商品発送のお知らせ

☆彡銀河隕石屋☆彡

ご注文商品のうち
在庫がありました商品のみ
先に発送いたします。

気象状況により
多少の遅れがあると思います

予めご了承ください。

隕石屋売出し
スポンサーサイト

テスラコイルと人体のカラダ

学校では習わない人物
ニコラ・テスラ

なんで知ったのか?
振り返ると

「プラズマ通信」が
はじまった時

「地球を壊す方法」という
話があった。
※スターブレーカー参照

で、調べてヒットしたのが
彼だった。



昨日のブログで
突然現れた

テスラコイル

まさに人類の
体の構造だ
人体コイル


前に脳内が加速器になっている
という話をかいたんだけど
脳内蔵「加速器:スーパーキントン雲」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-881.html
脳内加速器キントン雲
人コイル

それがリンクする。


で、ヴォイニッチの謎の絵も
まさにテスラコイルの上部の図ではないかな?
と思っている。


ヴォイニッチ脳内図


放電2




・・・・・・・・・・・
テスラコイル(Tesla Coil)とは、
高周波、高電圧を発生させることの
できる共振型変圧器である。

その放電実験は
実に25マイル先まで、
200に及ぶ電球を「電線なしで」点灯
させることに成功。
・・・・・・・・・・・


人類のカラダは
構造上

テスラコイルの様に

高周波・高電圧を発生させることができ
共振する事で25マイル先まで(約40km)
送受信可能な超高性能共振型変圧器であるという

科学的な証明が
すこしは出来たのでないだろうか?



※おまけ
磁気消滅・次元移動も可能という
噂もあるらしい。

磁界音「ラップ音」

自分の磁界がきれいにできて
強化が進むと

「ラップ音がきこえる」

自分の磁気と電流が
磁場を作り出す。

その磁場(オーラ)が

微細な電流に
反応する。
磁界が作るラップ音

※微細な電流は
想念やエネルギーやバクテリア類

理科の実験の
磁石とコイルで電流で作り出す
テスラコイル

テスラコイルだ。

ラップ音は
電気が放電する音

科学的な事象。
テスラコイル放電

サトリン先生「悟り体」の作り方

サトリーナレシピ

まず最初に
「悟り体」とは

もう一人の自分である
魂・神体と

通信可能状態で
エネルギーを送受信できる体
のことです。
悟り体


悟り体になるための
基本「朱」の章

①アンテナである背骨の正常性
アンテナは基本姿勢でないと使えません。
背骨
姿勢

「姿勢を正す」
それだけで気分も変わる。
体調も変わる。


②血流を良くする。
スポーツ・体操・ヨガ等で
筋肉や骨の柔軟性を強化する。

血流が電流を起こす。

よって①+②
姿勢が良く、血流がいいと
臓器の免疫力がUPし、
バランスのとれた磁界が出来る。

磁界は病原菌をバリアーする。
=健康になる。
バリアー


健康になると
気分がいい


気分がいいと
笑顔になる


笑顔になると
周りの人が気分が良くなる。


気分がいいと
やさしくしてくれる。


やさしくしてもらうと
自分もやさしくなる。


優しい自分は
嬉しい。


嬉しいと
ドーパミンがでる。

ホルモンは「錬金薬」


「朱」の章の維持管理が大切。


次の章「翠」は
いろいろな良いホルモン
(錬金薬)エリクサーを
出す方法。

最終章「藍」で
エリクサーを燃焼します。


まずは姿勢を正そう。
すぐに変化を実感できるはず。
正しい姿勢

音叉とピラミッド

音叉を注文した。

実はみたこともないし
さわったこともない。

ほかの世代では
学校の授業で使用したときく


え~~~
なんで、あたしたち世代はないのよ!!!
(バブル世代)


で、購入した。
明日届く。



周波数の違う
何種類セットになっている。


音叉を鳴らすと、もうひとつも
共振してなるという。


すっご~~~い。

純音という、混ざりけのない音




エジプトのえらいさんが
もっていたアンクも音叉なのでは?と
思っている。
あんく


あたしのミームを
音叉の純音にまぜて


遠くまで飛ばそう計画!!!
実行まであと○日。


純音はとても遠くまでとどくんだそうです。
ドクロさんがいってた。


人類の魂は誰の魂も
美しく清らかで
美しい音を奏でることができる。


背筋をしゃんとして
Sのカーブを保って待っててね。



映画「マスク」のキューバンビートみたいに
たのしいミームを流したい。

最新禅道②「聴色明心(ちょうしょくみょうしん)」

目で見える「色」

色がついているものは
音を出している。

明るい音
暗い音
優しい音
怖い音
楽しい音

心に光がさしているとき
色の音が聞える
三乗2

色の組み合わせは「和音」
和音は「演奏会」を開く

色の音が聴こえなくても
「感じる」ことはできる

美しい景色は
いい音を出している

「色」は
神様のプレゼント。


心に光がないひとも
心が闇で閉ざされている人も

見ることができる



「色」は目に見える「神の声」

美しいと感じる色を
みよう。

目で見ることができる
神の存在が「色」

最新禅道「触音悟道(しょくおんごどう)」

触音悟道

音は聞くものではない
音と言う波を

体全体で触れることである

音の波を
「触」することこそ

悟りの修行なり

全身で感じる「音」
「音に触れる」

音の波は
波紋の様に触れる

水面の葉を揺らすように…
波紋


風を感じるように…

悟りの基本RED①「健康は背骨から」

red1.jpg

どこかが痛いと
何もできない


体が健康でないと
余裕がない


具合が悪い部位の
ことのみしか
思考できない。




「愛」ある行動である
「だれかに何かをしてあげる」とき
大事なものは「自分の健康」だ。



神の愛を他者に
ほどこすために
使用する体を健康にすることが



悟りの第一歩。



健康な身体づくりには
体のシステムの理解が必須。



重要ポイントは「背骨」



「背骨」が音を作るのです。

波動、周波数を上げるための
楽器=背骨なのです。



人類楽器↓「背骨」
背骨

脊髄脳

簡単に書くと

二本の柱が繊維状の神経細胞を
支えている。
その上には「脳」がある。
ツインタワー

そして二本の柱は
磁極が異なる。
背骨磁石

磁石なのだ。
磁石が連なっているものが
背骨である。

この図式に
学校で習った
「フレミングの法則」を
あてはめます。
電流

磁石は背骨
電流が流れる導線は
神経細胞。
磁界

血流が電気をつくり
音を作り出す。



背骨がつくりだす
電磁波は

あなたの音であり色であり
周波数だ。

波動=電磁波=オーラ
磁場の渦



ヨーガは「背骨の楽譜」

背骨が柔らかく丈夫で
連結がうまくいき
それぞれの節で

良い音を奏でることができると
人間楽器


頭の上の鳥が空を飛ぶ。

朱雀はメルカバーへ



=周波数が高い状態が
プラズマ体の変化を促す。

人間は「プラズマ体に進化」するために
この世に生まれた。

人生において「背骨の演奏」をすることで
よい音を作り出すことを課題に出されている。


人間は楽器と認知しよう。

輝くメルカバーになるために。
満天メルカバー



新科目「悟りの科学分析」


スピリチャルな世界は
「感覚的」に察知しているので
説得力がない。


「愛のある生き方をして
波動を上げて
アセンション」


などと
言われても

????
なんのこっちゃ?



たしかに
「生きる理由がある」と
人類はうっすら気付き始めている。



しかし
現在のスピリチャル界は
「妖しい壷を売る」的な匂いを
いまだにプンプンさせている。



だから
精神世界を感知できる人たちが
「科学的な視点から精神世界を紐解く」
ことを推奨したい。



やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、
ほめてやらねば、人は動かず。

56さんの格言にあるように
まずは自分がやってみようと
思います。



化学・物理などは
赤点だったので…
専門家の助言お待ちしています。




だれでもわかるように
「生きる理由」を科学的に説明します。



講師は「妄想教授か?」いや
妄想ではないので
「プラズマ生命体」サトリーナ先生登場!
サトリーナ先生

「異次元飛行」コウモリのように

コウモリって
怖いイメージがあったけど

ぜんぜん違う

1300種類以上もいる
コウモリたちは

どんな種類も
みんな仲良し

みんなで集まって
仲よくしている

大きさも食べ物も
みかけも違うコウモリどうしが
一緒に洞窟で仲良くしている。



主に虫を食べている。
果物か花の蜜を食べるものもいる。

血を吸うのは
たった3種類。
それもスプーン2杯だけ。
(牛とかの)



哺乳類のうち

ネズミの種類が41%
(リスとかモモンガとか)

コウモリの種類は21%


空飛ぶネズミちゃんだ。


地上にいるネズミ目は
視覚・聴覚・嗅覚などで生きている
天敵にビクビク怯え
同じ種と仲良く暮らせない。




コウモリたちは
五感を超えた「超音波」をつかう。
きっと仲間どうし
「超音波」をつかって会話が
できるかもしれない。

コウモリたちの様に
みんな仲良く心穏やかで
周波数の高い「神の音」を
使えるようになりたい。
異次元飛行

「振動」と「反射」がキーワードだ。


おもしろかった本↓
こうもりの謎

こんどは「すずめの謎」を
よんでみよう。
「おおかみの謎」もある。

龍のなみだ

日本の背骨に
悲しい風がふく

ひゅーひゅー

悲しい泣き声が
響き渡る

人々の怒りが
真っ赤になって

龍を苦しめる

悲しい声が
響き渡る

ひゅーひゅー
泣き龍

吸音材「脂肪」

学校で習った
「必要摂取カロリー」は
多すぎる。


カロリーのとりすぎは


「感度」を鈍らせる



「骨」を弱くする



「骨がアンテナ」なら


骨の周りの脂肪は
「防音材」「吸音材」

その人の出す音も
その人の感じる音も


「脂肪」がじゃまをする。
音と脂肪


目に見えない耳に聞こえない
「可視光・可視聴」範囲外を



感じるために
「小食」「断食」をする。



「食事」は
消化の処理時の
音が大きすぎて


すごい雑音がする




やせているほうが
アンテナが敏感。

たくさんの情報が
入手できる。



Xmasお正月
食べ過ぎの見すぎ
注意しなきゃ。


アンテナ(骨)を守る
筋肉の強化も必須。
アンテナを守る筋肉組織

「想像力レベル」

悟りの為の人生修行は



「想像する」が



一番大事。





(朱)=
安全で健康的に生きることも
「体と心の環境的状況の予測」という想像力


(翠)=
愛や思いやりは
「相手の立場に立つ」という想像力


(藍)=
技術鍛錬も
「集中する部位の模索」という想像力




人間の人生における
修行は


「想像力」だ。









現代社会は
想像力を消し去ろうとする
システムが作動されている。


悟りの境地は
「無」ではなく


「想像力」「空想」「空」の世界でできている。


肉体がなくなった時
五感が無くなる


そこで使えるのは
「想像力」のみだ。




想像力は
どこでもいつでも
鍛錬ことができる。
五体満足でなくても
皆に平等な「力」




この「想像力」という




質量の無い「ゆらぎ」が




人生における「課題」であり





「想像力」の鍛錬を



この3次元に
学びに来ているのだと


声を大にして
叫びたい。





なぜなら



死んでもね、
変わらない
自分の想像力のレベル


生きているうちに
「想像力レベル」を
鍛錬しないと





昆虫や爬虫類の様に





なにもできない





意識をもって
この世界をでてみたい人は
想像力を高めよう




錬金術は
想像力が基本。

想像力
想像力は高電圧・高周波

妄想ドクロの異次元通信「骨はアンテナ」

アカシックレコード「空KOU」には
ドクロさんがいる



彼はなんでも知っている
(地球のことだけね)



良い悪いとか
情けとか


感情を持ち合わせていない


ドクロさん情報は
暗いかんじだ



例えるなら
「いろんなことが書いてある古く汚い本」
を覗いたみたいな感じだ。
かなり汚れている!


この情報を手に入れるには
儀式がある。


知りたいことを
眠りにつく間際まで
考えるのだ。


すると
朝方から「ドクロ通信」が
はじまる。



古株の頑固そうな
教授の講義のように

重苦しくしつこい。

あまりの重い波動に
「悪夢」がプラスされる。
閲覧注意だ。
汚い古い本




で、ドクロ教授は


「人間は骨で音を反射する」という講義だった。



骨がアンテナの様になっていて

音の波動を
骨が反射する。

骨に反射した
振動を神経系統が
「きこえる音」として変換する。

そのうえ
音の周波数によって
共鳴する部位が異なっているのだ。

頭蓋骨しか感じない音だったり
骨盤しか感じない音だったり…


音が骨という柱にぶつかり


渦を作る
かかし


「カルマン渦」がおこる。


骨が鐘の様に
音を鳴らすんだって。
骨が鐘

頭蓋骨が音を反射して
耳石に伝達して
その信号を「音」の認識に変える。


それがいったいなに?と
思うよね。

今日はメモということで。
(妄想教授講義にてくわしく説明予定)


人間という楽器の
内部構造をしらないと


いい音楽は奏でられないから。
知りたかった。



骨で音を感じる。
ドクロの1p

「空」は「ノイズの世界」

「空(3次元)の世界」は
「周波数の世界」


周波数は「音」だ。


テレビの「ザー」っていう
砂嵐の世界
サダコランド
サダコランド是空

テレビの「ザー」ってね
たくさんの周波数が混ざり合った音



「ホワイトノイズ」っていう。
ホワイトノイズ



光の3原色は
RGB(レッド・グリーン・ブルー)
全て混ざると「白」になる。


そんなニュアンスで


雑多な周波数が混ざっている
ホワイトノイズ
=白い雑音



わたしたちは
ノイズの中に生きている。



「空」=「ノイズ」でも
いいと思う。

色即是空=
色はこれもノイズです。




わたしたち人間は魂に
ノイズが沢山ある。



だから



①ノイズを取り除く作業と


②チャクラと言う「節」を使って
美しいクリアな
「細かい倍音」(高い周波数)を
作り出すために


人生を歩んでいる

オーラ即是ノイズ

妄想カントの「純粋理性批判」

頭がいい人は
繊細だ

細かく大量の
神経シナプスが


いろんなことを
考える


繊細な神経は
たくさんの情報が
入ってくる


だから、
不安になる


単純にできていない
繊細な高性能機械が
衝撃に弱いように


頭のいい人が
壊れやすい

壊れやすい神経を守るための
「常識」は「理性」である

「理性」とは
3次元世界にだけ通じる
「概念」であり


この「概念」が
宇宙真理の理解への
妨げになる


「純粋な理性」とは
あくまでも「3次元限定」の
「常識」であり


この枠にとらわれているうちは

宇宙真理にたどり着くことは
できないのだ。



よって、
「純粋理性」こそ
人類の進化を妨げるものであり

批判しなければならないものである。

できないわからない世界

大きな宇宙と
体の小宇宙

似ているつくりをしている


マンデルブロ集合が
毛細血管にある


自分と自分の家族血族だけ
よければいいという
大富豪も

自分の生活がていっぱいで
政治や世界のことを
どうでもいいと思っている庶民も

似ているつくりをしている

エゴに囚われた心が
存在している

大も小も
同じで


濾しても
純粋なものは
少ししかとれないかもしれない。


音も光も
鈍くしか感じなく



背中に生えた羽根さえも
飛べることを忘れてしまった



重い魂




何も見なくて
何も聞こえなくて
何も言えない




せめて夢の中だけでも
飛べる練習をしたほうがいい



重力がない死人ですら
重力を感じて

死んでもなお
ここをぬけだせない



いったいどうしたらいいんだろう

初、期日前投票

選挙って
いくのめんどくさくなる

唯一の休みにあるからだ


昨日残業でくたくただったが
帰りに「期日前投票」にいった


会場はわいわい活気があって
すごくよかった。


紙に名前と住所と
期日に来れない理由を
○すればいい。
仕事か、遊びか、あとなんだっけ?
遊びに○した。


選挙に行こう。
今日でもいいのよ

遊びのついでにみんなでいこう。

マーマモジャ2

またも最強にモジャだ
ぬわ~って
ぬわ~って
ぬわ~って
ぬわ~って
ぬわ~って
やなかんじだ。
胸センサー警報

気を付けろ!
だれかがイヤな音を
出している。

ポリゴンを動かす力

音ってどうきこえますか?
あたしは
音が形になって感じる。


スーパーのふくろが
ガサッってなるとき
音が刺さる

ガサッていうかたちが
こっちにむかってやってきて
ささる。

冷蔵庫のモーター音が
にょろにょろのヒモの様に
ぐるぐる巻きついてくる。

いろんな音が

耳で聞こえるというより
カラダに形となって
向かってくる。

だから「音」は
聴くものではない。

「音」は
向かってくる形

という感覚だ。

だから
この地球は
こわかった。(慣れるまで)


形が自分に刺さるから。


だからいつも
魔物に狙われている感覚だったんだ。
音の恐怖

今、冷静に考えると
魔物の正体は「音」だった。



実際「音」ってなんだろう?と



調べると「波」だった。
空気を振動する「波」

耳に聞こえる音は
「やってくる波」


な~~んだ
やっぱり「形」として
感じていたことは
本当だったんだ!!!


この3次元は
「ポリゴン」が
ぎっちりつまった世界でね、

そのポリゴンを
動かす力が「音」だ。
チャクラで演奏


「音」を動かす力
それが「意識、想像力」

「音」は「色」でもあり「形」でもあり
「音」は「温度」がある。

「温度差」は「渦」をつくる。


よって、「音」は
気象も変えることができる。


気象の乱れは
音の乱れ
心の乱れ

乱れた渦だ
乱流



荒れた心が
荒れた気候をつくりだし
荒野をつくりだす







悟りの世界は
「音」がない世界。


そこはこことはちがう
数式や理論や定義が存在する

異次元通信999「渦」

ブログ初めの頃
一気にダウンロードした
情報を3年にわたって
紐解いてきたけど

今、あたまのなかが
うずまきぐるぐる。


「渦」


周波数で
温度差をつくって

渦を作る

「渦」が重要だっていうのよ。


まだまとまらないけど
もうすぐわかる。

縄文土器も

渦の力を
描いたのかも。

低温が
ミームを浸透させる。
999.jpg

妄想渦が
ぐるぐる世界を変える。

蝸牛の使い

音について
調べると

共感覚も
音だ。


共感覚はね
「色」に「音」を感じて
「音」に「色」を感じて
「形」に「色」を感じて
「音」に「形」を感じる



まあ即色音形なのです。



アナログ時計は
人に見えたりする。


不眠症にすると
時計が人に見えるとあったけど


「感覚」って


てきとうなかんじじゃなくて
神経インパルスによるものだったんだ。



これから「音」をつかって
なにかをする。



人間は音で出来ている


物質も音で出来ている。


音を音で消すことができる

たくさんのイオンが集まった

たくさんのイオンが集まった


すごいなあ~。


ありがとう。


みんなのミームが
おおきな電波を作り出す。



胸がいっぱいだ。


電波障害はしょうがないね。

右脳型新恐竜

恐竜時代が
殺伐としてきて

「????!!!!!」と
思った一部の恐竜。

「もう恐竜でいる理由あるかな?」
「もっと違う形に進化したい」と

思い始めた恐竜がいたと思う。




「恐竜野蛮だし、まじこのままじゃ
やばくね?」
「気象の変化も激しいし」
「食料とか住む場所とか?考えないと?」

と、右脳的な感性派な恐竜くんは
思ったと思う。

はやめに思い始めて
鳥に変化できたものだけ

今を生きている。

「恐竜のままでいい」と
おもっていたものは
………。


恐竜は絶滅した。



体中にいる
宇宙からやってきた
微小生命体「ソマチット」

彼らは新たな
進化を待ち望んでいる。

※ソマチットは
血液の中にも空気中にも
動物植物すべてのものにいる
プラーナ(気)みたいな存在だよ。
永遠の命がある「生命体」

レンタルBOXは時間制

地球では
「世界征服した~い」という
バクテリアがたくさんいる

それぞれのバクテリアは
自分の子孫を残したい

自分たちだけ
繁栄したい

他のものたちを
排除して


自分たちだけの世界を
つくりたい


そんなバクテリアだらけだ。



でもね、
ここはレンタルBOX。


時間には限りがある。



どのバクテリアにも
同じ規則



時間になりましたら
退去してもらいます。


そのあと
きれいに掃除して

次の方へ
レンタルする。


そんなシステム。



どんな夢を見ようとも
レンタル中はご自由に?!


どこまでできるか
自分の力をためしてみたい


そんな風におもうのも
しかたないね。

レンタルBOXを壊さない程度に!






救世主なんかはこないし
宇宙人もこない

管理人が
時間がきたら
しらせるだけ。




そんなシステム。


自己責任。


自分の時間を大事にしよう。
1分一秒が愛おしい。


響く音も
歩ける足も
食べる口も


些細な日常の
なにげないことが

愛おしい。

話す一言も
ありがたい。



もう終わると思えば
何もかも愛おしい。

妄想雪だるま「電気シナプス発火」

雪だるまイオン

マイナスイオンは
水がグルグルまわると
でてくる。

人間は70%水だ。

体を動かして
血流を良くする

そして脳細胞に
血を巡らせる。

脳内の電気シナプスを
「想像力」で
発火させる。

人間が「想像力」を
発揮している時が
一番電圧が上がる。

頭から
マイナスイオンが
たくさんでる。

マイナスイオンは
ウイルスや雑菌などを
滅菌する。
自分のバリアーが
マイナスイオンだ。
雪だるま2

光輪ともいう。

上下のバランスが
よいほど

健康だ。

その状態が
地球を健康にする



大地と空の出会い「ストリーマコロナ」

大地からの力
・砕けた岩の力
・アルゴンガス
・ガンマ線(原発)

空からの力
・太陽のガンマ線
・宇宙の放射線
・内緒の暗黒エネルギー
イオン化エネルギー
大地と空からの
「電離エネルギー」で
「地球の大気」に
圧をかける。

電子や分子を電離させる。

コロナ放電を
各地でピカ~ッ

ストリーマコロナって
いうんだよ。
ストリーマコロナ

電磁層のスターゲートを
強化するために
大量のプラズマが必要なんだ

人間が磁場を変える

物質は音を出している。
「周波数」

地球上にいる
一番大きな音を出している
「人間」


その音が
2分化している。


①細かい周波数を出す人間と


②粗い周波数を出す人間

2分化周波数


それが極端に
2分化している。
それらが混ざり合って
演奏している地球は

「不協和音」
乱磁場周波数


不協和音は
波を作り
渦を作る

磁場が乱れ
気候がどんどん厳しくなる。

土地がどんどん死んでいく。

ライジングスター★「雷神軍登場!」

たくさんの電子をまとった
ライジング龍が
雷神龍

地球を
稲妻で刺激する

たくさんの
雷神軍だ。
雷神軍

カッコイ~♪

IDタブレット「2」

自分の「3つのカラダ」を
感じることができたら
次に進もう。

「ID2」N01
神体の乗り物を作る

ID2.jpg


オーラは「幽体」

「オーラ」は
★生き方
★考え方
★感情
★想像力
★健康
★生活態度

その人の意識が
作り出す「音」

=周波数

良い音もつくるし
悪い音も作る

ただ、神体に
プラスできる音は

良い音だけ。

幽体と電磁層

神体の周りを囲む
「電磁層」を強化する。

神体に「電磁層」ができると
次の段階に進める。

良い音は
「イオン」を使うのです。
とても科学的な錬金術。

明日に続く。

三位一体とアリスの扉

人間のカラダは
3つのカラダでできている。
①肉体②幽体③神体
3セット

それぞれが違う世界に属しているし
一緒にも属している。

肉体はこの現実世界
幽体は「夢の世界」(レム睡眠)
神体は「夢の世界の先」(ノンレム睡眠)


眠ると
肉体はこの世界においていく。

幽体は小さい自分。
まるで不思議な国のアリスのように

みえないほど小さい自分が
夢の国に行く。

幽体は神体をくるんでいる
お洋服。
幽体は感情が作り出すカラダ

感情の波を「夢の世界」で
反省する、浄化する。

そして、次のトビラ
「レム睡眠の世界」=神体の世界
アリスのトビラ


毎日神体は
美しく快適な「あの世」に帰っている。

どこかの科学者が
ノンレム睡眠をさせない実験をしたら
人間は狂い、最後死ぬという結果を出した。

神体を意識するだけで
変わってくる。

脳波をデルタ波に
して、見に行こう♪

美しく素晴らしいあの世の旅。
肉体を持ちながら
3つのカラダを感じる
三位一体(父と子と聖霊)だね。
三世諸仏ともいう。
幽体訓練


IDタブレット「1」

インディゴブルータブレット「7つのタブレット」
ID1.jpg
IDタブレット「1」


「われは光にと通じる暗き道を
一千回降り、同じく一千回、
暗きにより光に通じる道を
昇り来たりし者にして、
わが強さと力を回復せしめぬ」



眠ると

本当の世界「あの世」に
行ってくる。
「あの世」にいくために
シルバーコードを通る。

その道のりに
夢の世界がある。

商店街のように
色んなジャンルの世界がある。

どこに入るかは
自分の心の周波数による。
睡眠システム


「新たなる人類への第一歩」は
睡眠での道のりを
目覚めている状態で行う。

それが第一歩。
千回チャレンジするらしい。

強さと力をゲットする。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR