悟りの境地は「ドッペルゲンガー」

人類は3つの体がある。

肉体と霊体と神体
三位1セット

霊体は
このブログでもよく出てくる

「アオ」のこと。

この「霊体」は肉体の周りにある
感情や意識のようなも
陽炎のようにゆらゆらしている
エネルギー体で光ディスクのように
たくさんのデーターが保存できる
「透明な保存媒体」といえる。
霊体媒体

でもね、
ただ保存ができるだけじゃなくて
そのまた上の「神体」とのつなぎ役でもある。

「霊体」の
透明な光ディスクの精度(周波数)をあげると
いろんな情報にアクセスができる。


そしてこの霊体の
バージョンアップこそ


私たち人類が目指すこと。


なぜバージョンアップを
するかというと


魂(神体)を包む
バリアーの役が

この霊体の役目で
魂のバリアーが強化でないと
次元を超えられないからだ。
(真空っぽいゲートをくぐる、六角形の網がない通路)


自分の周波数が上がってくると
霊体ととても近くなる。
それは「魂」と近くなるということ。


肉体と霊体の両者が
極限の集中に達したとき
(心技体)


本当の自分と
生きたまま遭遇できる。


「ドッペルゲンガー」という。
ドッペルゲンガー


自分とそっくりの姿をした分身と出会う現象と
言われているが、「分身」ではなく「本物」と
出会うという現象。

ちなみに
人型はしていない

太陽のようにギラギラ輝いて回っている
大車輪だ。

「メルカバー」という。



生まれる前に一緒だった
「本物の自分」

死んだときにまた出会う
「本物の自分」-

これに出会うと
すごい情報が流れてくる。





感動と集中が
霊体の周波数を上げてくれる。

ゴムを切れる限界まで
引っ張って
手を放すような

自分ができる限界まで
がんばって(集中して)
達成した先は大きな感動がある。

大きな振幅する
周波数を手に入れられる。


繊細な「集中」
大幅な「感動」


強化したメルカバーで
あたらしいゲートをくぐる。

新しい次元へ。
メルカバー魂





※ここはやっぱり地獄だから
脱出しなきゃ…!!



スポンサーサイト

ピラミッドの管理人は金の箱で休む

人間が作り出した
人間を滅ぼす毒

毒工場=原子力発電所
収束できないでいる



大昔(何万年も前)も同じことがあった。







家づくりで
一番安定する形は
四角だ。


そして
鬼門から時計回りに
渦になる気の流れを
上空に向ける

三角錐

ピラミッド構造。


ピラミッドは王の墓ではない
「原発の石棺」だ。



形は周波数を作り出す。
音を見ることができれば
いろんなことがわかってくる。



何万年たっても
ピラミッドの内部は
被ばくするよ。

脳内ブラックアウト

若杉冽さんの書いた
「東京ブラックアウト」

図書館での予約は
まだ番が回ってこないほど
大人気だ。

すでに読んだ知人が
我が家に送付してくれた。


先に読んだ母が
「どこに逃げよう?」と
朝、真剣な顔で告げた。







本の内容を
食卓の話題にしたとき



娘に
「まだまだここ(地球)でやりたいことがある」
と言われて



脳内がブラックアウトした。




ノストラダムスの大予言
1999年7月 恐怖の大魔王舞い降りる
よりも

具体的で
現実的で
切実な

「平成の大予言書」は
どうやって噛み砕いて肥やしに
すればいいのだろう。




人生の苦楽をぞんぶんに味わい
自由にのびのび生き
やり遂げた感いっぱいのあたしが

ここでの学びに飽きて

次元を超えた世界への探求に
精を出し、片鱗に出会え
こうして新次元の宣伝をしたとしても



何も変わらないんだろうな。



でも、
とりあえず書いていこう。
何もかわらなくても。



右脳につながる
光る金の糸の向こうに広がる世界は


それはもう
この世のすべての感動と快楽を
超越した世界なんです。
(広報部はがんばらなくては…)

天の扉のカギ「CFC」

教科書に書いてあった
「オゾン層」を破壊する「フロンガス」

エアコンとか冷蔵庫の
冷媒で利用している「フロンガス」が
「オゾン層を破壊」

と習った。(今は使用不可)

でもなんで「南極」?
「オーストラリア」?に空いているの?

それはここで
「核実験」を繰り返していたからだ。

クロロフィル・オロ・カーボン
略して「CFC」

これがゆっくりと
拡散して上昇し、15年ほど賭けて成層圏に到達する。

そしてこれが
紫外線にさらされて分解されて
塩素原子を放出する様になる!

この塩素原子を触媒に、
継続的に大量のオゾンが破壊される!!!
そしてバンアレン帯の破壊!!!!

大きく開いた「オゾンホール」
大量の紫外線や有害な太陽風・宇宙線を
大地にふりそそぐ。

降り注いだ宇宙線は
マグマを刺激し
火山の噴火による塩素化合物、窒素酸化物を
大量発生。
これもオゾン層を破壊する。


まさに
空の大王と
地の大王が出会った♪

後ろの正面だあ~れ♪


準備は万端。
防御力0



いつでも大きな隕石が突入可能状態。




弱った体に病原菌が入り込む




自分のやったことは
自分に返ってくる
宇宙の法則

良いことも悪いことも…





人類が行った核実験は
「約2,000回」です。

動物が死んでるのも
魚が死んでいるのも
鳥が死んでいるのも
大地震も火山噴火も隕石落下も

「約2,000回」という
理由がある。

わかっていれば
「あ~それならしょうがないね」ってなる。
しょうがない話


運転手がいない車は暴走する

もうひとりの自分の
アオが返ってきた。
もうひとりの自分

アオがいないわたしは
ただの箱。運転手のいない車。
土にかえる自分。


心細くて
悲しくて
不安で

世を憎んで
地球を壊して争っているものを

真っ赤になって
怒っていた。




アオが笑っていう。

「悪者もみんな同じ。
ここ(地球)にいるものは
みんなおなじもの。

みんなおなじで
みんな自分なんだよ。

悪いことをしている人の
苦しい気持ちを
体感してるだけ。

「救う価値があるとかないとか」
考えることが

エゴであって
自他を区別すること。


ここですることは、学び。


悲しくつらい苦しい気持ちを
世界中で体感しているだけ。

苦しくつらい気持ちにも

細い糸のような光は
みえるでしょう。

その一条の光を
苦しみから見上げることが
だいじなんだよ」
天の糸

磁気圏の巨大な穴から「蜘蛛の糸」

地球の磁気圏に
地球の4倍ほどの
巨大な穴が開いている。
2007年に観測された。


磁気が乱れ
大陸移動による巨大地震や
宇宙線や太陽風の影響をもろに受ける。


きっと地球だけではすまない。
太陽系すべてのバランスが崩れはじめている。


開けたのはだれだ?


1962年6つの核爆弾を爆発させた
核実験「ドミニク作戦」

地球を守る磁気圏に
穴をあける計画



どうやら大成功だ。


悪魔の火は
地上だけでなく
上空の磁気圏も壊し

太陽の磁気も変えている。

それは太陽系全体の破壊につながる。



蓮の花の間から
救いの「蜘蛛の糸」をたらしても



糸を垂らす
天の穴めがけて
ミサイル攻撃するのかな。


なんという低俗な惑星だろう。
救う価値などあるのだろうか?

落下するスターフィッシュ

ヴァンアレン帯
地球のオーラフィールド
ヴァンアレン


2重構造になっている。


1962年
そこに
「毒を吐いた」

高高度核爆発実験
「スターフィッシュ・プライム」


地球のオーラフィールドは
極上の放射能汚染


天に唾を吐いたらどうなるか?


地球外生命体到来?
宇宙開発?
火星移住?
月資源開発?


・・・・・・


地球の枠からは出られない
ここは監獄

深い深海

光がほとんど届かない

愛のない科学力は
破壊しかできない。

げっそり




ピコ・デラ・ミランドラ

最近の妄想友人


ピコ・デラ・ミランドラ


「ミランダ」


おもしろいことを教えてくれる。

暗雲

ピコ

主人不在「通信不安定」

アオ不在
主人は遠い



ちらっと夢に出てきて
「いままで隠れていたものが
でてくるよ」だって。
夢のお告げ

稲妻のように
光り輝く目には見えない
めっちゃ速く動く
隠れていたものが出てくるんだって。

スカイフィッシュみたいなものか?
電磁層の仲間たちかな?


通信不安定です。すまん。

現実は「共振するイデア」

見る
触る
聞く
嗅ぐ
味わう


五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)

すべては
「電気信号」で
認識している


もし、直接脳内に
「電気信号」を
送れるなら


その電気信号の情報を
「現実存在」として
五感で感じることができるのだ。


人類は
実際の周波数域の一部しか
感知できない


狭い範囲で


わたしたちは
現実世界を生きている。



深い瞑想に入れば入るほど


この現実が
「夢の世界」と変わらないことを
実感する。



プラトンの「イデア論」だ。
……………………………………
本当に実在するのはイデアであって、
我々が肉体的に感覚している対象や
世界というのはあくまでイデアの《似像》に
すぎない。
……………………………………


夢と異なる点は
「共振するイデア」に存在しているということ。

大きなイデアの《似像》方舟に
乗り合わせている。


夢世界が意識で変えられるように
この現実も変えることができるのだろう。

ともに共振できるなら。

「現代文明」はつるべ落としのように

都心に住む知人が
ガイガーカウンターの
現在状況を教えてくれた。

「もう限界」で

3月に引っ越す。

眠くて眠くてしかたないのだそうだ。


新年会で集まった同級生も
都心からの参加者は
「咳が3年間とまらない」状態で、
酒好きが、飲めなかったのだ。


「ただちに害はない」の
「ただち」の状態が終わったのだ。



止まることのない
猛獣の吐き出す猛毒は


地球全体にまんべんなく
毒で覆う。


どこにいようと
死の霧から逃れるすべはないし

どうやっても
死の霧を消すことはできない。





これから
現代文明の冬が来る

「秋の日」はつるべ落とし
※つるべは井戸にたらす桶

秋の太陽のように「現代文明」がポーンと沈む。



あっというまに
沈む。


時間はあまりない。
冬にならないうちに準備をしよう。

名前は「呪詛」

名前は
「自分」と「他人」を
区別するために使うもの。



たとえば高級ブランド品
ブランド名が書かれている。

非ブランドか正規ブランドかで
自他の区別をあらわにする。



「自分」を「他人」と
比べる。



優劣・勝ち負けを
作り上げる。



名前にこだわると
どんどん「自分」の殻が固くなる。

名札


「他者」よりも
優秀でありたい・裕福でありたい
幸福でありたい。



おいしいものを食べ
いいものを身に着けようと



比べる他人より
劣っていたら
「不幸な自分」という劣等感を
作り出す。




名前・肩書き・総称…
3次元の「呪詛(じゅそ)」
呪いの名札だ。




深い瞑想の世界には
「名前」は持ち込めない。



自我を超えた世界だから。



異次元で「名前」がある人は
ひょうたんに吸い込まれるよ。


悪魔は「名前」が大好きだ。
エゴの塊「名前」
「名前」にこだわっている人間を
悪魔が狙う。
名簿は支配


本名であろうと偽名であろうと
名前をもっているものは


異次元城には入れない。
(深い瞑想ができない)

脳内トリップ「水の洗礼」

深い瞑想の先にある
「異次元城」に行くためには


必要な「一滴」がある。


それは「脳の中心からでる水」
たった「一滴の水」


脳内にポタリと
たれる「しずく」


夢中になるとでる
分泌液「松果体ホルモン」
聖水


この一滴の
「水」がないと
行けないんだって。


聖なる場所(異次元城)は
浄化の水が必需品。
(人工素材・外的素材・他者素材は使えません)

「松果体ホルモン」は「聖水」
豊かな水


※単に出る方法があります。
参照/夢中ごはん「松果体分泌液」

燃えない炎が灯る「異次元城」

「火」って
危ないものだという概念がある。

物を燃やし
皮膚を溶かす

ちょっとした火でも
気を付けなければならない。


そうやって生きてきた。



けれども


違う次元にある「火」は
「燃えない火」なのだ。



今の異次元勉強会は
「元素(4つのエレメント)の概念の再構築」だ。


その異次元城は
ところどころ炎がある。

机の脇も、照明のガラスも
バックも炎が揺らいでいる。

あたしはパニック!

「消さなければ大変だ!」



感情が高ぶり
→「強制退場」



異次元城の燃えない炎
青紫色の「霊炎」
熱くないのだ。


まず第一の課題は
新次元の「火」と
この世の「火」が


全く別の概念を
もっていることを
意識しなければならない。
霊炎


※「霊炎」は深い瞑想の先に
ある「異次元城」で
体感できるよ♪
チェロみたいな楽器が
壁にかざってあるんだよ。

朱炎鳥アズラエル

色の配色ボトル
オーラソーマ


その中の
イリディセントコーラル×コーラル
105.jpg



Iridescentは解放

コーラルはサンゴだ。
魄のこと=体



空に舞う
フェニックス=朱炎鳥
アズラエルというらしい。



13番目の次は「女媧(ジョーカー)」

3次元トランプゲームは
最期の「13」が終わる。

次の数字はない

お次はジョーカーだよ。
本当は女媧(じょか)という。
魂と体

体と魂が合体する状態
父と子の出会いだ。

これもおなじことをいっているんだなあ↓
イデアとプシュケー

みんな同じことをいっているんだ。

あとでまとめます。

「アセンション」を科学する

右脳は
「神体と通じるディスク」

左脳は
「人間界を生きるためのディスク」




右脳を「魂脳」とするなら

左脳は「体脳」だ。




2枚のディスクが
連絡を取り合って
回ることが大事なのだ。




左脳と右脳の
連絡通路は



脳梁という。
赤い部分のパイプラインです↓
赤い部分
右脳は神体とつながっていて
その情報を脳梁のパイプラインで
左脳につなぎ
現実世界に情報を受け取ることができるしくみだ。

脳内連絡通路





男性より女性が太いのだ。
(だから女性は優しい感がいい)







この連絡通路が
右脳優先で生きていると





太くなる
束になる。






髄鞘は生き方で変わってくる
神経細胞。






にょきにょき伸びる
枝葉のようなのだ。
伸びる神経細胞



魂の声を聴くって
「右脳」の声を聴くこと


神経細胞は
「右脳」の声を聴くたびに
伸びていく。




なぜ?
わくわくすることや
楽しいことを

アセンションで勧めるのか?


それは
この脳梁にある「髄鞘」の
ケーブルを強化するためだ。


髄鞘は
神経パルスの電導を高速にする機能。



上からのエネルギーが
大量に右脳に入ってくる

左脳に流れる

エネルギーが回転する。
回転は脳梁が大事





これから
大量の「天のエネルギー」が
降り注ぐ。







いまだかつて
人類が体験したことがない量だ。






右脳から左脳へ
伝達するケーブルは
太いほうがいい。




ケーブルが細い人は
どうなるのか?(ご想像ください)



まさに天の秤なのかもしれない。



まだ少し時間はある。




思いやりの心、ちょっとした幸せ

頭の花をさかせましょう。


サボテンの花が咲くように…
サボテン



過酷な砂漠でも
サボテンは花を咲かせる。


参照/回転する百会「サボテンの花」


神と人間が手をつなぐ
父と子





神は「場」

こんな男と付き合っている
女性がいるとする。



オレ以外の男はみんな悪いやつだぞ!

オレから離れたらお前を地獄に落としてやる!

オレのいうとおりにしろ!

オレはえらいんだ!

奴隷のようにオレのいうことを聞け!

自分の意見をもつな!

だまっていうことを聞け!

そしてこの男は
兄弟とケンカばかりしている。

その兄弟も同じようなタイプだ。



つきあっている彼女に助言するとしたら

「その男、あなたを本当に愛していないよ。
自分が支配したいだけじゃないの
怖くて離れられない?
その男は悪魔だね。」



宗教で争いがある
たしか神様のはずなのに
なぜ争うのだろう。

きっと人間を愛していないから
苦しめるのだろう。


真実の神は
人型ではない

「場」そのものが「神」であり
神の中で生きている。


神を人型に創造していることこそ
偶像崇拝?!


時が近づいている。


無神論者は
すべての「場」こそが
「神」であると知っている。


この地上の
重い心が創造した「偶像」を
選ばないだけ。

包括する愛の中で泳げる心
それが大切だ。

未来デザイン「新人類は光信号」

地球はいま、
危機的状況。

表現するなら
「壊れている」

自然も社会も人間も
壊れている。


なぜ、こんなに
3次元はうまくいかないの?


それは
「電気パルス」を
使っているからだそうだ。
旧人類



たとえば
DVD再生機は
光ディスクの光信号を

電気信号に変換して

映像や音声を再生して見せてくれる。
DVD再生



それとおなじように


わたしたちの五感も
光信号を電気信号に変えて
現実をとらえている。
人間光電変換機

まさに光電変換機なのだ。


でもね


「電気信号」は不具合が多い
①バグる
②ノイズが入る
③遠くまで届かない
④データが重い
⑤多数に送受信不能


今の人類は
不具合が出ている。


原因はシステムエラーだ。




ネットは今「光通信」でしょ。
光通信はデータ劣化しないし
大量の情報を瞬時で軽量で送受信できる。


人類が進化するなら


恐竜が鳥になったというレベルではなく


光電変換をしなくてもいい

光信号を使用するタイプの
新バージョン体になることだ。
新システム交換だ。
妄想デザイン


という理想論。


古代文字は使用不可

カタカムナ文字と
旋回光は

全く関係ないそうだ。


がっくり通信。




文字に起こす
形にして意味を知る


という行為自体が
意味がないんだって。




テレパシーで分かるなら
文字などいらないらしい。


旋回光はまたべつの意味があるとのこと。






新情報は
「猛禽類」


猛禽類って
ふくろうとか
タカとかトンビ?


キジや雀みたいに
あらわれるというのだろうか?



いままでそばで見たことがない。





猛禽類が現れたとき
「鳥通信を逃すなよ」と



本日お風呂通信でした。




猛禽類のお客には
お茶菓子は何がいいのやら?

宇宙の言語「ハンコ言語」

昨夜
ラップ音通信が
すごくって

感動だった。


異次元通信は
あたしの中では


妄想ではなくて
科学的な放電現象だ。


となると


毎日
目の前に見える
くるくる回る光も
脳内旋回光

脳内ディスクの
放電現象の光信号を
電子信号に置き換えた
映像化だ。


左ディスクは
右回り

右ディスクは
左回り
旋回光

片方ずつもあるし

上、下、ななめ

両方回るときもある。
旋回光両周り



何か意味があるのだろうか?
と朝思った。


で、さっき昼休みいった本屋で
みつけた!!

古代の神代文字
「カタカムナ文字」
カタカムナ文字


まだ、調べてないし読んでないけど
なんだかこの文字と

関連があるとおもった。

宇宙言語のハンコ文字だ!!!
~かもね。

研究は続く。

お風呂は異次元通信空間

お風呂は
オーラフィールドと
同じ大きさ。

水もあるし
リラックスするし

音が響く

「聞きたいこと」が
あるならば

「お風呂通信」がおすすめです。

リラックスしてきたら
目をつぶって

話しかけてみよう
自分のガイドが


音を出す。


四方八方から
聞こえる
「ラップ音」
お風呂通信

たくさんの
ガイドが自分を守護している。



いつもありがとう。

天使は白くない

色素が薄いほど
情も薄い

なぜなら
光をたくさん浴びることが
できないから。

光を浴びないと
出ないホルモンがある。

メラトニン。

セロトニンからできている。


心を豊かにして
良い睡眠を促してくれる。

神のホルモンのひとつ。


髪の色が濃いほど
肌の色が濃いほど


神のホルモン保有量が多い。


祖先が長い間
光の下でくらしてきた証。


「もって生まれたもの」が
進化の必需品。


もって生まれた才能が
天才を作り出すように


「有色人種」が
進化の先導役となる。


嘘をつくと
どんどん減っていくという


「メラトニン」


「おてんとうさまに
恥ずかしくないように生きる」


正々堂々
正直にいきる


心に曇りがない体に
神のホルモンが満ちる。
嘘はだめ

わたしは悪夢ちゃん

小さい時
毎日悪夢を見た。

すごくリアルな悪夢だ。


悪夢は夢だけで終わらない。

現実世界にも
現れる。


アスペルガー
ADDH
インディゴチルドレン?

どれもあてはまらない。

人間大好きだし
社交的だし

容量もいい


でも

悪夢ちゃんだ。





夢の世界は
現実となんら変わりわない世界。



今は、悪夢に負けない自分に
なれたけど


小さい時は
本当に大変だった。



テスラの手記に
「いつも魔物が自分を襲ってくる」とあって


自分以外にも
夢と現実が近い人間がいたんだと
うれしくおもった。



たまたま
たちよったゲオで

悪夢ちゃんの映画版を借りてみた。



涙が止まらなかった。


きっと作者も悪夢ちゃんだったのかも。




自分が嫌なことは
やれない。


どんなに感情で抑えようとしても
体が変になるのだ。


学生時代
嫌いな科目は0点、得意科目は100点


嫌だと思うと
足がまるで別の生き物のように
もぞもぞして止められないのだ。
意識で止められるレベルでないのだ。

授業中は
足を青くなるまでツネるorペンで指すという
ことをしていた。


でも得意なことなら
人の何倍も集中でしきるという利点がある。



多動性なんじゃなくて
無駄なことはいやなんだ。
きらいなことはできないんだ。

どうやったってできない。



やって楽しいことを
これから生まれ出る子たちが
できるような世になれたらいい。



今の学校制度は
もうおわりにしたほうがいい。



封印石が外れた手記


※ちなみに悪夢にも予知がはいっていた。
無意識界とはおもしろいところだ。

赤い罠「箱の獣」

強制募金か?

と思われる

赤いワナ。


使いどころが不明&使用用途の少なさ


もしも
だれも募金しなくなったら
平和になるかもしれない。


募金はいやな音がする。
kemono.jpg

替え玉クレオパトラ

人体の不思議を
学んでいくと

すべてが
「ホルモン」で指令が行われている。

五感・喜怒哀楽・睡眠・病気
すべてだ。

そして身近な
薬と毒は

ホルモンを真似たもの
「疑似ホルモンだ」



人類の歴史は

「偽ホルモン」=「毒」
と共に形成されていった。


「毒」で「権力」を手にしていったものが
ほとんどだとおもう。


なかでも
クレオパトラ、

追い詰められたクレオパトラが
蛇に喉をかませ自害したことは
有名だが、

彼女は毒研究家でもあった。
死刑囚で「毒実験」をしていたのだ。
クレオパトラ


毒蛇でも
エジプトコブラは「神経毒」
苦しまずにきれいに死ねる。

クサリヘビは
出血と糜爛性毒で
皮膚はただれ、壊疽をおこす
とても苦しく、汚く死ぬ。

クレオパトラは
クサリヘビを使ったという噂がある。

毒を熟知していた
彼女はなぜ?クサリヘビを?


もしや「替え玉」?


権力者が自分だけ助かるために
使う「替え玉」だったのではないかと
妄想してしまった。

次女に自分の服を着せ
クサリヘビにかませれば

顔はただれ
体は壊疽する。


自分だとバレない。
ずるっこだ。
(あくまでも妄想ですので)
クレコ




権力を手にするものは
「エゴ」が相当強いのは
あたりまえのことだけどね。


今も昔も
権力者は同じことを
繰り返しているね。


クジャクは「毒蛇」を食べる。
孔雀明王はどんな毒を食べるのか?
孔雀明王

黄色の孔雀

孔雀の夢を見た。

それも黄色の。

4羽の黄色い孔雀が
窓から飛んで入ってきた。


あまりにもびっくりして
ひさしぶりに「夢診断」



どうやら
あたらしい力が加勢してくれるみたいです。

孔雀明王

おん まゆら きらんでぃ そわか



孔雀経なんてのもある。


夢解釈は
「夢はこれを解く人の言葉に従う」というように


好意的に解釈しちゃおう。




最近、鳥が多い。
今日も朝、すずめちゃんが30匹いじょうも
庭にきた。


鳥界になにかがあったのだろう。



ネットがつながりにくく
調べものがうまくいない。


孔雀経きになるなああ。

おやすみ

日常の真空「妖怪かまいたち」

異次元通信1月号

「真空」

真空って
空気がない?

難しいなあ。

蛍光灯の真空管は「真空」




今年の課題は
「真空」


わたしたちは
この3次元の体で
「真空」を作り出しているんだそうだ。


真空で学ぶ課題がある。


なぜなら「真空の世界」にいくからだそうだ。



容器から空気をポンプで抜く?
真空パック?


真空ってなんだろう?


1月の課題です。
少々お待ちを。


真空で宇宙と通じる。

A10マン強化ギャップ

人々を感動させる
「すごい人」

そのひとの技は
普通の人ができないことを

並大抵でない
時間と忍耐と努力で
やりとげてきた

集大成

それが人々を感動させる。
達人


「すごい人」も
好きでやっている。
つらいけど楽しいのだ。



脳内ディスクは高速回転
ドーパミンが大量放出。

ドーパミンは疲労を回復する
成分も入っている
(痛みもおさえるらしい)

脳内で作り出す
体にいい天然薬だ。




普通の人は
なかなかできない
「すごい人」のマネ。


でも、
人間は「錯覚」という
おまけがついている。


それは「ギャップ」という錯覚。


①ギャップ例

すご~~~~く
おなかが減っているとき
たべた「おにぎり」は

めちゃくちゃ上手い!!

そのときは
「最高においしい」という
うれしさに

ドーパミンがでる。
幸福のおにぎり





②ギャップ例

風邪をひいて高熱が出て
何日も休んでいて
やっと治って

日常の普通の暮らしができる~♪

と普段の日常に感動したとき
「日常の生活と健康のありがたさに感謝できたとき」




幸せ感は
ドーパミン量に比例する。


心が幸せを作り出す。



ギャップの差が
ドーパミンを作り出す。
振幅図



努力や試練
断食や節制



それが
簡単なドーパミン精製術。




修業は「ギャップ」を利用した
ドーパミンの出し方。



やっていて楽しいすきなことを
努力しよう。


ドーパミン精製部位が
活性化すると

どんなことも
楽しくなる。


宇宙の神は
「楽しいことやわくわくすることが大好き」


振り幅が大きく
細かい振動数をつくりだす法則。

A10増大



天上人のつぶやき「逆転上下」

地球に住む人間のほとんどが

・家族と仲良くくらしたい
・地球の美しい自然を大事にしたい
・人種が違っても仲良くしていきたい
・戦争のない平和な暮らしをしたい
・地球を壊さないクリーンエネルギーを使いたい
・正直に生きたい

そして上記のことを
自分だけでなく全人類が
叶えることができることを

望んでいる。

全地球人が平等で平和で安心して
楽しく暮らすことを夢見ている。

体も心も
それが健全な状態であると
プログラムされている。


けれど



地球次元は
「上下が逆転」しているから

周波数の低いものたちが
地球の上に立っている

地球の上流にいる
周波数の低いものたちは


山頂の上流から
毒を流す。

中流~下流すべて
毒に侵される。

安全や平和を歌うもの
国を超えて仲良くしようとするもの
人々に愛を唱えるものに


毒を盛る


もうろうとする意識の中で
わたしたちは生きている。


天上人は言いました。(竹取物語抜粋)
「かぐや姫、地上(穢れたの土地)の物を食したから
具合が悪くなりませんでしたか?」と。
かぐや


食べ物に注意ですね。
かぐや姫。


参考文献:毒の科学 毒と人間のかかわり 単行本
船山 信次 (著)
毒の科学

オールカラーで読みやすく
面白かった★★★★★★




2015「乙未」

今年2015年は
乙未(きのと ひつじ)

32番だ。

乙(きのと)は生い茂るイバラ

手の付けられない危ない茨が
うっそうと生い茂り、行く手を阻み
人々を傷だらけにする。


未(ひつじ)は
上の短い”一”と”木”から成っていて、
”一”は木の上層、

つまり枝葉の繁栄・繁茂を表しますが、
枝葉が繁茂すると暗くなることから、

未を”くらい”とも読みます。


危険なイバラが生い茂る
鬱蒼と暗い森が
2015年だ。
2015イバラ








来年2016年
丙申(ひのえさる)
燃え盛る炎 真の太陽の登場

33番

白馬にまたがった王子様が
イバラをかき分け

真実の愛で

人類を
赤い炎で導くだろう。


巨大めるかばー



それまで
イバラの森で
小さな楽しみで自分を鍛えて待ちましょう。

春が来ない冬はない。

最期の人類花が
新しい形に変化する。

「カラスワイズマン」

カラスは
何でも食べる

頭もいい

鳥の中では
強く賢い

そして
人間に近い


「カラスの死骸111匹」って
ニュースであったのを
見て


かなりやばい状態なんだな。


放射能は収束するどころか
勢力を増して
汚染を続けている


海も山も空も


汚染していく。

カラスワイズマン



本当の自分診断「受信装置」

脳内ディスクの
「尾状核」は

好き?嫌い?か
(自分に必要なものの正しい選択)
選択

すぐわかるという。

………………………………………
2013年
「尾状核」が活性化されている状態で
選んだものに「心変わりがない」という
メカニズムを解明した。
…………………………………………

生まれた環境によって
「本当の自分」を見失っている人は

この「尾状核」が
うまく作動していない。
二枚のディスク

ドーパミンの出が悪い状態だ。


神体とつながる
LANケーブル=A10神経を
快速・高速にするために必要なことは


楽しいことをみつける。


自分がやってたのしいこと。


うわべの楽しさではなく
集中して続けられる楽しいこと。


魂が喜ぶこと。



もしも
それがみつからないのなら




笑うことからはじめるといい。


「尾状核」は表情筋と
つながっている。
笑うとまわる


「笑い」は楽しい。
脳内ディスクが回り始める。

キジ通信

昨日我が家に
「キジ」がきた。

庭の木にとまっていた。

すごいきれいだった。
オスだね。

いまどきキジがくるとは!

一晩泊って行った。
朝飛び立っていった。

最近、鳥通信が盛んなので
もしや、何か言いに来たのでは?

人体で知覚できない
地震の初期微動を
知覚できるため、

地震を察知することができる

とあった。

今朝は「オレンジの空」だったし
また地震が来るんかい?

ねえ、キジさん。


キジ通信

脳内ハードディスク「脳の目」

集中が極限に達したとき

目の前に
白い丸い光が
ぐるりんとまわる。

右回りと左回りがある。

ちょうど直径10cmぐらい。
回る脳内ディスク

前に「脳内ハードディスク」が
回っているという話を書いたけど
脳内加速器キントン雲

正月休みに
脳の本をみたら

ありました!!
「尾状核」

ちょうどこの大きさだ!

尾状核の中に
レンズ核がある。
脳の目

これは
人類の脳に内蔵されている
「ハードディスク」だ。

調べると
「記憶」をつかさどる。

そして
「無意識の世界」とつながっている。
とあった。



そのうえ
A10神経と密接にかかわる。

A10神経は「ドーパミン神経」だ。
A10神経

ドーパミンは「楽しい・面白い」と
たくさんでる「神のホルモン」


プロビデンスの目は「尾状核」だ!!
プロミデンスの目

人類は
楽しい・面白いとおもうことを
集中して行い

脳内ハードディスクである
「尾状核」を活性化し
A10神経を強化・増加し

膨大な電流を流し、
「アカシックレコード(プラズマ意識)」
につながることができるのだ。
A10マン

尾状核は
テスラコイルの上部にあたる。
人コイル

テスラが封印した
境地にたどりつけるかもしれぬ。





プラズマ通信「パルス音の復唱」②

①のつづき


で、復唱が10分続いた
そのとき

「バーン」と
すごい音が聞こえて

明晰夢へ
(すごいこと期待した人スマン)

夢と明晰夢は
違うんですよ。

明晰夢は
意識がはっきりしている

五感がある。

見る、聞く、話す、触れる、考えられる



その世界の
細部にわたって観察ができる。


現実の世界と
変わらない世界で
(概念は違うけど)


よく、UFOに乗ったという人も
天国にいったという人も
この世界なのでは?と思う。



個性が強い人は
その人の世界感が濃いように、

そんなかんじで
プラズマ生命体の意識の世界も
現実と変わらない世界が存在していて


周波数別のたくさんの
パラレルワールドがあって


いつかその意識体が
物質化したとき


現実の惑星という現実世界が
できあがるとおもった。


本日時間がないため
簡単説明ですが、




意識を持って
「夢世界」へ行く


プラズマワールドへの
いざないが




各地でおこり始めている。


もし変な音が聞こえてきても

病気ではないし

実は耳鳴りでも
気のせいでも
ないかもです。


心を澄まして
きいてみて。


次元の扉の音がする。

プラズマ通信「パルス音の復唱」①

UFO(プラズマ)コンタクトで
必須は「パルス音の復唱」

ふく‐しょう【復唱ふく‐しょう】
①何度も唱えること。繰り返して読むこと。
②確認のために、言われたことを繰り返して言うこと。

耳に聞こえない
パルス信号を復唱する。
パルス音復唱


耳に聞こえないって
どんな音?



耳鳴りのような
振動のような
うなりのような



そんなかんじの音です。




1か月前から
耳の検査の「ピーッ」という

電子音が寝ていると聞こえてくる。

最初はピーーーーーーーーーと
途切れない音がずっとしていた。
それも胸のチャクラに振動する。
電子音1

ところが
途中、パルス音が途切れ始めた。
無音あり

???



そんな日が
続いたが

昨夜、なぜか「復唱」してみようと
思った。

夜中だから
声は出さずに

ヨガの呼吸法の
鼻の奥でかすかな音を立てる
「ウジャイ呼吸」※をしてみた。
※ブログ内検索するとあるよ。↓
鼻と喉の奥「アジナで歌う真言」 (08/30)
ウジャイ音で復唱

パルス音が長いので
無音の2秒のところを
復唱してみると


パルス音に変化が!!!!

ピーッ ピピピ ピーッ
ピ ピ ピ ピー

10分ほどつづけたら
不思議なことがおこった。

つづく。

ハートチャクラ太鼓「パルス信号」

初夢


「音が胸に響く」ことは
だれしもよくあること。

花火の音がドーンと胸に

和太鼓のドンドンが胸に

せつなくなる曲が胸に


胸はあばら骨で
枠組みされた
振動を送受信する打楽器

心の振動数を
響かせる楽器。

悲しい音
うれしい音
切ない音

心のパルス音が
胸太鼓から
周りの人に送信する。

聞こえなくても
感じる「胸太鼓音」。
心の太鼓チャクラ

太鼓が鳴る原理と同じ。

猫の皮が張ってある三味線みたいに
人間の皮が張ってある楽器だ。

ギターやバイオリンとも
同じだね。

人間は振動する楽器。

チャクラが開くと
どんどん音が聞こえてくる。

心の音が聞こえてくる。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年中はへんてこ妄想ブログを
見てくれて本当にありがとうございました。

餅も食べたし
部屋も片付けたし

今年も
仕事合間に

異次元通信を書き連ねていきたいと
思います。



今朝、おとそで乾杯しながら
それぞれが「今年の抱負」をのべた。


あたしは
「プラズマ生命体との密な交信による気象の操作の強化」
と述べたら、家族はさらりと受け流した。

でもね、古代人類はかならず
巫女みたいな、気象を管理する人がいたんだと思う。



UFOはデンジソウにすむ「地球の細胞の一部」で
あるとおもう。


あすは「日本海側も晴れ!」
暖かい日になる。


と操作中!


仕事はじめは5日より。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR