粉塵爆発「地球の怒りの粉黒いクリスタル」

火山噴火でたくさ~~~んでてくる
「噴煙」

火山灰

それは
火薬とおなじで

いろんなものを
着火。

酸素と着火物がそろえば
火花散る

火球は
火山灰の花火師さんが
作り出す。

電化製品に囲まれている
生活は

火薬と着火剤を
持ち合わせているようなもの。

火山噴火は止めることは
できなくて
クライマックスにむかっているけれど

そのまえに
電化製品要注意!

簡単な消火剤を
身近に備えておくべきかもしれないね。

空は危険。
要注意。
(逃げ場がないからね)


太陽フレアより
地震より怖い
「火山粉塵」
火山7

電気系統を狂わすのは
地球の怒りの粉
クロノクリスタル
スポンサーサイト

「デスヴォイス」が聞けなくなったら

デスヴォイス

意識的、積極的に出す
「ダミ声」「悪声」「がなり声」であり、

主にデスメタル、ブラックメタル、
グラインドコア、ゴシックメタル、
メタルコア、スクリーモなどの
ジャンルで多用される発声技法


強い怒りや
悲しみなどの感情や、
不気味さ、汚さ、
痛みや苦しみなど
を表現するために使われる。





地球という惑星は


デスヴォイスを
発している。





地球は

強い怒りや
悲しみなどの感情や、
不気味さ、汚さ、
痛みや苦しみで

いっぱいだ。


デスボイスは
聞いているのが
苦しい。




思春期の反抗期や
おなじデスボイス音を
発している人以外は

聞くに耐えられない。



人類のほとんどが
この「地球音」を
聞くのがたえられなくなっている。



地球の音↓

デスボイス全種
https://www.youtube.com/watch?v=z17Qvi_fzgg


ね、耐えられないでしょ。
(ハートチャクラが大ダメージ)


壊したくもなるでしょ。
出処を。

悪魔の「ピッキング作業」

国会中継をネットで
聞くと

「ヤバイ」

と思う。

共謀罪…
キノコ狩りでも逮捕?
妄想でも逮捕か?
ムムム…。

この共謀罪から
感じることは

テロを怖がっている
わけではないな…って。



平和に過ごしている
国民を
とても怖がっている

国民みんなが
泥棒に見えて

国民みんなが
凶暴に見える。

国民みんなが
襲ってくる。


そんな恐怖を
感じているのだと…。



ずっと前だけど
知人で
精神を病んだ子がいた。

厳しい親に
がんじがらめに
育てられ

行き詰っていた。

最後にきいた
彼女のセリフ

「頭の中で声が聞こえる」

「みんなが自分を批判して
自分を狙っている。」

「虫も草も風さえも
自分のことを監視していて
悪口をいっている」

そのセリフの背後に
悪魔というか
悪霊のような
黒い影を感じた。





人間の体も
ちょっとした寒さで
風邪をひくように

気がゆるめば
すぐに周りに存在する菌に
やられてしまう。

オーラのバリアーが
強靭であれば
健康で安心して暮らせる。



宇宙の神と
通じていれば

悪霊に取り付かれることは
絶対にないけれど

宇宙と断絶している
断線人間は

それはもう
大変な恐怖に
日々さいなまれて
いるのだろう。


同じ三次元にいながら
違う周波数域を
体験している。


どうやら
三次元に住む悪魔は
「弱い人間」を
釣り上げようとしている。


弱いって
ダメなんです。

悪いことって
弱いから悪くなるのです。



悪魔募集ビラ

回せ!大陸棚ダイヤル

陸と海には
境界線がある。

深い海の底には
陸と違う核がある

層というより
核がちがうのだ。
ダイヤル大陸棚

アーモンドチョコの
外側のチョコと
中側のアーモンドぐらい
材質の違いがある。

陸と海との境目は
チョコとアーモンドが
くっついている部分だ。

中のアーモンドを
動かすために

境目の大陸棚を
ぐるりと回す。

大陸棚ダイヤルだ!!
大陸棚ダイヤル

このダイヤルを
グググッ
回し始める。

太平洋の真ん中に
沈んでいる大陸を
浮上させるために。

地底の太陽

月に行ったアポロは
大嘘。

だれもが
認識している事実


ペナペナの
ハリボテ号で
行けるわけがない…
どころか


月はホログラム


地球の周りにある星々は
すべてホログラム

なぜなら地球は
ブラックホールだからだ!


回っているブラックホール
「カーブラックホール」
それが地球の姿。

光が抜け出せない
ブラックホールに
わたしたちは住んでいる。


そこを抜け出すには
地底にある太陽を
ドバ~ンとだすのですよ。


地球の力
「火山爆発」は
各地で起こっているでしょ。


地球にある「力」だ。



もっと地底深くに
太陽のような
エネルギーがある。


それが
出る日が来る。


岩戸開きだ。



各地で
穴があく。


第2の太陽が
地底から光りだす。


天が地となり
地が天となる

大変革の「裏にあるもの」

大地震の「裏にあるもの」は
何千年ものプレートの歪

火山の噴火の「裏にあるもの」は
何億年ものマントルの対流

大変革が
起きるのは

突然おきるように
思えるけど

その裏側には
年月がかかった大きな裏がある。

大変革のちょっとまえに
「大変革の兆候」に
気づいて
騒いでも

大変革をとめることはできない。


文明の変化の「裏にあるもの」も
何百年もの緻密な計画がある。

小手先の技術だけでは
何十年も苦労して修行してきた
職人にはかなわない。




大変革の「裏にあるもの」は
膨大な年月とエネルギーを
費やしている。






このブログで
妄想として表現している事柄は

海に浮かぶ「ちいさい氷」
にしか思えないだろうけど


これから迎える
人類&地球の大変革の

その「裏にあるもの」は
地球が単細胞生物を生み出すまでの
40億年もの間に計画されていた
人類が想像できないほどの
ものなのだろうと思う。

すべての
良いことも悪いことも
何一つ
不要なものなどなくて

すべて
宇宙の真理に基づいた


計画通りなのだろう。


だから
人類は

絶望の淵に立ちながら

潜在意識の中に
ほのかに感じる
「想像を絶する大改革」

一喜一憂するのだろう。

半月の憂鬱

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html

「地球は母」で「宇宙は父」

単細胞から長い時を得て
進化してきた
とする「進化論」

大正解だと
思う。


本当に
人類の肉体は
長い年月をかけて
単細胞から進化してきた。




けれど
進化を促す「信号」は
宇宙からやってくる。


その信号を受信して
DNAを書き換えている。


地球の恵みと
宇宙のアドバイスで


進化してきた。


獣と神が
同居する人類。



地球と宇宙で
つくりあげたもの。


人類

「地球は母」で「宇宙は父」

半月の憂鬱

地球の歴史の中で
平和だった時期は


ほんの少し。


戦争・災害の
くりかえし


それでも
人間は
ここで生きたいと
生まれてくる。









ブログ内
地球アルバム
カテゴリ見てください。


絶滅と進化を
繰り返してきた。



第三次大戦を
試みている
ジョーカーたちも


絶滅のプログラムの一部かもしれないよ。




平和な時代には
考えもしなかった


進化・新人類


悟り・アセンション



もう世界が終わるのかもと
思うだけで、
「生」の根本を
考え始める。


なぜ?生きているのか?


平和だったとき
誰も考えなかったことを



みな考えるようになった。


「死」とは
どこにいくのだろう?

「魂」のことも考えるようになった。




作品は
締切がないと
完成しない。



憎っき
東電・安倍政権すら
シナリオ通りかもしれない。




夕闇が迫っている
2015年秋


ここに生を受けている
人類すべてが


変化するときに来ていることは
だれでも感じている。



戦争よりも
原発の汚染の方が
深刻な状態だ。



若い人は特に
産地に気をつけてください。

水をたくさん飲んで
中和・解毒をしてください。
1日2リットル


麹菌・乳酸菌は
放射能を除去してくれる。

運動やサウナで
汗を流してください。



悟りには
健康が大事です。




わたしたちは
どこから生まれてきたのか?
考えてみよう。


生まれてきた故郷から
シグナルを受け取ることができる。





これからもっと
近くなるから



安心してください。




それまで
健康で
そして
楽しみもお忘れなく。



ささいな楽しいこと
わくわくウキウキできること



夕暮れで時でも
たのしめるよ。




どんなに外が寒くても
体の体温は平常温をたもてるように




あたしも
もっとワクワクする
異次元情報UPします。





大丈夫だから
しんぱいしないでくださいな。
人間最高


地球アルバム0才~40才(億年)
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1371.html


地球の40歳~「生物誕生」(古生代)


鳥の祖先「卵を温めた恐竜」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1374.html

大繁栄「胎盤仕様」

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1375.html

進化とホルモン「人類万歳!」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1376.html

悲しく苦しい細胞の塊「肉体」

人間という種ができるまで
長い時を

食べて食べられて
殺して殺されて

悲しくて苦しくて

それでも生きてきた
たくさんの細胞たち

たくさんの
苦しみと悲しみと恐怖で
作り出されている

悲しく苦しい細胞たちが
寄り集まって
一生懸命動いている


体の心は
どうして欲深で怖がりで
「悪」なのだろう?

わからなかったけど

生きてきた過程を
調べると
なぜそうなったか
わかるような気がした。



「欲」がなければ
生きてこられない
「肉体」=「獣」

恐怖と死の繰り返し
(地獄だね)



悲しく育った「体」の伴侶に
なってあげよう。

「魂の心」で
長い苦しみの「細胞の塊」を
やさしく愛してあげよう。


まるで
悲しく苦しく虐待されて育った
恋人を

悩みながら大きな愛で
育んであげるようだ。


私たちの魂は
「宇宙の神のひとしずく」

それぞれの「体」を
癒しに来ている。



涙が止まらない。


脊髄を立てたから
魂とつながったんだ。

体の獣論

プチ「断食」

2月は
誕生月と季節柄
超モテる男子なみに
スイーツが集まる

酒好きも
浸透しているので
酒も集まった

その上
仕事も集中して


夜っぴて
地球の歴史を読みふけった


疲労⇒暴飲暴食


オーラフィールドに
ゆがみがでて
体調不良


そうだ
いまはやりの


「断食」

してみよう!

2/26夕食~2/27夕食まで
「1日断食」挑戦した。


「やりたい」と思ってやったものは
意外にうまくいく


こまめに水分は補給する
(水・フレッシュジュース)


不思議とそんなに
食欲がわかなかった



頭も冴えてたし
心がシャンとした


消化器官の
休日



あまりに良かったので
これから毎月
やる予定でいる


2月は「肉体細胞の形成の歴史」を
たくさん勉強して、
たくさん報告書をインプットした


ブログでは
うまく説明できなかったけど


地球に対する
疑問の厚い雲が
晴れたようだった
「ホーラーアクション」を見ている疲労感があったが…



3月は
「あの世」バージョンにもどります
魂の世界の思考は「疲労」しないから
ハッピー3月になる。


恐竜よ
さようなら。

紀末大絶滅は「ホットプルーム」

地球の歴史は

進化するために
絶滅が必須だということがわかる


まるで

創造神ブラフマー
維持神ヴィシュヌ
破壊神シヴァ

3神が順番に
仕事をおこなっているようだ。



地球の意思で行う
絶滅は「ホットプルーム」


内部のマグマを
放出する

火山が爆発して
海底のメタンが上昇する

あたりは火の海
酸素が薄くなる
食料はなくなる
のち、熱い雲で太陽光を覆い
寒冷化する

地球が行う「破壊」



けれど
恐竜を滅ぼした
「隕石衝突」は
外部関与


「地球内のどんな生命」も
地球の子ども

「大型隕石は落ちてほしくない」と
地球は思っている



隕石先生は
大型隕石の前に
必ず「準備」をする



あたらしい卵を産み落とす

地球44歳~「恐竜時代」(中生代)


人間でいえば
地球44~46歳前半
(実際年齢は44~46億年です。)


44才
★三畳紀
恒温動物
恐竜、哺乳類の登場
※恐竜は恒温動物
ー紀末大絶滅(ホットプルーム)―
火山爆発

45才
★ジュラ紀
花を咲かせる被子植物登場
恐竜から鳥類が登場
※鳥類は恐竜から進化したもの
ジュラ色彩


46才前半
★白亜紀
ー紀末大絶滅ー隕石衝突ー
宇宙の意思

恐竜大絶滅



星新一  午後の恐竜

進化とホルモン「人類万歳!」

ざっくり
地球の歴史を調べていくと

「宇宙の真理」の
システム内に
地球システムも
ちゃんと入っているんだなぁと

感動で胸がいっぱいになった。



わたしたちに
「向上欲」があるのも

宇宙真理の「目標」に
むかって進んでいるということ。



子を守りたいという
「繁殖欲」は

いつしか
「ホルモン」を作り出す。

「ホルモン」=「錬金薬」だ。



絶滅と進化
ピンチはチャンス


「心」・「筋肉」・「骨」は
傷つけ、痛め、それを修復することで
より一層強くなるように

わたしたち「地球に降り立った生命の種」も
46億年の度重なる

「大絶滅筋トレ」

「たくさんのホルモン」
「直立する脊髄」

最終進化
行おうとしている。



今ここに
「人類」でいることの
素晴らしさを祝おう♪


46憶年かけた
物質界の完成系だ。


この長い時間の労力を
無駄にしないために


「人類」は
最終形態へ
進化しよう。
人間最高


研究は続く…
(わたし自身がブログで書きながら勉強しているので)


大繁栄「胎盤仕様」

「ほ乳類」と「恐竜」は
同じ時代に登場した

「脊椎動物」


どちらも
恒温動物(自家発電タイプ)
(外気温に左右されない一定の体温をもつ)

※爬虫類と恐竜は別の種族です。



けれど
何億年も

恐竜におびえていた

負け組「ほ乳類」
恐竜天国1億年



恐竜に食べられないために


「卵」を「胎盤」で育て、
「母乳」を与えるように
進化した「ほ乳類」


恐竜から逃れるための
子育ては

いつしか
「愛」を学ぶための
「システム(学び)」になった。




「自分以外のものを愛する」という
宇宙真理の根本。




「大絶滅ボタン」を
ポチッとされて、



生かされるのは
決して
「強者」ではない歴史がある。

鳥の祖先「卵を温めた恐竜」

大絶滅ボタンを
地球が押したとき

恐竜の一部が
「鳥類」になった。

翼竜が
鳥になったとおもってた。




ところが
生き残ったのは

大型恐竜に
日々狙われていた
弱々しい恐竜だった。




産んだ卵を
守るために

腕に羽毛を生やし
何個も抱えるために
翼となっていった。
鳥の祖先


鳥の翼は
最初は
飛ぶためにつくられたのでは
なかった。



愛の気持ちが
体を変えた。

大きな羽は
母の愛







そして
大空を飛んだ





「スーパープルーム」を
逃れた鳥類。


進化の大先輩「鳥」



「愛」と「知恵」が
人類を救う
進化のカギになる。



※翼竜は
なんと「恐竜」ではない。
「爬虫類」なのだよ~~~~!!

地球の40歳~「生物誕生」(古生代)

地球アルバム②

古生代


人間でいえば
地球40~43歳
(実際年齢は40~43億年です。)


40才
★カンブリア紀(約5.5億年前)
生物が爆発的に多様化
節足動物

41歳
★オルドビス紀
節足動物(三葉虫、オオムガイ)
ポチ1回目

ー紀末大絶滅―
絶滅ボタン


★シルル紀
NEW!植物が陸上に!
(この時は花も実もつけない植物)

★デボン紀
NEW!4足動物登場(脊椎動物)が陸上に
(デザインがかっこわるいので「ポチッ」)
ー紀末大絶滅ー

42才
★石炭紀
NEW!爬虫類登場
脊椎動物が陸上繁殖

43才
★ペルム紀
(過去の作品消去のため、ポチッ)
ー紀末大絶滅ー

初期の古代生物(三葉虫など)の
90%以上が絶滅


地球の
生物創作活動は

作っては壊し

壊しては作る

悩んでいる芸術家だ。

地球アルバム0才~40才(億年)

46億年前
地球が生まれた
0才

16億年たったころ

生物を育むことができる
環境が整った
16才


そこに
「宇宙の生命の種」が
植えられた
「ソマチット」だ
ソマチットは全生命に混在する
「気」プラーナ。

進化するエネルギーの元
16夏


しかし
20億年の長い年がたっても
単細胞のまま
変化をしない日々が続いた
36才

20才になっても
何もしない子どもに
やきもきしている親というかんじだろう


地球母、いきなり
不機嫌になり
眠ってしまった。
36-40才


スノーボールアース


4億年も


その間
単細胞の子供たちは
せっせと
協力し合い

氷の下で
多細胞に進化していった


そして
40歳になって
「目覚め」た


気温は上がり
多細胞たちは
爆発的に進化を遂げて
「カンブリア爆発」

人類の元である
「脊髄生物」ができあがった。
40才



つづく
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR