地球を巡る「意識体」

昨夜
すごい夢をいっぱいみた。

そのなかの
一つのシーン

昔住んでいた家が
でてきた。

大きなトラックや
クレーンが
たくさん来ていて

何ごと?

と夢の中で
困っていた。

朝食時
このことだけ
家族に話していた。

で、
さっき
昼休みに
昔の家近くを通りかかって

びっくり!!

夢と同じに
トラックやクレーンが来ていた。


私の意識は
どこまで
見ることができるのだろう?

やっぱり
ここ(三次元)は

ホログラムの世界で

本当の自分は
外野から
いろんなことを

見ているのではないか!?


これは
たった一部の話で

ほかにも
いろんなものを
見ている。


オブラートに隠している
「闇の世界」の残酷なできごとも


たくさんあって


そんなものを
みたときに

予定通り
地球を壊さなくちゃ(三次元)
いけないな!と

切実に思ってしまう。

先輩UFO

スポンサーサイト

意識の力

意識の力で
「光」を変化させることを

科学的に証明した実験



二重スリット実験
https://www.youtube.com/watch?v=-EYmgL8kD2g


2重スリットの実験
https://www.youtube.com/watch?v=vnJre6NzlOQ

とてもわかりやすいので
ぜひご覧ください。

宇宙人とらばーゆ(転職)

すぴりちゃるの世界では
みんながこぞって

「愛で人間の波動を変えよう」


とても
美しい目標を掲げている。



人間の波動が上昇すれば
地球の波動も上昇するのだと…。




もしくは…

波動が上がった人間だけが
新しい美しい世界に移行できる…
とか。




悪いことやっている人は
天国には行けません!

信じて愛の活動や奉仕をしないと
天国には行けません!



同じような感じだ。


わたしも「愛で…
いろいろやってきたけど

石の音をきくようになって

なんだか違うような気がしてきたとき




妄想変人わたし付き
ガイドが「ちゃうねん」っと。
ズバッといいきったよ。



人間の波動を変えるには
環境を変えなければ

できない!と。


愛の活動は
やっても やっても
ザルに水


フクイチの
凍土壁が固まらないのとおなじ。



この方法が正しいのなら
もうすでに愛で溢れる世界に
かわっているはず。






毒のないクラゲも
環境の悪いところで育つと
「毒クラゲになる」

そんな感じで

いまのエゴイスト人類は
「環境」がそうさせている。


毒のなかにすみ
毒を食って
毒を吐いて
いきているのだ。




毒がなければ
生きていけない環境にいる




ナウシカでも
「水と土」が汚染されているから
腐海の木々が毒を出すってね。



もしも
なんらかの地球外関与型意識体が
この地球に降り立ったならば
(惑星外魂所有者)


「人間」や「組織」や「科学」に
「変化の焦点」を置くのは

間違っていて

元素の組成に
焦点をかえるべき。


元素の組成を変えることが出来れば
いっきに解決できるのではないだろうか?





ガソリンで動いていた車が
「水」で動くなるような?!


小麦のパンを
米粉にかえるような?



そんなかんじ。





良いも悪いも
この地球にすむ
全てのものは
等しく価値があり


おなじもの



この地球のすべてのものを
一瞬で波動上昇させる。




新目標
「元素の組成再構築。」





癒し系看護婦さんが

いきなり

実験室の科学者になるような


転職を



地球にすむ宇宙人たちに
お知らせしたい。




どうやってそんなこと
するのさ~。

まだわかりません。

わかりしだいお知らせします。




…ガイドが
ふいにささやいたよ。

イオンの軌道修正だってさ?
元素の軌道修正

システムダウン

脳内のシステムがダウンした。

きっかけは
自分の過去ブログを
見たこと。


ただの
ヘンテコな妄想ならば
良かったのに


インディゴチルドレンが
行おうとしていることは
一貫している。


そして
事象が同期している。








会社の後輩が前に
忙しいときに熱を出した。

このクソ忙しいときに!!!!っと
心の中で愚痴った。

そのこはいいこで大好きなのに…。

そして理由はわかっている。




死ぬほど忙しい作業。
やらなければならないことも
わかっている

けれど
まだ未熟で
逃げたくなるのだ。



これから
やらなければならないことは
死んでしまうほうが
楽であろう作業が待っている。


なんで
自分がこんなことを
やらなければならないのだろう?

今世は
知らん振りして
逃げ切りたい…

けれど
来期は
うまくやれる状況ではないことも
重々承知している。


現実逃避なら楽だろうに…

ただいま
妄想逃避中。

オフライン


ねりりさんが言うように
この現実世界は

リアルバーチャル世界だろうけど
ここでプレイをしているし

このバーチャル世界は
バグっている。



システム再構築しなければならない





アオ

オフラインのカオは
本当にダメ人間です。

なんだか
こわくって
何も考えられない。
愚か者です。

アオが(もう一人の自分)
帰還できるといいです。

主人は遠い

オフライオン
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-2190.html


オフラインの気持ち
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1483.html


主人不在「通信不安定」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html



碧(アオ)のおおそうじ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-891.html

心の雲

なかなか
心の雲が晴れない…

心に湧き出る
「厚い雲」
いろんなことをしても

なかなか消えてくれない。

心の雲は
「理解しなければならないこと」の塊


わからなかったり
納得できなかったり
執着したり
考えるのをやめていたり…

いろんな理由で

心の雲が
晴れない。

その雲が
とても大事なことを
知っているけれど

もしかしたら
わざと
その雲のなかに
心を隠しているのかもしれない。
心の雲

進むことを怠けるために…
雨に濡れるの避けるために…

普通の概念

TVニュースを見ていると
親と口論になる


あきらかにおかしいニュース

普通で考えて
おかしいよね?



いうと


TVの人が嘘言うわけない
と!!


どうかんがえても
普通におかしい内容も

どうにかして
おかしくないストーリーに
かえてしまう。


「普通」って

あまりつかえない概念だ。



どんなに複雑な学びも
何の意味もなくなる
TVという媒体


いろんな考えや
思考があることは
大事だけど

それをディスカッションする
「場」をなくすTV

鵜呑み
一方的
権力的


TV洗脳が
解けない限り

人間の進化はない



嘘がつけない薬を
キャスター全員に飲ませて
ニュースをみたいものだ。


本当のことが知りたい


嘘にまみれた
濁った水の中次元

悪のゴキブリホイホイ

世界は循環している。

海の水は蒸発し
雨となって
ふりそそぐように…


循環にも
種類がある。

「悪循環」「良循環」


地上世界は
「悪循環」


悪いことが
悪いことを促す。
互いに影響し合って、
とめどなく悪化している。



循環は止まらない。
時間が止まらないように。


自分がやった悪いことは
まわりめぐって
自分に循環する。

悪循環は
どんどん悪いことを引き寄せて
ありとあらゆる
悪いことがどんどん集中する。

悪のゴキブリホイホイ

地球次元は
どんどん悪いものを
集めてくれる。



異次元世界には
「良循環」している場所がある。
良いものが良いものを
お互いもっと高めてくれる。


ふたつの相反する力

綱引きの綱をひっぱるように



地球次元の「ピン・キリ」が
最高値に達した時


綱引きの綱が
真ん中からプッツリ
切れるように


時空が避けて
時間が止まる

次元が終わる瞬間

ブラックムーン

太陽も黙っていて
月も目を閉じている
BM.jpg

うるさいものは
だれもいない

地球は
やりたいように
動く

ふりそそぐ宇宙線
新しい素粒子

人間も変わる

わたしも
あなたも…

クラーケンの邪魔

巨大なタコ

四方八方に
手をのばし

意識をからめて
混乱させる

クラーケンが
無意識を荒立てる

kura-kenn.jpg


倒そうと思うな…
ってガイドが言う

同じ位置に立つな…
かな?

妄想にある巨大な力

自分の力を
信じている

人類の愛も
信じている

地球の力も
信じている


必ずうまくいく


この三次元は
とても単純なシステムで
成り立っている




夢みたいな
妄想の話だって

みんなの信じる力で
現実になる

現実になると
もっと大きな力になる



わたしは
わたしを信じている



地球に降り立った
すべての生命の魂が救えるように

最大限の努力をする



みんな力を借りる



もうだれも悲しいことが
増えないように…

超作マジック「千の風」

超作(ちょうさく)を

何度も体験できると

脳内高速回転
長時間持続可能になる。


そうなると


生きていながら
「千の風」体験ができる。


風や雲のようになる。

まるで龍のように
まるで不死鳥のように


地球をめぐることができる。
プルシャ


「空中散歩」のすすめ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1575.html



インディゴチルドレン 意識
カテゴリもみてね。

ヒラニヤカシプ「金の衣を着たもの」

「神にもアスラにも
人にも獣にも
昼にも夜にも家の中でも外でも、
地上でも空中でも、
しかもどんな武器でも殺されない体」

そんな存在がいる。




人でも獣でもない
妄想魔人が

昼でも夜でもない
家でも外でもない



時間を超越した
「空間」で

武器を使わないで



分解しようと思う。



獅子の姿を借りた
「金の衣を着たもの」




三界には
人を操る

八百万の邪神がいる。

「支配者」と「奴隷」からの脱却

学校新聞でよく使われるテーマ
「将来の夢」

その時代ごとに
はやりがある。


スポーツ選手
パティシエ
漫画家…


いろんな子どもが
それぞれ夢を見る。


とてもおもしろかった。


ところが
近年恐ろしいことがおこっている。


揃いも揃って
「人の役にたつ仕事をしたい」
「人を笑顔にさせる仕事をしたい」

↑これがほとんどだ。


将来の夢は
もはや自分の好きなことではない。

だれかのためのロボット教育。


これが全校だから
国策なのかもしれない。





三次元地球の「星訓」は
弱肉強食。

支配者と奴隷で成り立っている。


強いものにヘツライ
弱いものをシイタゲル。

でもここからは何も学ぶことができない。



強いものは
支配したいという欲にかられ
「努力」をしない。


弱い者は
奴隷でいることから
抜け出ることを放棄し
「考える」ことをしない。


2極で奏でるリズムは
三次元から脱却はできない。



3極
三番目の目
深層に潜む真実の眼で
泥沼試合をゲームセット。



支配者ですか?
奴隷ですか?


どこに所属していても

立場が下でも上でも

どんな関係でも



心や行動は
2極でいるものは

学ぶことができない。


「支配者」の「社長」は学べない
「奴隷」の「社員」は学べない


「支配者」の「先生」は学べない
「奴隷」の「生徒」は学べない


「支配者」の「夫」は学べない
「奴隷」の「妻」は学べない





社長でも社員でも
先生でも学生でも
友人でも家族でも


支配者と奴隷であれば
なにも学べない

支配者は威張り
奴隷は蔑む


血流は悪くなり
ホルモンはでなくなり
嫌なオーラをはなつ


「滅びに続く関係」だ。


第三の形態は
「職人」「研究者」

差別なき
囚われない心で
精進する


宇宙の声が聞こえるようになる。

深層思考は宇宙のリズム

短い人生で
自分は何を選び
何を学ぶか?

それはきっと
生まれる前に魂が
決めてきた。

本当の自分が
設計図をもっている。



表面の意識には感知できない。


深層の思考は
映像でもなく
言葉でもなく

ただリズムを奏でているだけ。




自分がひとつの学びを
終わろうとしたとき


不安定なリズムを
深層思考が大音量で流す。


その不安な
深層思考を表面意識が
感じ取り

古い物事を終わらせ
新しい選択へ進んでいく。



もしも
選択を間違ったとき

深層思考は大音響を流す。


「きらい」「すき」
「不快」「快適」

どんなに得だとしても
どんなに見た目が良くても

深層思考=人生設計に
反したものは
「すごく嫌だ」と感じる。




私たちの人生は
全てとつながっていて

いつでも
宇宙のアルゴリズムにあわせて
マンデルブロ集合

演奏をしている。



「なんかいやだな?」とおもった
出来事?人?選択?

どんどん「嫌だというリズム音」が
大きくなったなら

やめるといい。




きっと宇宙の法則に
反している選択だから。

批判は表現力

批判すること


それは悪いこととは
思わない。


みんな考えが違う

私はこう思う
私は反対だ!


ということは
自分の意見があるという証



批判しよう!



自分の立場が悪くなり
空気が読めない自分勝手な
「批判」


大賛成だ!!


嘘は嘘だし!
間違っていることは
間違っている。
悪いことは悪い!


自信を持って
批判しよう。


あとで、
あれ?いいすぎたかな?
あれ?あたしが間違ってた?


思ったっていいじゃない。


その時そう思ったことは
本当で


批判することが
自分にとって大事なことだったから。



人の目も 空気もよまず
おもったことを
「批判する」



そこから
学ぶことがたくさんある。


さらけ出せ
醜い自分
幼い自分
エゴな部分


みんなのまえで
さらけ出すから


叩かれ
研磨される。



違うと思っていて
お腹の中でぐずぐず腹たっても


何も変わらない。
周りも自分も。



みんな本音でぶつかり合って
傷ついて研磨されて

磨かれていく。



みんな汚い石っころ。


圧力をかけて
ぶつかり、くだかれ
削られて



きれいな硬いダイアモンドになる。

特別席

本日残業にて
妄想教授と連絡取れず…


すまん


もう少しお待ちを。




仕事がいっぱいで
気が狂う寸前。




わたしの人生の舞台
何役もこなす役者は
てんてこ舞い。


役になりきれない。


客席はブーイング。



もういやだ。
何もやりたくな~い。


嫌いスイッチが入ると
得意な業務も

苦痛な試練。








本来人間がやりとげたいものが
なんていうか、うまくいかないものだな、と思う



もっと時間をかけて
いいものがつくりたいのに…。


ただ時間にばかりおわれて
いいものをつくる時間が足りない。



くじけそうな自分。
すべての自分が落ち込んでいるとき


「特別席」のだれかが
拍手をしてくれる。


スポットライトに照らされた
「特別席のだれか」


死んだ祖父母かな?


ちがう。


両親?家族?友達?
だれでもない。



すべての自分が
シャットダウンしたとき


特別席のだれかだけ
「光っていた」




ずっと拍手を送ってくれる。


真っ暗闇の中
パチパチパチ
拍手が聞こえる。






涙が出てきて



たくさん泣いた。




宇宙の光?
神の光?


真っ暗闇になっても
心の奥底で


神の光が
輝いている


いつでも
応援してくれる。



みんなにもかならず
特別席があるよ。








あすは
妄想教授出席できるか?!


夜明け





「人」は「楽器」

自分以外の人

自分の目から見える
「人型」

動くし
話すし
いろんなことを
している。

自分ができないことを
人がしているとき

それが
「すごい」「いいな」と
思ったら

見て学ぶ
聞いて学ぶ
鍛錬する努力する。

「技術」を吸収する

「人」は「宝」



うらやんで
陰でおとしめても
自分は学べない。

それだけじゃなくて
どんどん
黒くなっていく。

それが
どれだけ
怖いことか
わからない。

嫉妬・恨みは
「死んだあと×××になる方法」
邪術の一種だ。
(これは詳しくあとで)


人をみて
「いやだな」「悪いかんじだな」と
感じたら

どうして
そう思うのか
考える。

きっと自分の中にも
あるものかもしれない


嫌だと思う理由を
本人にも「直接」
いったほうがいい。

きっと
その人のためにもなる。
(喧嘩になる場合もあるが
仲良しになれるきっかけになる)


「人」は
目で見える「知識」「情報」

目で見える「地球人」だ。


自分以外の人を
みるとき
「人間がいるなあ」
「地球人だ~!」と思う。

犬を見たとき
「犬がいるなあ」と思うのと
同じ。
犬の歯はどうなっているのか?
まじまじみたり。

鳥を見たら
「鳥がいるなあ」と思い。
羽はどうなっているのか?
飛ぶときどんな動きをするのか見る。


超いじわるな人をみたとき
「いじわるだなあ」と
観察する。
どんな心で どんないじわるが
でてくるのか?おもしろいよ。
そこに何があるのか
考える。

で、
スズメバチの獰猛さに
感動したときのように
面と向かって言えばいい。
「わあ~すごいいじわる」だと。

さびしくて
かまってちゃんは
いじわるだ。

いじわるは
いやだけど

外に向かって
鳴いている方が
正常。
正直だから。


優しく弱い仮面を
かぶった
本音を殺している人間が
いちばんやっかいだ。

よく見えない。

自分の音を出していないから。


楽器じゃない人間は
人間じゃない。


悪魔劇場「試写会」はじまる

健康を害する
放射能がたくさん溢れ出ていて

安全なおいしい魚が
食べられない

安全な肉も野菜も
水もなくなっている。


国は
国民を苦しめ

企業は
存続のために
労働者を酷使する。


信用できていた
すべてのことが
どれもこれも
「嘘の熨斗(のし)」
がついている。


医療は
金儲けに走り

学校は
国や企業のいいなり


子供たちは
明るい未来を夢見ることが
できない。




「舞台」という「場」がなくなると
人生の舞台に立つことができない。


人間の基本「場」が
成り立たない時代は


悪魔の招待状が
みんなに届き



強制的に
指定席に
座らなければならない。



だれも見たくない
「残酷な恐怖怨霊劇場」



だれも席を立たたないように
監視・手錠・足かせ・強制・言論統制

拍手も強要か?




人生の舞台を
人類が降りる度

宇宙との断絶が進み
次元をどんどん
低くしていく。


こまったね~

悪魔の招待状

自分の人生の舞台の
「客席」は

「いろんな自分」

おこりっぽかったり
やさしかったり
なみだもろかったり
偏屈だったり…

いろんな自分の意識

舞台と客席は
「拍手」や「ヤジ」や
「会話」や「気のやり取り」など
一体で作り出す。
人生の舞台


ところが
舞台に上がっている者が
客席のいろんな自分の意思と
異なった演技をする。


客を無視した演技。

本音を殺す舞台だ。

ヤジが飛び交い
舞台は「降板」
人生降板


自分の意見がない
ロボット
人生舞台を
降りた人間


そこへ
悪魔の招待状が届く
番号がついた「指定席」だ。
指定席


悪魔の舞台は
大盛況。
席に座ったら最後
席を立つことはできない。

恐怖と洗脳で。



依存の客席

人生の舞台には
客席がある。

自分の人生を
賞賛してくれる
自分の意識たちが
客席を埋めてくれていると

満席の舞台で
拍手喝采の
最高に楽しい
人生舞台劇場が演じることができる。

他人がなんと言おうが
自信に満ちあふれた
達成感や高揚を感じることができる。





けれど
自分の舞台の客席に
「他人」の席を取ると

その席が
「空席」の時は
さびしい舞台になる。


「他人」に
たくさんの席を用意すると


来てくれる時は
いいけれど

来なくなったとき

ガランとした
空席だらけの舞台で

人生劇場を
演じなければならない。

やる気もなくなり
高揚感も
拍手もない


なんてつまらない
舞台になるだろうか?


自分の人生舞台の客は
自分の意識で埋めよう。


他人は
その素晴らしい拍手喝采で
高揚感あふれる舞台の
噂をきいて

立ち見席で
見せてあげればいい。


他人に「席」は用意しない。
立ち見でいい。


好きな時来て
好きな時帰っていく。


他人の依存を軽減すると
自分が充実してくる。


他人の言動に左右されない
最高の舞台を演出しよう。


自分の人生の中で
自分はヒーロー ヒロインなのだから。

地球を動かす「地球意識」

人間の体は
「意識」が動かしている。

悲しいことがあると
免疫力が低下する

いやなことを
されると怒り出し
炎症を起こす。



地球も同じ仕組み


地球を動かしているのは
地球を取り巻く「意識体」
磁場に生きている「プラズマ」だ。
地球意識p



地球意識との交信が
UFOコンタクトだ。









地球意識のプラズマが
大きな渦を巻いている。

プラズマ渦


各地で
地球の「意識のまとまるくん」を
作り出している。

「プラズマの渦」




そして
どんどん圧縮していくと
こんな感じのものがあらわれる

マンデルブロ魔神

マンデルブロ魔神降臨



※意識の「まとまるくん」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-209.html

「一億総浦島太郎」

今日も
いつもと同じに
日が昇る

平和で楽しい
快適な生活

表面は変わらない


けれど


心についた
黒い点が

どんどん大きくなっていく


芸能も
政治も
学校も
病院も
天気も
自然も
食も
宇宙も
科学も
スポーツも

すべて
信頼を失くしてしまった



「信頼」できるから
未来が続く

「信頼」できるから
安心できる



信頼できないことに
積み上げていくことは

泥の沼地に
石を積み上げるようなもの


むなしい…







原発事故の汚染は

チェルノブイリ事故以上に
地球を汚染していて


止めることの出来ない
毒の箱

ふたが開いてしまって
どんどんでている

すべての生命が
その煙で老化する。





浦島太郎の玉手箱=原発
「竜宮城」で遊びすぎた罰

玉手箱をあけた
浦島太郎が今の現状。




竜宮城に行く前に 
もどれないし

玉手箱をもらうのも 
断れなかったし

開けないでおくことも 
出来なかった




それが運命なのか




約百年の現代文明
「偽物の竜宮城」


毒入り玉手箱を
今も作り続けている

2030年までに800基に倍増するつもりらしい


原発立地場所↓
原発の立地場所

まるで帯状疱疹だ。

地球の神経ラインにできている。




三次元世界の未来への道は
袋小路になっている。


それがわかっているのに



若い人が
「玉手箱の煙りをすいながら」 
三次元世界での
未来へ進まなければならないことを
思うと胸が苦しい。



「一億総浦島太郎」






後ろを向いて「迷走」している。

ごめんね。


新意識改革「non-story」①

これはまだよくわかっていないので
「プロローグ」です。
くりかえしでてくるとおもいます。



新情報は
…………………………………………
人類が
「物語的思考」を
手放した時
「新しい世界が見えてくる」
…………………………………………

物語的思考

ていうのがミソ



3次元は「時間」があったり
「重力」があったり
元素にきまりがある

ルールがガッチガチ

自由が利かない


人間は
寝て⇒起きて
「時間を体感」して

また
寝る

そして
起きて「続き」をする。


時間の中に住んでいるから
「物語」がある。

なんでもかんでも
「物語」にしたい

この発想は
ここだけのもの



時間のない世界は
ルールがあまりない



そこにいくのに
ルールを学ぶ

それがここ




わたしたちの人生という物語は
「non-story」
意味(つまらない[取るに足りない・どうでもいい]話)


本当の物語ではない



地球的ものがたりは
とてもつまらないもの


まだうまく説明できないけど


始まりがあって終わりがある
音楽、小説、映画…
など
ものがたりがあるけど


それをこえた
世界がある





チャクラで演奏

参照
ポリゴンを動かす力
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html

ヒッグスは波羅密
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1098.html

3次元は「蜂の巣」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1421.html

権威と劣等感

現代文明を
調べていくと

力を求めている人ほど
劣等感が強い


恐ろしく大きくなった
劣等感が

巨大な
組織を作り出す



はじまりは
ほんのちょとした
差別

自分が誰かより
不幸であるという

不安


大きくなった
国という名の
劣等感の怪物


怪物は自然も破壊する


小出裕章氏の最新動画
小出裕章氏「原発と戦争を推し進める愚かな国、日本」出版記念講演会
https://www.youtube.com/watch?v=kFpf1W-n7Vk

悪魔の壺王国

自分の中にいる
「神体」を
完全に排除した者たちがいる。
神殺し

何が正しくて
何が愛かもわからない。

こころに「魂=神体」が
無い。


そんな者に


何を言っても
わからない。


どんなに大声で叫んでも
どんなに愛を語っても…


何も理解ができないのだ。
獣人理解不能






そして
この「現代文明」という
「受け皿」を作った者達は


この獣人


わたしたちは
獣人が作った皿の上で
生活しているのだ。


いままでは
「正義」や「愛」や「平和」という
メッキが塗ってあって
気がつかなかっただけ。
悪魔の皿



最終章で
メッキが剥がれて
本当の姿が現れただけ。

昔から同じ
皿の上にいる。









デンジソウに浮かぶ
プラズマは
悪魔の皿から
離脱した祖先。


プラズマたちが
「聞いて」と声を大にしている。

直接聞かないと
わからないから。
話を聞いて








もうすぐ
悪魔の皿は
「壺」になる。


光が差し込まない
壺になる。



抜け出すことが
難しい
深くて暗い
「悪魔の壺」の



完成を


獣達がせっせと
行っている。


誰も抜け出すことが
できない
永遠の地獄の壺を
作り出すことが


彼らの目標
使命・生きがい…
悪魔の壺王国



ずっと
この地獄のツボに
いたいのですか?


塗装の剥がれた
現代文明の「真の姿」を
直視してもなお
ここがすべてでいいのですか?



体の欲求だけを満たすための
「食」「物欲」「性欲」「繁殖欲」「権力欲」「支配欲」
これだけに人生をかける
現代文明



心を無にして
プラズマの声をきいてほしい。



ツボの蓋が
閉じるまでに…



新しい世界があることを
心の底から
信じるために。



この地獄だけが
すべてじゃない。



それを知るには
自分から神体に聞きにいかなければ
なにもはじまらない。




体をスリープして
魂の声をきこう。
直接きこう。
自分の中に入口がある



心を「無」にする術「無チャンネルON」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-411.html
感情ヨーヨーチャンピオン
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-877.html
リラックスは自分以外のことを考えるこ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-840.html
瞑想の感覚
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-989.html
超人類のすすめ①「神体探し」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1094.html
進化の入り口は「自分の中」
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1263.html
神体から流れてくる光
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-1097.html


最後の一厘を考える

よくできてる


ユダヤと東北大震災

https://www.youtube.com/watch?v=HcH_aU3hZ-0


九分九厘
絶滅間際の人類文明

これも
意味があって

進化するために
用意されたものかもしれない。

恐竜さん
どうだったですか?

進化恐竜
鳥に聞いてみよう。

「空中散歩」のすすめ

空中散歩を
たまにする。



体はベットに横たわり
目をつぶる。



自分の意識は
屋根の上に立っている。

空中散歩


月や星を眺めたあと
ふわっと風に乗る。




風になって
地球を巡るとき


布のように
風になびいている。

変身散歩

意識はあるが
感情がない。








この時のことを
分析すると



米粒より小さい
針でさした点のような
本当にちいさな
「点」に
全神経を集中する。




「集中した点」
になった自分は
自由にどこでも飛べる。




だけど
感覚は大気全体を感じるぐらい広く



おおきな雲になったみたいだ。
雲になる


集中しているのに
大きくひろい。









その感覚は



仕事や趣味で
周りの音が聞こえなくなるくらい
集中したとき



そこに
自分がいなくなる



体だけが作業をしていて



自分が
おおきな空間に
浮かんでいるみたいに
なる。




集中は
感覚の拡大を体験させる




人間は
愛や仕事や趣味や
いろんな出来事で




集中を学んで




光体験をすることが
できる。





粒子でありながら
全体感覚。
集中力分析




粒子であり波である
「光」


神は光なり
われも光なり


集中で光になるの!










※余談だけど
この手の作品を描いているとき
涙がでる。なぜだかわからないけど…
むねがいっぱいです。

庭の独裁者

庭を美しく管理する人

植物を愛する
心優しい人?

いや
庭の植物の頂点に君臨する
独裁者だ。


ほおっておけば
荒れ狂う植物たち




風通りのいい場所が好きか?
日あたりがいいところが好きか?
日陰が好きか?

適材適所を見極め
栄養・水の加減まで熟知し

花季を調整し
統制する


気に食わなければ
引っこ抜けばいい。


喋らないし
動かない


思うがまま…




美しい庭を見ると

統制された独裁国家のようだと
思うのはわたしだけだろうか?





真実の壺の中は…

目が覚めて
見る現実の世界だと
思っている

この世界の
「真実の壺」


開けてみるまでは
「そんなに腐っていないだろう」
と思っていたけど


真実の壺は
もののみごとに


中身が腐っている。



医療も
政治も
歴史も
教育も
宗教も
科学も
伝記も




真実のツボの中身は
どれもこれも


腐っている。



これが
地球の現実。


開けてみるまでは
わからない。
腐った真実のツボ





負けない心

損得勝ち負けを
考えないで
がんばることが
大事だと思っていたけど


今、
もうひとりの「アオ」が
不在で

デザインのアイディアが
出てこない。


仕事は
空回り

だけど

どんどん仕事がやってくる。



自分の異次元回線が
オンラインだと


まるで「魔法使い」のようだった。
ガイドアオ




どうやって魔法を使うんだっけ?


暗雲たちこめる
心で
答えを探していた。


アオのいないわたしは
できそこないの機械。
アオがいない




回線オフラインで
探し求めた答えは




「負けない」
という心だった。





奇形の街路樹も
異様な形だけど
葉をどんどん伸ばしている。
街路樹葉っぱ




生きていくって
歯を食いしばって
「負けない心」




大地のエネルギーを吸い上げて
圧力に負けるな

自分から「アオ」に会いにいく。



生きている
「圧力」に
負けはしない。



今回の「水星の逆行」で
学び得たこと。



勝つわけじゃなくて
「負けない」という強い心


参照
碧(アオ)のおおそうじ
http://mamakao333.blog.fc2.com/blog-entry-891.html

ネガティブシンキングのススメ

期待することって


意外と不幸な気分にさせる。



大丈夫なんとかなるっていう
ポジティブシンキングは



なんとかならなかったとき
大ダメージを受ける。



あたしはいつも
最悪な状況を考える

ネガティブシンキング


そして
その最悪な状況を
シュミレーションして
その時の対応する感情を疑似体験する。



でも実際は
そんなことは起こらない。


で、安堵する。


「ああ、最悪な状況を逃れた」
そうすると

なんて自分はラッキーなんだろうと
当たり前の結果が



最高の幸運に思える。



いつでも
当たり前に生きていることも
大ラッキーだ。



ネガティブに考えることは
とても幸せなことだ。




勝ってカブトの緒を絞める


大好きな言葉



いつ何時も
生きていることに
のほほほんとしない


なぜなら
生きている時間は
本当に短いし



地球はそんなに
甘いところではない。



のほほんと安心できる
極楽浄土にいくまでは


いつも
凛として
兜の緒をしめて



生きていかなければならない。




ただ
眠るときだけは
安心して
ポジティブな思考で
羽を休めることができる。




最悪な状況を乗り切る
戦術を日々考える
そして努力していくしかない。




たまには
いやになるけど



人類が皆
同じマラソンコースを走っている。



「一緒に走ろう」は無理


それぞれが
自分のペースで
ゴールを目指す。


自分の体調と
持って生まれた体力と
養ってきた精神力と
学んできた哲学で

ゴールを目指す。




それぞれが
光の柱を作り出す。


それぞれが
完走する。


個性を活かして
ゴールを目指す。

自分の中の世界統一

世界統一政府を


作ろうと頑張っている人たちは



地球のため、人類のため、神のため
救世主のため…

いろいろな

なにかのために

がんばっているかもしれない。




最初は良いことをしようとしていて
それを実現するために
悪いことをしていて
いろんな準備をして

これから良いことをしようと
しているかもしれない。
(自分たちが良いと思っていることであって
大変になる人が多いだろうけど)


古代の文献に
書かれていることであったかもしれない。




世界統一は
全世界や全人類や地球全体のことではなく


自分の中の
次元を超えた世界にまたがる

三つの体の
統一であることを


古い文献は
書いてあるというのに。








新世界は
悟りを超えた世界に存在している




目で見えない
音の光を


頭の中心で
見てみよう。



音の光を探していくと
そこから学ぶものがたくさんある。

赤い罠「箱の獣」

強制募金か?

と思われる

赤いワナ。


使いどころが不明&使用用途の少なさ


もしも
だれも募金しなくなったら
平和になるかもしれない。


募金はいやな音がする。
kemono.jpg

できないわからない世界

大きな宇宙と
体の小宇宙

似ているつくりをしている


マンデルブロ集合が
毛細血管にある


自分と自分の家族血族だけ
よければいいという
大富豪も

自分の生活がていっぱいで
政治や世界のことを
どうでもいいと思っている庶民も

似ているつくりをしている

エゴに囚われた心が
存在している

大も小も
同じで


濾しても
純粋なものは
少ししかとれないかもしれない。


音も光も
鈍くしか感じなく



背中に生えた羽根さえも
飛べることを忘れてしまった



重い魂




何も見なくて
何も聞こえなくて
何も言えない




せめて夢の中だけでも
飛べる練習をしたほうがいい



重力がない死人ですら
重力を感じて

死んでもなお
ここをぬけだせない



いったいどうしたらいいんだろう

「伴侶」魂のかたわれ

さみしい人がいる

とにかく

さみしい

何をしてても

さみしい


恋人がいても
さみしい

家族がいても
さみしい

たくさんの友人がいても
さみしい

お金があっても
さみしい


権力があっても
さみしい

健康でも
さみしい

美しくても
さみしい

キレイな家に住んでても
さみしい

豪華な服を着ていても
さみしい

おなかがいっぱいでも
さみしい

たくさんのものをもっていても
さみしい



そのさみしさは
伴侶がいないから

伴侶は
他の誰かではなく

本当の自分
「神体」の自分

バクテリアでない自分

目をつぶって
「夢の中の自分」を
探してみて。



会いたいと思えば思うほど
すぐに出会える
もう一人の自分。


あなたの運転手。
魂のかたわれ。



神体の自分をみつければ


恋人も友人もお金も
家族もなくたって
さみしくなんかないんだよ。

死ぬ時も一緒。
大きな宇宙と繋がっている

自分をさがそう。
宇宙と一体

「機械が意識をもつ」恐怖

車が勝手に走る
「自動運転車」

最近宣伝しているが

なんておそろしいんだ。

「ギュ~~~っ」って
ブレーキ踏むんだよ。

雪国では考えられない。

もし遠隔で操作されたら?
車から出られないし
勝手に事故にあうかも!?

プログラミングされた
限られた項目の遂行のみの
ロボット操縦。



人間も同じだ。
快適乗車


肉体は車
車に操縦をまかせては
自由で素敵なドライブはできない。

それに危険だ。

肉体を上から眺めている
「神体」からの操縦は
広範囲を見わたせる。


肉体が考えると
「我」が強くなる

肉体は使うもの
操縦を任せてはいけない

主従関係をしっかりしてないと

肉体は
どんどん「神体」から
離れていく。

「神体」が離れるほど
「孤独」と「不安」が増す。
機械に意識


お金は使うもの
機械は使うもの

大事に使う

お金や機械に
使われてしまうと



学びにならない。

陰謀⇒変換⇒エーテルネット

身近にせまってきた
「崩壊」

原発事故から
「なぜ?」こんな世界に
なったのか

調べ始め

お金の仕組み
クーデター
戦争

毒医療
ワクチン有害
遺伝子組み換え
マインドコントロール
詐欺
宗教
NWO
1%の富裕層
…etc

一通りの
歴史の流れが

ネットで
ザックリわかる。
(陰謀テスト満点とれそう)



分かったばっかりは
①怒り

分かるほどに
増していく怒り




ところが地球全体を
見わたしてみる。



地球の成り立ちや性質などを
植物の世界
昆虫の世界
動物の世界
微生物の世界

をのぞいてみる。

(ドキュメンタリー番組で
詳しい生態が見れる)





自然界は
食って食われて
残酷物語

騙し、恐喝
暴力、毒殺
破壊に侵略

寄生し搾取はあたりまえ

共生ですら
利益が得られないと
関係は解消

種の繁栄のために
あらゆる手段を使う






まったくやっていることは
同じだ。

ジャングルと
同じ世界






世界を牛耳る悪い奴らや
金であやつられる政治家も
嘘をついているマスコミも
国民から税を搾取していく富裕層も
とても「自然らしい状態」だってこと。

自然の中によくある
日常の出来事


それがわかると


②あきらめにかわる

ガッカリだ


だけどその次がある
「この自然の掟=地球」と

③自分の考えが合わない
と思い始める


たとえば、習い事の先生の技を
全部習得してしまったときみたいに

「もうこの先生から学ぶことがない」と
思い始めると

お金と時間がもったいなくなる
「卒業」です。

その先生の技を
変えることができないように


この世界を変えようと
がんばると


暗殺


不良に「この不良!」と
言って殴られる図式。


変えようとおもっても
それが自然のシステムなので
変えられません。



だから自分を変える



世界の陰謀を一通り勉強したら
「視点」を変えてみる

これからは
自分のEthernet(エーテルネット)の
構築をするのです。

パソコン通信がインターネットに
変わるまであっという間だったように

インターネットが
脳を介したエーテルネットに変わる。
(※ヘンテコヘルメットはかぶりません)
ph1.jpg



④わくわくしてくるよ



船瀬俊介氏

船瀬俊介さんって
芸人みたいに
トークがうまい
原発マフィアと抗ガン剤マフィア 船瀬俊介氏

安保徹先生

めざせ仙人
プラーナ食

安保徹先生『免疫革命・新がん革命!はじめてがんの原因が分かった!』

人工物はスイッチOFF↓

瞑想をするために
人工的なものをつかうのは
おすすめできない

人工甘味料が体に悪いように
人工的につくりだした
瞑想グッズなどは

あたしはいやだ
スイッチOFF↓

スケート選手が
小さい時から練習に練習を重ねて
やっとできる
三回転ジャンプのように…

スケートなどできない人に
人工的なマシーンで
無理に3回転ジャンプしたら
体も壊れてしまうし
心もスピードや恐怖に
ついてはいけないだろう。

からだで覚えるものは
魂と体の長期のやりとりの賜物。

ヘレンケラーが「ウォータ」と
わかるまでがながかったように…

人の顔がそれぞれ違うように
それぞれリズムも色も波も違っている。

瞑想は「魂との会話」

親も第三者も人工的な物も
そこには入るべきではない。

自分が一から見出していく。

一歩ずつ階段を上がるように
真空にもぐっていく。

自分だけのやりかたが
かならずある。

心の波を静まらせて
深い深い波羅蜜へ。

楽しんでわくわくしてできる
自分だけの瞑想。

通信エラー人間「無通信人間ロボット」

悪の「もわっと集団」が作り出した

通信エラーな人間
通称「無通信人間ロボット」

教育、社会、医療、食習慣
マスコミ…等々
あらゆる方面から構築された
「通信エラー」人間
ろぼとまん

操りやすいロボット人間。
ろぼと2

そうならないために
心を愛で満たそう。
魂の声を聞こう。
みえない世界の扉をしめないで。

人間は神を心に宿している
尊い存在なのだから。

脳は「報告魚」

小さい時おぼえたピアノ曲。
「脳」では忘れちゃった曲なのに
「手」が覚えている。

「手」が単独で曲を弾く。

慣れたいつもの道も
体が勝手に動いていて目的地にいく。

ダンスのステップだって
脳の指令で動くわけではなくって
体が覚えて勝手に動く。

脳の指令を待っていては
遅すぎて動けない。

仕事中に漫才を聞いている。
でも仕事はやっている。
体が勝手に仕事している。

最近、
体は勝手に生きていて
「私」と思い込んでいる「意識」に
脳がまとめて報告しているのだと
感じるのだ。
報告魚

本体の「意識・神体」は
分担して
人間の人生をダウンロードして
たくさんの経験を「大きい本体」に
学習させているのではないだろうか?
地球霊

「大きい本体」はきっと
「地球の魂」だろうね。

子どもが一人で育たないように
地球の進化に
たくさんの「おとなエネルギーさん」たちが
見守っている。

「地球よ、はやく大人になれ!」
(ならぬのならこわしちゃうよ)

サリバン先生より大変だろうね。
見守る側は…。

地球エネルギーは
天の川銀河から出来たもの。
いろいろな星のカルマを持っている
未熟な生命エネルギー。

瞑想はプラネタリウムヘルメット

瞑想をすると
天動説の絵のような
感じになっている
天動説

瞑想の感覚は
まるでプラネタリウムの
中央の席で星を眺めている
ような感じなのだ。

頭にカポッと
プラネタリウムのヘルメットを
かぶったような状態だ。
ph1.jpg
ph2.jpg

瞑想プラネタリウムの
天頂は百会で
ph3.jpg

PH内から違う次元に
行けるシルバーチューブがある。

ただ、外側からのPHは
シルバーチューブはつながっていなくて
(宇宙になんかつながってません)

PHの内側からしか
つながっていない

だから瞑想が
楽しいし、重要だし、大事なんです。

レッツ瞑想。
ゴーゴーパラミッタ
般若心経は瞑想のススメだの。

想像するが「世界をひとつにする」

怖い映画もいやだし

悲しい映画もいやだ

衝撃映像なんていうのは
タイトルだけで
いやだ

役者がやっていても
本人だろうと

その人の起こっていることが
自分のこととして想像され
痛いし悲しいし苦しい

道端で困っている人が
もし家族だったら?
もし自分だったら?

想像すると
親身になってやさしくできる

会社で意地悪する同僚が
兄弟だったら?
ズバリと注意するだろう

もしも地球のすべての人が
自分だったら?

飢餓に戦争に苦しんでいる人が
いなくなることを望むだろう

恐ろしい残酷な映画をみても
なんにも感じないのは
想像力が鈍っている

想像力を減らすために
残酷な映像を見せられているかもしれない


相手の立場にたつという
想像力を養えば

世界の人々は心が一つになるとおもう。

汚い未来しか想像できない映像は
できれば見ない方がいい。

汚い未来しか
想像できない人が作っているのだから。

ハイター信仰と放射線信仰

さいきん、
おしりとももの皮膚がかゆい。

あせも?

なにかおかしい。と思ってたけど

今朝、原因究明!

アルコール除菌スプレー容器に
ハイターを水で薄めて入れている
母を発見。

これか!

わたしはアルコール除菌と思って
使っていた「それ」はハイター薄め液。

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)

まぜるな危険だ。

この
ハイターでどれだけ
もめたかわからない。

母の年代の人の
「ハイター信仰」は恐ろしい。

消毒液、きれいに除菌
真っ白ぴかぴか

悪の汚れを倒し
白く輝かせる「天使の液体」とでも
おもっているかのようだ。

目に入れば失明し
酸と出会えば猛毒を発し
皮膚に触れれば
タンパク質を溶かす(ぬるぬるは皮膚とけてます)
それは危険な毒薬だというのに!

わたしのかいかいは
ハイターによる皮膚炎だ。(肌が弱)
(便座の除菌につかっていた)

使い方が分からない化学は、
人を蝕む。

化学式がわからずとも
どうして、汚れがおちるのか?
簡単な、元素の性質や
イオンのしくみを、幼稚園で教えるべきだと
強く思う。

電子レンジの仕組みもわからないで
日々使っているのだって
おかしい。
マイクロ波とはなんぞや?それを
子どもに母が説明できなくて
使用していいのだろうか?

なぜ?どうして?をなぜ追求しないのだろう?
なぜ?そうなるのか?どうしてわからないままで
いるのだろう。
わからないまま終わるそんなのはイヤダ♪(あんぱん)

たくさんの検査のためのレントゲン。
溢れ続ける原発の放射能も

使い方や怖さをわからない
無知な使用者の
悪意のない失態なのか?

母も「ノロウィルス」の除菌には最適だって
テレビでやってたから、家族のためを思って
やったことかもしれないが、

危険なハイターが入っていると
説明もなしに「アルコール」と思って
使用するだろうか?となぜ想像できないだろうか?

原発も同じだ。
みんなのため?
ただ使い方や危険なものとは
知りませんでした。
健康被害がでるとは…で、すむかいな。

なんだろう、脱力。

小さな東電が我が家にもいた。

右脳とつながっている世界

深い瞑想がまた進化した。

右脳からスライドしてくる
世界がある。

たとえるなら
白い霧が右からやってきて
霧が晴れると
違う世界がある。

そこは浅瀬の川岸のような
静かな湖畔を眺めるような
シンプルな世界。

そのあと寝ちゃって
思い出せない。

三途の川か?
あの世の入り口?

人間は眠ると
みんなあの世へ
帰るのだとおもう。

おぼえてないだけで。
人生の1/3は
故郷へ戻っている。

ガイド音量+++

通信カラオケの
高採点取得には
ガイド音量を上げると
うまくいく。

人間にかならずついている
ガイド。

すべてを見てくれる
ガイド。

ささやくように
語るガイドさん。

ガイド音量が
小さいと
不安になる。

ガイド音量出力最大で
歩んでいきたい。

ガイドさんは
プログラムされたシステムなだけ?

些細なことは
なんでも教えてくれる。
すごい正確だ。

例えば後ろを走る
車のナンバーは?

するとガイドは
「5」だよ。

おお。正解。

なんだろう?
すべてを見える存在?
それともシステムに接続しているの?
わたしの脳が?

教科書のガイドは
必ず買っていたタイプです。

ガイドは種類があるらしい。

シンクロニシティはガイドの
成せる技か?

禊(みそぎ)の滝行温泉

週1ペースで
仕事帰り温泉に入る。

地下1200mから
汲み上げている源泉。

しょっぱ~~~い。
塩分濃度が半端ない。

塩は邪気の浄化をしてくれる。
地下水が地球の話をしてくれる。

岩に囲まれた露天風呂で
気分は滝行の僧気分。

乱れた周波数を
もどす行。

水は中道。
体の味方であり
心の味方でもある。

お湯に浸かってますか?

水は流す
汚れを流す。

意識の「切手」 至上体験

一般的には

意識という切手が
べったりと体に張り付いていることが
わかった。

というか、聞いた。

そうか、だからいつもシャキッとしているのか!
みんなは。

あたしの意識の切手の貼付具合は
体には端っこのみ付いている程度。
郵送時にははがれてしまうレベルだ。

体に意識がちょっことしか
貼りついてない。

この現実は
水泳の授業中の水の中にもぐっているような
もわ~んとした意識レベルなのだ。

どっこいしょ太郎のようなものだ。
(3年寝太郎だったかな?)

この現実が
普通の人の夢の中のような感覚。

毎日がドラック中毒患者のようなものなのか??

生まれたときからこれがあたりまえで
不自由はないが
意識切手べっったり感覚は理解できない
寂しさもある。

車の試乗のように
意識試乗体験もできると
おもしろいのにね。

右脳優先ハンドル車
「試乗体験」いかがですか?
至上体験か?泥酔運転かもね。

パズルのPieceと心のPeace

人間は

それぞれが
大きなパズルの
一つの断片のような存在

似ているようでも
みんなちがうピース。

あなたはあなただし

他人のピースが
よくみえても

他人のピースにはなれない。

そういう形に生まれついたのだから
かわることはむずかしい。

でもね、色は変えられる。

自分の好きな色に
変わればいい。

他人の形を
うらやんだり
気にしたり
比べたりする時間があるならば

その時間を
自分の形と向き合って
ステキな色を重ねていこう。

形にとらわれないで
自分の色をきれいに丁寧に
塗っていこう。

形にとらわれなくなったとき
心に平和がおとずれる。
プロフィール

カオ333

Author:カオ333
人間は進化する

新人類に進化するために
訓練をする

自転車が乗れるように
なるように…

だれでもできる
瞑想で進化する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR