悲しく苦しい細胞の塊「肉体」

人間という種ができるまで
長い時を

食べて食べられて
殺して殺されて

悲しくて苦しくて

それでも生きてきた
たくさんの細胞たち

たくさんの
苦しみと悲しみと恐怖で
作り出されている

悲しく苦しい細胞たちが
寄り集まって
一生懸命動いている


体の心は
どうして欲深で怖がりで
「悪」なのだろう?

わからなかったけど

生きてきた過程を
調べると
なぜそうなったか
わかるような気がした。



「欲」がなければ
生きてこられない
「肉体」=「獣」

恐怖と死の繰り返し
(地獄だね)



悲しく育った「体」の伴侶に
なってあげよう。

「魂の心」で
長い苦しみの「細胞の塊」を
やさしく愛してあげよう。


まるで
悲しく苦しく虐待されて育った
恋人を

悩みながら大きな愛で
育んであげるようだ。


私たちの魂は
「宇宙の神のひとしずく」

それぞれの「体」を
癒しに来ている。



涙が止まらない。


脊髄を立てたから
魂とつながったんだ。

体の獣論
スポンサーサイト

プチ「断食」

2月は
誕生月と季節柄
超モテる男子なみに
スイーツが集まる

酒好きも
浸透しているので
酒も集まった

その上
仕事も集中して


夜っぴて
地球の歴史を読みふけった


疲労⇒暴飲暴食


オーラフィールドに
ゆがみがでて
体調不良


そうだ
いまはやりの


「断食」

してみよう!

2/26夕食~2/27夕食まで
「1日断食」挑戦した。


「やりたい」と思ってやったものは
意外にうまくいく


こまめに水分は補給する
(水・フレッシュジュース)


不思議とそんなに
食欲がわかなかった



頭も冴えてたし
心がシャンとした


消化器官の
休日



あまりに良かったので
これから毎月
やる予定でいる


2月は「肉体細胞の形成の歴史」を
たくさん勉強して、
たくさん報告書をインプットした


ブログでは
うまく説明できなかったけど


地球に対する
疑問の厚い雲が
晴れたようだった
「ホーラーアクション」を見ている疲労感があったが…



3月は
「あの世」バージョンにもどります
魂の世界の思考は「疲労」しないから
ハッピー3月になる。


恐竜よ
さようなら。

紀末大絶滅は「ホットプルーム」

地球の歴史は

進化するために
絶滅が必須だということがわかる


まるで

創造神ブラフマー
維持神ヴィシュヌ
破壊神シヴァ

3神が順番に
仕事をおこなっているようだ。



地球の意思で行う
絶滅は「ホットプルーム」


内部のマグマを
放出する

火山が爆発して
海底のメタンが上昇する

あたりは火の海
酸素が薄くなる
食料はなくなる
のち、熱い雲で太陽光を覆い
寒冷化する

地球が行う「破壊」



けれど
恐竜を滅ぼした
「隕石衝突」は
外部関与


「地球内のどんな生命」も
地球の子ども

「大型隕石は落ちてほしくない」と
地球は思っている



隕石先生は
大型隕石の前に
必ず「準備」をする



あたらしい卵を産み落とす

地球44歳~「恐竜時代」(中生代)


人間でいえば
地球44~46歳前半
(実際年齢は44~46億年です。)


44才
★三畳紀
恒温動物
恐竜、哺乳類の登場
※恐竜は恒温動物
ー紀末大絶滅(ホットプルーム)―
火山爆発

45才
★ジュラ紀
花を咲かせる被子植物登場
恐竜から鳥類が登場
※鳥類は恐竜から進化したもの
ジュラ色彩


46才前半
★白亜紀
ー紀末大絶滅ー隕石衝突ー
宇宙の意思

恐竜大絶滅



星新一  午後の恐竜

進化とホルモン「人類万歳!」

ざっくり
地球の歴史を調べていくと

「宇宙の真理」の
システム内に
地球システムも
ちゃんと入っているんだなぁと

感動で胸がいっぱいになった。



わたしたちに
「向上欲」があるのも

宇宙真理の「目標」に
むかって進んでいるということ。



子を守りたいという
「繁殖欲」は

いつしか
「ホルモン」を作り出す。

「ホルモン」=「錬金薬」だ。



絶滅と進化
ピンチはチャンス


「心」・「筋肉」・「骨」は
傷つけ、痛め、それを修復することで
より一層強くなるように

わたしたち「地球に降り立った生命の種」も
46億年の度重なる

「大絶滅筋トレ」

「たくさんのホルモン」
「直立する脊髄」

最終進化
行おうとしている。



今ここに
「人類」でいることの
素晴らしさを祝おう♪


46憶年かけた
物質界の完成系だ。


この長い時間の労力を
無駄にしないために


「人類」は
最終形態へ
進化しよう。
人間最高


研究は続く…
(わたし自身がブログで書きながら勉強しているので)


大繁栄「胎盤仕様」

「ほ乳類」と「恐竜」は
同じ時代に登場した

「脊椎動物」


どちらも
恒温動物(自家発電タイプ)
(外気温に左右されない一定の体温をもつ)

※爬虫類と恐竜は別の種族です。



けれど
何億年も

恐竜におびえていた

負け組「ほ乳類」
恐竜天国1億年



恐竜に食べられないために


「卵」を「胎盤」で育て、
「母乳」を与えるように
進化した「ほ乳類」


恐竜から逃れるための
子育ては

いつしか
「愛」を学ぶための
「システム(学び)」になった。




「自分以外のものを愛する」という
宇宙真理の根本。




「大絶滅ボタン」を
ポチッとされて、



生かされるのは
決して
「強者」ではない歴史がある。

鳥の祖先「卵を温めた恐竜」

大絶滅ボタンを
地球が押したとき

恐竜の一部が
「鳥類」になった。

翼竜が
鳥になったとおもってた。




ところが
生き残ったのは

大型恐竜に
日々狙われていた
弱々しい恐竜だった。




産んだ卵を
守るために

腕に羽毛を生やし
何個も抱えるために
翼となっていった。
鳥の祖先


鳥の翼は
最初は
飛ぶためにつくられたのでは
なかった。



愛の気持ちが
体を変えた。

大きな羽は
母の愛







そして
大空を飛んだ





「スーパープルーム」を
逃れた鳥類。


進化の大先輩「鳥」



「愛」と「知恵」が
人類を救う
進化のカギになる。



※翼竜は
なんと「恐竜」ではない。
「爬虫類」なのだよ~~~~!!

地球の40歳~「生物誕生」(古生代)

地球アルバム②

古生代


人間でいえば
地球40~43歳
(実際年齢は40~43億年です。)


40才
★カンブリア紀(約5.5億年前)
生物が爆発的に多様化
節足動物

41歳
★オルドビス紀
節足動物(三葉虫、オオムガイ)
ポチ1回目

ー紀末大絶滅―
絶滅ボタン


★シルル紀
NEW!植物が陸上に!
(この時は花も実もつけない植物)

★デボン紀
NEW!4足動物登場(脊椎動物)が陸上に
(デザインがかっこわるいので「ポチッ」)
ー紀末大絶滅ー

42才
★石炭紀
NEW!爬虫類登場
脊椎動物が陸上繁殖

43才
★ペルム紀
(過去の作品消去のため、ポチッ)
ー紀末大絶滅ー

初期の古代生物(三葉虫など)の
90%以上が絶滅


地球の
生物創作活動は

作っては壊し

壊しては作る

悩んでいる芸術家だ。

近距離スズメっこ通信

窓辺のアンテナに
スズメちゃんが
窓越し30cm近距離で
話に来た
聞き耳アンテナ

チチチチチッチ
チチチッチ

なにやら
急用で
言いたいことがあった
らしい

朝から
「妖怪アンテナ」が
三本以上総立ち。
上空電磁

下敷きでこすったわけではないのに

寝かせても

またアンテナがたつ


上空注意
スポラディックE層かな?

超大型の!

※通信障害要注意!

地球アルバム0才~40才(億年)

46億年前
地球が生まれた
0才

16億年たったころ

生物を育むことができる
環境が整った
16才


そこに
「宇宙の生命の種」が
植えられた
「ソマチット」だ
ソマチットは全生命に混在する
「気」プラーナ。

進化するエネルギーの元
16夏


しかし
20億年の長い年がたっても
単細胞のまま
変化をしない日々が続いた
36才

20才になっても
何もしない子どもに
やきもきしている親というかんじだろう


地球母、いきなり
不機嫌になり
眠ってしまった。
36-40才


スノーボールアース


4億年も


その間
単細胞の子供たちは
せっせと
協力し合い

氷の下で
多細胞に進化していった


そして
40歳になって
「目覚め」た


気温は上がり
多細胞たちは
爆発的に進化を遂げて
「カンブリア爆発」

人類の元である
「脊髄生物」ができあがった。
40才



つづく

歌う脊髄

地球に降り立った日から

夢いていた

脊髄の歌



立てた脊髄は
美しい音を奏でることが
できるようになった。




元素が
プラズマ化する



どんな意味があるのか?
人間にはわからない。



種が芽を出し
花を咲かせ実をつけるように


生命の種が
芽を出し花を咲かせ
「歌を歌う」



純正のエッセンシャルオイルが
水蒸気蒸留で


ほんのちょっとしか
取れないように


地球アクアリウムの
水蒸気蒸留で


ボデイッサッタできるものは
貴重だ。



人生という発熱で
蒸留される「エレメント」



錬金術



人生という物語でごまかされている
「化学反応」


わたしたちは
感情という発熱で



エレメントを
プラズマ化している



冷静に考えれば
人生は錬金術




人類は
もっと冷静に発熱しなければ
貴重なエッセンスは


少ししか
錬金できない




なんて
効率が悪いのだろう

仲間たちと無意識交信

2015.2.20 .2:22
光の輪切り


仲間たち

返信

「強い想像力」が作り出す「現実」

うまれつき
感がいい

「予知夢」や「シンクロ」は
よくある出来事

音楽を聴くように
自然な感覚


けれど
「事象の操作」は

「強いイメージ」が
必要で

繰り返しの「訓練」を
要する


自然にはできない



その「訓練」は

脳の頭頂部
ちょっと後ろ寄り
「頭頂連合野」という部位を
使用する。
頭頂連合野

事象を揺らす
強いイメージは

登頂連合野が
熱くなり
「ツーン」とするような
痛みをともなう。


「ツーン」となったとき
いったい
何がどんなふうに
「現実」を揺らすのか


今はまだ
科学的なしくみはわからない。

妄想魔神「雷輪光」

妄想劇場
「雷輪光(ライリンコウ)」



上空に邪魔していた
いやな電波雲が晴れた日

妄想魔人の
右手に「真っ白な火」が
灯った。
手ファイヤー

それはもうもうと
煙のように出てきて


大きな
雷の輪の光を作り出した。
ライリンコウ

太陽光に負けない
輝く光「雷輪光」


その輪の光は
誰にでも見える



影が2つになるかもね。
ふたつの太陽
おたのしみに♪


大きくなあれ



脊髄は「ピカイア」

政治も変だし
世界も変だけど

どうすることも
できないものを

悩んでいるのは
時間の無駄だ。

お金の仕組みや
なぜ世界がこうなったか?
戦争のしくみ…を学んで

歴史をどんどん
ひも解いて

みんな
走馬灯のように
振り返っている



そしたら


さらに振り返り


地球の歴史~

生命の起源まで
ふりかえると


不思議と

広い視野で見えてくる。



アセンションには
脊髄神経の放電が必要なのだと
書いたことがあるけど


その起源は
「ピカイヤ」という
世界で初めて見つかった
脊索動物にたどりつく。
(人類の祖先といわれている)
ピカイヤ


ピカイヤが横になっている状態から
縦になることが大事だった。



わたしたち人類は
46億年もかかって

脊髄を立てて
異次元と通信することができ


さらなる進化を
成し遂げようとしている。



やっぱり
大成功だったのかもしれぬ。

跡なし「隕石」ハニーフラッシュ

約300億円の国費をかけて
打ち上げた「小惑星探検記」

イトカワの成果
①地球に落ちてくる隕石は近隣小惑星でした!
②イトカワはいろんな小惑星とぶつかっていたよ!
③イトカワの母体天体は20kmぐらいかな?
④イトカワは黒っぽく日焼けしてました。(宇宙線に)
⑤イトカワは約10億年後に消滅する可能性があります。

見に行かなくても
わかる内容で
知らなくてもいい情報だ。

頻繁に
落ちてくる隕石は
「コンドライト」という成分だ。

ケイ酸塩鉱物で

以下の地球鉱物に
似ている。

かんらん石類、柘榴石類
ベスブ石、緑簾石類
緑柱石、電気石類
輝石類
角閃石類
雲母類や粘土鉱物
石英、長石類、沸石類


絶滅の危機が起こるほどの
隕石は


「近隣の小惑星」ではない。


プラチナに光り輝く
高価な宝石のような
鉱石でできている。

火山のラプソディー

火山が爆発すると
粉じんは

オゾン層を破壊する


怒りがオーラフィールドを
弱めるように…

火山があっちこっちで
爆発して


妖しい恋人を
誘い込む
火山爆発は合図

狂ったように…


火山と隕石は
狂った恋人
隕石の恋

単細胞10億年

地球が46億年で
やっと作り上げた人間

どこで間違ったか?
争うは嘘つきだわ
自分のことしか考えない。

「せっかく ここまで進化したのに~」(地球の声)



地球の環境が整い
単細胞生物ができたのは
30億年前


そして

単細胞が多細胞になるまで
約10億年


単細胞って
10億年もそのまま。


そして
やっとこ
多細胞に変化して
その後15億年
多細胞のまま。


そして
5億4千年前に



生物誕生
「カンブリア爆発」

爆発したんじゃなくて
爆発的に生物がドカ~ンと

増えた。


試行錯誤を繰り返し


恐竜ができて

「ちが~~う」→絶滅



哺乳類→人類



「今これだ」


自分の住む環境を
破壊して

宇宙開発だのという
嘘をつき

殺し合い。



壊した星をすてて
よその惑星に行こうだと
嘘をついて金儲け!?


いける頭脳はない。


月にも行けるわけもなく
ましてや火星移住など
できるわけがない。


侵略して
壊しにいくだけの
発想しかない



美しい日本の自然こわし
毒の島にして

原発を安全だといって
売りに行くのと同じ。




よその惑星の
高度な知的生命体と交信したい?
相手にされるわけないっての。



外に宇宙はない。



宇宙は内にある。






※宇宙なんとかというドキュメンタリーみて
腹が立った。



科学者は
自分を実験材料にしたほうがいい。


される側を
想像できない。

ピロリン宇宙人

人間の体の仕込み
地球の成り立ち

いろいろ調べていくと


地球上によその惑星の
宇宙人はいない

と実感する




私たち人類は
地球が水を得た時から
進化を続けてきた



私たちの体は
地球ができた頃からの
単細胞から進化をしている。


最近流行っていた
胃に住むピロリ菌の除去を
行った上司が

屁ばかり出て
胃腸の調子がすごく
悪くなったと行っていた。



調べると
ピロリ菌は
三千年前から人間の胃で一緒に生きていた。


胃酸が強いの
ピロリ菌が胃を守っているから
相互関係があるのだという。



アトピーアレルギーも
除菌しすぎで

体の免疫システムが
崩れたということだ。




私たち人類は
単細胞が進化して
微生物とともに共存して

ひとつの体にした
寄せあつめ物体だ。


赤ちゃんに初乳をのませるのも
お母さんの培ってきた細菌への抗体を
受け継がせるたものもの。



いきなり
宇宙からじゃじゃ~んと
やってきても


バイキンだらけの
地球では生きてはいけないよ
ばっちすぎ。




長いあいだ
バイキンとともに
つくりあげてきた人間。





だけど
心が体に作用するように



精神的な通信システムでの
進化の促しはあったとおもうが



それは
全然知らない惑星のだれかではなく



地球人間のOBか地球の意識というように
ごく身近な存在だとしか
おもえない。




UFOにのって
突然知らない星の宇宙人は

来ていない。


来るわけがない。



だからグレイとか
なんやらわからんものは
ぜんぶでっちあげだ。






地球は人類を
どうしよう思っているのだろうか?


恐竜絶滅を
紐解いてみようと思っている。


「地球霊体」の質量

生命体の周りには
1.5mぐらいの周囲に
電磁層がある。
体の電磁層

電磁層は
穢れたエネルギーを防御したり
ウィルスを殺菌したりもする。
そして
美しい光を放ったり
光通信もできたりする。
(記憶も保存できる)

肉体が滅びると
霊体は肉体と離れ

自分の電磁層へ
吸い込まれていく。

その電磁層は
異次元とつながっている。
離脱


深い瞑想も
自分の電磁層の向こうへ
思いをはせること。


地球という生命体の
肉体が滅びる時も
同じなのだろうな。

光が
地球の電磁層まで
エレベーターのように上昇するんだろう。
地球の魂


人間の霊体の質量は「35g」


地球 約 6000000000 兆 トン
もあるから

霊体だけでもすごい質量だね。

そのなかに自分の霊体も
入ることができるかな?

参考/
光のエレベーター


※やっと雲が晴れた!!

★の流れ星

星新一さん
最近DVDをみつけた

スターブレーカーの一員かな?


星新一ショートショート動画
不満https://www.youtube.com/watch?v=1Ejei8Dg9z0

どの動画もおもしろいよ
昔の人も同じことを考えている

第三の目は「手の目」

わたしは


なんの力もなくて



なにもできない



自分の体を使って
何かを変えることなど
できない




ただ
観察するだけ




地球の出来事は
悲しくつらいことが多すぎて
観察すらつらい




でも



自分観察は
おもしろい


人間に生まれて
生きる意味を
体から学ぶ




心と体のつながり




じぶんのこころに
正直に生き
魂が喜ぶ作業を
集中して行ってくると


肉体と精神がつながる


それは脳内で起こり
手相に現れる
手のしわは「脳の地図」


親指は肉体(左脳)
小指は精神(右脳)


それがつながってくる


「親指」の付け根から「小指」の付け根に

「小指」の付け根から「親指」の付け根に


大きな弧を描いて
手の真ん中に
「目」をつくる

右脳と左脳が
手を結ぶ「印」
脳梁の目
第三の目
手の目



肉体を鍛えて
精神を鍛えて
手に目をつくる



まずは
蓮華印を
してみよう

親指と小指を
くっつける

胸の前で
手の花を咲かせる
蓮華印



かぼちゃのたねを
撒きました♪

目が出て
ふくらんで
花が咲いて

進化する♪




アナハタの痛み

胸の真ん中にある
「アナハタ」という
送受信装置

エメラルドに輝く
美しい玉

そこが
痛くて痛くて
どうにもならない
アナハタの痛み




人間は
何千年たっても


何も変わらない


地球も変わらない


たくさんの生き物が
悲しく死んでいく

悲しみ、恨み、憎しみが
地球全体をどんどん


重くしていく
暗闇に沈んでいく

コアラに虹光線

度重なる核実験で
穴があけられた

電磁層
地球のオーラフィールド

ぽっかりあけられた
オゾンホールは

南極近くに
巨大な穴を作っている。

ふりそそぐ
宇宙線と

人類が作り出した過去の死の灰が
穴からどんどん流入

コアラはだるまさんのように
なってしまうのかな。



収穫の年


いままでの成果が
自分たちに返ってくる
2015年

2/4からはじまりはじまり。

どんな花が咲くのか?
どんな身を付けるのか?

生きざまが
現れる。

フクロウの伝言「與開けの番」

虫がどんどん
いなくなっていく。

夏が終わると

照明のカバーに
ごっそり小さい虫が
はいっていたのに


去年は0匹だ。


夢にたくさんの
鳥がやってきて
悲しさが伝わってきた。


鳥が食べるものは
虫だ。

虫がいなくなれば
鳥がいなくなる。


節分夜に(夢)
とうとうあらわれた
「フクロウ」(こども)


猛禽類は
虫・小動物・鳥を食べている。


猛禽類が
現れるということは
とうとう猛禽類も危ないということだ。


小さい虫から渡されたバトンリレー
解封印箱



ヤマタノオロチは剣を抜く

土地神様=
地球のエネルギーの大塊

山頂の湖が三日月なるほど
枯れてきたから

姿を現す

地球のエネルギーの放出


人間の「願い」で封印してきた
土地神様たちが
どんどん封印を解いていく


ヤマタノオロチの頭上には
厚い雲が立ち込めている


地球上を自由に飛び回り
大蛇の厚い雲が人間に語りかける。


右脳に直接語りかける。




独眼流「土人間」

エゴにとらわれて
「心の神」を失うと

不安になる

その不安は
右脳が働いてないからおこる。

この3次元だけのために
作成された「左脳」だけしか
働かない「土人間」

右脳と左脳の間には
「ストッパー」の封印が
張ってある。


不安でさみしい
「土人形」たちは
右脳の代わりの
「代理」を作り出す。



「偽物の右脳」=偶像だ。
独眼土人形



左脳につくりだした
偽物の「右脳代理」は


人間が作り出した
虚像=残虐な神々


「宇宙の真理を無視」した
卑劣な悪行を重ねる。

「正しいこと」として
汚い嘘をつき続ける。
「神の名のもとに」
破壊を繰り返す。



あまりの嘘と悪行に
もうがまんがならない。


泥人形の
封印を解いて
土に戻そうとしている。


仏になれない非人


月が北の方角から
昇り始めたから。

おわりのはじまり。

「集まれオーブ」お風呂会議

地上の
透明なオーブたちは
「水」が好き。

オーブは「気」であり
極小生命体「ソマチット」だ。

私たちの体にも入り
外にもたくさんいて

いろんな情報を
もっている。
「水」由来の生命体。

進化してない
地上のオーブたち。

地球の歴史をいろいろ
保存している。


家の中にいる
気の合うオーブを
「お風呂に全員集合!」


お風呂はラップ音の
大合唱。


「悟り広報部会議(世界共振作戦A)」
という会議内容に触発され

すごいのが来た。


鞭の「ピシーっ」って
音を出すオーブさん。

あまりに鋭いでかい音に
「うわあ」声が出た。
雷オーブ


そのムチサウンドの
ムッチーさんが

「潜在意識に印」と
わたしに言ってきた。


意識では認知していないけど
潜在意識で記憶させる
「サブリミナル効果」
みたいなものなのか?

霊体に直接
送信するというものなのか?


まだ詳しくわからないけど


3年もこのブログを
やってきたから

サブリミナルまでいかないにしても
「スプラリミナル知覚」の
効果が大である。


「知覚」から「行動」を
誘発させる効果。

「インディゴチルドレン メルカバー」
「インディゴチルドレン 異次元」
の画像検索でたくさんでてくるよ。
スプラリミナル知覚



ちなみに
ムッチーさんは
水由来の雷オーブ
電気を帯びている。
ムッチー

テスラも雷オーブから
いろいろ情報を聴いていたんだ。
宇宙人から聞いてたわけじゃない。
電気オーブから直接
電気のこと聞いてただけだ。
当事者から聞くのが一番正解♪

オーブの親玉「ドンパッチUFO」

カメラの精度が上がって
「オーブ」が簡単に映るようになった。

我が家の居間にも
たくさんのオーブがいた。

シャボン玉のような
透明な物体
オーブちゃん


「見えないけど
オーブはたくさんいる」
現代人の常識。


第三の目が開眼すると
「オーブ」を感じることができる。

そして
「オーブ」と仲良しになる。

そして
もっと第三の目を開発していくと
「オーブの親玉」が挨拶にくる。

顔だけのマンボウのような存在。
この顔だけさんは、
ちいさいオーブとは違い
話ができる。
顔だけサン

夢で出てくると
「黒い顔で赤と緑の色が光っている」


で、もっと
第三の目がびりびりになると
オーブの親玉の
そのまた親玉の「オレンジのUFO」を
呼んでくれる。

ボーボボーのドンパッチみたいな
オレンジのプラズマ体


2015年1月31日土曜日
18:45~7:00
2015.1.31.イメージです


南西にドンパッチUFO遭遇。
一緒だったいとこも目撃。

星でもないし
飛行機でもない
オレンジに点滅する物体。


オーブの中玉
「ドンパッチUFO」
現る。


空いっぱいに
出現させるには
どうしたらいいのだろう?

ただいま思案中。
どんぱっち
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR