血の記憶は「ルイセンコ」

「前世の記憶」

退行催眠などで
過去の記憶をしゃべりだす…
なんてのが有名ですね。

「魂の記憶」と
されているけれど

実際は「血の記憶」

地球にある全ての生命に
「エネルギー」がある
「気(プラーナ)」といわれている。

やる気
元気
勇気
負けん気
邪気
…いろいろある

それらは
顕微鏡で見ることができる

ソマチット
ソマチット映像

という名がある。

……………………………………………………………

知らない人はこちらで↓

やく石の癒 ソマチット マイナスイオン
https://www.youtube.com/watch?v=aKa8IPXUub8

ブログ内「ソマチット」
カテゴリも参照ください。
……………………………………………………………

ソマチットは
マイクロチップのように
記憶媒体でもある。
ソマチットチップ

普段使っている
スマホや
USB・DVD・CDR
磁気記憶媒体とおなじしくみ。

血に流れている
ソマチットは

遺伝する。

記憶を保持したまま
受け継ぐ。

重いカルマ(業)は
血の中に

軽いカルマ(技術)
霊体の中に

移動する。




「シラミ」が
宿主が死ぬまえに
大移動するという。

死期が近づくと
パチパチ音がするときいた。
その音は
シラミが飛び跳ねる音だという。

そんなシラミのように
ソマチットは長い時を生きている。




けれど
ソマチットを
操る存在がいる

それは
「意識」だ。


こうしたいと
こうなりたいと

想う気持ち
「想念」

それが
ソマチットを動かしている。
カマキリ内ソマチット


まるで光の粒子を
光の波がゆらしているように

子と精霊のような
関係だ。



そして
ソマチットは遺伝子を
変えることができる。

進化の鍵だ。





学校で習った
メンデルの法則
メンデル

「優性の法則(優劣の法則)」
「分離の法則」「独立の法則」の 3つ
メンデルのえんどうまめ

けれど
ある一定の条件のもとでしか
成立しないことが分かったそうだ。

学校でまだ教えてるけど
まちがってま~~す。




生殖管理により人種を改良する
「優生学」は
どうやら無理ですね。


なぜなら
経験や環境により
「強く変わりたいと思う意識」」

もっとも
次代に適した遺伝子を
作り出すからだ。




「ルイセンコ」学説の
トロフィム・ルイセンコさん。
トロフィム・ルイセンコ


同じ種でも
環境によって
遺伝子を変えることを
発見!!

環境や想いで
進化する!!っと!!

発表したら
ルイセンコ論争がおこり

投獄されちゃった。





いつの時代も
真実は隠蔽されている。

そして今でも
嘘を学校で教えている。



新地球人に進化することは
妄想ではない。



私は信じている。


人類はかならず
進化する




DNAは「思い」で変化する
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1156.html

血の中の記憶の浄化「足」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1906.html

シルバーコードを通過する「物体X」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1702.html
スポンサーサイト

古モンゴロイドの記憶

血の中に存在する
「ソマチッド」

子々孫々
受け継いでいく
マイクロチップ


私と妹は
全く違う
背格好をしている

私は細くきゃしゃで
妹はがっちり骨ぶと

うけついでいる
マイクロチップがちがう。


頭が異様に小さく
手足はほそくながい。

文献にある
古モンゴロイド的なかんじだ。


私は色濃く
父方にそっくりな
ソマチッドを受け継いでいる。

同じ血筋でも
受け継ぐか
受け継がないか

選ばれて
受け継いでいく。



ATL
成人T細胞白血病ウィルス保持者は


古モンゴロイド


氷河期に
寒さを知らない場所で過ごした
人種。


古代の記憶の保持者だ。



混血により
どんどん失われていく記憶


今はもう
数少ない記憶のマイクロチップ。


異次元通信も
このマイクロチップが
あるかないかで

通信内容が変わってくる。



霊能力者が
磁気の中にある
記憶を回想できるように


自分の中にある
少量の
古代の記憶を
回想するように


私を促している



一夜にして滅んだと言われる
超古代文明の
一部始終。



2017年
回想録を
書き留める作業が始まる。

異国食回想録「フォー」

2007年より突然
小麦アレルギーになり

麺類が食べられなかったが

いとこから
「フォー」という
ベトナムの米粉麺をもらった。
fo-.jpg

昨日昼に食べてみた。


きし麺?
うどんに近い食感。



その夜
不思議な夢をみた。

ベトナムは行ったことないが
そんなような景色に
働く人々

子どもが働いていて
自分は夢で「小学校高学年くらいの女の子」の
目線だった。

それはとてもリアルで
砂埃があがっているところに
荷車という情景。

そこで食べた「白い芋」まで
味が伝わって来るほどの
超リアル。

乾麺フォーに
「少女のソマチット(プラーナ)」が
混入していたのかもしれない。



1番印象的だったのは
働く場所の
奥の方に「宗教的な何か」があって
不気味だったのだ。

仏教なのかな?と
調べたら

ベトナムにある「カオダイ教」という
宗教をみつけてしまった。

なにやら
都市伝説っぽい
風情があること…
kaodai.jpg

わお…まゆげゲジゲジ
meme_20161219100916029.jpg

異国の食物から
映像を垣間見ることも
できる。

ソマチット記憶チップ

天気予報士「カア子さん」

朝方、


近所のカラスの

今日の天気予報が
はじまった。
(毎日放送、朝の楽しみ)


カアカアカアカアカア
カアカアカア…

あ、めずらしく
8回も鳴きおった!!
カラス8

仲間(家族?)のカラスは
7回!


カラス予報は
鳴き声が多いほど
雨の確率が高いのだ。



雨か?

と思った瞬間

ザッーと
激しい通り雨。


カラスは「どや!」とばかり
もう一回
カアカアカアカアカア
カアカアカア

鳴いて飛んでいった。




カラスって
5歳児くらいの知能がある。
予報士カアこさん

人間に近い感覚がある。


きっと長い歴史の中で
たくさんの人間の肉を
食べてきたのだろう。

人間の肉の中の
「ソマチット」=個体プラーナを
血の中に内在しているから

いろんなことが
理解できるのだろうね。


イヌも
カラスと似ている(オーラ)



戦国時代、戦争や飢饉などで
弔われずに死んだ
何千、何万という
死体の山には

カラスや野犬が
群がったという手記を
思い出した。



人間のカルマ=個体ソマチット


犬やカラスに
人間のカルマが内在している。

だから愛しいと思うのかな?

戦死者の帰還

祖父の弟は
20歳のとき

南の島で
戦死した。


特攻隊だ。


家族に骨はもどらず

ただの「石ころ」が
送られてきたそうだ。


骨には
記憶媒体がある

カルシウムに付着している。



火山活動が活発になり

舞い上がった火山灰が
酸を含んだ 雨が降らせ


カルシウムを溶かし

戦死者のソマチットが
骨から 大地から

浮上し

雲となる。


今回の「沖縄の雷雨」は
よく調べると
魂の帰還


たくさんの特攻隊が
戦士した場所だ。


台風はプラズマが作り出す。

台風が
戦死者の魂を

懐かしい日本へ
愛しい家族のもとへ


雨となって
降り注ぐ。



のんびり台風ちゃん
上手に先導して

上手に雲を操縦して

日本列島各地に
愛しい雨を
雨を降らせてくださいな。

めざせ!根粒細菌合体ロボ

人間は
「微生物」と「多細胞」と「細菌」の
合体ロボ



46億年
みんな混ざり合って
協力して

できあがった

最強の合体ロボ

それが人間の体。


それを運転しているのは
「神体」だけど…。


おたふく菌も
みずぼうそう菌も
はしか菌も
風邪菌全般
ノロウィルスも
何百種類のインフルエンザ菌も

みんな
抗体になって
一緒に暮らしている。


地球にあるすべての菌を
味方につけて
みるのも面白そう。


今、
大豆の「根粒細菌」に
憧れている。


大豆は
えだまめです。
えだまめ

夏に美味しい
あの「えだまめ」

あれが乾燥したものが
大豆で
お豆腐や味噌や醤油になる。


枝豆は
肥料がいらない。

肥料があると
うまく育たない

なぜかというと

根っこに
「根粒細菌」という
菌がある。

土壌の窒素を「栄養素」に
変える!


すごいのだ。


大気の78%は
「窒素」です。


そんな素晴らしい菌を
腸内に保菌できたら

食べなくても
大丈夫な「仙人」になれるはず。


「鬼」に「豆」


鬼は人間だ。


人間は
虎やライオンやシャチやアザラシ
とおなじで

獣のように
残忍に
肉を食べている

草食動物のように
地球の自然を食い荒らして
子孫をたくさん産み落としている。


獣から
脱するために


豆を食べる。


ポリポリ
食べている。

サポニンが
気になるけど


食べている。


めざせ!
根粒細菌合体ロボ

「たまねぎ中毒」アリルプロピルジスルフィド

すずらんの根に毒があったり
ユリも根に毒がある

ユリ科のクサイヤツラ
玉ねぎ・ニラ・ネギ・にんにく…


わたしはそれらに弱い。
(犬遺伝子があるのだろうか?)


とくに
「アオ(ガイド)」と出会ってから
小麦農薬や「ユリ科」が
ダメだ。

ワンちゃんも
たまねぎの
アリルプロピルジスルフィドの毒に
やられる。

ネギ類に入っている
アリルプロピルジスルフィド硫化アリルも)
赤血球を酸化させる。

どろどろ血の人は
血液サラサラになると
いわれるけどね

もともとサラサラの人は
赤血球が酸化により
破壊され


体内ソマチットのおうちの
カリウムを溶かし

高カリウム状態になる。



気が満ちていて
血の流れがいいなら

ユリ科は食べない方がいい。


※ネギ類を食べて
おしっこが臭くなるようなら
予備軍です。


硫黄の力は
破壊の薬。



加熱しても
アリルプロピルジスルフィドは
壊れない。
(硫化アリルは壊れる)


カリウムの化学式が似ている
ストロンチウム

もしかして
アリルプロピルジスルフィドにも
反応するかもしれない。


それとも
新人類種に変化しているためか…?!
「地球の毒素に敏感種」



たまねぎ中毒要注意!




ソマチットを知らない方は

ソマチット画像検索

インディゴチルドレン ソマチット
画像検索してみて。

血の中の記憶の浄化「足」

血の中にいる
微小生命体ソマチット

記憶もできる
マイクロチップ

ここに
遠い先祖からの
記憶がある。

ヨガや運動で
筋肉を鍛えて

血が巡ると
電子が回る

マイナスイオンが大好きな
ソマチットが
目を覚ます。

眠っていた記憶が蘇る。



最近「足を上げる」
運動をしている。

デスクワークだから
足元が血流が悪い。

どんなに
どんどんやっても
もみもみしても

「どば~」と血が流れない。

きっと
腸内の宿便のように

足の血管や体液の中で
ずっと眠っている
ソマチットがいたのか?

足を上げるようになってから
(胸より上に)

昔の記憶がどんどん
蘇って

怖い夢や不思議な夢や
過去の記憶が
どんどん回想されていく。

まるで
死んだ時にみる
「走馬灯」のようだ。

足上げで
血の中のカルマの
浄化をおすすめします。
(ちょっと辛いかもだけど)

やらなければならない
ことかもしれない。

謎の手稿は「医学書」

人間は血が回るから
生きている。

細胞に酸素を運んだり
こわれた細胞を
破壊したり修復したり

そうやって
生きている。


血はどこからできるのか?


「脊髄」です。


脊髄から
すべての血液が作られる。


脊髄神経は
すべての臓器とつながっている。
脊髄と臓器

脊髄から出入りする血は、
「母」のように
いろんな形に変化します。
(赤血球が血小板になったり、白血球になったり)


謎の手稿「ヴォイニッチ」にある
池の中の女性は
脊髄と血液

脊髄にいる
血液の元です。




血液は微小生命体「ソマチット」が
作り出している。(描かれている女)


そして各臓器と連絡を取り合って
生きるための循環をしている。

脊髄から赤血球




ヨガにおける
チャクラの活性化は
チャクラマーク

「おまじない」ではないし
「オカルト」でもない


「人体の取扱説明書」

ヨガは医学なのです。




超古代の人類は
「劣化」していなかった。

ガイドとつながり
生きる意味を知っていた。





コピーのコピーのコピー…が
劣化するように

伝言ゲームは
うまく伝わらないように


人類の取説は真っ黒でよめない。




今の人類は
「劣化」が進んでいて
なにもわからない




せめて
「脊髄」を
活性化しよう。


きっとみえなかった何かが
わからなかった古代の文献が

簡単に理解できるようになる。
脊髄のフエ
10star.jpg


シルバーコードを通過する「物体X」

肉体が滅びると
天に向かう
シルバーコードを
くぐると

臨死体験者は
いっている
天に昇る



そこを
くぐる「自分」は
どんな状態のものなのか?

魂とよばれる
重さ35gの
もの

物体X


だれしも
「ある」と感じるが

見えないものだ

そして
科学的証明ができない





きっと
脊髄に住んでいる
超微小生命体ソマチットの
「プラズマ」化したものだ。


脊髄の
穴から出入りして
暮らしている
ソマチット

臓器の正常運転に欠かせない
ソマチット=「気」
プラーナ

手術しないほうがいいのは
この「気」が出てしまうからだ。



肉体が死んだとき
プラズマ化したものだけが

意識を持ち合わせ
上昇する

シルバーコードをつたって…




この物体Xを
強化することが
とてもだいじ。

意識を持った
「プラズマ」



それが

毒キノコ畑「食欲は毒欲」

原発事故が起こる前


食品を選ぶとき
気にかけていたのは


①農薬

農薬は虫を殺す
殺虫剤猛毒だ!




②添加物

食品を長持ちさせるための
A.防腐剤

色をよく見せるために
B.着色料

味をごまかすための
C.化学調味料




③遺伝子組み換え作物


④鮮度


これをクリアできる食品は
なかなか無い。

そして結論は
「自家栽培」「手作り」だ。




3/11
たくさんの放射能は
大量に大地を汚した。

自家栽培も安心はできない。

放射能を測定する機械も
もってないし、
ひまわりみたいに奇形もある。
千手ひまわり


この畑のやさいをたべているけど

健康診断でオールAだった。





今回アオと通信不能になって
不安な心を、はげましてくれた
畑の「ユウガオ」さん。
ゆうがお


わたしたちの遺伝子を
操作しているのは
「ソマチット」

環境によって
「遺伝子を書き換える」

参照:
DNAは「思い」で変化する
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1156.html




途絶えるものと
進化するものは


「意思」の違いだという。



放射能に強いものが
海から上がってきたのだ。


日本人は「水銀」に強いという
データーがある。
それはたくさんの「水銀毒」に
苦しめられ、その中で
「負けない強い遺伝子が残った」という証拠。




今、目の前にある
「食品」はすべて「毒キノコ」だ。


どれもこれも
「毒ないもの」は「無い」


だけど
人類を生かしている
宇宙生命体ソマチットは
進化を望んでいる。


少ない毒を選んで
進化していこう。



食は毒



毎日「毒」を食べている。


食は毒



わたしはさいきん
小麦だけじゃなくて
「放射性物質」に反応する。

触るとわかる

そして食べると下す(即)



だから
少毒を選んで
少食にしている。



水だけはたくさん飲もう。
(酒もたくさん飲む)



新しく進化した「腸内細菌」は
固形物はいらない。


「気」を食べる。



※「食」はすご~く気をつけてMAXだという。(放射性物質)
※要注意!!

呪歌と祝詞

パワースポットで
自分の願いをとなえることは
呪歌


「お金が欲しい」
「商売繁盛」
「恋人が欲しい」
「権力が欲しい」
「嫌な人が不幸になれ」
…など


ドロドロな
エゴの周波数で

「プラズマソマチット」=
「純粋な気」は

動けなくなる。






純粋なものを
籠にしまって
封印して


人間は


低次元に落ちていった。







開放してあげよう。
「純粋な気」を
空へ

籠から出してあげよう。



自由になれ~





両手を挙げて
空を見上げる

祝詞



相手を思いやる
祝詞(のりと)

エゴのない愛




「雨」と「きゅうり」と「悟り」

雨が降ると
野菜がぐ~んと育つ。

きゅうりは
風船に水を入れたみたいに
1日で何センチも伸びる。
きゅうりくん


野菜ってほとんど「水」?


ああ、そうか
液体ソマチット=野菜なんだ。


ソマチットは
生物の「元」
ソマチット映像



やく石の癒 ソマチット マイナスイオン
https://www.youtube.com/watch?v=aKa8IPXUub8



ソマチットの種類は
①個体ソマチット
②液体ソマチット
③気体ソマチット
④プラズマソマチット
の4種類ある。

水と一緒だ。



血の中に流れる
液体ソマチット

肉の中にいる
個体ソマチット



ソマチットは
環境がいいと
元気に動く。


血の巡りがいい
健康な人の
ソマチットは元気。
液体のソマチット。


植物の中に
水の中に
魚の中に
血の中に
生きている。



環境が悪くなると
(血の巡りが悪い)と
固まる。
個体ソマチット。

肉の中に固まって
眠っている。
岩の中に
骨の中に
土の中に
固まって眠っている。





肉を食べるということは
個体ソマチットを
食べている。


野菜を食べるということは
液体ソマチットを
食べている。


森林浴は
気体ソマチットを
取り入れている。





人間は
個体ソマチットを燃焼し
液体ソマチットを作り出し


液体ソマチットを燃焼し
気体ソマチットを作り出すことが出来る。

出世ソマチット





気体ソマチットの生成は
「ライトボディ」だ。

「気」=「プラーナ」
神経細胞で(ポリプ)
「気」を作り出している。



菜食の方が
「気」=プラーナを
作り出すことが簡単。
手間いらず。


そんなわけで
肉食は「気」が少ない
=霊体が弱い。




気体ソマチットが
体の周りに
放射状に放出している人は


後光がさしているとか
オーラが強い
輝いて見える。

「気功」なども
できる。



そして



気体ソマチットを


プラズマ化する=悟り


=プラズマ体に
なるという。




固体で降り立った
隕石ソマチット。
地球生命体隕石


耀く暁のように
地球に降りてきた

堕天使
「地球生命の元」


最終形態に変化する。










参考
DNAは「思い」で変化する
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1156.html

第4形態「プラズマソマチット」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1146.html

体内フィラメントの活性化
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1143.html

日本ソマチット妄想学会(準備資料)
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1141.html





欲がなくなる=電離する

団塊世代は
欲深だ


飲み放題があれば
鬼のように飲む
体が壊れるまで…

タダでくれるといえば
いらないものまで
もらってくる

もっているのに
ほしがる。



元素も同じ。
原子核の周りに電子をもっている。

電子を手放したり
電子をもらったり




プラズマは
電子と距離を置いている



電離した元素。
欲がなくなった元素


=プラズマ





この世界は
電子で成りったている



電子のゆめ物語




電子はお金のように
やりとりされている。







お金がない世界はどんな世界だろう?




そんな感じで


電子のない世界を考えてみる。




電子に翻弄されない
存在になることが



悟りの境地だとおもっている。



電子に使われない意識



電子を操るプラズマ人=新人類

「集まれオーブ」お風呂会議

地上の
透明なオーブたちは
「水」が好き。

オーブは「気」であり
極小生命体「ソマチット」だ。

私たちの体にも入り
外にもたくさんいて

いろんな情報を
もっている。
「水」由来の生命体。

進化してない
地上のオーブたち。

地球の歴史をいろいろ
保存している。


家の中にいる
気の合うオーブを
「お風呂に全員集合!」


お風呂はラップ音の
大合唱。


「悟り広報部会議(世界共振作戦A)」
という会議内容に触発され

すごいのが来た。


鞭の「ピシーっ」って
音を出すオーブさん。

あまりに鋭いでかい音に
「うわあ」声が出た。
雷オーブ


そのムチサウンドの
ムッチーさんが

「潜在意識に印」と
わたしに言ってきた。


意識では認知していないけど
潜在意識で記憶させる
「サブリミナル効果」
みたいなものなのか?

霊体に直接
送信するというものなのか?


まだ詳しくわからないけど


3年もこのブログを
やってきたから

サブリミナルまでいかないにしても
「スプラリミナル知覚」の
効果が大である。


「知覚」から「行動」を
誘発させる効果。

「インディゴチルドレン メルカバー」
「インディゴチルドレン 異次元」
の画像検索でたくさんでてくるよ。
スプラリミナル知覚



ちなみに
ムッチーさんは
水由来の雷オーブ
電気を帯びている。
ムッチー

テスラも雷オーブから
いろいろ情報を聴いていたんだ。
宇宙人から聞いてたわけじゃない。
電気オーブから直接
電気のこと聞いてただけだ。
当事者から聞くのが一番正解♪

母川回帰命令始動

全生物の体内に存在する
生命体「ソマチット」

人間の血の中にも
存在する

永遠に生き続ける
ソマチット

体内のソマチットが
回帰をはじめる

生まれ育った川に
帰るシャケのように

回帰する

「帰りたい故郷」は
どこですか?
OB命令始動

血の中の生命体が
回帰をはじめる

「なつかしい故郷に帰ろう」

「母川」にて「遡上」を
するのだろう



首塚の首も
故郷に帰るんだね
封印を解いてあげよう
首回帰

三日月の湖にいるモンスター

三日月型をした湖がみえる

マーニーに出てきた古城がある


そこにはかわいそうなモンスターが住んでいる


西にある輪の結界を
大きな「光の玉」が封印を解く



どっか~~~~ん



三日月の湖から
モンスターが何千年ぶりに
出てきて


陰湿な汚れを一掃する




空から降り注ぐ
緑の光球


DNAは「思い」で変化する

原始地球にやってきた
地球生命の種

ドカ~ンと
地球にぶつかって
生命の種

細かく世界各地に広がった


地球の種が分裂して
たくさんの生命体を
育んでいった

古細菌

バクテリア

単細胞・多細胞生物





昆虫・魚類・爬虫類
哺乳類etc…

たくさんの多種多様な変容を
していった


全ての生命体に内在する
地球生命の種
ソマチット

記憶も司る
マイクロチップのようでもあり

環境に合わせて
変化できる
ソフトも内蔵している
ハードディスクでもある
カマキリ内ソマチット
花カマキリ

そして
DNAを変化させることができる
ソマチットチップ


最終形態
「人類」内在ソマチットが

「変化したい」と思ったときに
多種多様な変化を遂げる



ルーシー「神様はデザイナー」

映画ルーシーをみた


ニキータ、フィフスエレメントの監督
だから、見に行ったけど

よかった。ドンパチだけじゃなく…


もっと、全てに溶け込む崇高な感覚を
表現してほしかったが…



私たち人類は
あらたな星の「生命体の種」に
なるために相変移するんだ。


また1から
生命を作り出す。

今度は失敗しない。

長い時間をかけた
最高の作品をつくりだす


神様はデザイナー




急募!
デザイナー募集中!!

仕事内容:
何億何千年という長い時間をかけて
生命体をデザインする。

ポジティブでクリエイティブな
活気ある魂募集中!

第4形態「プラズマソマチット」

お化けがいるか
いないか?

わからないのは

証明できないから。

もしも
見えて、話せて
撮影できたら
確実に信頼できる。

除霊なども効率よくできるだろう。

「ソマチット」を知ってから

わたしの妄想は
妄想ではなくなった。

強い信頼が
「集中」を生みだす。

「気」が生きている生命体で
「ガイド」も「気」だ。

進化したソマチット
第4形態「プラズマソマチット」が
大きなエネルギーの雲なんだ。
プラズマソマチット

4つのエネルギー雲

「血が記憶する」意味

不死の生命体
ソマチット

人間の体に 
もれなく
存在している。

永遠に生きるなら

きっと祖先からずっと
生き続けているんだろう。

もしや
「記憶すること」も
出来るのかもしれない。


脳や内臓に記憶装置が
あるわけでなく


血液中に住んでいる
ソマチットが「記憶」
しているのかもしれない。

そうなると
「前世記憶」は「祖先の記憶」
ということになる。

ああ、だから「血族」に
こだわるのか。

体内フィラメントの活性化

フィラメント(filament)
って
「細かい糸状の構造」のことを
総称する。

人間の体にもある
体内フィラメントは
毛、筋肉、繊毛などに
見られる長い線状のタンパク質。

神経細胞もシナプスも
血管だってみ~~~んなそう。

体中がフィラメント。

そこに電気を流して
わたしたちは動いている。
電球

電気照明と同じで
電球のなかにも

金属の細い線
フィラメントがあって
そこに電気を流して
証明が光る。

わたしたちは
毎日光っている。

フィラメントに電流を通すと
マイナスイオン(電子)が
発生する。

血流を良くすると
「気」が巡る。
「体内ソマチット」が元気になる。

それだけで終わらないで

最大出力の電流を
体中のフィラメントに
流す。
(効率の良い方法がある)

莫大な
電子(-イオン)を発生させる。

という


壮大な計画を
妄想している。

タイトルは
「マウンテンフィラメント」

山の様に
土に栄養を蓄え
森を作り、マイナスイオンを
作り出し、雲を作り
雨を降らせ、雷を起こし
大地を正常化する。

土は体
森は体内フィラメント

体に力を蓄え
クンダリーニ昇華させる
(気体ソマチットの臨界
=プラズマソマチット製造)

「山になる」
マウンテンフィラメント

おおお~壮大だ。

日本ソマチット妄想学会(準備資料)

超マイブーム「ソマチット」


簡単に説明すると
「ソマチット」は


ガストン・ネサン
と牛山篤夫さんが

光学顕微鏡で
「ヒトの血液中に極微小な生命体が存在する」

ことを発見した。
ソマチット

人間だけでなく
バクテリア・動物・植物・昆虫…
すべての生物に存在する。

それも超古代からいる。
生命の起源なのだ。

超高温低温でも無酸素でも
硫酸の中でも
高圧でも放射能でも
死なない

不死の生命体
(宇宙空間でも存在できるね)


DNAも細胞も
免疫もすべて操っている


もはや

生物はソマチットが
集まって出来たもの。



古来より
「気」とよばれてきたもの。


「気」が顕微鏡で見えちゃいました!!




大感動!!!!!



なぜ感動かというと
すべてのことが

説明つくからです。


ソマチットは

マイナスイオンが大好きで
環境が良いと元気に動く。

微生物でできている
だから体中の血液が
巡ると電子がいっぱいで
ソマチットが元気になる。
気が巡る。


環境が悪いと
固まってぐにゃぐにゃ

もっと環境が悪いと
固まって眠る、そして
その場から去る

という。

ソマチットがいない=気がない
気枯れ=荒廃=病気=死
レッドドラゴン


グルグル回るものが
マイナスイオンを作り出す。

だから地球は廻っているんだね。

長年学んだ風水家相も
大気に存在する「ソマチット」を
上手く巡らせる手法。

盛り塩、炭
清めの塩も

イオンで浄化する。

みんなそうだ。


いいソマチットだけでなく
固まったぐにゃぐにゃは
「邪鬼」「妖怪」だ。
お掃除しないと居心地悪くて
邪気になるのか。

八百万の神は「ソマチット」なのだ。


地球に存在するすべてのものが
「気」=「ソマチット」で生成されていて

みんな同じ成分だ。

不増不減




今の地球は居心地が悪い。
だからソマチットは
固まって眠っているか、
良い環境の土地に逃げている。

気が抜けると
土地が死ぬ。


ソマチットは
水の様に変化する。


個体ソマチット
液体ソマチット
気体ソマチット


これが私たちの心だ。
3次元の心

個体・液体ソマチット=肉体の心
気体ソマチット=感情の心



そして新たなる
新ソマチットが
=神体の心


新ソマチットに変化するために
人間がつくられたんだと思う。



新ソマチットは
きっと

個体・液体・気体ソマチットを
操ることができるんだ!!


それが
全地球の上昇になる。


眠っている古代ソマチットを
揺り起こそう。


電子(-イオン)を増やす


「地球の気」を
変化させるために

人間は生きている。


脳内発火もそのためで
カルシウム(骨)にいる
ソマチット

結節にいる

だから、グランディを壊すんだ
(説明不足ですね)


うまくまとまらず。すまん。

血が騒ぐ







第2回目「Waterの衝撃」

マンデルブロ集合を
はじめてみたとき
マンデルブロ集合

ヘレンケラーが
「ウオーター」が
わかったときみたいな

全身カミナリが
ビリビリーンと走るような
衝撃だった。

1997年夏頃

最近知った
ソマチットも

これだった。

いままで点々でしか
わからなかったものが

ババーンと
クリアに分かった時の
衝撃だった。

感動で涙がでた。

超高温超低温にも
死なず
強い放射線にも
負けず
永遠に死ぬことがない
「ソマチット」という生命体。

手塚先生の「火の鳥」の
ムーピーではないか。

金八先生も熱くなって語っていた↓
武田鉄矢 ソマチット 宿る謎の生命体 三枚おろし ラジオ
これから
新時代の幕開けだ。

「気」を眼で見る時代。
霊=気
生命の神秘の謎が科学的に
解明される。

武田鉄矢 ソマチット 宿る謎の生命体 三枚おろし ラジオ

地球生命ソマチット

やく石の癒 ソマチット マイナスイオン
https://www.youtube.com/watch?v=aKa8IPXUub8
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR