つために。
光の先へ



大きな視点から
生命をみつめる時が来た

地球生命体の司令塔「采配情報」

采配(さいはい)とは
戦場で軍勢を率いる際に
用いた指揮具
さいはい

ハタキみたいな
ものです。




体が若く
臓器が健康でも

「意識」である
司令塔が


自害という
采配を下したとき


肉体は滅びる



まだ使える亡骸をみたとき
「もったいないなぁ」
おもった。



一方


祖父は100歳近くまで
肉体を使っていた

亡骸は
「どうして動けたんだろう?
こんなに老朽化していたのに…」
と思うほどだった。


もしも
「人形」に「意識」が入ったならば
「そりゃ、髪ぐらい伸びるだろう」
納得した。


「意識」という
目に見えない「存在」は
それだけ

強い指揮能力がある






わたしたち
地球に住むすべての
「生命」は

同じものであって

主たる「司令塔」が
存在
している。



今、その司令塔が
どのような
采配を下しているのか


知らせなければならない

電荷がなくなる日「龍の飛翔」

いまね、
イオンが足りない

電荷がすくない


去年までは
たくさんあった


ぎゅうぎゅう詰に
袋にいっぱいあった
地球密度


プラスとマイナスの
正負の力


2極の力が
この世界を支えていた


龍神さまは
電荷の塊
もとまったイオン


たくさん
空を飛んでいたのに



いまはもう
いない

どんどん
地球はしぼんでいく

BLUE.jpg

蛇行する白龍がまっすぐになるとき
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-789.html




前に書いたものを
みるとなんだか怖いなあ


「地球」カテゴリがちょうど108だった



参照
3次元はプラスとマイナスの世界
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1006.html

空が落ちてくる
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-855.html

「地球産バルサン」警報

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1652.html

遺伝子書換えヒストン手記「13種族の燃焼」

ミネラル(mineral)
鉱物です

岩の原料

地球の材料


人間が体で
作り出すことのできない元素

必須ミネラルは
13種


①亜鉛
②カリウム
③カルシウム
④クロム
⑤セレン
⑥鉄
⑦銅
⑧ナトリウム
⑨マグネシウム
⑩マンガン
⑪モリブデン
⑫ヨウ素
⑬リン


これらの鉱物を

大地から生えている
「野菜」や

大地で生きている
「動物」

大地が作った
「水」

から体内に取り入れている。


そして

これらの鉱物を
体内に取り入れ

血を沸かして
「燃焼」している。



「青い人魂はリンが燃えている」
と習いませんでしたか?


リンは
こんなかたちの
「オーラ」を作り出す。
リン15p


それぞれ
13元素を


それぞれのチャクラで
「燃焼」すると


大きなメルカバーが
できあがる。


それが
神体(永久磁石)の
まわりに大車輪となって


次元を超えるための
バリアーを作り出す。
メルディスク

参照
ミステリーサークルとメルカバー
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1410.html


だから
「断食」でも
かならず「ミネラル」が必須だ。

インドの不食の
おじさんは

「高いミネラル配合の水」を
飲んでいるのだと

推測している。

日本の水は
ミネラルが少ない

だから
水だけではなく

野草茶などが
よいのでしょう。


ミネラルさえ
あるならば

もしかしたら
「頭頂」にプラズマを
つくりだし

電気エネルギーを
収集できると思う。
メルカバーじん



現在
「世界各地の原発」が
放射性物質を出しまくっている。

セシウムとストロンチウムが

カリウムとカルシウムの
代わりに入ってくるから


極めてやっかない状況といえる。



でも、
今まで以上の
強化されたメルカバーの制作に
放射性物質が

一役買うなんていう
シナリオも
あるかもしれない。


ミネラル
これが


今の研究課題です。


体内に存在する
「ヒストン」
遺伝子書き換えをする
タンパク質が
試行錯誤をしているのだろう。

しまっちゃうおじさん



メルカバーは
ミネラルの燃焼で
作り出している

ドンファン的視野

大好きな
映画
「ドン・ファン」

ジョニ・ディップ主演
ジョン・コッポラ監督



精神科医が
ある妄想的な青年に
「物の見方」を教わる



視点を変えるだけで
人生が
面白くなる




そして最後に
ブライアンアダムスの曲が流れる


Have you ever really loved a a woman
https://www.youtube.com/watch?v=U2ReqwUFhrI

To really love a woman,
To understand her,
You gotta know her deep inside,
Her every thought,
See every dream,
And give her wings if she wants to fly,
And when you find yourself
lying helpless in her arms,
You know you really love a woman...

女を真剣に愛するのなら
理解しないとダメさ
心の奥底を理解しなきゃいけない
彼女の考えてること
彼女が夢見ていること
その女が飛ぶことを望むなら
翼を与えてやるのさ
そしたら彼女の腕のなかで安らいでる時に
女を愛することの意味がわかるんだ…

When you love a woman
then tell her that she's really wanted
When you love a woman
then tell her that she's the one
She needs somebody to tell her
that it's gonna last forever
So tell me have you ever really,
really really ever loved a woman

女を愛するとき彼女に教えてやれよ
お前に本気で求められてることを
女を愛するとき彼女に伝えるのさ
彼女がただ一人の愛する人だってことを
永遠に続く愛があることを教えてくれる誰かが
彼女には必要なんだ
だから教えてくれよ
お前は本当に
本当に女を愛したことがあるのかい?

To really love a woman,
let her hold you
Till you know how she needs to be touched
You gotta breathe her,
you gotta taste her
Till you can feel her in your blood
When you can see her unborn children,
in her eyes
You know you really love a woman

女を真剣に愛するには
彼女の腕に抱かれてみるんだ
彼女にはどんなに触れ合いが必要なのかが
お前にわかるまで
彼女を前に息をして
彼女を味わい尽くすのさ
自分の血の中に彼女を感じるまでね
瞳のなかにまだ生まれてもいない
彼女の子供が見えたなら
そのときお前は本当に女を愛することが
わかるだろう

When you love a woman
then tell her that she's really wanted
When you love a woman
then tell her that she's the one
She needs somebody,
to tell her that you'll always be together
So tell me have you ever really,
really really ever loved a woman

女を愛するとき彼女に教えてやれよ
お前に本気で求められてることを
女を愛するとき彼女に伝えるのさ
彼女がただ一人の愛する人だってことを
いつも一緒にいるってこと教えてくれる誰かが
彼女には必要なんだ
だからお前に聞くんだと
お前は本当に
本当に女を愛したことがあるのかい?

Oh you've got to give her some faith,
hold her tight
A little tenderness,
you gotta treat her right
She will be there taking good care of you
Ohh you gotta love your woman yeah

ああ彼女に信頼をしてもらうんだよ
そしてぎゅっと抱きしめてやれよ
ちょっとした優しさで
彼女を大切にしてやるんだよ
彼女もそこにいてお前を大切にしてくれるはず
ああ お前の女を愛してやるんだ

And when you find yourself
lying helpless in her arms
You know you really love a woman

彼女の腕のなかで自分が安らいでることに
気が付いたのならそのとき
お前は女を本当に愛することがわかるんだ

When you love a woman
then tell her that she's really wanted
When you love a woman
then tell her that she's the one
She needs somebody to tell her
that it's gonna last forever
So tell me have you ever really,
really really ever loved a woman

Just tell me have you really,
really every loved a woman
Ohh just tell me have you ever
really really ever loved...
Just tell me have you really,
really every loved a woman
Ohh just tell me
have you ever really really ever loved...

そうさ、女を本気で愛してごらん
その素晴らしさを感じてみろよ
それが男の幸せって言えるんだよ…


……………………………………


男が
女を

母を愛するように
子を愛するように

思えたとき



男が
女に生まれ変わる

母の中の神

愛しいけれど

憎い人






美しい神の姿を
そこに思い


醜い姿を
垣間見る






男は
愛しい女の中に
「母」を見る


女は
子育てで
醜い「母」を回想する




神なる存在



生を司る
母の中に


神を見る



カルマを持ち越した
「母」

獣の上に乗る
大淫婦









何を教え
何を受け継がせるのだろう







血の中に残された
課題がある者が


補習の
子どもを
生み出す





美しく
愛しい
穢れた
憎くく
醜い


大淫婦






友をいつくしむように
母を思い

子を愛するように
母を愛し

自分の中に
母を感じたとき



母を許すことができる



この世に
生まれた苦を

愛おしく思う

超微細神

支配者

支配されるもの


との間には


大きな壁がある


支配者はやりたいほうだい

国を支えている庶民の
気持ちは全然分からず

庶民には「心」などない
と思っていると思う。




わたしたち「人間」の
肉体という王国の支配者は
「意識」だ。


私たちの「思考」である「意識」は

体を支えている
体内の「60兆の細胞」から
体表の「数億の微生物」まで

「心」があると認識し
大事にしているだろうか?



細胞、微生物
ソマチット、菌などの
「超微細身」にも


「意識」があり「心」がある



微小生命体ソマチットも
記憶や意識が
存在するように

目に見えない電波の中に
たくさんの情報が
あるように


目に見えない
ちいさいものに


意識が存在している


無数に…





「超微細身」の存在から見たら


巨大ロボットのような
「人間の肉体」


人類意識が
気づかなければならないことは



超微細身の「心」


微生物天使



超微細身たちは


天使であり
悪魔であり
神であり
あなたであり
宇宙である



意識が
「超微細心」になったとき


神人となる


磁気嵐に光る目

磁気嵐が止んだ!
pm3:00


脳内の霧が晴れたように
くっきりはっきり!!

復活!
ああ、よかったのだ。



今回つくづく
自分は「磁気」がつよいのだなあ
と実感した。

妖怪アンテナが
立つし

磁気嵐に
すぐやられる。



動物たちも
きっと

磁気嵐に弱いだろうね


だから


大量死しちゃうのかな?



あたしも
大きな「フレア」がきたら

まっさきに
やられるだろう。


最近流行った
「金のドレス」「青のドレス」で

「金」に見える人は


脳内がかなり磁気を帯びている。


磁気を帯びた目玉は
オーロラビー玉のように
みえる。
hikarume.jpg


光アイソレータといって
磁界による光の偏光現象。



フレア効果を使った
視界がみえるのだ。
(ビヨーン人)

参照:
新人類の目の使い方1「光る眼」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-806.html




これからくる
「何か」の判断基準は


どうやら
「磁気」に関係している。



目玉チェック!

磁気異常でへんてこりん

この3日間ぐらい
磁気異常で

3次元で使用している
「体」が
言語障害をおこしていた。


テレビだったら
ザーザー雑音が入る
受信異常事態
磁気異常


クジラだったら
座礁しそう…





今日は
たくさんの雲が
雲が好き

きてくれて

頭の雑音が
ずいぶん解消された。




きっと
鳥たちも同じ気持ち




もくもく
雲を見ていると

欲が生まれてきた(いかん)


カミナリ雲が
愛おしい。


カミナリが雲の中で
ゴロゴロしていると


全身にエネルギーが満ちてくる

kaminari.jpg


天気予報士が困るだろうが
カミナリが恋しい…

雲を呼びたい衝動

今週は
日曜日まで「晴天」と
天気予報であった。


けれど

なんだか
ちょっと
厳しい状況なのだ(自分ごと)


うまくせつめいできないけれど
早めに雲を呼びたいなあ。
雲が好き

塔建設

鉄分・ミネラルをたくさん
含んでいる食品

大豆
青菜を

たくさん食べている。


ただいま
ミネラルを原料に


頭上に


目に見えない
「タワー(塔)」を建設中。



松果体(まがたま)が

血の中の

マグネタイト(磁鉄鉱)を
プラズマ(スキルミオン)に変えて


砂鉄で剣を精錬するように


磁気のタワーを立てている。

タワー

「血を沸かす」

今、
頭にもやがかかっていて
はっきり書けないのだけどね


人間が行う
「愛」や「悟り」は

「血を沸かす」ことなんだ。



磁力に関係しているのだけど

血液中の
赤血球にある
ヘモグロビンが

鉄分子をもっている

それが
酸素と結びついて

体中に酸素を供給する。


血の巡りが
気の巡り



運動が
血を沸かす

愛と感動が
血を沸かす


温度が上がった
酸化鉄

それが
アカシックレコードにつながるための

スキルミオン
(自由にうごく磁気素子)を

作り出すのだと。


キーワードは
「ミネラル」だ。

ストップ

昨日、
まぶしくて
まぶしくて

仕事もままならず


書きかけの
内容も中断。


内容は

「金丹」
賢者の石だ。

不老不死の妙薬である
「丹砂」は
水銀や鉛ではなく

◎◎◎◎なのだ。


と書こうとすると
ストップがかかる。


どうやら
この内容は
まだ非公開せよとのことです。


もう少々
おまちくださいな。


※スキルミオンと関係がある物質です。
そしてソマチットとも深い関係が有り
全部つながるのです。



光台風55号

本日午後より
宇宙線警報発令


大量の
宇宙光線が降り注いでおります

これから
夜に向けてさらに

量が増えるので
ご注意ください。


まぶしくて
目が開けられな~い
光台風

未来は作るもの

わらを掴む思いで


いろんな
スピりチャル関連を

探し出ているひとは多いのかな?






そとにあるのは
意外とつまんないよ。







自分の好みのものを
自分でつくるといい。





私のブログも
わたしの想像のひとつでしかない


わたしは
わたしのなりたいように


自分の未来を


空想している






特別な誰かでもなく
ただの普通の人間





地球には

単細胞はまだ単細胞として存在している

ゴキブリは億年も変わらずそのままだ

猿のままのほほんとしているものも

人間となり苦悩するものもいる



すすむも

もどるも

かわらずも


いろんなかたちが


えらべる。





ただ、


先を急ぐ者が
いるのであって





それは
そうしたいから
そうしている








まだ、
人間になるものが
少なかったとき





一部の動物は



なんで人間になりたいのかね???






疑問に思っていたのかもしれない。














飼っている犬や猫は



こころのなかでは



次は絶対人間になると


おもっているものも
いるだろう。








だから
こんなに


地球は人間で
あふれている。







そして
この多くの人間の中から




新しい形に移行するのもが
どんどんふえていくだろう。



スマホに変わった時のように…。

海底からあがってくる磁性細菌

光や酸素を嫌って
海底火山の深いねぐらで

ひっそり暮らしていた
磁性細菌

磁石持ちの珍奇な細菌
今や大ブレーク中。




彼らがね
海底から上がってきて


大気に踊っている。



人類のタンパク質は
このマグネタイト微粒子を保有する
磁性細菌を取り入れて


新しい形に進化しようと
試みている。


川を真っ赤に染め
海を真っ赤に染める

ユニーク?な
彼ら。



この「怪しい新型細菌」を
脳に取り入れ
熱であたらしい「磁石」を
鼻の近くに作り出す。


鳥やくじらや
蜂たちも

じつはもう持っている。


磁場を感知する
能力を秘めた
「脳内の磁石」最強版構築!
いるか

進化は「環境変化対応」

進化って
だいそれたことじゃなくて

ちょっとした変化の
積み重ねだ。



たとえば
目に見える体の変化

異変・奇形・退化
変質・不具合…
これと同類だと思う。




硬いものを
食べないで育つだけで
「顎が退化」

これは幼少期だけで
顔つきが変わるほど
進化(退化)する。


これは受け継いできた
遺伝子とは
関係ない変化だ。


環境による変化は
「DNA」をすぐ書き換える。


たとえば
足や手にできる
タコ・マメは
皮膚を酷使するからできる。

最後は硬い組織に変化する。
これも短期間の環境変化でなる。



外反母趾も
ストレートネックも
O脚もX脚も
背骨が曲がるのも…


環境による「進化」だ。
あっというまに
変わる。


DNAという設計図は
そうそう
そのまま
受け継いではいかないのだ。


日々書き換えていく
授業で使っているノートみたいなもの。



「意識」と「タンパク質」が
「環境変化」に対応する。





スギヒラタケが
昔は無毒で食用されていたが

今は毒があり
食用が規制されている。

無毒から毒茸に
あっというまに
進化する。




私たち人類も
汚染された場所に住み
汚染されたものを食べ
毒でまみれた生活をしている。


そして
政治は腐敗し
道徳は足蹴にされ


人類は
「心」も「体」も
危機を迎えている。






何事もなかったように
原発事故を忘れさって

腐敗した政治に
目をつぶったままでは

進化はしない。






放射能の怖さを
意識に強く刻み

腐敗した政治の
これから起こるだろう
「恐怖の世界」を
想像し


より「意識」しよう。





いまは
世界のみんなが
不安を抱えている。



そして
だれかに「救い」を
求めている。



大きな存在が
じゃじゃん~んと
あらわれて

救ってくれるのを
待っている。



本当はね
だれもこない


救いに来ない



わたしたちが
個々に「這い上がっていく」
ための助言があるだけだ。







これから
人類に起こることは
「脳の進化」だ。


人類の前頭葉が(A10神経があるところ)
異常発達したように
前頭葉

進化する。



幼少期
愛されないで育つと
前頭葉が発達せず
「愛がわからない」脳になるが、



脳の発達も
顎の変化ぐらいの


短期間でおこるのだ。





異次元通信では
頭蓋骨から変化させるというのだ。


顎が変わるように
頭の骨が変わる。


イルカや犬、クジラなどがもっている
磁石の物質を形成するのだよん!


神の声を聞き取るために…!!!!


クジラたちの鼻の穴
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-826.html


プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR