繊細敏感チルドレン

あなたはインディゴチルドレンではない!
とコメントもらい…

はて?
インディゴチルドレンって
なんぞや?

考えてみた。
(※ごめんね、こういうとこ突き詰めるタイプで…)
………………………………………………………………
インディゴチルドレン
疑似科学 ニューエイジの概念であり、
特別で変わった特徴を持ち、
時には 超自然的な能力を持つと
される子どもたちのことである。
1970年代にナンシー・アン・タピー
が言及したのが始まり。

うんぬん…

誰にでも該当するような
曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、
自分だけに当てはまる性格なものだと
捉えてしまう「バーナム効果」を
つくりだす要因にもなっている。
………………………………………………………………
まあ、ざっくり
感受性の強いタイプの人っていう
ジャンルでしょう。

そして繊細敏感なひとに
すべてあてはまるのだろうと
思われる。



わたしにとって
「インディゴチルドレン」は
どこかのだれかが作り出した
総称でしかなくて

どうでもいいことなのです。


ただ、
本当に感受性の強いもの人たちが
自分だけなのだろうか?


他にもだれかいないだろうか?
と検索した時に


本の内容をコピーしたものではなくて
本人の体験が書かれていたら

「自分だけじゃないんだ!!」と
ホッとする。安心する。




わたしが小さい時は
目に見えないものは「ない!」と
決めつけられていた時代。

自分は
見えるのに
感じるのに
だれも見えないし
わかってもらえない。

ただの
「変人」だった。



今だからこそ
いろんなジャンルで
科学的に実証されてきたからこそ
インディゴチルドレンという名称が
確立されたのだとおもう。



今、
目に見えない世界を
敏感に感じる
感受性の強い人たちが


「地球の今のありかた」に


胸を痛めている



たくさんの動植物は
どんどん死んでいき

山も川も海も
汚染され

右脳の閉じた
自我の塊たちが

金のために
権力のために
劣等感をまぎらわすために


地球を大事にしたいものを
生命を大事にしたいものを
宇宙の光を感じるものを

痛めつけている現状。



自分のささいな言動が
どんな人を
どのように傷つけているのか?

どうして
そんな行動をする
自分がいるのか?


なにも感じない
なにもわからない
なにも知ろうとしない。
なにも考えない。



繊細な感受性をもったものが
この荒い波動の世界が
居心地悪いのはあたりまえで


でもでも


まだまだ
繊細敏感チルドレンは
小さな光を温めている。

ほっこり


その光が
いとおしい。



だからこそ
小さな光を浄化したいし
この汚い泥沼から救うために

くるしんで さけんでいる
地球意識を救うために


古代の文献から
自然科学から
哲学書から
宗教の本から
生物学から
風水術から
心理学から
精神世界の本から
素粒子物理学から
鉱物学から
元素学から…


ありとあらゆる方面から
分析し、研究をしている。

改善の良い方法を
探し求めて…。



このブログの読者もおなじ。

わたしは
みんなをすごく尊敬している。




胸に響く
「いとしいなにか」を救いたいため。

日々研究している。


人間の肉体は
重く厚い鎧のようで

うまくいく方法が
聞き取れないでいる。


だからいろんな「耳」が
いろんな破片(ピース)を
あつめてくれて


人類種の「使命」をまっとうするのだろう。


繊細敏感チルドレンは
すばらしいのだ!!







スポンサーサイト

インディゴが口笛を吹くとき

口笛は何故?
遠くまで聞こえるの~♪

スイスのハイジが
歌っている。

美しい大自然と
無垢なアルプスの少女ハイジ


スイスは
アニメのようなところだと
ずっとおもっていたけど


実際は
市民が銃をもち
地下に要塞を作り
金塊を抱えている

ハイジも
プロバカンダだったんだ。


歌舞伎も映画もアニメも
ニュースもドラマも

狂言だ。



911もヒロシマも311も
三億円もどこかの爆発も


狂言だ。

トカゲのしっぽきり商戦

いろんなことが
明らかになってくるように

口笛をふこう


夜に吹くと
蛇が来るかもしれないけど


口笛をふこう




嘘はうんざりだ



誤魔化しもうんざりだ。



隠蔽もうんざりだ。



ラッパを鳴らすように
口笛をふこう。


遠くまで聞こえる
口笛をふこう。


地球の深部まで
電離層のプラズマまで


聞こえる
口笛をふこう

インディゴチルドレンの「役目と力」

「勘がいい」

その程度の存在な

インディゴチルドレンだけど


今回は
深く探ってみた。


①地球を壊しにやってきた
わけではない

地球を壊したいのは
人類(地球生命)の潜在意識だ。

潜在意識の表面化を
しているだけ。


②気象を操れるわけではない

操れるのは
人類の想念で
それを集中させるだけ。


③人類の潜在意識(無意識界)に
何らかのアクションができる。

この③が
役目らしい。


わたしたちが今、
現実と思っている
三次元世界は

4つの概念から成り立っている。

4つのヴェーダだ。
4V.jpg


どうやら
これから

5つ目の「新概念」
5つめのヴェーダが

宇宙から送信される。


それを
人類の潜在意識に
送信するのが

役目らしい。


ただ、
5つめのヴェーダがくるのは

創造の額から生まれる「破壊」の
あとだというのだ。


人類は
もっとっもっと
「混沌」の中
試行錯誤して
「真我」を見つめることを
しなければならないのだろう。

「真我」とは
自分はどこにいるのか?
だれなのか?
見つけること。

「心を静かにして」
問いてみよう。




インディゴチルドレンは
すべてが
わかるわけではないけど


大きな宇宙は
大きな音で
語りかけてきていることは

本当で

日増しに大音量になっている。


わたしの妄想の枠には
入りきれないほどの

膨大な宇宙データが
あることも
事実だ。


そして
人類は必ず進化する。


すべての宇宙の生命体が
そうなるようにできているから。





「真我」ではない
「想念体」にいつまでも執着している
地球征服を夢見る
旧人類が「目覚めた時」


加速する。


ただ
旧人類が目覚めるまで
「破壊」は続くだろう。


病気が
生き様を語るように…





・宇宙から感じたこと

・4つのヴェーダ(潜在意識体)からの情報

・自分が思ったこと感じたことを


わかりやすく
毎日つづっていきたいと
おもっている。


全人類は素晴らしい
切符をもっている。



地球に住む
宇宙の音を聞けるものが

先導する

どんどん増えていく
先導者たち。




人知を超えた
奇跡とともに先導する。

ビビッドな奇跡


ドクロ先生は4つの雲
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1894.html

ドクロ先生
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1893.html

怒りのホルモン増量せよ


正しくないことは
正しくないと怒鳴れ!

嘘つきは
恥ずかしいことだと
罵倒せよ!!

誰かを傷つけるものがいたら
やめろと大声を上げろ!



無関心でいることは
罪だ


地球次元の
立場も権威も
そんなものは
関係ない。


悪いことをしているものは
年上でも権力があっても

悪い


どうどうと
真っ直ぐな清い心で
怒る

怒りのホルモンは
宇宙の真理に基づいているならば


かならず
神の光が指す。



怒りのホルモンは
清く燃焼できれば


美しいメルカバー
神の戦車の材料になる。



間違っていることを
許してはいけない。

悟り世代のプログラム認識

国会中継2016年

聴けば聴くほど
ぐったりする。


国の長たるものが
あの狼藉。


嘘つきゴロツキ
操り人形




やりきれないでいると



若いものが
助言をくれた。




コンピュータでも
「プログラムエラー」であれば
その作業はうまくいかないはず。



この地球次元は
悪いことをして
嘘をついているものが
エラーにならずに
どうどうとしている。


ということは
この地球にある
プログラムは


嘘つきで悪い奴が
「正しい」という
プラグラムシステムに成り立っているのだと。



だから
しょうがないと
おもっているのだという。



こんなクソプログラム
絶対破壊してやる。



とおもう
あたしは
古い世代なのかな?



素粒子は意識で
変化すると
量子物理学ではあるのだから



使ってなんぼじゃ。
マンボウくんがんば!!

頭ごなし

「ぬりえ」はきらいだ。



きちんと枠の中をぬる


きめごとに
したがうことがきらいだ。


いや、


自分が納得しないできごとに
従うことができない。


まるで
野生の荒馬のように


自分が認めたこと以外
したがうことができない




たとえいっとき
がまんできても


爆発する





どうしてこんなに
野生が強いのだろう








今日から25日まで
水星が逆行する


けれど今回は
実家に帰るような
雰囲気の逆行らしい。



じっくり熟考して
発酵したい。


さそり座は火星に入る


今月は暴走教授が
暴れるかもです。



父に
「普通に日常のことだけ考えていろ」と
言われて暴走した。

ことなかれでいるから
「原発がこんなことになったんだ」と反論





小学校の時
日本昔話のCMで
 
プルサーマルは安心
地下00mに埋めるから安全です。

と何度も見ていたけど

「危ないものを地下に埋めたって危ないじゃん」と
文句を言っていたのを今でも忘れない。


ていうか
実際
地下00mに埋めてない

本当に嘘つきだな。


ずっと嘘だったんだぜ/斉藤和義 https://www.youtube.com/watch?v=D3HxXKAXR0U

クソ映画ソムリエ

わたしは
「クソ映画ソムリエ」の称号がある。


わたしが借りてくる映画は
見た人を

この映画「クソ」だ

と必ず言わせる「プロ」だ。



その昔「ビデオ」だったときは
どれをかりてきても

ハズレはあまりなかった。

「店長オススメ」と書かれたもののみ
クソだったが…



ところが名優が出ていて
ズラ~と数多く並べられている
いいとこ風の映画が


クソなのだ。


「レビュー」や「批評」をみないで
借りるわたしがクソらしい。


映画の質が落ちている


人間の劣化もあると思った。







そして
クソ映画ソムリエのわたしが
思うことは



なぜ劣化した人間がまだまだ
ここに「生」を受けるのか?
考えてみた。



今の人類が
「記録」できている範囲内以外での
大昔は


今よりもっと高度な文明があった



巨人やプラミッドや
モアイや地上絵や
オーパーツや…


その頃の
優れている


人類の魂は
「プラズマ」として
デンジソウに滞留している。





きっとその魂は
崇高で素晴らしいと思う。



ごま油でも
オリーブオイルでも


一番搾りが
ピュアクリーンだ。



その素晴らしい者たちが



さっさっと
時限超えをすればいいのに…



みすぼらしく
何回も使い古した油で揚げた
今の人類は「劣化」「酸化」して


不味いはず。




それでも
ここに「生」を受けている



今の人類。





きっと


わたしたち
古い最後の「油かす」いや
最期の人類が


しなければならない使命があるのだと



推測している。




それは
人類という「物体」でなければならないことだ。




地球いっぱいにふえた
「人類」が最後に成し遂げることが


「扉を開けること」だと思っている。




最後にバーンと
扉を開けて




人類という種の
「エンド」を迎える。

怒り

私の怒りは


すさまじい



止まらないアドレナリン



地球が壊れそうに
なるかもしれない。



フィフスエレメントで
オレンジ髪の女が

胸から光を出すシーンが
デジャブ




すべて壊してしまいたい。





また、悲しい戦争になるならば。




もう、戦争は嫌だ。

背水の陣「青い馬の叫び」

メルトダウン タイマーズ
https://www.youtube.com/watch?v=9RZbvjQw7Kk


逃げ場はない
逃げ場はない

巡行

あともう少しで


水星の逆行が終わる。


抑えられていた力が
蘇る。





出しきれなかった
大きな力が使える。



ダキニ天も
びっくりだ。

「都会のカラス」と「田舎のカラス」

都会のカラスは
ハシブトガラス

食べているものは

生ゴミ

ジャンキーフーズだ


性格はイケイケ肉食系
人を見ても怖がらず
襲ったりもする
凶暴であり乱雑だ。

ただ
声は綺麗だ
澄み切ったカア~カア~♪
ハシブト


きっと
腸内細菌は
「悪玉党」だろう。





同じカラスでも
田舎に住む「ハシボソガラス」は

ゴミは食べない

畑の野菜や
木の実を食べている

性格は臆病で
気弱だ。

けれど
歌は下手だ。
ガアガア~変な声。
ハシボソ

きっと
腸内細菌は
「善玉党」だろう。



スズメ科目
「カラス」

スズメの仲間だと思うと
けっこう好きだ。

「犬に近いなあ~」と
感じる。青っぽいオーラがある。





朝「カラスの巣」を木の上で見つけた。
卵って「何色だろう?」

調べると
なんとカラスの卵は
「青緑に斑」
まるで
チョコミントのアイスクリームみたいだ。
チョコミント
カラスの卵

カラス面白~い。








あたしもカラスだ。


肉体のすぐ近くの膜が
「黒っぽい」
墨のようだ。
黒膜

皮膚のそばの陽炎はなんなのだろう?

今はまだわからない。




もしや
死神チルドレンかもしれぬ。

「宇宙線多め、まぶしい注意報」

雲が多くても
雨が降っていても

「まぶしい日」がある。

先生や黒板がまぶしくてみれない。

すごく困った。

それは「素粒子多め」の天気だから。
(チェレンコフ光)

天気予報で
昔はなかったが
今はある
「花粉」「PM2.5」「紫外線」の多い少ない情報。

これからは
「セシウム、ストロンチウム」に「ニュートレノ(宇宙線)」
の情報もプラスして欲しいね。

人間が五感以外の
「新感知装置」が研ぎ澄まされる。

体に害があるものに
反応が鋭敏になる(アレルギー症状)
と同じように。
眩しい病
目をつぶっていても
まぶしいのだ。

バルタン予言

イプシロンとんじゃって
あともどりできなくて
くさくさしている

「簡単で安価で少人数でパソコンで管理できて
これからじぇんじゃん衛星とばせちゃいます」
だと~~~~!
ばかか!
そんな理由で原発はじめたんだろうに

自称バルタン星人の父は
「遷都」といっていた。

あたしのことはさんざん
「変人こき」といっている父だが
たまにおつげをいう。

京都に遷都だって!
いきなりいわれてもね~。



今、磁場がみだれている。
なにかしらの妨害電波で
あたしは頭が痛い。


昨日大型船の夢。
イプシロンはやっぱしまずかったね。

「ツバサ」
というコードネームが
妄想艦隊を刺激している。

あたしはツバサとは違う惑星からの
派遣だからつまんない感じがする。

ブラックボックスもむかむかしている。






インディゴの夢 めざすは「触媒師」

霊感がある人は

段階1.お化けが見える(お化けからもみえる)

段階2.お化けの言いたいことがわかる。

段階3.お化けと会話できる

段階4.浄霊をうながす。(指示に従ってもらう)

↑こんなような一連の流れがある。

これは対象が「不浄霊」というジャンルだ。
この対象が「神であり元素」で
同じことができないだろうか?

そんなだいそれたことを
考えている。(マンガの読みすぎか?)

インディゴチルドレン 異次元で検索を♪

ページがみにくいので
「インディゴチルドレン 異次元」とググってみると、
みやすいみやすい。

「インディゴチルドレン 残像」でもGOO

おためしくださいな。

今日はテンション高くなってしまった。
なにか大きな力が味方してくれている。
ど~んと1000点UP

インディゴチルドレンの子育ては「ロディオ」

ミルキーの袋の中に
たまに大玉が入っている。

そんな確率で
インディゴチルドレンがいるかも
しれない。

私論ではあるが
インディゴはレーシングカー。
一般道を走るには適していない。

そして
自分は「あばれ馬」と言われていた。

野生の荒馬は、なつかないし
誰のいう事きかない。

自分の考えまっしぐらだ。

そして興味のあることに
バカになるほど集中し

感情は火の様に暴走し

止まる事をしらない
暴走レーサー。

出始めたら止まらない
ドーパミン
アドレナリン…。
壊れたパチンコ台のように
ドンジャラジャ~ン。

若い時は苦労した。
ナウシカの「オーム」のように
目が真っ赤になったら
誰も止められない。
自分も止められない。

自分がおかしくなるまで
暴走する。

大回転する容易に止められない
大歯車を
心に持った人間。
(自分が怖い)

だから、
1.「巨大な重り(苦境)」
2.「巨大なブレーキ(不利な立場)」
3.「ナウシカのような青い女(冷静な人)」
4.「名騎手(愛ある人)」が
そばにほしい。

この4点があれば
次第に自分の中にハンドルとブレーキを
作り出せる。

暴れ馬が名馬に変わるように
インディゴの親は
うまく手綱をひっぱらなくてはならない。

ロディオさながらの
子育てになるらしいが…。

天才か犯罪者か
貴方の育て方次第。

インディゴチルドレンと前世

インディゴチルドレンの
タイトルは使っているが
いまいち定義はわかっていない。

自分は前世の記憶があるから
ちがうのかな?

今回深く探ってみたら
つらい過去をおもいだし

胸が詰まった。

でも、どうやら
魂は一人でやりくりしていない。

まったくちがう
2人がいる。

それをまとめるのが
本当のじぶんなのか?

わかったことは、
前世は思い出さない方がいい。
古ければ古い記憶ほど
残酷だ。

学んだ事だけ
覚えていればいいのだろう。

玉を光に変えるおまじない

次々に
玉をのみこむ

くるしいの。

そのままのみこんで
だせばいい?

だめ。

光に変えてみて。

どうやって?

おまじないでも唱える??

小さい時ママが言ってた
「痛いのいたいのとんでいけ~」
みたいな?

オン・アミリタデイ・セイ・カラ・ウン

13が守る 色と共に
だそうよ。

自家発電「ゆうえんち」

不思議な世界を
探究している人を
探していた。

自分と同じような事
感じて、考えている
ページを探していた。

けど、
ぴったりフィットがなかった。

ならば、
自分が先に作ればいい。
自分が探していたページを…。

青い魅惑のマイページ(自己陶酔型だな)

今日はどんなこと書いてあるかな?
へ~、ちょっと変人だな~。
わっ、そこまで書く!?
わくわく。びっくり。???!!!。

休日はやすみらしい…。残念。

この青いページが
今、楽しみにしているページだ。

なりたいものになればいい。
ほしいものは作ればいい。

人間は自家発電ゆうえんち。

楽しいことは自分で作る。

自分自身がエンジョイランド。
フリーエネルギーで運営中。

「レインボーマン」

へんてこりんな
考えがぐるぐるまわる。

心に浮かぶ
なにもかもが
空想で

現実の波に
プカプカ
浮かんでいられるなら
どんなにラクなことだろう。

今日もくっきり光に虹の輪がみえる。
最近は太陽の光がまつ毛にあたると
まつ毛に虹が見える(へんだよね)

鹿男のように
目を覚まさせるために

虹をみせるのだろうか?

それとも、これから人類は
みんなオーラがみえるようになるのか?
(江原さんだらけに!?部屋かたずけなきゃ)

福島のこどもたちの絵にも
虹が描いてあった。
そして海は赤だった。

同じようにみえるのかもしれない。
子ども達は…。


光に見える虹。

すべての光に
必ず虹がみえる。

「レインボーマン」になっちゃった。

その鮮やかな色をみると、

現実ではない
なにかの存在を
信じるしかない。

オーラが見える人は
世界に何人ぐらい
いるのだろう?

お化けが見える人は
もっと大変だろうなあ。

それにしても
白い光はきれいだ。

芯が白い光であれば
周りにきれいな七色の虹がみえる。

魂も
白を目指すのだろう。

※強い白い光は、虹があざやかなの!!
弱い白はぼんやり虹。

光がたくさんみたいな~。


自分に嘘がつけない

わたしは心と身体が仲がいい。

心でいやだと思っていることを
すると、すぐ病気になる。

自家中毒というらしい。

母に弱虫と呼ばれていたが
(心が弱いと…)

しょうがない。

いやなことがやれない。
やると拒否反応で
死んでしまいそうになる。

学校は牢獄。

いやでもやらなければ
ならないことが
あるのもわかる。

ただ理由がほしい。
なぜやらなければならないかという…。

もっと、早くから
自分の好きなことを伸ばせるような
学校システムに再構築してほしいと
願うばかりであります。

インディゴチルドレンはのび太

インディゴチルドレンって
ただ単に
繊細・敏感体質だけだと思う。

これは遺伝的なもの。

わたしの家は
線の細い家系。

右脳系家系ともいえる。

ほそぼそと
生きながらえてきたのかもしれない。
だいたいは、結核とかですぐ死んじゃう系の
弱虫体質。(のびたタイプ)

物質主義、体力重視の時代から
体力いらない時代になったし、
医療技術向上で弱虫生き残り大成功♪
時代の末期ということかもね。

で、
右脳系繊細チルドレンが
増えてきただけなのではないのかな?

ムキムキまっちょ暴力ジャイアンは
時代遅れ。

繊細芸術系人間は
なんでも感じちゃう。
ただそれだけだと思う。

巫女みたいなものでしょう。

今まで、馬鹿にされてきた
スピリチャルが
多数の、のび太くんによって
考えの確立ができたのだとおもう。

すご~い昔から
のび太君はいた。

インディゴチルドレンは
のび太チルドレンです。

お昼寝と空想と好きな事だけ
がんばる。

みんなが
暴力や権力やエゴなんか
ぽ~いと捨てて

好きなことで
わくわく楽しくできればいいと思う。

しょせん自分は
のび太なんだしと思うと
自分をよく見せる必要もない。

ただ好きな事を楽しみたいだけ。
感じるままに演奏するだけ。
生きている理由を探究したいだけ。

インディゴ色は藍色。
日本の色。

でも研ぎ澄まされれば
ターコイズブルーになる。

青と緑の混ざった
きれいなブルーに。

※世の中のび太だらけだったら
やっぱりマズイのかな?
出木杉君まで進化しなければ!!


手相

最近、変わった手相になった。

両手に星のマークがある。
一筆書きの五芒星。

頭脳線と運命線を使って
3cmほどの星型マーク。

まるで手の中心に(下寄りだけど)
星をかかえたよう。

手からビーム光線でも
でるのかしらん。

思いやりは想像力

パソコンのキーボードの上を
わたしの指に合わせて
ちいさな小人が飛び跳ねる。
ピーターパンのような男の子は元気に高くジャンプ!
仙人のようなおじいさんは杖で
キーボードの掃除をしている。
あれ!目が合っちゃった。
杖でホコリをまさぐって、
ホコリのついた杖の先を私にみせる!!(掃除しろ?)

というような空想は
瞬時に映像化できる。

私が作った空想の産物は
私が考えなくても、かってに動いていく。
あれ~ピーターパンいたずら書きをはじめたよ!

わたしの脳は、空想か現実かは
区別はしない。どうでもいいらしい。

小さい時に祖父が
昼寝のためにお話をしてくれたなあ
目をつむると、どんどん空想はふくらむ。

これが大事な事。

子供時代、ねんねの時に
お話をしてくれることが大事。

目をつむるとママのお話が映像になる
自分の空想の世界が広がる
空想の訓練。

想像することが簡単にできると
相手の立場に立って行動することが出来る。

相手の気持ちを想像する。

思いやりは想像力。

相手の立場になって考える事。

給食が食べられない子

クラスに1人はいた
給食が食べられない子

わたしもその一人だった

給食だけではなく
「食べる」ことがきらいだった

食べることは苦痛だったのに
親は心配して
食べろ食べろという

小学校の頃
一番嫌いな授業は「給食」だった。

すごく小食だったけど
快適だった

「食べなくてもよい世界になればいい」と
小さいころ切実に思っていた変な子でした。

でも最近インドの男の人で
食べなくても生きてける人のことを知った。

その人は、水だけ飲んで
あとは日光浴するのです。
(太陽エネルギーを吸収するのね。ぷらーなーいん)

空気中の窒素を
腸内細菌が栄養分として
つくるとのこと。

その菌は一般人にも存在する

そして、いろんな検査をしてわかったことは
なんと、その人はある器官が
普通の人の2倍だそうです。

その器官とは
なんと「松果体」です!!!!!

やっぱり!!

「松果体」は体のすべてのホルモンをつかどります。
恋も快感も不快もストレスも満腹中枢も呼吸も
すべてです。

人間が今後、進化するなら
かならず「松果体の肥大」しか考えられません。

松果体を活性化する会を
立ち上げたいと切実におもいました。

小食が長生きの秘訣も
なっとく!!

もしやアダムとイブは
食べ物を口にしなかったのでは!?

それをヘビにそそのかされて
野蛮な星「地球産の生成物」をたべちゃったから
堕天しちゃったのね。

インディゴは視察団

本当は
インディゴチルドレンは
調査団だと思う。

今の人間の状況を分析して
報告する。
それが仕事。

右脳が活性化されてたり
百会が閉じなかったり
松果体が大きいのも

地球の情報を
送信するため。

わかってやってるわけではないけど
私は分析しているもう一人の自分がいる。

そして、いろんな状況の
いろんなタイプの人間にかかわり続け
分析している。

中間に位置する存在
インディゴは視察団

わかってほしいこと

インディゴのこどもたちは
親に気付いてほしいだけ

生きていることを
楽しむこと

そして相手と共に
楽しさを分かち合う事

「お母さん、どうして心に嘘をついて生きているの?」
「くるしい自分にカギをかけたまま、生きていないで」
「わたしを見て、想像することの楽しさを表現しているの」

「そのくるしさをぐるぐる回想しても、なにも変わらない」
「そのつらい過去を手放して、今のあたしと楽しいことをしよう」
「社会や世間体は、あまり必要のない事」

「耳に聞こえない音を、心で聴こう」
「目に見えない姿を、心で見よう」
「触る事の出来ない気を、肌で感じよう」

「この世界を待ち望んで生まれてきたことを思い出して楽しもうよ」
「ねえ、お母さん、お父さん」

夢と現実は同じ感じがする

夢が現実とかわらない
音も匂いも味も痛みもある。
小さい時は
この世のことをあまりしらないから
どっちが本当なのかわからなくなる

私はあるとき考えた!
「夢は細かいところまでは作っていないから
わからなくなったら、細かいところを観察しよう!」と。

ところが、夢の中で
壁の細かい文様も、顔のしわやシミも
お菓子の袋の名前も
みることができる。
夢の世界は本当はもう一つの現実なのかもしれない。

※この方法で、現実とおもっておねしょしました。
お母さんに話しても「バカなことばかり言って!」と怒られる。

授業中のインディゴチルドレン

授業中(小学校1年生)
先生は「紙に線を引きましょう」といいました。
私は白い紙を見ていたら、
線が雨の様に降ってきていたのがみえたから
たくさん斜めに線を引いた。
雨がザーザー降ってきたような線をたくさん書いた。

先生がそばにやってきて
「ちゃんと定規をつかって、横に正しく引きなさい」と
もう一回書き直すように言ってきた。

線ってなに?

インディゴチルドレンとは

インディゴチルドレンとは右脳優先人間の典型で、自由で個性的すぎるので
ADD(注意欠陥障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)として、
診断されることもあります。
「育てにくい子供」らしいです。
わたしはこのインディゴだと、母も承認済みのインディゴチルドレンです。
(もう大きくなっちゃいましたが…)
きっと、日本には44%は新地球人(インディゴ)だと確信しています。
2012年からの新時代にむけて、なにやら使命があるようなので
もしや?私も?と思う方が多いと期待しています。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR