しょけらの夜9/30だった

虫の知らせ「精螻蛄の夜」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2751.html

930.jpg


9/30はしょけらの夜だったです。
スポンサーサイト

虫の知らせ「精螻蛄の夜」

人間の体には
三種類の「虫」が入っている。

その虫は
空の天使に「告げ口」をする。


「虫の知らせ」だ。


①腰のあたりの虫は
下尸(げし)
牛の頭に人の足の姿

②腹の中には
中尸(ちゅうし)
獣の姿

③頭には
上尸(じょうし)
道士の姿
三虫


力を持った
「空の天使」が
人間の体の中の

虫の知らせを聞きに来る


この秋にするという。


生きたまま行う
審査

しょけらの夜がくる。
2017/9/30


「空の天使」が舞い降りる

マーキュリーのひらめき「赤い水星」

なぜ「水星」を
マーキュリー(水銀)と
呼ぶのか?

調べたら
水星は地平線ちかくで
見られるから

レイリー散乱現象で
赤く見える

赤い水星だ!

水星は赤い


古来より存在の
知られていた水星は 

かつて「辰星」と呼ばれていた。



「辰星」!!!!

まさかの
「辰砂(しんしゃ)」のような星という意味だった。


辰砂

鮮やかな赤い鉱物
硫化水銀を含んでいる

辰砂



別名・賢者の石



あの「空海」
服用して
具合わるくなった粉だ。



水銀と言えば

「大仏公害事件」
752年に完成した奈良の大仏

金を9トンも使って、
金と水銀を1対5の割合で混ぜた合金(アマルガム)を
大仏に塗りつけた後、
炭火の熱で水銀を蒸発させ、
金だけを表面に残すという方法で
金ピカ大仏完成!

施工中(錬金中?)
何と50トンもの水銀が撒き散らされた~!!

職人は皆、ひどい水銀中毒になり、

周辺に住む都の住民は、
水銀を吸い込み、
農産物に濃縮されて、
それを食べ、

たくさんの水銀中毒患者を出したのだ。


遷都の理由は
水銀汚染!!


いまのフクイチと同じ理由だね。
放射能汚染で
京都に遷都!?


水俣病
「ポリエステル」の原料
「アセトアルデヒド」
を作り出すために

硫酸第二水銀(辰砂)をつかって

「メチル水銀」を多量に川に流して
公害をつくった。
(昭和電工)


渡来してきた
「朝廷」

大和朝廷


その末裔


錬金術使い
辰砂を使うシルクロードの民



もしかして
庚申信仰の

北辰って

太陽に最も近いところを回る灼熱の星
「水星」を神にまつっているモノたちなのか?
と、妄想しました。






ちなみに
「アセトアルデヒド」って
お酒飲むと出る毒だよね?


「水銀」と「アセトアルデヒド」


錬金術には水銀(辰砂)は
必需品。


「アセトアルデヒド」を分解できない
下戸は、黄色人種のみ。


醸造酒の分解は
遺伝子が大きく関わっている。

両親が持っていた遺伝子に
大きく反映されている。

型は3つ


NN型 (活性型)=大酒飲み
ND型 (低活性型)=普通
DD型 (不活性型)=下戸

グラフ

けれど
ルイセンコの環境によって
遺伝子が変わる説があることから

飲んでいれば強くなる説も
あるかもしれぬ。
DD型は無理だけど…。

酒に強い県

話まとまらず…


石の光を使うには
分解も重要
ではないか?
という

マーキュリーの助言?
ということで〆ます。







鬼信仰の「鬼ヶ島」

日本人には
習慣がいろいろある。

赤ちゃんが
お餅をしょったり

七五三や
成人式

節分豆まき
ひなまつり
端午の節句

お盆にお墓参り

クリスマスに
年越しそば…

それらは
「神仏」という
宗教儀式らしきものを
あまりかんがえずに
行っている。

無宗教などと
思っている。

けれど
それこそ
マインドコントロール。


わたしたちが

やっている数々の儀式は

★みんながやっているからやる
★やらないと災いや罰があたる
★権威あるものにへりくだる

というマインドコントロール
されている。

わたしたちは
みんな臆病になる。

権威ある者の
言うことを
聞かないorやらないと
罰があるから。


だから
みんな「権威」がほしい。

「権威」「肩書き」「ブランド」があれば
みんな言う事を聞く。


権威があれば
それが「正しい」こと。


生まれた時から
そうすることを
だれも疑わない。



もしも「権威」あるものに
楯突いたら
口答えしたら

大きなバツがあたり
おおきな禍がふりかかる
と洗脳されている。


それは
権威側も
受ける側も

共通している認識・概念


わたしたちは
おおきな権威ある建物の中の
なにかわからないが
権威あるだろう「神仏」に

祈る。
願いを掛ける。
正しく・素晴らしいと思い込む。

本当にそうだろうか?
だれも疑わない。


疑うものは
「バチアタリ」だ。



わたしたちは
「権威」あるものが

間違っていることがあっても
何も言えないでいる。


「バチアタリ」が怖いからだ。


とても怖い国だなと
思うのは
私だけではないだろう。


悪いことをしている者の
「権威」を「確認」し

自分より「権威」があるものは
悪いことを注意しない。

黒でも白と嘘をつく。


わたしたちは決して
いい人ではない。
正直者でもない。
ただの臆病者だ。

長いあいだ
「恐怖」で支配されてきた
かわいそうな国民だ。


多くの度重なる自然災害も
恐怖で心を縛り上げる。


恐怖から逃れるために
「犠牲」を作る
「生贄」だ。


恐怖を軽減するために
「出る杭」を
みんなで、よってたかって
生贄にする。


さらに「本音や「個性」を
出せなくさせている。



「権威」
それは才能や技能や人徳が
あるものが手にするもではない。

「権威」の言う事を
よく聞いてきた者。


だから
技術が伸びていかない。
人徳があがらない。
こころに自由がない。

何も考えないで
怖いから言うことをきく

叩かれるから
言う事を聞く家畜のように
想像力がないロボットのように…。


いい子にしないと鬼が来る

「いい子」とは
鬼の言うことをきく子

わたしたち日本人は
「鬼」に使えている



鬼信仰


重く閉ざされた島国
闇に包まれている
「鬼ヶ島」

天邪鬼の目覚め

テレビのニュースは
嘘ばかり!

これも嘘
あれも嘘
たぶん嘘
きっと嘘


うそばっかり~!!
と感じるあなたは



天邪鬼!
(あまのじゃく)



天邪鬼は
嘘を見抜く者
真実を探す巫女



天探女(アメノサグメ)という。
「天の動きや未来、人の心などを
探ることができるシャーマン」





庚申信仰の
青面金剛図の踏まれている邪鬼
庚申邪鬼

毘沙門天も
踏んでいる邪鬼
毘沙門


なんで踏んでいるの?


それは
本当のこと言わないでほしいから…



長く黙ったまま
瞑想する籠女たち
籠女の瞑想

カゴの中で思考

かがむ かがむ
カゴの中のあまのじゃく♪





地軸が大きく変わった



すべての政は
無に帰る



だれがどうしたから
変わったわけではなく


時が来た


天邪鬼が
目覚める。


全世界の
天探女が
「矢を鳴らす」
弓は王冠


張り詰めた弦を鳴らす


世界の寿命が尽きた時、
世界を破壊して
次の世界創造に備える役目

庚申塔信仰 封印解除使命

わたしの務める会社の
すぐそばに

「庚申塔」がある。
庚申塔


2011年7月


どうにもこの「塔」が気になって
調査を始めた。




わすれもしない7/31


あるきっかけで
ドーンとなった。




そしてこの庚申塔一帯が
大停電となった。





その後
歴史研究家に詳しいことを聞いて
いろいろ調べていった。


そして3ヶ月後
プラズマUFO遭遇。






あたしはこの庚申塔と
とても密な関係がある。




封印をかけた相手の知り合いか?
封印を解く役回りだとおもう。





この次元の実態は
今の世間の常識よりはるかに
ファンタジックで


なんかこう
平安時代の匂いがいまだしているような



古い概念が今も根強い。






700年前の
庚申塔信仰も


日本全国千箇所以上も
今も存在している。


寺の片隅に
神社の片隅

村や町の
道祖神として
存在している。



いいか悪いかそんなことは
何も考えず


祀っている。



祈り、願い、祀り、参拝


そえはとても恐ろしい
呪術。


自分勝手な神への祈り

身代わり人柱…





もうおわりにしよう。


だれかを「犠牲」OR「生贄」にして
自分たちを救済したいという思考を。




「いじめ」がなくならないのは



「神」にささげる「生贄」が「いじめ」



術はもう聞かない。

庚申塔碑

各地の生贄は
空へ帰る

白狐の雨

白い狐が
封印が取れて


自由になった。





今白い雨が降っている。



とても清々しい雨だ。




きつねはしろい輪をかいて
空に登っていった。
白狐さま






大変なひどいことをして
「封印」されていた。



あんなひどいことを
よくもまあしたもんだ。



自分が神だという人ほど
ひどいことをしている。


大きな神は
罰当たり。




人類のルーツを探る「青緑の神」

陰謀論の主人公
「フリーメーソン」

でもでも
庚申信仰研究であらたな発見があった。

夜の女神だ。

魔笛というモーツアルト作の劇は
フリーメーソンの儀式に関係があるが
モーツアルトが謎の死にいたったので
またも、あやしくなってしまったが

夜の女王が、多羅菩薩だと確信したのだ。
タラとは「目」という意味がある。

そして火の試練や水の試練は
チャクラの活性化であるグランティの破壊だ。

庚申信仰は密教である。
西洋版フリーメーソンといえる。

フリーメーソンロッジステンドグラスの絵は
まさに青面金剛図そっくりなのだ。

左上に月、右上に太陽。

根本は「多羅菩薩」アマテラスなのだ。

この説明だとちんぷんかんぷんだろうけど

結論を言えば

人類のルーツは「ピッコロさんだ」
もしくは「アバター」かもしれない。

なんじゃそりゃ==。だと思うかもしれないけど

体内で光合成などをする平和な星の異星人が
御霊わけしたのが地球人だと確信に至った。

陰陽師も密教もカトリックも神道も仏教も
み~~~~~~んな元は一緒だった。
道端の同祖心も双頭の鷲もおんなじ。

なんだろう、おかあさんが同じだったんだ。
というような、わかっちゃった感に浸っている。

多羅菩薩

33のひとつ。


時空をもあやつるtara。

わたしたちは「テラ」の分身。

青緑の人がピラミッドを作った。

多銀河からきたものたち。

ああ、うれしいな~。
みんな心の奥でだれしもがタラを忘れていないんだと。

「スカーレットオハラ」のセリフみたい。

庚申信仰→聖徳太子→アマテラス→宇宙人

庚申信仰を
調べるきっかけになった
キーワード

「ライトワーカー」

はじめてしったとき
大停電が起こった。

近くの庚申塔で起こった。

庚申信仰は
空海が密教である道教を
ひろめたと思ったが

聖徳太子がその前から
「魔多羅神」として信仰があった。
太秦の牛祭だ。

江戸時代は天海が
徳川家康の力をかり
民間にも広げた。

いまだに根付く庚申信仰。

ルーツをさぐると
ヒンズー教、ミトラ教やゾロアスター教
ギリシャ信仰…と数え上げたらきりがいないほど
すべての信仰とつながる。フリーメーソンともつながる。

日本の神社のアマテラスもそうだ。

そこでみつけた
聖徳太子の像にきざまれた「鵲(かささぎ)」マーク。

これは!!!「八咫烏」だ!!!

小さい時の何度か見た衝撃的な夢に出てくる
大編隊のUFOの腹にあったマークだ。
※ブログ内参照
「世界中の電気が消える日」という夢

上手く説明できないけど
すべての信仰の芯にある大きな存在がある。
鳥のマークをもつ。
Green Tara


「足が鬼」感情と身体のつながり

またも「青面金剛図」のことだけど、
下の方に左右に2人づつ鬼がいる。

腿の部分と、ひざから下
それぞれ鬼になっている。

なんで足が鬼なのかな?と
わかんなかったけど

昨日、TVで痛いシーンをみたとき
足がゾワゾワ~ツーンとなった。

おお、これだ。

痛いという感覚が足に来る。
残忍なものを見た時
足にくる。ゾワゾワ~ツーン。

えっちなことは
腰回りがむずむず。

高いところから落ちるときは
(恐怖だろうか?)
みぞおちがゾワゾワグラグラ。

哀しいことは胸がつーん。
大好きな人とのキスも胸がつーん。
愛おしいが胸と口と目がつーんとさせる。

高いエネルギーを見たときは
頬がぽっぽぽ。耳がぽっぽ。
お気に入りとかすごくいい~がぽぽっぽ。

不思議な事を見たときは
あたまの天辺がポ~~~~ン。
わくわく~たのしい~が、花を咲かせる。

感情と身体が繋がっている。
感情がチャクラをオーラを演奏させる。

病気も感情のあらわれ。

「いちいち、体が反応しすぎると
大変じゃね~?映画見れないね?」と家族。

「刺激の強い物はみれません」
※チキンの理由。

八咫烏(ヤタガラス)と大型UFOの編隊

三つ足のカラス
ヤタガラスという。

太陽の化身といわれている。

謎に包まれているが
いろいろなマークに使われている。

研究者も頭を悩ませる
ヤタガラス。

1980年代よくみた夢に

「世界中の電気が消える日」という夢
※ブログ内詳細あり。(夢)

があるが、
そこにでてくる大型UFOの
腹のマークではないか?
と。

大昔に
このヤタガラスマークの
UFOの大編隊があったのではないかいな?

アンドロメダからやってきた~♪

ショケラベイベーナShake it up baby now♪

青面金剛が吊り下げる
女人像(ショケラ)は、

「肝臓」です。

青面金剛図は人間の体です。

ショケラをみたとき
だれかがささやいた。

「これ肝臓だよ」って。

この図は人間の体の仕組みと
気の流れ、チャクラの図。

ちなみに図内「竜」は胃・腸です。

人間説明書です。

青面金剛図 ショケラ で検索!

瞑想準備は「三猿」"Three wise monkeys"

三猿「見ざる、聞かざる、言わざる」
瞑想する時のポイントだ。

目をつぶって
周りの音を遮断する。
(できないものは洞窟にいったんだろうね)
そして、口を閉じる。(鼻呼吸)

これがクラウンチャクラを開ける前にの
準備段階。

青面金剛図の下にある「三猿」は
準備段階がかかれたもの。

「人間」使用取扱説明書は「青面金剛図」

「青い珊瑚礁」という映画が
小さいころ何度か放送されていた。

ブルックシールズが美しかったなあ。

教わってないのに
子どもができちゃった、
という内容だが(?!)

あたしも教わってないけど
瞑想できちゃった。

瞑想って誰でも出来て
そして、人間にはとても大切な事。

ご飯食べる前に「いただきます」を
言うように

人間にはやらなければならない
ことのように思える。

おととい
「庚申信仰の研究家」の方に
詳しい話を聞いてきた。

わたしの探し求めていた
答えがそこにあった。

空海さんが広げた「道教」という
「人間使用取扱説明書」が
そこにあったのだ。

庚申信仰の掛け軸や
石碑に書かれていたものは
チャクラの図だったのだ。

銀の契約※ブログ内参照
から、空海さんのこと考えてたけど
お庚申様に繋がっていたのでした。

つづく。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR