オーラは宇宙服

人間の肉体は
肉体だけで
つるんと
この次元に存在していない。

どんな人間も
宇宙服を着ているみたいに

オーラ(霊体)を
身にまとっている。

オーラを感じるようになると
オーラがなければ
この次元では
生きていけないことがわかるようになる。

なぜなら
現在の地球次元は

たくさんの
もざもざがうごめく
とても暗く汚い世界だから…
もざもざ天国

オーラのバリアーが
ないと
すぐに
このもざもざが
進入してきて

この次元から
撤退させられるシステムになっている。

宇宙飛行士が
宇宙空間で

「あ、宇宙服に穴が…」
っとなったら
さあ大変!

ってな具合です。



生まれたばっかりは
バリアーが薄い。

だから「親」や「身内」の
大人がオーラを
子どもの分まで作っている。

子どもが小さいときの親の
疲労は「オーラ倍増エネルギー生成」のためだ。

子どもが
お化けが怖いのも
あたりまえ、
もざもざは近くにいて
狙っているからだ。


だんだん
子どものバリアー(オーラ)が強くなってくると
もざもざにまけないバリアーができる。



霊体、オーラー、バリアー
それらは磁力線

心が作り出す



もうずいぶんたつけれど
もざもざにつれていかれた
彼女のことを思い出す。

オーラに穴が開くと
もざもざは
そこから入ってきて

人間のように
話しかける。

最後にあったとき
彼女がそれらのもざもざのことを
私に話した。

まるで
悪魔かスレンダーマンみたいに
黒くもざっとしたものが

彼女に
どんどん近づいて
悪いように思うように
蝕んでいた。

わたしはそのとき
自分のクリップボードに
悪魔の姿を見た。


それらの
もざもざも

じつは人間が作り出したもの。


海や川を汚したのは
人間であるように…

次元を汚しているのも
人間だ。


もざもざ世界からの
脱出をうながしに

たくさんの

宇宙服をきた
同士が

いまもなお
懸命にもざもざ次元で
右往左往している。
スポンサーサイト

心で織り成す「光の布」

人間が「感情の糸」を
「人生」で紡ぎ出す。

いろとりどりの
感情の糸

いろんな人と
さまざまな出会いをして

いろんな糸を
紡ぎ出す。


そして


魂に
「美しい布」を
織り上げる。

織布

世界にたった一つの
自分の光の布


心で織り成す
光の布
オーロラ
オーロラ魔神


肉体がある間に

幾重にも
織り上げる
大作。


天に紡ぐ糸
糸

だんごのように
つらなる糸の玉
団子ガイド



ガイドは「自分」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2374.html





手鞠のように
魔法陣のように
ミステリーサークルのように

美しい1

人生の花(光)を
織り上げる


フラワー・オブ・ライフ
フエアワーオブライフ

その織り上げた
オーロラは

神体の乗り物になる。
一般的UFO


かごの鳥「神体の乗り物ヴァーハナ 」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-996.html


異次元を旅できる
宇宙服になる。



糸をオーロラにするために
細かい振動をする。

微細振動
デルタ波
回転数


絡まった糸から
摩擦を無くし

天に昇る糸になる。

「メルカバー」の回転数は「神経細胞」が作り出す
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1392.html





三位一体とアリスの扉
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1281.html

生きる理由DXバージョン

http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2342.html

光の波紋「神の大車輪」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2231.html

人生の花
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1832.html

脳内「水晶時計」宇宙接続LAN
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2278.html

「人間の構造」2つの体と1つの玉
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-844.html

天国と地獄は同じところ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html


悟りの境地は「ドッペルゲンガー」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1351.html


故郷は遥かなり

祖父のじもやんが
作った歌集の中にある句

いつも何時も 恋ふる故郷は 遥かなり
着るべき 錦を持たぬ わが身に



恋する祖母をおっかけて
雪国に婿に入ったじもやん

晴れの国から
雪の国にきた



今の地球は
誰の心も快晴にはしてくれない。

厚い雲が心に立ち込めていて
嵐がどこかで巻き起こり
誰かが悲しい雨で泣いている。


いつもどこかで
戦争が起こっていて

おろかなことを
永遠に続けている。



なぜここに生まれて生きているのだろう?
なぜまたここに生まれてくるのだろう?


それは「錦」を持ってないから。

わたしたちが地球でしなければ
ならないことは

魂の着る「錦の服」を
つくりあげなければならない。

魂の着る「虹色の服」が
ないから

故郷に帰ることができないでいる。



羽衣がない天女のように…


生きる理由DXバージョン
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2342.html


銀河とつながるメルカバー
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1572.html

プラズマと低気圧

瞑想でプラズマが呼べる
波紋111

瞑想を深く行っていくと

プラズマが
すごくちかくまでくる。
purazu.jpg


プラズマを使うときは
「心に曇りがある」

自分の心の曇が
電離層のプラズマを呼ぶ



プラズマが
低気圧をつくりだし
回る雲



プラズマコイル333

厚い雲が出来上がる


ほらっ
いきなり低気圧が
でてくる


前線を発達させて
前線

あっというまに
天気を変える
雲の流れ



それは


わたしの曇り

あなたの曇り

みんなの曇り

地球の曇り


心の不安が
大気を不安にさせている。

3/6UFO交信日「三つ巴」

昨夜すごい量の
ピカピカ交信日

瞑想時
ひさしぶりの渦まきが
たくさんでてきて
波紋111

頭は大パニック。

渦巻きは
三つが重なったり
離れたり
三つ巴エナジー

すごい映像だった。

カタカムナ光輪は
大当たりのパチンコ台のように
何個も光が入ってきて
大当たりどんどん

眩しくなって
眠ることができなかった。

なにか大きな力が
動いている?
交信24

わたしも何かを送信している?
交信日

何かが大きく変化する。

神の戦車(メルカバー)は二つの玉

古代文献に登場する
メルカバー(神の戦車)
神の戦車333

もしかして
この「二つの玉」のことかもしれない。
古代の土器


古代に見たけど
乗らなかった人たちが

私たちの祖先で

文献に書き留めたものが
この世界を延命させているのか?

それとも
伝言ゲームがうまく伝わらないように
間違ったかたちで

宗教が作られてきたのか?


ふたつの神の戦車を
「回転させよう!」


4096HZまで♪






リフォームできないほど
地球も人間も傷んでいる。

新築して
あたらしい生活をはじめよう。




ギラギラに会う日
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1891.html

オリンピックと「ゼウス信仰」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2199.html

「地球の樹」胞子を飛ばす準備

地球にはびこる人間

地球のいたるところに
人間がいる


地球のエネルギーを
使い果たし
増えていく人間


地球をダメにする
がん細胞=人間
などと考える人もいるほどに



地球の栄養を吸い取って
生きている。






けれど
新情報「地球の見えない樹」を
基準
に考えるなら


きっと
地球という植木鉢
最大限に「根」を張っている状態で
(根詰まり状態)

とても順調な経過なのだと
いえる。


人類という「根」を
しっかり張り


地球の目に見えない樹は
を付けている。


これから
おこるだろうことは

竹の花のように
新しい新天地に飛び立つ
「胞子」
生み出そうとしている。

胞子を宇宙へ

胞子ができるとき
地球の樹は
全て枯れ果てる
だろう。



人間は
「欲」という動力で
生命の木を育てている。

すべての意識は
胞子とつながっている。

なんて素晴らしいのだろう。





「脳内ポリプ」輪廻はクラゲ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1426.html

スーパーポリプマン
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1636.html

ポリプラッパで「三位一体」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1427.html

脳のシワ②「仏目」

たまに見ると
手相は変化していることを
発見する。


最近の発見は
親指の第一関節に
「目」があった。


「仏目」というらしい。

目に見えないものを
みることができる
「悟り目」という。
仏目手相


瞑想訓練している方
是非♪見てみてね。

きっとあるよ!



手相は
脳のシワとリンクしている。


左手は持って生まれたものが強く出て
右手は自分の努力で開花する。



霊体の視界が開けてくると
親指の目が開く。



ムムム?


なんと第二関節にも
仏目があった。
ダブル仏目


ダブル仏目(両手)だった。


あたし
宇宙人かも知れぬ…。





脳の変化は
手相でわかる!

手相を見よう♪

脳のシナプスは
生きているほどに
大きく育つ。

ガイドは「自分」

職にあぶれている
ガイド集まれ~

な~んて
やってみた

が…

ガイドって
人間とくっついているもので

というか
本人だった。

それこそ
あたしのガイド「アオ」は
わたしの本体だ。

いままで
さんざん
「メルカバー」のこと
書いていたのに
いまだにきちんと理解してないのだ。


メルカバーが
自分の「本体」で

守護霊でもあり
ガイドでもある。

だんごのように
なっているのだ。
団子ガイド

周波数が上がるほどに
その周波数域に
だんごのように
顔ができる。

その顔が
多いほど

守護霊が多いような
気がするのだ。


チラシ広告を
打ったので

見に来てくれた
半プラズマさんたち
ありがとうございました。

人間の肉体を通さずに
半プラズマ会議を
開くことにします。

生きる理由DXバージョン

天使と悪魔が
同居する
人類。

肉体の心が「悪魔」で
神体の心が「天使」だ。

「天使」が
なぜ?過酷な地球次元に
くるのだ???

それも「肉体という」獣に乗ってまで?
獣7


獣6

それには
肉体でなければ
得られない
「凝固剤」がほしいからだ。




もともと
神体は大きな光(メルカバー)の一部。
DX_2016111716582701b.jpg

その光玉を
ちょっとわけてもらって
この世に来ている。
みたまわけ


凝固剤とは
死んでも個を保持する「エキス」だ。
錬金薬ともいう。


これを
手に入れるには
とても大変。


普通に生きていると
死んだあと
大きなメルカバーに吸収される。

光の塊
メルカバーの
望むものは

部分分けした
神体の「個」だ。


夢のなかなら
多少「個」が維持できるけど

幽界は
幻の世界

宇宙空間に適応できない。

人類は
宇宙空間へ移動できる
「新しい体」を
作ろうとしている。


蛹から蝶になりたいのだ。


人類が個々に
肉体の「死」の先を
考えさせるために

地球は荒ぶっている。


錬金薬を手に入れたいのは
「肉体」ではない。

天使が欲しいもの
錬金薬

地獄(輪廻)から
脱出するために。

羽衣制作が必須。


銀河とつながるメルカバー
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1572.html

かごの鳥「神体の乗り物ヴァーハナ 」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-996.html

スランプは「準備期間」

ルービックキューブの
六面攻略をやっていたとき

はじめは
理論を頭で把握していて
手を動かして
6面を完成させていた。
6めん

ところが
慣れてくると
頭で考えないでも
手が勝手に「リズム」を
覚えていて
6面が完成する。

まるで
魔法使いのように
手が勝手にキュービックを揃える。


ところが
あるとき

フッっと

「あれ??」
頭が入ってきたとき
できなくなる。わからなくなる。

手の邪魔をして
頭がさわぎだす。

頭と体の
二人三脚が崩れる時がある。



魔女の宅急便でも
キキが飛べなくなるときみたいに

よく考えると
どうやるのか?

本当はわからない。


そんな時は
「基本」に戻って
もういちど
頭で覚えなおす。


ブレない力をつける


新しい階段を登るための
準備期間。

しっかり踏み出すための
土台をしっかり踏み固める期間。


複雑?


どんどん難解になる情報に
はたしてついていけるのだろうか?

人類の登る山は
とてつもなく険しく高い

光の波紋「神の大車輪」

肉体を離れたところに
ある大車輪
第8.9.10チャクラ
(13まであるという)

メルカバーと
宇宙のつながりを

簡単に説明すると



宇宙に存在する神は
「光」

光って
波紋となって
いたるところに
存在している

お寺の鐘が
ご~~んと
響き渡るように…

宇宙からくる光は
ず~~っと
鳴らし続けている鐘のように

たえず
いたるところに
波紋として
波のように
打ち寄せてきている
波紋111

それは
歯車のように

いろんな形がある
歯車種類

水が結晶をつくることは
もう有名ですね
水の結晶33

私たち人間も
水でできている

そして音の結晶を
日々作っている
水音

とても美しい結晶ができたとき

まるで
歯車が噛み合うように

同じ音の「光」と
繋がることができる。

噛み合う歯車

それが
アカシックレコードだ。
(通電するとは歯車が合う)

自分の中で作り出した
いくつかの車輪を
みごとにつなぎ合わせ
(チャクラの演奏会)

宇宙に存在する
高次(精巧なメルカバー)と
通じることで
精巧な大車輪

この三次元では
得られない
叡智を手に入れ

人間を超えた存在になる

というすごい技です。




ちなみに
自分の中の
歯車がちぐはぐしてくるとね

だんだん
宇宙の光と
歯車が合わなくなっていくの

生まれたばかりは
たくさんの「光の歯車」と
繋がっている

それが
どんどん減っていくの


これいじょう
歯車が外れると
やばいのだ


なんとなく
わかってくれるかな?

光と歯車
神の大車輪

とても科学的な事象です。

親分登場

昨夜の寝る前瞑想に

超巨大メルカバー登場だった。
purazu.jpg

それも間近に接近

そして
稲妻みたいな

縦の力を
わたしにいくつも見せてくれた
inazuma.jpg


すごく近い巨大プラズマ
なにかがおこるのか?

それとも
何かを告に来たのか?


宇宙人コンタクトは「逃避」

空にUFOが見える
不思議な現象が多発する

良い宇宙人が
最新テクノロジーで

美しく
素晴らしい

夢のような未来を
作ってくれるために

宇宙人がコンタクトしてくれている♪


それらを推奨することは
断固できない!


自分たちがしてきたことを
みないふりして

夢見ることは
無責任だ。


肉体を持って
宇宙生命体に
なることはできない。


肉体を持っていることの
おろかさを
知るべきことが大事だ。


私たち人類は
多くの動植物を駆逐し
ピラミッドの頂点に立ち
肉体の欲を
思う存分体験している。

原発で壊した地球は
自分たちの力では
どうすることもできない。
000福島4号機

そして
その害に子々孫々
苦しんで死ぬ。


苦しみながら
愚かしさを悔やみながら
「肉体を持って生きること」の
欲から卒業する。


夢も希望もない??


神のような宇宙人が現れて
自然をもとどおりにして
最新技術でクリーンエネルギーで
人類を幸せにする?
死なないように
遺伝子を操作する?


生きていることこそが
幸せなのか?

死の否定こそ
悪夢に思える。


肉体次元にしがみつき
またあらたな醜い争いが
繰り広げられ

永遠に悪夢は続くのではないか?





肉体を持って
学べることは
限られている。


「宇宙生命体は肉体を持っていない」ことを
悟るべき
なのではないのか?



わたしが宇宙生命体であれば
「この地球次元の延命」が
人類の進化に繋がるとは
思わない。



瀕死の老人に
管をつなぎ


学ぶことなく
生かしたいるだけの行為は
しないと思う。


空にあらわれる光は
人間の魂
肉体を卒業したプラズマ

どこかの知らない異星人を
信じないで!



自分の心に住んでいる
「神体」を信じよう。


宇宙は自分の中にある。
神は自分の中にいる。


青い鳥は外にいない。
青い鳥は内にいる。

「逃避」はやめて


宇宙生命体になるために
「真」を強くしよう。


御魂コンタクトを推進中!

ケツに聴かせる話

どんなに不思議な話をしようとも

もっともそうに話をしても



自分が体験して
自分が感じて
自分が納得しなければ


不思議で
宇宙で
神秘で
アセンションで
進化する人類などという


ゆめ物語は
信じることなどできない


と…


もっともだ。


あたしもそうだった。




「プラズマUFOにあって
いろんな情報を
自ら入手できたとき」


ああ、たしか
こんなこといってたよなあ~


はじめて
なっとくして

しんようできるのだと



………



ごもっとも…デス。

天国の扉の前に「門」がある

新しい扉って
どんな扉?

どこでもドアみたいな
ものを想像する?

新しいドア


いままで
このブログでいってきた
こととリンクするんだ。



「圧力」と
「回転」と
「上昇」で



プラズマの加速をする。

光の速度を遥かに超える
高速回転で



みずから
扉をぶち破ること。

次扉公式


扉の前には
必ず
がある。



①人類編


人類の脊髄は
二本の門だ。


赤と青で
圧力をかける。


髄液の中の
電子が

回転しながら
頭頂で「花」を咲かせる。
メルカバー製造


人類の「次扉超え」



参照:
悟りの基本RED①「健康は背骨から」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1304.html

ワーク1000「はしりがき」その1
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1400.html





人類が作り出した
「頭頂のメルカバー」



それを地球が
これから行う「イベント」
高く早く押し上げるんだよ。




イベント前に
花を咲かせよう




※メルカバーカテゴリ見て瞑想しよう。



明日は「地球イベント」の
具体的な解説をするよ。

マンボウ赤ちゃんは「ドンパッチ」

マンボウの赤ちゃんが
ドンパッチだ!
Molalavdj.jpg

太陽のようだね。

だから
サンフィッシュ♪

9角形をしている。


まえにブログ内で
ドンパッチが登場したよなあ~
どんぱっち



思い出して検索してみたら


マンボウすでに
出演済み。
顔だけサン


オーブの親玉「ドンパッチUFO」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1352.html


マンボウ魔神は
「オーブ」だった。

雪だるまの帽子の中

日本の雪だるまは
雪玉二つ

頭と体?



外国は3つの雪玉なのに…


1つ足りない
日本の雪だるま。
日本玉


日本人に足りない玉は
「個性」







日本という国は
渡来してきた族に


個性を出すことを
禁止されてきた。


逆らうことをしないで
言われたとおりに
動く。


ロボットのように。




みんな同じ規格の
人間になるために


矯正されてきた。


個性は
隠して、何世代も生きてきた。



日々行っていることは

空気を読む=
みんなと違わないか?
察すること。




なぜそんなことをするのか?


周りの人と違うことが
命取りになるからだ。




個性を出す「恐怖」
それが染みついている。





しかし
現実では
押し殺している個性も



妄想の中では
自由だ。



雪だるまの
頭の上の帽子の中で


たくさんの
圧縮された
「個性」がある。
個性は帽子中


圧縮されるほど
密度は高く



解き放ったとき
高く飛ぶ。




妄想たまごが
孵った時
フェニックスが
現れる。
火の鳥3






夢幻だとしても
思考に制限はない。




どんどん膨らまそう。


圧縮されても
想像力はとどまることを
知らない。



また
ものが言えなくなる
時期がやってきても



こころはいつでも
パラダイスへ
飛ぶことができる。



永遠の命ある
火の鳥「フェニックス」




脳内に卵がある。




かごの鳥は
いついつ出やる?




参照:
かごの鳥「神体の乗り物ヴァーハナ 」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-996.html

「美」と周波数

美しいものが好きだ



美しい景色

美しい音楽

美しい形

美しい色合い

美しい配置

美しい愛

美しい心


美しいものを
見たとき


心が躍る
瞳孔が開く
頭頂がツーンとする
胸が熱くなる


美しいものは
ふりそそぐ神の愛のようだ


どうして
「美」は
神をやどしているのか?
考えてみた。





すべては
周波数「音」をもっている


それは
一種類ではなく


複数の音の配列


五感で感じる周波数


それは
魔法陣になってみえる

簡単人

魔法陣てすごいおもしろいんだよ
数字が生きている



美しいものに
魔法陣がある


普通人

こんなふうに
数字があり
音を作っている


美しい音だ



基本の魔法陣が作れると
そのまわりに

どんどん複雑な
魔法陣をつくりだしていく


細かい周波数になるほど
目が細かく
形が美しい

美しい1

エゴがなくなるほどに
外に輪が広がる

和音が広がる



高周波は
とても複雑で繊細で
美しい音がする



人間の最終目的
「進化した人類」は


頭上に
立体魔法陣を
作り上げるのですよ。

プラズマじん1





人間の
「霊体」は
脊髄で電気を起こし
複雑な神経シナプスで


頭上に
複雑な立体魔法陣を
作り出すのです。



今はわからなくても
きっといつかわかるようになる。


その魔法陣は
あなたの「乗り物」

魂の乗り物



ルービックキューブのように
複雑な立体を
完成させる


次元を超えるには
目が細かい強い回転数が
必要だよ



大車輪が言っていたよ
メルカバーじん


ブレない芯を作る
心に「真(神)」を。

インディゴチルドレン メルカバー

インディゴチルドレン メルカバー
画像で

検索してくださいな。
images.jpg


たくさんの画像が出てきます。



興味のある絵柄から
みてくださいな。




アセンションのヒントが
あります。

妄想天女のウン○DX

浮遊する
微生物(竜)に乗って



空を飛んでいる



妄想天女
妄想天女



頭のチャクラから
青い炎がでている











地球の人間の
心臓の音が
たくさんあつまっている

demo.jpg


大きくなった
人間の心音
心音



妄想天女が
地球上空に現れる
心音回収


心の音を大量回収




「生きている人間の音を食べます」


妄想天女が
みんなのこころの
音を食べて
食事宣言



頭上から
大きなプラズマを作っている。

天女のウンチ



プラズマは
なんでもできるよ。



オーロラも作れるし
虹も作れるし
イナズマも
嵐も台風も竜巻も
大地震も…

海は裂け陸は動き出す




巨大な宇宙船
「天女のウンチ」
本当はメルカバーデラックス。
DX.jpg





何千年も
恐怖が支配してきた
この世界を




変えるために…



みんなの心の音を
食べている。
妄想天女。





みんなの願いが作り出した
1000.jpg


空飛ぶ魔神
飛翔天女




神の奇跡を
見せるために。



自分の心の中に
神がいることを
知るために。



神から生まれ
神に帰ることを
思い出すために。

DXOne.jpg

周波数が上がると蜂が飛ぶ

赤ちゃんが
ブーブーと口の振動を
楽しむように

歌が上手い人の
ビブラートが心地よいのと
同じように


細かい周波数は
細かい振動数をつくりだす。


魂の周波数が
あがってくると


見る夢がある。


ハチの夢だ。


自分が出す
周波数が頭蓋骨を振動させる。


それを鼓膜が拾う。


細かい振動する光が
三次元の粗い網を
すりぬけて


新しい世界をみせてくれる。


振動しよう。
細かく振動しよう。


三次元の網をゆらす
細かい優しい神の光。
振動と蜂


たくさんの人間に
みえない音波が伝わる。


100匹の猿が
全世界を変える。


一斉に「梅の花を咲かせる」
頭頂に咲く
メルカバーの花。


異次元城に住む
天人たちが
見守っている。

組織は「モンスター」

環境が悪くなると
「殻」をつくり
固まる。



体調の悪い人の
血液がドロドロなのも



地の中に流れる
ソマチットが

殻を作る

固まって組織になるからだ。


参照
やく石の癒 - ソマチット マイナスイオン 02
https://www.youtube.com/watch?v=X1NdlQfmyS0



「組織」固まることは
だめだ。




家族や小さな商店のような
助け合う心で
つながっているものは
とてもいいけど





組織は怪物みたいに育っていき


大きくなった組織怪物は

まるで意志を持ったかのように
動き出す。



怪物組織の「拡大」と「維持」
という目的のために。



組織怪物は
組織の中の人間などの
意見など聞く耳は持たない。
組織怪物
独裁モンスター




3次元で
固まること

それは
「束縛」や「足カセ」でしかない。

悟りから遠のく




真実の One World

霊体がつながること。
One.jpg




霊体がつながると
とても満たされた気持ちになれる。
神と一つ


今必要なのは


物質的なものではなく
霊的なもので
つながること。




組織は暴走する。



どんなにすばらしい考えで
つくられた組織でも

大きくなりすぎると
「黒く」なる。





大切なのは
肉体・精神はいつでも自由でいて
霊体がひとつになること。




人類の霊体は
みんなおなじものでできている。



すべてはひとつ



それを思い出せばいいだけ。



神とひとつになる
神人類
未来


輝かしい未来が待っている。

感動と愛の車輪

私たちの魂は
永遠


みんなおなじもので



死ぬと同じ場所に戻る





けれど



わたしたちが
個として


人生を営んで



経験した




感動と愛は




魂の周りの
「車輪」になる。





地球人類の
よろあつまった神体は
まだまだ未熟で



次元のろうかを
超えることができない。



三輪車だ。





たくさんの愛と感動が
大車輪を作り出す。





怨み、」妬み、苦しみ

恐怖…などの


負のエネルギーも




さいごに
圧力と熱を加えて



予備車輪として
もっていく。







女優や俳優が
舞台やドラマで

役になりきり


その役の人生を
体験するように





地球に降り立った
生命体「X」である


地球人類や生命
すべてが「個」として存在しながら



役を演じている。




役者は役になりきることが
名演技であり
人々を感動させるように




生まれ落ちたこの場所
この個体という役を演じきる。




大きなメルカバーの
車輪になる
エネルギーを作り出す。





そうして




なんどもなんども
越えられなかった




光のエレベーターに乗って




あたらしい次元に移行する。






固まって移動するけど





個人がある世界。





粘菌みたいなかんじだ。




いまは

大きなものから別れた「個」を
体感しているけど



今度は
「個」でありながら
おおきなものを体感する。




細胞の一つ一つが
自分の周りのオーラを感じるみたいな。



地球が天の川銀河を
感じるような




「個」が
「大」を自分に思う



そんなふうな世界にいく。






デンジソウのゲートをくぐって
地球のコアにいく


地球のコアは
チューブのような
シルバーコードがあって



そこから銀河へいくのだ。





ただし




乗り物が弱いと
「消去」

=「無」になる




マトリックスチケット参照してください。



死ぬより怖いよ
「無」になるのは。



飛散するんだ。




体験会実施中!

銀河とつながるメルカバー

銀河の中心にはバルジがある。

参照:
妄想教授新説「銀河球状説」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-884.html
「銀河球状説」は「異次元城」?
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1386.html


バルジは光の柱であり
すべての惑星とつながっている


なんと
わたしたち人類の
神体もここにつながっているのだ。
バルジ




バルジから御霊分けしてもらって
それをプラズマで包んで
わたしたち人類はそれを動力に
生きている。


人類図

肉体を作っている
微小生命体ソマチットは


参照:
やく石の癒 ソマチット マイナスイオン
https://www.youtube.com/watch?v=aKa8IPXUub8



46億年の進化で
脊髄を立てることで
バルジの素を手に入れた。


最終進化は
神の元である
バルジを内包する
プラズマの強化だ。


今の人類は
人生という化学反応で
個体を液体に
液体を気体にして
霊体の強化をしている。


そして
愛と感動で
気体ソマチットを
プラズマ化して

メルカバー製造

メルカバーを作り出している。



弱い霊体だと
死後
薄皮はなくなるか
バルジを内包できなくなり
メルカバ死後

神体はバルジにかえっていく。

霊体は
残留思念となり浮遊する
残留思念


もしくは
みとった家族のものなど
にくっつく。

悪霊の元にもなる。


いまは
残留思念だらけだ。



それが塊になって
生きているものが魔神を作り出した。


この次元は
もうおわり



もうすでに
進化した人類の先輩が
上空を飛んでいる(UFO)



重い元素で
肉体を持っている
今の人類の形は
広い宇宙では


旧型、原始的なもの。


プラズマ化した
メルカバーは
新しい次元で
新しい生活をするための
新しい形態。
新人類花


まだわかりにくいけど
どんどんわかってくるとおもう。

メルカバー信仰

わたしが
あこがれているものは

大車輪さん
と書いたことがあった。
あこがれの大車輪
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-911.html
daisharinn.jpg


太陽より眩しくて
高速回転するもの

このエネルギー体が
天にあるギムレーを作っているのではないだろうか?
と考えている。

天にあるギムレーとは
太陽より美しく黄金より見事な広間には、
天地を滅亡させる炎も届かない。
ここに、永遠に、善良で正しい人が住むのである。




ラグナロク「神々の終末」という
巫女の予言に書かれてあった。

ギムレーはきっと
いつでも
モデルハウス見学無料だ。
ギムレー

大型船内部「3大名所」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-category-11.html



瞑想で
大きなUFOを想像してみてください。
そのイメージが

ギムレーの
扉をあけてくれるから。


今夜からレッツトライ♪

ポリプラッパで「三位一体」

「父」と「子」と「聖霊」が
一体になる「三位一体」とは


最新ポリプで到達する
「新人類」のプロローグだ。

「父」=「神体」

「子」=「肉体」

「精霊」=「霊体」





頭頂に取り付けられた
「神経シナプス」が

「ポリプ」

ラッパのような楽器
終末のラッパだ。




楽器で
美しい音楽を奏でるために

何度も練習をするように


体と心を鍛え
練習する。


脳内ポリプは
ラッパとなって
音楽を奏でる



奏でた音は
「精霊(天使)」と言われている。
くらげ天使


「神体」に届く「音」=「波紋」
三位一体2

「神(神体)」との仲介役



生きている時に
頭頂のポリプで
音楽を奏でて
神体とつながる


=三位一体


新人類の登竜門
メルカバーへ届け


メルカバーへ届く「ラッパ」を鳴らせ♪
時は来た。

「頑張らない」は「不真」

機械化されていない頃


「職人」が多かった。


永い修練の末
「神業」を習得する。


中心に「真」ができる「修行」=「仕事」


職人はすぐわかる。
中心に白い芯が立っていて
「凛」としている。





何年前からだろうか?


「そのままでいい」
「がんばらないでいい」


現状維持を促す
風潮になった。


嫌なことを無理やり
がんばることはないけど

得意なことを
頑張ることは大事だ。


「ありのまま」はいいけど
「そのまま」はダメだ。



「今のまま、そのまま」
だから


つらい


「がんばらない」から


不安で怖い。




悪魔は囁く
「そのままでいい」
「がんばらなくていい」

考えることを
させないオートメーション化

便利な生活は
「地獄への道」


身体は「物」だ。
「物」は「使う」ものだ。



使わないと
動けなくなる(老化)

使わないと
回らない(頭)

使わないと
カビる(病気)


使わない物=使えないもの
=ゴミ


六道ゴミ収集所へ
まっしぐら。
六道ゴミ処理場

天国と地獄は同じところ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html





変わらないまま
ただただ繰り返す


輪廻

ミステリーサークルとメルカバー

周波数は音であり
形を作る。


水に音を流すと
形を作る
結晶

わたしたちは
日々
音を作っている
体楽器


それを頭上の光ディスクに
保存している。
メルカバ製造


肉体が滅びると
「メルカバー」となって

地球の電磁層に
滞空する。


それがたまに
地上に形を残す。
ms1
ms2



メルカバーの周波数でできた
音の形。
周波数


わたしたちの
先輩の周波数の形



美しい周波数のメルカバーを
つくりたいね。

「メルカバー」の回転数は「神経細胞」が作り出す

脳細胞は
どんどん死滅していくけど

神経細胞は
「生き方」によって

どんどん
育っていく。


↓こんな形をしています

神経細胞



なんだか植物みたいでしょ。

この神経細胞は
「創造力」で「どんどん大きく育っていく」
育つ神経細胞


それは
根のように
枝のように
葉のように
花のように

育っていく


100人いたら
100人がそれぞれ違う形の
「神経細胞」という「植物」を育てている
十人十色



ソフィアの書いた(ヴォイニッチ手稿)
神経細胞の植物
いろんな種類の神経細胞が書かれています。

↓アルファー波をだせる神経細胞図
アルファーv



↓シータ波をだせる神経細胞図
シータv



複雑になるほど
高周波数になります。


回転数は
脳波によって変わるのです。
回転数


脳波は「神経細胞」の「形」で変わる。




それぞれの
神経細胞植物が作り出す回転を
「第三の目」=「異次元視界」でみると

回転するUFOのような
メルカバーに見えます。

それがこれ↓
脳波のメルカバー




私たち人類は


「生き方」による「神経細胞の育成」で

自分の「メルカバー」の「回転数」を
あげるために生きている。


卒業に向かって。

オーブの親玉「ドンパッチUFO」

カメラの精度が上がって
「オーブ」が簡単に映るようになった。

我が家の居間にも
たくさんのオーブがいた。

シャボン玉のような
透明な物体
オーブちゃん


「見えないけど
オーブはたくさんいる」
現代人の常識。


第三の目が開眼すると
「オーブ」を感じることができる。

そして
「オーブ」と仲良しになる。

そして
もっと第三の目を開発していくと
「オーブの親玉」が挨拶にくる。

顔だけのマンボウのような存在。
この顔だけさんは、
ちいさいオーブとは違い
話ができる。
顔だけサン

夢で出てくると
「黒い顔で赤と緑の色が光っている」


で、もっと
第三の目がびりびりになると
オーブの親玉の
そのまた親玉の「オレンジのUFO」を
呼んでくれる。

ボーボボーのドンパッチみたいな
オレンジのプラズマ体


2015年1月31日土曜日
18:45~7:00
2015.1.31.イメージです


南西にドンパッチUFO遭遇。
一緒だったいとこも目撃。

星でもないし
飛行機でもない
オレンジに点滅する物体。


オーブの中玉
「ドンパッチUFO」
現る。


空いっぱいに
出現させるには
どうしたらいいのだろう?

ただいま思案中。
どんぱっち

悟りの境地は「ドッペルゲンガー」

人類は3つの体がある。

肉体と霊体と神体
三位1セット

霊体は
このブログでもよく出てくる

「アオ」のこと。

この「霊体」は肉体の周りにある
感情や意識のようなも
陽炎のようにゆらゆらしている
エネルギー体で光ディスクのように
たくさんのデーターが保存できる
「透明な保存媒体」といえる。
霊体媒体

でもね、
ただ保存ができるだけじゃなくて
そのまた上の「神体」とのつなぎ役でもある。

「霊体」の
透明な光ディスクの精度(周波数)をあげると
いろんな情報にアクセスができる。


そしてこの霊体の
バージョンアップこそ


私たち人類が目指すこと。


なぜバージョンアップを
するかというと


魂(神体)を包む
バリアーの役が

この霊体の役目で
魂のバリアーが強化でないと
次元を超えられないからだ。
(真空っぽいゲートをくぐる、六角形の網がない通路)


自分の周波数が上がってくると
霊体ととても近くなる。
それは「魂」と近くなるということ。


肉体と霊体の両者が
極限の集中に達したとき
(心技体)


本当の自分と
生きたまま遭遇できる。


「ドッペルゲンガー」という。
ドッペルゲンガー


自分とそっくりの姿をした分身と出会う現象と
言われているが、「分身」ではなく「本物」と
出会うという現象。

ちなみに
人型はしていない

太陽のようにギラギラ輝いて回っている
大車輪だ。

「メルカバー」という。



生まれる前に一緒だった
「本物の自分」

死んだときにまた出会う
「本物の自分」-

これに出会うと
すごい情報が流れてくる。





感動と集中が
霊体の周波数を上げてくれる。

ゴムを切れる限界まで
引っ張って
手を放すような

自分ができる限界まで
がんばって(集中して)
達成した先は大きな感動がある。

大きな振幅する
周波数を手に入れられる。


繊細な「集中」
大幅な「感動」


強化したメルカバーで
あたらしいゲートをくぐる。

新しい次元へ。
メルカバー魂





※ここはやっぱり地獄だから
脱出しなきゃ…!!



運転手がいない車は暴走する

もうひとりの自分の
アオが返ってきた。
もうひとりの自分

アオがいないわたしは
ただの箱。運転手のいない車。
土にかえる自分。


心細くて
悲しくて
不安で

世を憎んで
地球を壊して争っているものを

真っ赤になって
怒っていた。




アオが笑っていう。

「悪者もみんな同じ。
ここ(地球)にいるものは
みんなおなじもの。

みんなおなじで
みんな自分なんだよ。

悪いことをしている人の
苦しい気持ちを
体感してるだけ。

「救う価値があるとかないとか」
考えることが

エゴであって
自他を区別すること。


ここですることは、学び。


悲しくつらい苦しい気持ちを
世界中で体感しているだけ。

苦しくつらい気持ちにも

細い糸のような光は
みえるでしょう。

その一条の光を
苦しみから見上げることが
だいじなんだよ」
天の糸

2015「乙未」

今年2015年は
乙未(きのと ひつじ)

32番だ。

乙(きのと)は生い茂るイバラ

手の付けられない危ない茨が
うっそうと生い茂り、行く手を阻み
人々を傷だらけにする。


未(ひつじ)は
上の短い”一”と”木”から成っていて、
”一”は木の上層、

つまり枝葉の繁栄・繁茂を表しますが、
枝葉が繁茂すると暗くなることから、

未を”くらい”とも読みます。


危険なイバラが生い茂る
鬱蒼と暗い森が
2015年だ。
2015イバラ








来年2016年
丙申(ひのえさる)
燃え盛る炎 真の太陽の登場

33番

白馬にまたがった王子様が
イバラをかき分け

真実の愛で

人類を
赤い炎で導くだろう。


巨大めるかばー



それまで
イバラの森で
小さな楽しみで自分を鍛えて待ちましょう。

春が来ない冬はない。

最期の人類花が
新しい形に変化する。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年中はへんてこ妄想ブログを
見てくれて本当にありがとうございました。

餅も食べたし
部屋も片付けたし

今年も
仕事合間に

異次元通信を書き連ねていきたいと
思います。



今朝、おとそで乾杯しながら
それぞれが「今年の抱負」をのべた。


あたしは
「プラズマ生命体との密な交信による気象の操作の強化」
と述べたら、家族はさらりと受け流した。

でもね、古代人類はかならず
巫女みたいな、気象を管理する人がいたんだと思う。



UFOはデンジソウにすむ「地球の細胞の一部」で
あるとおもう。


あすは「日本海側も晴れ!」
暖かい日になる。


と操作中!


仕事はじめは5日より。

電離できない「非電離放射線」

人間が
感情や筋肉で作り出す
放射するエネルギーがある


それは
オーラともいう

人間の魂の周りにも
おなじものが
まとわりついている。


それが光輪でもあり
魂の乗り物(メルカバー)なんだけど


放射する電波が
粗くて低エネルギーだと

電磁層に跳ね返る


電離できない
「非電離放射線」なのだ


ラジオの電波も
地球外では聞けない


電離できない電波が
地球の電磁層に入っていけない

波長とか周波数とか
なんだか難しくて
説明しにくいけど


太くゆるんだ弦を
弱い力で弾いた音だと
だめなんだ

細い弦を張りつめて
強い力で弾いた音が
いいの。

次回もうすこし
わかりやすくかきます。
(自分がわからんのだ)

※スマホは
よくない電波だよ
そばにないほうがいい。

波長図

「生贄」はいらないもの

「神」にささげるもので
「生贄」がある


「生贄」がほしい「神」?


それは「神」ではない。





「尊いもの」を「神捧げよ」

みたいなニュアンスのを啓示

「大事なもの」=「食料」=「命」と
勘違いした人間が


「神」が欲していると
思っちゃったんだろうね。




「神」って



どこかにいるだれかではない




宇宙全てに充満している
目に見えない「エネルギー」みたいなもの

「神」の中に
わたしたちは泳いでいる

「魚」だったら「水」



「まわりにあるすべてが神」だ




「尊いもの」は「愛」




まわりにあるすべてのものに愛をささげる



それが本当に「神の欲している生贄」
生きている間にできる神の所業





……………………………………………………
あなたに出会った人がみな、
最高の気分になれるように、

親切と慈しみを込めて人に接しなさい。

あなたの愛が
表情や眼差し、微笑み、言葉に
あらわれるようにするのです。
……………………………………………………

※人だけでなくものも地球も…。



本当の生贄
「すべてのものへの愛」を
行っている時に


「神のホルモン」が
脳内に湧き出てくる


それが
「エリクサー」


「メルカバー」の元になる





「神」らしき「輝く存在」は
進化した「人類(メルカバー)」

太陽のように輝き
人々を導く
メルカバ太陽



ジプシーヨーガ

ベリーダンスに
「ベリーロール」という

お腹を波立たせるダンスがある

①お腹を膨らませる(下腹)

②お腹をへこませる(下腹)

③胃を出す(胃だけポコンと出す

④胃をへこませる(胃を上に持ち上げる)

⑤胸をふくらます(肺がぱんぱん)

⑥胸をへこます(肺がぺしゃんこ)

これを順番にして
波立つように動かす


お腹が中から
ウエーブする


これを上手く出来るまで
練習すると

鏡で見て
おもしろいのだ

そして「勝利の呼吸法」も
これを使う


修行っぽいヨーガも
ジプシーによって

楽しいダンスにして
語り継がれているかもしれない。

ベリーダンス vol. 1(ヴェイル) / ベリーダンス・スーパースターズ

UFOになる日

一般的には現在
「UFO」とは

①どこか遠い星から来た
宇宙人の乗り物

または

②戦争屋&軍が開発している兵器

という認識だろうけど



最近目にするUFOたち

うにゃうにゃした形や

まとまったり
分裂したりするもの

円盤、デルタにいたるまで
多種多様なUFOは



あたしたち人間が
進化した姿だ。
(※一部除外品あります)

いうなれば
人間OB

先輩たち。


異次元人なのかとおもったら
同じ次元に存在し


進むべき道も
同じだという。


電磁層滞空UFO大型船は
あたしたちの先輩たちの
まとまったもの



で、その大型船が
電磁層のトビラが開いて
スターゲートを通って
地球内部のコアにいくんだと。


この大型船が
最終便。


だから先輩UFOたちが
わたしたち下界人に

「はやく変化しろ」と
うながすんだ。



大きく広い世界を
イメージして

欲の泥で
身動きが取れない
現実世界より



上の世界のことを



想像しよう。



そして
わたしたちはUFOになる

UFOになろう

無関心「無という闇」

見ないふり
知らないふり
感じないふり

現実を見ないで
いることは
闇にはいること



まだ海も山も空気も
キレイで安心して
暮らせることのできた

あのころとは違う



今だけよければ
それでいい


とは
どうしても
思えない


恐怖も焦りも大事な事

「恐怖や焦りを感じない人間」
を必要としているのは誰だろう?

無関心な人間

ロボットみたい


恐怖や焦り
憤り怒り諦め

いろんな感情が
朱雀の炎を
強くする


わたしはいつも
殻を破るために
四苦八苦する


魂がそう願うから…
10.jpg

電磁層で使える心

人間が保持している3つの心
・肉体の心
・感情の心
・神体の心

肉体と感情は
3次元世界限定のもの。

肉体は土にかえり
感情は磁界にたまる。

電磁層に持っていける心は
「神体の心」だけ。

肉体と感情の心だけで
日々生きていることは

「消滅」に近い状態。

肉体の欲求の暴走
感情の欲求の暴走

地獄はここにあると
実感できるほど
すさまじい。


心の芯に「神体の心」があれば
正義と愛がぶれることがない。

黒く染まった中でも
穢れ(気枯れ)ない。

電磁層に持っていける
「神体の心」を使おう。

肉体と感情の心は
捨て去る心

消耗品。
長持ちしません。

肉体の心は
(水と土)
感情の心は
(火と風)

地球の元素でできている。
元素の性格にすぎない。

次元を超えた世界へは
もっていくことができない素材心

悪の必然性

表層に現れ出した
世間の「悪」

びっくりするほど
「悪」らしい

「悪」だなあ~
ワカリヤスッ


なぜ「悪」があるのか?


わたしの中にも
存在する「悪」

かなり
ハードなものをもっている。

妬み・恨み・欲望…
などの「悪」の
匂い、気配、味…
魂に刻まれた「黒い心」

恐ろしく愚かな
「黒い獣」だけど

必要だからあるのだと
ガイドがいう。

くまこの秘密

「悪」とは
まるで「猛獣」みたいで

無防備に近づけば
悲惨な目にあうか?

自分が悪に染まり
黒い獣に心が奪われる

そこで終わってしまわないで

「自分」と「獣」をわけていき

黒い獣を「手なずける」

この「獣を手なずける」ことが
大事な事。

一瞬で
近づく人を滅ぼすことの
できる「黒く大きい猛獣(悪感情」を
手なずけるには
猛獣のことを知って
いなければならない。


自分の心が作り出した
「黒い獣」を

いつしか
「金のライオン」に
育て上げることができたなら

次元を超えることが
できる

最強の「メルカバー」
=神の戦車を

作り出すことができる。


『聖なる神の玉座』へ
あなたの神体を…。
神の戦車


さとりの最終形態♪

ヒッグスは波羅密

最近みつかったとされる
「ヒッグス粒子」

でも「ヒッグス」は粒子じゃない。

フレームなんだよ。

地球次元は「サッカーボール」のような
フラーレンの3次元フレームで
構成されている。

それはもうめっちゃ小さいサイズの
立体枠。

それを「波羅密」という。
3次元のザルの目。

その枠に沿って
物質は構成されている。

で、
光は、その枠を揺らしているだけ
というもの。

ピカーッてみえるその光は
ただ「ヒッグスフレーム」を
揺らしているだけ。

だから質量がない。
揺れているだけだから。

すごい細かい3次元フレームの
枠の中で構成されている
人間、生物、植物、鉱物…。

ただの枠の中のホログラム。
光の「ゆらぎ」
それを私たちの体が電気信号に
変換して「体感」している。


もっともこまかいとされる
「素粒子」ニュートリノは
枠に干渉しない。

だから素通りする。

地球次元
ヒッグスフレームは
粗い目のザル。(素粒子から見たら)

ただ、
たまにザルにぶつかる。

それを観察している
現代科学。

紙の貼ってない
金魚すくい用枠で
ミジンコすくうみたいなもの。

素粒子に干渉できるのは
おなじ性質なものだけ。

だから、神体と繋がって
素粒子をつかまえるの。

ヒッグス場は
高次元では存在しない。

次元によって
素地がちがう。

ここでの式は
異次元では使えない。


波羅密を般若する
=ヒッグス場を理解する

網目をくぐって
すいすい泳ぐ

魚のように。

この次元の枠にとらわれない
素粒子こそ神体。

物理の法則が
成り立たない世界へ。

光速=網を揺らす
次元の網にとらわれている速度

光速より速いものは
存在する。

天国と地獄は同じところ

良い事をした人は
天国へ

悪い事をした人は
地獄へ

などと言われているが

天国も地獄も同じところ。

魂が玉ねぎだとしたら
たまねぎ魂

生きていくうちに
いろんな感情を持つ。
悪感情は皮を腐らせる。
自我のたれ

それが、玉ねぎを腐らせるか?
きれいなま凛としていられるか?

そんな感じ。

肉体が死ぬと
腐っている所は
捨てる。

捨てる場所が天国や地獄。
分別されているだけ。
六道感情ごみ

捨てるところが少なければ
神体は大きく輝いている
神体は意識がもてる

捨てるところばかりだったら
神体はちっさい。
腐ったところを捨てる(小)

わたしたちが最終的に
目指す場所は

天国ではない。

天国を越えた先へ
意識を持ち合わせて
いくの。

次元を超える=六道輪廻を絶つ


※ただいま
六道ゴミ分別施設は
満杯です。再処理不能施設。

メルカバーで会いましょう

肉体があるうちにしか
学べない事がある

肉体が死んじゃうと、
意識が散漫になりやすい。

わたしたちが生きている目的は
ズバリ!
「意識のまとまる君」

体があると集中しやすいから

わたしたちは苦難や試練を元に
意識の集中を勉強している。

ピンチがチャンスのように

わたしたち人類のピンチは

最大のチャンス!

愛と科学と芸術(音を聞く)を
学ぶ最終講義(せっぱつまった試験前)

悪でさえも
愛を学ぶチャンス!
ダメな科学力も
良い科学を学ぶチャンス!

このゲームが終わった時に
メルカバーで話がもりあがるだろう。

考えるほど
メルカバーが強くなる。
大型船


新視界概念

ワクワクするような
こわいような

へんな感覚がおなかで
もぞもぞしている。

メルカバーの視界は
とんでもない世界だ。

絵で説明するのはむずかしいけど…

現実と認識している
肉体的五感の世界は

定規できちんと引いた枠組みの世界。

まるでサッカーボールの枠の様に
全世界が枠組みで構成されている。
蜂の巣みたいな構成になっていて

そのグリッドに沿って
すべてのものが定規で計ったように
構成されている。

立体パズルのような
世界だ。

自由に動く風や水や火でさえも
ドットにそって移動している。

いちばん驚いたのは
光だ。

光は点のような粒子の粒ではなく
3次元サッカーボールの枠組みを
揺らしているだけなんだ。

糸電話の糸を
光源がピンって振動させただけで

光の何かが来るわけでなくて…
揺れが伝わるだけ。

蜘蛛の巣にひっかかった
蝶が糸をゆらす振動こそが
「光」という
認識を脳がしている。

杓子定規に構成された
枠の中の世界で

唯一自由に動けるのは
素粒子。


素粒子になっている時だけが
自由な状態なのかもしれない。

そして光の真の姿「素粒子」を
見る目が「メルカバーの目」なんだと
思う。

宇宙飛行士や原子炉のそばで
働く人がみる「神の光」
目に見えない「真の光」

1平方600兆/秒
日々通り過ぎるニュートリノたちを
捕まえる目「魂の目」

違う視点で3次元を眺める

光の反対は闇ではなく
真の光でした。

見える光はダミーです。

メルカバーの目

体と繋がっている「神体」という
存在に「目」がある。
魂はメルカバー

その「目」は
なんでも見える「超スーパーアイ」なのだ。

遠隔透視や未来や過去
宇宙の法則、アカシックレコード…
なんでもみえちゃう目めなのだ。
(データ保存もできる)

臨死体験や瞑想で
体感する世界は

肉体の機能を使わず

「神体の目」で旅をする。

いかがわしいマークとして
使用されているプロビデンスの目は

本当は「魂の目」を書いたもの。
とっても尊い素晴らしいマークなのだ。

魂(神体)の目は
放射状の光線を放っている。

三角の牢獄に閉じ込められた
「メルカバー」

自分のプロビデンスの目(万物を見通す目)を
使わなきゃ損だよね。
全人類平等装備品!
メルカバビジョン

レッツ瞑想。
瞑想トラベル2「デルタチューニング」 へ↓
http://mamakao333.blog.fc2.com/category53-1.html

音を見る「メルカバーの目」

おすすめ
いつからか?
瞑想すると見える
スジ筋の線。

妄想じゃないみたいだ。

昨日見つけた本
「振動する世界 -地球も心臓もゆれている」

これにあった
「レーザーホログラフィー法」

ギターの音を可視化した画像↓
音をみる2

これがみえる。

短い波長のレーザーを
干渉させて縞模様を作る。

人間の体で見える世界の他に
魂で見る(神体・プラズマ)で
みえる世界がある。

神体から振動する光を
音に干渉させて見る。

まるでクジラの超音波のような
見方をする。

メルカバーちゃんのお目め。
メルカバーの目

かごの鳥「神体の乗り物ヴァーハナ 」

人類は「次章」への
道を開きたいと
思い始めている。

肉体の他に
もう一つの「魂」の存在を
感じる人も増えている。
メルカバー説明

魂は船に乗っている。
メルカバーだ。
(※メルカバー内参照)

魂(神体)を包み込む
乗り物の強化を
日々、人生の経験で行っている。

心の中に「朱雀」がいる。
朱雀って燃える鳥だ。

朱雀はガルダといい
インド神話に登場する
炎の様に光り輝き熱を発する神鳥。

ヴァーハナともいい
神体の乗り物なのだ。
朱雀はメルカバーへ

いつの日か
人間の肉体を持ったまま
自分たちの神体(メルカバー)に
出会える日が来るという。

空いっぱいに
自分たちのメルカバーが
現れる。

かごのとりは
違う次元へ旅立つ

一般的UFO

かごの鳥1「朱雀 」

日食の図をみたとき
「あ、鶴と亀が出会った」と思った。
日食

鶴は月で
亀は太陽。

後ろの正面は
地球だ。

かごの鳥は
地球にいる「何か」で

いつか出てくるんだ。

何度もある日食の
何時の日にか、

かごの鳥がでてくる。
輝く炎のように…
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR